ウォール・ストリート・ジャーナル ザ・マネジメント

ウォール・ストリート・ジャーナル ザ・マネジメントの感想・レビュー(23)

分かりやすくまとめられた一冊だった。名著が数多く合わせて紹介されている為、より深くマネジメントを理解するには、各書籍を読まなければならないと思う。手引的に使うにはとても便利な本。
- コメント(0) - 2015年11月3日

2015年9月26日:yamapi
有名な経営者の解説本として多少は役に立つかな
- コメント(0) - 2015年6月10日

ここ20年の経営論のポイントとそれを象徴するケースをざっと紹介したミーハーな一冊。
- コメント(0) - 2015年3月18日

様々なマネジメントに関する書籍のポイントだけを要約したような内容。この本だけを読んでも具体的な何かが得られるわけではなく、実際に参照されている書籍を読んでみないと深い理解は得られないかも。マネジメント論を思い出すための目次として辞書的に活用できるのかなと感じる内容。書籍の中に出てきたものの中で目を通していないものがいくつかあったので読み漁ってみようかなと。
★2 - コメント(0) - 2015年2月15日

2015年1月9日:Hide-k
2015年1月9日:kohei
2015年1月7日:Hidekuni Nakai
2014年12月14日:エンリコ・キエーザ
2014年10月26日:大樹
2014年5月4日:Platinum
2010年初出。 マネジメントは本来、わくわくするような仕事(11頁)。 ドラッカーは、F.W.テイラーの時代とは違って、 決められた人と時間でフォーディズムの大量生産を志向 する時代ではなく、有能な知識労働者に、 モチベーションを与えることが必要だと考えた(33頁~)。 ① 目標を立てる ② 整理する ③ コミュニケーションをとる ④ 測定する ⑤ 育成する (34頁)。 まちづくりにおいては、 中山間マネジメントとしては、 徳野貞雄教授のT型集落点検法で、 集落の家族構成を把握するのが目下の目標。
★15 - コメント(2) - 2014年4月14日

マネジメントに必要なことを広く浅く触れているという感じ。平易な言葉でかかれていて読みやすい。
★1 - コメント(0) - 2014年3月16日

良くも悪くも教科書。新しい教科書。現在の環境に理論を合わせて語る方法が良い。マネジメントの勉強の第一歩に
★1 - コメント(0) - 2014年2月23日

2014年2月14日:真昼の読書家
2014年1月20日:Tomo
2013年12月20日:シャマル丸
2013年12月12日:ソフィア
前ウォール・ストリート・ジャーナル副編集長アラン・マーレイが「マネジメント」を論じた一冊。ドラッカーやポーター、トム・ピーターズなどマネジメント論の第一人者の理論とGEのジャック・ウェルチ、IBMを再生したガースナーなどの経営者のエピソードを交えながら世界で通用するマネジメントとは何か?さまざまな経営書のエッセンスを手際よくまとめマネジメントの参考に。著名な経営者のエピソード、経営ノウハウも登場する一冊。
★5 - コメント(0) - 2013年12月11日

「決定版」というだけはある良本。マネジメントだけじゃないから、ザ・マネジメントなのかな?いろいろ幅広く紹介した本。
- コメント(0) - 2013年11月23日

--/--:supaken

今読んでいるみんな最新5件(4)

12/10:雪だるま
11/15:Ny
12/02:Shogo Miyata

積読中のみんな最新5件(3)

01/19:舘守仁

読みたいと思ったみんな最新5件(10)

06/08:ino
05/06:きょじん
01/02:tame
12/13:ken7ito
ウォール・ストリート・ジャーナル ザ・マネジメントの 評価:78 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)