スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus)

スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセスの感想・レビュー(30)

2月24日:moggz
2月17日:しんしん
これ一冊で一通りのことはわかる。また、事例やプラクティスの紹介が簡潔にまとめられているのもうれしい。これからScrumに取り組もうと思う人にはよい本だと感じた。
- コメント(0) - 2月13日

よくある問題点について多めに書かれているので参考になる。自分はスクラムの経験が無いのでなんともモヤモヤしていたけどこの本だけでだいぶスッキリした。実際にやる事になりそうなのでその前の予備情報としてはよかったかな。ウォーターフォールが染み付いているので、そこからの転換が上手く出来るか心配だなぁ。
- コメント(0) - 2月9日

2016年11月23日:ゆで卵
2016年10月25日:みきもと
2016年8月13日:kymmt90
2016年8月7日:mEmO
このサイクルがうまく回せたら、いいスクラムチームが出来上がるんだろうな。 でもやっぱり、プロダクトオーナーがどれだけの権限を持って、決めるられるのか、そしてバックログを抽出できるのかにかかっている気がした。 内製をメインにしている会社では実現できそう。 システム開発会社では、ステークホルダーが強力だし、難しいそう 事例も内製系の会社がメインだったし。
- コメント(0) - 2016年7月14日

2016年5月31日:dondoko_susumu
2016年3月11日:kymmt90
2016年1月11日:S
2015年11月24日:gennei
スクラムとは何かから、実際に導入した失敗例まで書かれているため、実際に導入する際の参考になる。 スクラムを行っているが、問題点は色々あるので、見返すことで自分のチームの改善に役立てたい。
★1 - コメント(0) - 2015年11月1日

タイトル通り、非常に実践的な本です。これまでアジャイル、スクラムをキーワードに複数の書籍を読んできましたが、成功事例だけでなく、結構なページ数を割いて失敗からの改善事例にも言及しているのがすごく良かったです。実際にスクラムをやってみようとなった時に役立ちそうな一冊。まずスクラムをやろう!というところまで持っていくのが大変(最初の壁)なのだけど・・・(汗
★2 - コメント(0) - 2015年10月24日

2015年10月18日:toshiro3
2015年9月24日:せがちゃん
2015年9月12日:tohruok
一旦前半のスクラム開発の説明まで。スクラム開発そのものの説明が薄いものの、きっと後半の事例紹介は貴重
★1 - コメント(0) - 2015年8月2日

2015年7月11日:yamapi
2015年7月1日:ちゃんしょー
2015年5月14日:noritsugu
2015年5月10日:miwarin
2015年4月23日:meowmeow
2015年4月1日:Arata Fujimura
2015年3月27日:Syohei YOSHIDA
プラクティスと事例の紹介でなぜそのプラクティスを導入するかという観点での説明が弱い。そのため、こうしなければならないの説明が多く、入門の立ち位置としては弱い。(stdio.hがおまじないって説明されるような違和感)アジャイルプラクティス・アジャイルレトロスペクティブ・アジャイルマニュフェストあたりを読んでからじゃないとただの勘違い本になる。ただし、スクラム教の宗教本としてはよくできている。コンテキストが理解できてない人が読むべきではないという意味で「入門」ではない
- コメント(0) - 2015年3月27日

仕事でも一応スクラム体勢で開発しているのでそのToBeを理解するために一読した。取り入れやすいところから取り組んでいきたいと思う。
- コメント(0) - 2015年3月21日

今読んでいるみんな最新5件(5)

02/12:しんしん
04/06:MAJ1MA
03/28:紗々

積読中のみんな最新5件(7)

02/18:rubeee
01/12:ashizawa
12/27:ショウヤ
06/11:hkomatsu

読みたいと思ったみんな最新5件(15)

02/06:trk6548
12/17:chu-son
05/04:さい
02/06:nusp
12/27:n.mochizuki
スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセスの 評価:60 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)