働かないの―れんげ荘物語 (ハルキ文庫)

働かないの―れんげ荘物語 (ハルキ文庫)
174ページ
774登録

働かないの―れんげ荘物語はこんな本です

働かないの―れんげ荘物語の感想・レビュー(548)

前作からですがだいぶ時間外たってから続編を読むことに。キョウコさんが私の年齢と近くなった分、分かる、わかる(笑) 自分の身体が本当に思っている以上に衰えていて、特に視力はヤバい!刺繍とか、自分の手に針突みたいにしちゃいそう。落ち込んだり浮上したりする気持ちがよくわかる。出来ないことより出来たことをほめて感謝する・・・そんなに毎日を心がけたい。れんげ荘も古い建物だから、退去して下さい、も時間の問題かも。大手拓次の薔薇の詩やチユキさんの好きな音楽、聴いてみたい。
★11 - コメント(0) - 3月15日

まず書きたいこととして3.11があって、それ以外は適当に埋めましたって感じ。繰り返しが多いし、「それは前作で読んだ」ってことが何度も出てくるしで、ちょっとがっかりした。群さんの本にしてはネコ成分が少ないのも不満の原因かも。
★6 - コメント(0) - 3月14日

枠にとらわれないことの難しさ。
★1 - コメント(0) - 3月11日

第1作目から3年の年月が経った設定で、キョウコは相変わらず「れんげ荘」に住んでいる。小さな煩悩に葛藤しつつも、清貧への道を歩んでいる。これといって大きな出来事が起こる訳ではないが、ちょっとしたシーンに誰もが日々の暮らしを豊かに出来るヒントが隠されている。見習いたい。続編の文庫化を楽しみに待つ。
★4 - コメント(0) - 3月6日

とりあえずキョウコさんは元気そうだ。私はこれからどう生きていこうかな考えてしまった。
★3 - コメント(0) - 3月6日

SHO
れんげ荘の続刊。キョウコは相変わらず慎ましく暮らしていました。『ややこしい問題はその問題が発生したら考えればよいのである。何もないのにわざわざ問題を発生させる必要なんてないのだ。』まさにその通りです。心に響きました。やっぱりいい!この生活、憧れます。
★3 - コメント(0) - 3月1日

他人や家族に苦しめられるのには耐えられるキョウコだけど、自分自身に苦しめられるのには弱い。この生活を選んで実行する度胸はあるのに、些細なことでへこたれそうになるキョウコが可笑しい。それがまた本当に些細なことだから、群さんの体験かしらと思ったり。そして、チユキさんの登場。
★18 - コメント(0) - 2月19日

再読。(初回は 図書館の単行本にて)キョウコさんと クマガイさんの やり取りが心地良い。疲れているときに読みたくなるので、手元に置いておこうと 購入してしまった。
★20 - コメント(0) - 2月16日

1作目から3年後、48歳になったキョウコさん。まだれんげ荘で10万円生活をしています。なにもすることがないから、ちょっと趣味を作ってみたり。1巻のその後を描いているんだけど、ちょっと物足りなかったかな‥肩の力を抜いたというより、そのままの生活をだらっと続けている印象。1巻の方が、何気ない日常を大切にしている印象がありました。新作の3巻にも手を出すか、否か‥。
★31 - コメント(2) - 2月14日

何だか、年上の気取らないお話し上手のお友達を持った気分。悩んで凝り固まってしまった胸の内が、ゆっくりとほぐれたような気がした。新メンバーチユキは、春を運ぶ風のようだ。キョウコは彼女を純粋だと感じていたけれど、真剣に生活するキョウコもまた純粋だ。丁寧に生きることが、物語の端々から伺える。それは例えば、気に入った茶碗にお茶を淹れることなのだ。
★4 - コメント(0) - 2月8日

今年の初読書本。れんげ荘の続編。キョウコさんの10万円生活、数ヶ月ならいいけど、ずっとは私にはできないなぁ。かつては得意だった刺繍もいつの間にか昔のようにはいかなくなっている、、それでも葛藤しながら仕上げてちゆきさんに見せに行く場面はよかったな。次も気になる1冊。
★1 - コメント(0) - 1月29日

れんげ荘の続編もあるんだ!!と思わず借りた。独身女性が増えてきた。働いていたとしてもこのような生活を選ぶ人もこれからはいるかもしれない。働かない生き方もあってもいい。今回の話の中で新しくキョウコが出会ったのはモデルみたいはミユキ。さらに刺繍なのかもしれれない。私も時より手芸をしたくなる。そんなことを思った。
★29 - コメント(0) - 1月13日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2016年12月30日

