ダンディな食卓 (グルメ文庫 (Gよ2-1))

ダンディな食卓 (グルメ文庫の感想・レビュー(22)

安いコロッケも美味いよねって話で「私が問題にしているのは『コロッケ』のことで、その食通のいうのは『クロケット』とでもいうものか。〜だから食通は困る。」に拍手を送りたい。食通ぶってる男なんてろくなもんじゃない。
★7 - コメント(0) - 2016年7月18日

2016年6月30日:半殻肝
食をテーマに書かれたエッセイ集。ほとんどが再読の感触だったけれど、やはりこの方の文章には安定感といつもニヤリと笑ってらっしゃるようなところがあるな、と思った。
★29 - コメント(0) - 2014年12月18日

再読。読んでないと思っていた「菓子祭」が巻末に付いていて、得した気分に。ブロイラー、気にせず食べてるけど不味いんだ…。小さい頃からブロイラーの方が一般な社会で生きているし、しょうがないかとは思うがなんだか切ない。吉行淳之介の所々見え隠れする茶目っ気がたまらない。
★1 - コメント(0) - 2014年3月27日

2013年3月11日:porcoooo
2012年11月15日:半殻肝
2012年9月11日:こばゆ
私が酒呑みだったなら上手い話に酒がすすむ、などと言うのだが生憎酒はほとんど飲めないので、ただ面白いとしか言えない。食欲が増すことは必須。時代が少し古く感じるところは有るが、人間の持つ欲や見栄の本質は変わらない。人間観察が見事で、一緒にテーブルを囲んで作者と飲んでいるような感覚に陥る。「そういえば昨日ね、」と語りかけてくる感じ。それが心地いい。
★1 - コメント(0) - 2012年5月20日

2012年5月10日:珠禾
2012年3月24日:aska
2011年12月23日:半殻肝
グルメ文庫なので、食べ物にまつわるエッセイ。吉行淳之介のエッセイは軽く読めて楽しいのが良いです。1000円で夜遊びをするお話が印象に残りました。ストリップに行ったりヘビを食べたりしていました。昔の深夜番組みたい。
- コメント(0) - 2011年4月21日

 
- コメント(0) - 2010年11月18日

2010年8月8日:あまね
2010年3月15日:taeko
2010年3月10日:atsuko
タイトルは微妙だが、吉行淳之介の人生を楽しむ感じが伝わる一冊。今の小説家の私生活はよく知らないが、この時代の人のアソビの感覚は今は途切れてしまっているように感じる。仕事っぷりもすごいが、多くの人と交流し、それを通じて自分というものを表現し、読ませていく。読者の共感と尊敬と憧れとをうまくバランスをとって書いていくのは、やはりダンディと言ってしかるべきか。
★1 - コメント(0) - 2010年3月1日

2009年12月24日:大木
2009年9月1日:Hony-Z
2009年1月23日:くまごろー
--/--:jill

今読んでいるみんな最新5件(3)

04/28:珠禾
03/03:atsuko

積読中のみんな最新5件(1)

12/29:HANA

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

10/10:ホークス
01/27:pssoul
01/20:nishiji23
01/26:ホームズ
08/17:manami
ダンディな食卓 (グルメ文庫の 評価:64 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)