チリ33人 ~ 生存と救出、知られざる記録

チリ33人 ~ 生存と救出、知られざる記録の感想・レビュー(18)

2016年6月20日:taro138
2016年3月20日:
チリの鉱山落盤事故は言うまでもなく大事故かつその救出劇は感動的だった。チリのジャーナリストの手による本書はその様子を綴っているけれど、原文からなのか翻訳によるものなのか、表現が薄味に感じられた。既に報道されている事実を淡々と綴っているだけでカタルシスが感じられないんだよな。もう少し詳しくその内容を綴って欲しかったところだな。
- コメント(0) - 2015年5月1日

絶望の中で人はどう生きるのか。2010年にチリのサンホセ鉱山で起こった落盤事故。33人の鉱山作業員が閉じ込められ,69日後に救出されたこの事故は,多くのメディアによりリアルタイムで報じられ,大きな注目を浴びた。18日目,小さい穴が700mまで貫通。33人が避難所に生存していることがわかる。それまでの17日間はどのような心境だったのか。33人もの集団が,規律をもってきちんと生き延びたことはまさに奇跡的だ。しかし,奇跡の背後には,劣悪な労働環境,メディアの喧騒,政治的駆け引きが透けて見える。
- コメント(0) - 2014年12月25日

2010年8月に起きた落盤事故の発生から救出までを綴ったルポ。東京スカイツリーよりも深く、気温は32度を下回ることがなく、湿度も80%以上、光は届かず、初めの17日間は外界とまったく連絡がとれず…。そんな想像を絶する環境で69日間も辛抱強く救出を待った33人の男たちの強さは並大抵のものではない。ただ、このルポは彼らを単なるヒーローとしてではなく、テレビチャンネルを争ってケンカになったり、たばこがやめられなかったり、そんな普通の弱さも書いているので、より驚異的に受け止められるのだ。
★21 - コメント(2) - 2014年7月1日

2014年3月3日:KZT
2013年4月14日:kasiwa
2012年11月20日:Kyoko Kono
2012年10月31日:Kazuyuki Koishikawa
2011年10月2日:黒山羊
全世界が一つとなってチリを応援した感動的実話。生存を知らせる17日目までの話が面白かった。
★4 - コメント(0) - 2011年9月17日

2011年8月5日:nkntmn
2011年7月27日:地蔵
2011年6月26日:みろり
2011年6月12日:のん
ニュースを見て知っているつもりであったが、救出までには数々の偶然と、団結、勇気、善意があったことがよく分かった。素晴らしいドキュメンタリーである。発見までの17日とそれから救出されるまでの日々の遭難者の心理の変化に読み応えがあった。大統領がすばやく各国にSOSを発したこととそれに応じた世界的な応援そして、生中継による情報発信など現代の災害を克服するヒントがちりばめられている。そこに日本の最先端の技術が貢献したことを誇りに思う。
★1 - コメント(0) - 2011年4月30日

2011年3月11日:LEGEND
--/--:かるめやき

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(4)

09/08:わかな
07/10:276
06/18:ヘンリー

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

07/01:ポウ
03/11:bigtree
02/19:VC
07/26:がっち
チリ33人 ~ 生存と救出、知られざる記録の 評価:56 感想・レビュー:5
ログイン新規登録(無料)