23:45 Re; (gateauコミックス)

23:45 Re;の感想・レビュー(63)

再読。偶然にも読み終わったのが23:45!ワァオ!
★9 - コメント(0) - 3月8日

前作読んでたので購入。 これも読んでて、ようやくスッキリしたー!
★2 - コメント(0) - 2月28日

作家さん買い。前作の続きで未森視点が多め。ドーナツの穴論はなかなか興味深い。自分にはわからない穴が、他者からは見える。穴があるならばそこには何が埋まってたのか…。失ったものを思い出せない葛藤や苛立ち、自分の知らない自分に嫉妬し知らない自分を好きな育までをも傷つけ泣かせる、前半で未森が嫌いになりそうでした!(笑)けれども後半では、二人ともが過去から今生きている未森自身に目を向け過去よりも未来を選ぶ姿に感動。完結にふさわしいハピエンでした♥あと1話分ぐらい多く2人のラブラブを見たかったな~!
★31 - コメント(0) - 2月5日

前作の時も絵が綺麗だし「もうちょっとジレジレ欲しい」でも面白かったので続編もと思ったのですが、やっぱ少し「もうちょっと」と思う・・・ドーナツの穴とか自分に無い記憶に想いを寄せる育への感情だったりが少し哲学的というか言いたい事は分かるけどまどろっこしいというか。サラッとふんわり読めるって感じじゃないけど面白かったです。
★3 - コメント(0) - 1月29日

続篇。生き返ってきた三森は夢の中の男の子である育くんが好きになったけど、育くんが昔(?)の自分だけを見つめているからイラッとして、育くんを傷付いた。二人はまた恋人になったのが嬉しいけど、幽霊の時一緒に過ごした時間を忘れたままってちょっと寂しいよな。好きな人と会うため毎日コンビニに寄っていく三森がわかいい。
★4 - コメント(0) - 1月7日

★★★☆☆ 前作がとても好きだっただけに少し蛇足感を感じてしまった。二人の未来は読者それぞれの中にあるっていう前作の終わり方がまとまっていただけに期待値を上回ることができなかったと言うべきか…。ストーリーはとてもよくまとまっていて丁寧なのだけれど、攻めが二人の過去を思い出せない→過去よりも未来の話をしたいという流れをどうしても受け入れきれなかった。前作の終わり方に満足している人には少し求めているものと違うものになってしまっているという印象。
★3 - コメント(0) - 2016年12月27日

記憶をなくした事がないので(物忘れはしょっちゅう)想像でしかないけれど、自分の知らない自分に想いを寄せられるのは辛いだろうな。何度巡り会っても恋に落ちる…そんな二人に憧れます(*^^*)
★25 - コメント(0) - 2016年12月21日

★4/2冊まとめて読みました。視点が変わったのが良かった。やっぱりこの絵柄好きだな。幽霊時の記憶が戻らないのが良かった。微妙に脳裏(夢?)にあるくらいがいい感じ。
★6 - コメント(0) - 2016年12月21日

続編。視点が前回と変わるのがまた良い。2冊で1つ。両方いっぺんに読んで欲しい。
★4 - コメント(0) - 2016年12月19日

続編で主に未森さん視点のお話。絵もお話も前作同様、繊細&丁寧で良かったです。未森の自分の中の空白に対する苛立ちや、忘れられてしまった育の寂しさが痛い位伝わってきて泣けました。。二人が未来を向いていくまでの過程はせつなかったけど、後半は甘々、今回はエロもしっかりあって満足のハッピーエンドでした。
★15 - コメント(0) - 2016年12月17日

続編嬉しい~♪しかも攻視点。本編とセットでまた読み直そうと思います。短いけどしっかりエロもあり、これからますます期待したい作家さんです。
★5 - コメント(0) - 2016年12月14日

★★★
★2 - コメント(0) - 2016年12月11日

「今あげられるものはないです」の未森さんのセリフには思わずばかーっと叫んで泣きそうになりました。自分の記憶にない自分に嫉妬する未森さんが結構メンドクサイキャラだったのね。ともかく何とかハッピーエンドでほっと一安心。
★12 - コメント(0) - 2016年12月10日

★★★ 作者&シリーズ買い♪ 前作でハピエンで終わったと思ったのに…こんな落とし穴がっ!? 元幽霊だった未森は未来を見つめる事のできる現実に帰り、育との非現実的な時間の記憶がない。記憶のない間のアレコレを受け容れられない未森がとても面倒くさいです。 その為に育が泣く羽目になり、育の切ない想いが痛々しくて可哀想でした。 何となく未森が勝手すぎる気がしないでもないですが、本音の部分が描きたかったという作者さんの意向を考えると仕方ないのかな? でも、育が生きてる未森にもう一度恋をする過程もなかったかと…。
★34 - コメント(0) - 2016年12月8日