有名広告代理店を辞め、何もしないことを選んだ女性の話しの第二弾。 何もしない、誰とも関係を持たない。月10万円で暮らすために、住み始めたれんげ荘。そう決めていても、人が生きていく上で、人との付き合いは切り離せない。何も考えないと思っても、あれこれ考えてしまう。そのことに悩む主人公。でも、結局自分の考え方次第と気づいて、また、何もない生活を楽しむことになる。 主人公のような生活は無理だけど、私たちが、複雑な社会で生きていく上で必要なヒントがあるような気がします。 やさしい話なので、読んでみて下さい。
★6 - コメント(0) - 2016年12月7日

シリーズ第二弾。大手広告代理店を早期退職し、貯金を切り崩しながら月10万円で暮らすべく、家賃3万のおんぼろアパート「れんげ荘」で暮らすキョウコの日常。憧れる反面、私には無理だろうと思う。キョウコは安定の小林聡美さんで脳内変換。何か大きな事件が起こるわけではないけど、まわりの人達との繋がりとシンプルな暮らしぶりを読んでいるのがとても心地よい。このユルさたまらない…。ずっとキョウコの暮らしを覗いていたい。
★20 - コメント(0) - 2016年12月5日

どうなんだろうな
★3 - コメント(0) - 2016年12月3日

ゆったりと時間が流れていて、今の忙しない日常にほっとひと息できるような本でした。働かないと決めて、月10万円で生活するキョウコ。相当な覚悟と決断がなければ続かないだろうなぁ。同じアパートの住人とのやりとりも相変わらず心地よかった。またこの続編もあれば読んでみたいなぁ。
★3 - コメント(0) - 2016年12月1日

前作から3年。48歳になったキョウコさんの、れんげ荘での貯金生活は続いていた。「働かない」毎日にもずいぶん馴染んできたキョウコさん。だけど真面目すぎる性格は変わらず。ゆったりと流れる日常の中、ちょっとした不安や危機感を抱きながらもまっすぐに生きている。制約のない生活に憧れるけど、よほど気持ちを強く持たないとこんな毎日を続けるのは難しそう。煩悩の多い私にはこの暮らしは無理だろうなぁ。キョウコさんのまわりの人々もいい人ばかりで(母を除く)、人間関係に恵まれているのはキョウコさんの人柄なんだろうな。続編希望です
★16 - コメント(0) - 2016年11月24日

1日の時間をうまく使うことと、日がな1日ゆっくりと過ごすことと、どっちが贅沢なのか。断然後者になるのだが、私はまだ、どちらでもなく、時間に追われているように思う。人生って何が起こるかわからないけれど、好きなものを食べて、雨露をしのげる家があって、人との交流があって、誰かと繋がれて、生きていける。ただそれだけで充実しているのに、誰かと比べたり、誰かよりお金を持っているとか、苦労してないとか、学歴とか、とにかくオプションでしか語れない人間になっていってしまっている。
★7 - コメント(0) - 2016年11月23日

意地でも働かないので、時間のかかる趣味に手を出してみたり。都会で世捨て人生活というか、若隠居生活は、誘惑が多すぎて、修行のようだと思いました。 働かないと役所から電話がかかってくるなんて、知らなかった。
★4 - コメント(0) - 2016年11月4日

ボロアパート『れんげ荘』で月10万円暮らしをするキョーコさんのその後。本当に働かないんだ…それを認めている周りの人達を理解あるなーって違った角度からの感想は置いといて…(笑)。相変わらず、あーでもないこーでもないと 後ろ向きに考えたり立ち直ったりの繰り返しの生活の中で、刺繍に目覚めたキョーコさん!私としては何かする事があって良かったねと思ったのでした!(笑)。毎日ドタバタの生活の私からは今回も羨ましくもあるキョーコさんです。
★20 - コメント(2) - 2016年10月31日

前作でも思ったけど、時間とお金があったら、いくつになってもやりたいことがあるもんだ。でも、いざそうなったらとまどうだろうな。長い時間をかけての晴耕雨読生活。憧れではある。さてさて、続々編ではどうなるのか、続きが気になる星3つ
★7 - コメント(0) - 2016年10月29日

続編、一気読み。いいなぁ~、好きなことに囲まれている生活。時間があったら…やりたいことがたくさんあるよ
★10 - コメント(0) - 2016年10月23日

早期退職をして貯金を崩して生活。真似したいけど無理だろうな。いくら貯めたら出来るのだろうか。でも小さな幸せを感じて暮らす事は真似できるかな。
★14 - コメント(0) - 2016年10月14日

月10万円生活、やってみたい気もするけど無理やろな〜(-。-;
★70 - コメント(4) - 2016年10月14日

れんげ荘物語の第2弾。キョウコさんは健在であった。刺繍を始めたところが妙につぼにはまりました。久しぶりに針を持ってみたら思ったところに針が刺さらないだの、目がしょぼしょぼするだの、肩が張るだの、わかるわかるー!と思ったらそうか、キョウコさんは私と同世代なのでした。道理で。(笑)。プラナカン風だとあるので、なんだっけとググって画像を見て納得。シンガポールやマレーシアに残る文化で、特徴的な配色なんですね。いいなあ、私も刺繍やってみたい。時間も気力も体力も技術もないけど(爆)。
★6 - コメント(0) - 2016年10月13日

