最強の集中術

最強の集中術はこんな本です

最強の集中術の感想・レビュー(157)

自分の目標をわかってもらっていて、応援してもらっている、という人のことを考えると、エネルギーがわく。自分が自信を失いかけた時、この信じてくれている人のことを考え、思い出すべし。快適ゾーンから一歩踏み出し、その環境の不快さになれれば、自分の快適ゾーンは広がる。リラックスしている人を真似れば本当にリラックスできる。
- コメント(0) - 2015年12月23日

数年前に買ってた本だが捨てる前に通読。緊張と緩みの間の集中ゾーンにいかに自分の意識を持っていくかというテクニックが書いてあった。まぁ言われて見れば普通のことだが実践できてないところもあって、私の集中力も三級から二級くらいには、ドラクエで言うとレベル40から42くらいにはなったかなと思う。後半ふざけててすみません。
★7 - コメント(0) - 2015年10月27日

集中のゾーンに入っているか 意欲コントロールが必要 自分がゾーンの中にいるか外にいるか気づき ゾーンの中に戻るにはどうすればいいか 対処方法を考えること 自分の感情を 10段階で評価し 何にがベストに近いか 客観的に判断することが大事
- コメント(0) - 2015年9月18日

タイトルが若干胡散臭いが、かなり良い本。他の本でも目にしたことのあるアドバイスも多いが、ところどころに光るものがあり読む価値は十分にあり。また読み返すと思う。
★2 - コメント(0) - 2015年9月5日

85
★1 - コメント(0) - 2015年2月5日

集中ゾーンというのは前から感じていたが、両端に意欲低下とオーバーヒートというのがあることは分からなかった。意識的にコントロールして、集中ゾーンを長時間維持できるようにコントロールしていこうと思う。
- コメント(0) - 2014年12月21日

自分の成長の怒り、不安、リラックス状態をコントロールし、集中出来るようになるかが書かれている。四点集中法、自信を培う、自分のために作業するなど、響いた言葉があった。
★1 - コメント(0) - 2014年9月15日

学んだこと 集中ゾーンに自分を戻すための気分転換方法 ・4点呼吸法 怒りのコントロール方法 ・自分を怒らせる原因となる不安のもとを暴く。 何に対して怒っているのか、不安に思っているのか。 思考の置き換え マイナス思考に陥りそうになったらプラス思考に置き換えてみる
- コメント(0) - 2014年5月9日

不安を除いたニュートラルな感情とやる気を起こす思考とリラックスできる生活習慣の3つを常に意識しながら集中できるフロー状態に持って行くことと理解した。自分はよく物事を先延ばしにしがちなので、実践して改善したいと思った。
- コメント(0) - 2013年1月31日

集中力の妨げになる要素を取り上げながら、 それにまつわる対策を各章で説明している。私にはかなりの良書でした。 結構スットはいってくる事が多かった。やはり、不安を取り除くことが必要なんだよね~
- コメント(0) - 2012年11月13日

「アドレナリン・スコア」はイメージをつかめなかった。「自分は今何をしていないか?」は実践したいと思う。
- コメント(0) - 2012年10月21日

アドレナリンの分泌量が集中力に影響するというのは、参考になった。あとは他の集中力関連の本と書いてある内容は似たり寄ったりだった。私たちが、集中しようとする時に普通に行っていることを、わざわざ活字にしなくても良かったのでは?と感じた。私が期待したのは、もっと別な観点から見た集中力のあり方を期待したのだが、この本から見つけられなくて残念だった。この著者が女性だからってわけではないと思うが、文書全体から、母性意識を強く感じた。
★2 - コメント(0) - 2012年9月14日

そうそうわかるわかる、と思いながら読んだ。文章のテンポが良く、ポジティブでいい感じの本だった。集中力を乱す要因の多い時代だというのはまさにその通りだと思う。自分にとっては具体的な手法よりも集中力を高めることは「できる」のだということをまず覚えておこうと思った。
★1 - コメント(0) - 2012年8月2日

ながら作業もアドレナリンレベルによっては有効。
- コメント(0) - 2012年7月31日

極度なのめり込みにより周囲が見えなくなる集中のしすぎと、リラックスによる集中との違い等が分からなかった私にとっては、逆∪字カーブの説明はストンと府に落ちました。その1点だけでも読んで良かったと思える本。ただ、他の方々も言っている様にタイトルと帯の写真などでかなり損をしているかと。そこだけが残念です。
- コメント(0) - 2012年2月9日

情報過多の世の中で知らないうちに集中力が阻害されていたことに気がつきました。集中力ややる気をコントロールするための八つのカギ。全てが良かった訳ではありませんが、何個か実践するとよかったものがあり、仕事も捗ります。良書です。
★6 - コメント(0) - 2011年9月13日