続編嬉しい!育が頑張って伝えても、未森が幽霊だった頃のことをほとんど覚えていないために起こるすれ違い。あんなに仲よかったのに!とヤキモキしてしまった。朧げな記憶の断片や好意はあるのにうまくいかない胸のシコリを抱える二人が過去から未来に目を向けたとき、全私がキュンキュンした!よかったなぁ♡ でもさ、二人が乗った電車から見えた「彼」が切ない。未来を作っていく二人に確かにあった過去の時間。未森に対して時間がかかってもいいからあの過去の時間を思い出して欲しいなぁと思いました。
★7 - コメント(0) - 2016年12月7日

続編があると思わなかったので、凄く嬉しい!受けが幽霊だった頃に出会った攻めに会いたいって願っていて、生き返った攻めが幽霊じゃなく本当の自分を見て欲しいともがくのが良い。攻めの事が好きな?お友達とかも出てきて、攻めの印象が最初と全然違う!最後は無事に恋人になれて良かった~。
★5 - コメント(0) - 2016年12月6日

前作をちょっぴり忘れてしまっていたんだけれど育がめっちゃ可愛くなっていて、うはー///!視点が未森さんだったのもまた良かったなあ。セットでひとつのお話だと思うのです
★9 - コメント(0) - 2016年12月6日

は〜〜〜続編ありがとうございます!!前作の終わりがすきで、蛇足だったらどうしようとも思ってたけど、杞憂でしたね!素晴らしかったです。未森さんが某少年漫画のキャラクターに見えたけども(特に帯の未森さん)生きてる未森さんを求めるのが最高でした。漫画も良いけど、これ文章でも読んでみたいなあ。
★4 - コメント(0) - 2016年12月6日

23:45の続編で未森視点。幽霊だった未森は育くんと過ごした記憶がないというか曖昧で育くんから話を聞いてもピンとこない。育くんから告白をされても生身の自分ではなく幽霊だった自分を好きなのではないかと拗ねたり。育くんは未森との事をなかったことにしようと思ってたら、急に未森が蒸し返して今度は未来の話をしようって持ちかけて来て。「今何が欲しいの」「今生きている未森さん…」「いいよあげる」って言うシーンが一番好き。甘々な後日談のエロは濃いかった。未森がコンビニで集めているシールがリラクマじゃくてイラクマに笑った。
★33 - コメント(0) - 2016年12月4日

作家買い。各話に散りばめられたメッセージが最後に集約していく構成、変わらず素晴らしい。相手を抱きしめて引き留める・忘れ物を届ける等前作の印象的な場面が対になってるのや、ドーナツと輪投げのようにリンクする何某を見つけるのが楽しい。萌えシチュも増えてて満足度が高いです。読解力を少々要求しますね。与えられた物を飲むだけの単純作業が主流のBLジャンルでは、難解に思う人もいそう。美しい画と構成、考察甲斐があるのに重くなり過ぎない作風は貴重なので、今後もこの世界観を保って欲しい。次回作も楽しみ。
★6 - コメント(0) - 2016年12月3日

楽しみにしてた続編、すごく良かったー!「今何が欲しい?」と問う未森と「今生きてる未森さん」という育のやり取りに涙腺がじわっときました。過去ではなく、今生きている目の前の相手と恋をしようという選択には、希望の中にも切なさが。未森がいい意味で人間臭くなっていて、前作と書き分けできているのが良い。子供っぽい面があって、育に甘える姿が可愛くてめちゃ萌え。甘々な後日談もエロも読めて大満足です。割と濃い目のエロを描くのは意外だったw丸々1話エロの回も読みたかったかな。まー幸せになってくれたので満足です!
★6 - コメント(0) - 2016年12月2日

前作で、できればこの続きが読みたいなぁと言ってたのの続編が出てました。育と過ごした日々を忘れてしまった未森。なんかいまいち分かりにくかったのは育が見ていたのが幽霊だった未森なのか、今の未森なのか…。エロが良いのに最後に少ーししか無かったのが残念。ペーパー付
★6 - コメント(0) - 2016年12月2日

絵が相変わらず美麗。表紙背表紙のカラー絵は特にステキです。全体の雰囲気は好きなんですけどお話が少しわかりにくかったかな。なんだかブンガク的で。トリ頭なので前作の細かいところを忘れているせいかもしれません。ラストはあまあまでいい感じ♡
★10 - コメント(0) - 2016年12月1日

積読中のみんな最新5件(10)

03/08:kirie
01/08:エノサ
12/16:かもも
12/12:
12/10:ふかborn

読みたいと思ったみんな最新5件(17)

03/23:mihoshi7
03/11:バンビ
03/01:藍羽
02/19:fujihiro
23:45 Re;の 評価:73 感想・レビュー:23
ログイン新規登録(無料)