10年つかえるSEOの基本

10年つかえるSEOの基本
136ページ
85登録

10年つかえるSEOの基本の感想・レビュー(53)

ryo
会話形式で最後まで飽きずに読めます。新しい本では無いけれど、本質はこういう事なのかな、と業界の常識を知らないですが納得感があります。
- コメント(0) - 2016年12月14日

【図書館】超初心者向けのSEO入門書。◆「ブログを開設しようかな、どうせ作るならSEO対策もしたいな」と思い手に取った1冊。「キーワードを検索結果に反映しやすくするための6つのポイント」や「良いコンテンツに必要なこと」など、基本的な事柄が書いてあるので、私のような超初心者でも分かりやすい。とはいえ、日々の日記のようなブログではSEO対策を施してもいかがなものかと。この本はあくまでも【基本】だから応用は別の本で。
★1 - コメント(0) - 2016年11月5日

超初心者向けのSEO概説を、2人のキャラクターの会話としてシナリオ形式で纏める。---読みやすいうえに、SEOの本質を押さえている良作。小難しい世界の話を会話形式にすることで、主題への親しみやすさを上げている。①広告は商品の販促、SEOは情報伝達の方法という根本的な違いがある。②品質の良い被リンクを増やすため、サイトに良質なコンテンツを掲載する必要がある。③検索は無くならない。検索結果表示順位の上位より、検索される回数を増やす構成を考える。……本作読了後に他の参考書を読むとさらに実りがあると思う。
★1 - コメント(0) - 2016年9月19日

検索でヒットしやすい言葉を考えるのではなく、その言葉を検索する人の立場に立って、いかにそこにコミットするコンテンツを準備できるのかが重要だと思った。途中でコンテンツの提供に対して善悪の話が出てきて驚いたが、結局コンテンツを楽しむのも提供するのもすべて人であり、お互いがWin-Winになるコンテンツを生み出していきたいものだと感じた。書いてあることは基本的なことばかりではあるが、いくつか得るべき教訓はあった。
★3 - コメント(0) - 2016年8月28日

昨日の常識が今日には非常識になるIT社会。SEOに関して超基本的なところからかわいいキャラクターが会話形式に説明してくれるゆるっとちゃっかり本。基盤本は手元に置いておきたい。
★2 - コメント(0) - 2016年6月25日

SEOって何?から検索する人の立場になって作るなど、SEOのマインドが書かれています。初心者ですが、かなりためになります。キーワードだけを詰め込んだうすっぺらいページが上位検索されて出てこないような仕組みに変わりつつある話とか、ためになります。誰のためにあるべきものなのかが重要です。変わらない考え方をきちんと学べる本になってます。
★11 - コメント(0) - 2016年5月19日

上位にすることでなく、どれだけ検索する人のことを考えられるかが大事であることを学んだ。参考にして実践してみようと思う。
★2 - コメント(0) - 2016年4月14日

SEOの考え方について書かれた入門書。用語のひとつひとつが分かりやすい。SEOを学ぶ上で、一冊目に最適な本。
★1 - コメント(0) - 2015年12月15日

SEOの基礎においてテクニック論ではなく、本質的に良質なサイトを作るにはどうすればよいかに主眼を置いたもの。
★2 - コメント(0) - 2015年11月29日

SEOの入門書。WEB初心者には非常にわかりやすい。ブラックSEOにならないように、ブログとかもkをつけないとね。
- コメント(0) - 2015年11月10日

グーグルに対して作るのではなく、情報を必要としている人間に対してコンテンツを作れ、という、そういうこと。あたりまえのことだけど、当たり前ではなくなっている。
- コメント(0) - 2015年10月22日

SEOのテクニックとかではなく、SEOの基本的な考え方がわかりやすく書かれている。本質を理解したいなら読む価値はある。
★4 - コメント(0) - 2015年10月7日