集中術の本、集中して読めなかったわ…。アドレナリンの量の調整が大切ってことなのかな。多すぎても少なすぎても駄目なんだろう。
- コメント(0) - 2011年7月16日

期待外れの本。 原理を理解することは出来るが、具体的に何をするの?って話になったとたんに、他の本と全く変わりがない手法を紹介している。少し残念だな〜と、正直に感じた。
- コメント(0) - 2011年4月17日

集中力が一番高まる「ゾーン」に自分の精神状態が在るかを逆U字カーブの表で見せる方法は良いと思ったが、ただそれだけ。中身のある内容ではないというのが本書の感想。
- コメント(0) - 2011年3月21日

いかにアドレナリンをコントロールするか
- コメント(0) - 2011年2月6日

アドレナリンスコアというのは実に面白い考え方だと思いました。自分が集中ゾーンいるかを考える。入っていないなら、適切なアドレナリンスコアを意識せて戻る。戻り方も逆U字カーブのどこにいるのかで変えるなど、気付きの多い本でした。
- コメント(0) - 2011年1月19日

集中することは必要だが,そのやり方は意外と教わっていない.物事に対処しようとするとき,人は集中力を高めようとする.しかし,集中を緩めすぎるのと同様に,しすぎることもまた問題である.あくまでも中庸をめざすことが大切である.
★2 - コメント(0) - 2011年1月12日

図書館で借りたが、購入してモチベーションが落ちたときに読み返したい。今まで読んだこの手の本の中ではベスト。
★2 - コメント(0) - 2010年11月18日

ときどき読み返してます。類似本のなかでは好感の持てる文体・内容です。部分読みにも向いているつくりかと。
★2 - コメント(0) - 2010年10月19日

勉強になることが多かった。図書館に返したけどもう一度借りて読みたい。
- コメント(0) - 2010年9月2日

邦題がいかにもな「自己啓発ノウハウ」のせいで随分損をしている気がする、インナーイメトレのガイダンス本。中身は至極順当な緊張コントロールの紹介です。安物新書にありがちな「こうすればうまくいく!」の類のムダな煽動も偏向ツギハギもなく、割と淡々と順を追い技法紹介をしていて、まあこのテのものにしては良心的です。インナーイメトレは適性の向き不向きがあるので、参考ていどに。クリエイティブ系のかたには『演奏家のための「こころのレッスン」』と併読すると、インナーイメトレを体感できる処、大かと思います。
★2 - コメント(0) - 2010年8月17日

自分が元来集中したい時に集中できる性質だったのもあるが、この本に書かれていることは大半が普段から意識せず実践していることだった。その普段からしていることを自分に代わって理屈付けてもらった感じ。やはり一番集中できるのは静かなカフェだ。
★2 - コメント(0) - 2010年6月25日

自分は今何をしていないか?という考え方は大変参考になった。また「ながら作業」に対して一貫して悪いイメージを抱いていたが、本書を読んだらメリットもあることを発見。本書に書いてあることを完全に実現できれば誰でも今の2、3倍の成果が上げられるだろう。
- コメント(0) - 2010年5月13日

自分には、とても難しい本でした。確かに考えは参考になるが理解に苦しむ。
★1 - コメント(0) - 2010年4月29日

仕事に対する集中力が極端に落ちてしまって悩んでいたこともあり読んでみた。物事に集中するために必要なメンタル部分の調整や具体的なTipsなど、かなり内容も濃くて参考になった。再読して、生活の中で活かしたい。
- コメント(0) - 2010年1月2日

平常な状態で読んだときにはふーんとしか思わなかったが、精神的に不安定なときに読んだらずいぶんと参考になった。
- コメント(0) - 2009年11月26日

たぶん一年くらいほっぽいたのを処理 実践し続けられる人はもともとすごい人なんだろう
- コメント(0) - 2009年8月16日

実践できることをマインドマップにまとめて実践してみたい
- コメント(0) - 2009年7月7日

まずは、毎日の行動にアドレナリン・スコアを付けてみて、集中力の度合いを確認してみる
- コメント(0) - 2009年6月7日

心の番人で自分を監視する話はとても参考になった。
- コメント(0) - 2009年6月2日

うまく自分をコントロールして集中し過ぎることも注意散漫になることもなく適度な集中力を手に入れられるようになる方法が書かれてる。実践はこれからだけど役立ちそう。
- コメント(0) - 2009年5月18日

再読です。自分の生活の中に、上手に取り入れて、お勉強したことがうまく実践、行動に移していければいいなって思います。NLPも学んでいるので、うまく活用できそうです。次は、インナーワークを再読して、スキルを得てアクションに起こすまでのバランスを自分自身の中で組み立てていきたいと思います。
★1 - コメント(0) - 2009年4月1日

最強の集中術の 評価:82 感想・レビュー:61
ログイン新規登録(無料)