刺繍をしてみようかと思いました。こういう生活、羨ましい反面、やっぱり不安は消えないだろうな、私には。
★3 - コメント(0) - 2016年10月7日

「れんげ荘」の続編。作者らしい作品。月10万でのオンボロアパートでの慎ましい生活。働いていないので社会とのつながりも薄くなると問題の母親との関係と自分の生活を考えグルグル思考が回る。でも、それがとっても現実的で人間らしい。始めからこんな風に考えないなんて普通は無理だとおもう。憧れの清貧生活だけど、働かないストレスと働くストレスと考えると難しいもんだ。どなたかの感想に「ファンタジー」と書いてあったけど、まさしく現代女性のファンタジーなのかも。
★26 - コメント(0) - 2016年9月21日

rie
やっと続編読めました!相変わらず母娘間の関係性は共感。見栄っ張りな母の「あなたの為」と言いながら結局は「自分のため」に言ってるのを自覚せず恩を押し売りする所なんかソックリ。その部分を読む時だけ胃がキリキリ。でもキョウコさんが刺繍を始めた所なんかは、参考になりました。私もずっとやりたいと思いながら出来ずにいたので、これを機に始められたら良いな。れんげ荘を出たその後の続編なんかも出たら是非読みたいなぁ
★8 - コメント(0) - 2016年9月21日

ボロいアパート、れんげ荘に住むキョウコさんのその後。趣味で始めた刺繍に真面目に取り組んでしまい悩むキョウコさんがカワイイ。 他人の目で自分の持ち物を点検し処分することを肝に銘じたキョウコさんはきっとA型だろう、この真面目さに憧れる。
★20 - コメント(8) - 2016年9月18日

広告代理店の仕事を辞め、月10万円で心穏やかに、楽しく過ごすと決めたキョウコ。キョウコの住むアパート「れんげ荘」は、トイレ・シャワーが共同というものだったが、クマガイさんら住人たちとの交流もあり、キョウコは日々を満喫していた。そんなある日、「れんげ荘」に、スタイル抜群の若い女性が引っ越してきて!?
★22 - コメント(1) - 2016年9月17日

テーマはお母さんとの関係? 母と娘っていうのは難しいとこらがあるんですよね。 母との折り合いのつけ方って、悩むものがあります。 どんな風になるのかな?できればどんな折り合いのつけ方になるのか続き読みたいです。
★10 - コメント(0) - 2016年9月12日

れんげ荘のその後のキョウコさん。四苦八苦しながら刺繍を始める。私も何かやりたくなった。
★1 - コメント(0) - 2016年9月1日

役所がうっとうしい。働かないのも自由。
★3 - コメント(0) - 2016年8月31日

mog
さまざまなものをそぎ落とした生活を送って、周りの人への感謝の気持ちが生まれる。心が満たされる生活。 *ややこしい問題はその問題が発生したら考えればよいのである。何もないのにわざわざ問題を発生させる必要なんてどこにもないのだ。
★3 - コメント(0) - 2016年8月31日

相変わらず、キョウコさんは、れんげ荘に住んでいて、10万円生活を送っている。私は、キョウコさんと違って、周りを見渡すと物で溢れているなぁ。確かに仕事に行かなければ、服はいらないし、お化粧もそんなにしなくていいし、物のない生活が送れるのかも…少し憧れるなぁ…私もいつか!
★5 - コメント(0) - 2016年8月27日

なるほど、世の中は働いている人となんとか税で成り立っているのかと、納得した次第。確かに、たくさんとられているなあと思ったものです。今回は、生産的でした。いろいろな人と関わって助け合える生活っていいな。刺繍に私もちょっと興味が出てきました。
★5 - コメント(0) - 2016年8月19日

毎日のんびり、そういう生活をしたいのに、真面目な性格ゆえかいまひとつうまくいかないキョウコ。そんなときに的確なアドバイスをくれる友人や、良くしてくれる人々に助けられる彼女は、やっぱりどう考えたって幸せ者だと思います。『電話を切ったあと、キョウコはありがたい、ありがたいと、昔話のおばあさんのようにつぶやいた。月十万で暮らしていても、ちょっと困ったときにも、友だちがいればなんとかなるとつくづく感じた。』友だちは財産であるという言葉がつくづくしみるようになって来た昨今です。
★6 - コメント(0) - 2016年8月18日

憧れ生活
★1 - コメント(0) - 2016年8月18日

働かないの―れんげ荘物語の 評価:66 感想・レビュー:202
ログイン新規登録(無料)