とかくテクニカルに走り、難しくされているSEOについて、基本的な考え方をきちんと伝えられています。作り手側である企業が押しつけがましく情報を掲載しても、それをご覧になるお客様にとって有益でなければ何の価値もないサイトになってしまいます。お客様目線で作られているサイトは、とても少ないですね。社内でも「この内容できちんとお客様に情報が伝えられているか?」という一見まとも、実は売り手目線の意見がよく聞かれています。お客様にとって本当に大切な情報とは、商品の詳細情報ではない、と考えるの私だけでしょうか?
- コメント(0) - 2015年10月6日

資産として、提供情報の価値を蓄積する発想。目先のヒット数増やそうではあさい。
- コメント(0) - 2015年10月4日

SEOの基本的な考え方がわかりやすく書いてある。やはり、小手先のテクニックではなく、見る人に役立つWEBを作ることが、重要ということですね。
★1 - コメント(0) - 2015年10月3日

moe
SEOとか考えないといけないけど、よく分からなくて、読んでみました。SEO=ズル賢い戦略って思ってましたが、それはブラックハットなSEOのことでした。良質なコンテンツを作って、検索する人を主体としたSEO対策をしていけたら、良いなぁと思いました。
★2 - コメント(0) - 2015年6月9日

超わかりやすい!最初にこれ読んどけば間違いなかった。ですぐ読み終わる!すんごい基礎の基礎がわかっていい本。いままで何冊か読んだ中でダントツわかりやすい!ただ、ちょっとわかるようなった今は基礎の基礎過ぎたりもした!
★2 - コメント(0) - 2015年5月17日

とてもわかりやすい内容だけれど、対話式なのてまどろっこしく感じることも、
- コメント(0) - 2015年5月14日

104ページの「ホワイトハットSEO」「ブラックハットSEO」の説明文章の、「システム」を「人間」に置き換えて読むと、Googleのやろうとしていることがわかる良書。 結局は人間をどのように捉えて接するスタンスでいるかというところが試されている。それを、この本はものすごくわかりやすいストーリーで語ってくれています。 SEOのホワイトとブラックの文末が「運営する」と「施す」であることも、見落とせない大切なこと。 感動的な構成力と言語化、かつアートワークもかわいくて、この本まるごと一冊がSEOを体現している。
★2 - コメント(0) - 2015年5月14日

読書メーターは検索からの流入が非常に多かったわけですが、色々経験するに、SEOは人と向き合うことだと思う。
★22 - コメント(0) - 2015年5月11日

2015年16冊目。徹頭徹尾コンテンツSEOについて述べられている本。なにか具体的な技術を得るというとは難しいけれど、とりあえず入門にはちょうどいい感じがする。❪と、SEO入門者が言う❫
- コメント(0) - 2015年5月7日

SEOの考え方を知る本。 具体的な技術的なところはほとんどないけど、これからSEOやるって人にはめちゃくちゃいい本。
★1 - コメント(0) - 2015年5月6日

SEOとは?の疑問に、会話形式で初心者向けに解説されている良書。知識を得ようとWEBで検索したり、本を読んでも、間違っていたり疑問をもつ情報が少なくない。自分でSEOに関する情報を探して知識を得る前に、まずは検索エンジンが何を実現しようとしているのかを知ることが大事。企業のWEB担当者は必読だと思う。業務の中で「これ必要だよね?」と感じていたことを後押ししてくれ、「広告とSEO」の考え方についてのモヤモヤをスッキリさせてくれた一冊。
★1 - コメント(0) - 2015年5月2日

今読んでいるみんな最新5件(6)

08/13:Ri-ye
05/09:あり
09/06:たけ
05/25:m1104m

積読中のみんな最新5件(4)

02/08:忘雪
10/15: .
05/14:虹雪
03/30:阿部高和

読みたいと思ったみんな最新5件(22)

03/14:かにかに
02/05:ニコ
01/17:sakaguchi
12/08:ryo
11/28:ぱち
10年つかえるSEOの基本の 評価:87 感想・レビュー:23
ログイン新規登録(無料)