バードウォッチングの楽しみ方(趣味の教科書)

バードウォッチングの楽しみ方の感想・レビュー(18)

バードウォッチング初心者のために書かれた本。今年に入ってからだが、冬の間だけ、庭に来る野鳥たちに、ペットショップで購入した、野鳥の餌をあげている。参考になる知識を得ることができた。うちの近辺には、身近に野鳥を観察できる場所がたくさんある。双眼鏡片手に、散歩がてら見に行こう!。うちの庭に来るスズメたちももっと観察したら、嘴の根元の黄色い若鳥が見分けられるかもしれない。読んでいて楽しくなる本だった。
★16 - コメント(0) - 2月6日

「バードウォッチングをもっと気軽に、たくさんの人に楽しんでほしい」という ♪鳥くんの願いの元に書かれた、バードウォッチング入門書。道具がなくても、遠くへいかなくても、バードウォッチングは楽しめる。バードウォッチングをすることで四季や命の素晴らしさを感じることができる。その通りだと、肉眼ベランダ派のバードウォッチャーの私も思います。身近な鳥の、特徴やちょっとだけ突っ込んだ知識がうれしい。くちばしの根元が黄色のスズメは若鳥、カラスとトビの翼の見分けかた、など。【酉年に鳥本(4冊目)】
★32 - コメント(0) - 1月9日

(読書メーター、調子が悪いみたいですね・・・)鳥を見てると飽きないです。こんなに可愛く、美しく、優雅でたくましいとは気がつかなかったです! カラスはちょっと御免こうむりますが・・・w(カラスョ、申し訳ない。人間にも責任がありそうです・・・)でも、自然界、厳しい弱肉強食の世界に変わりはありませんね。
★25 - コメント(3) - 2016年3月17日

2015年4月24日:きよりん
2014年10月11日:hase45
run
表紙の写真に惹かれて。シジュウカラの背中の緑色がとっても綺麗で、初めて近くで見た時の感動を思い出しました。身近な鳥の見つけ方から始まって、道具やスタイルの紹介があったり、巣箱の作り方やカービングの紹介があったり、楽しみ方が満載。道具がなくても遠くに行かなくても、すぐバードウォッチングを楽しめそうな敷居の低さが魅力的な本です。ちなみに、ジャパンバードフェスティバルに行くと、♪鳥くんの歌が聞けます。
★5 - コメント(0) - 2014年6月22日

2014年4月11日:土々
2013年2月28日:jidan99
庭や公園で見かける鳥を知りたいなと思って。♪鳥くんにはびっくりしたけどわかりやすく初心者にはぴったりの本でした。
★3 - コメント(0) - 2011年2月22日

2010年10月22日:松浦修司
これから始めたいと思っている初心者にとっては,野鳥図鑑は厚くて掲載されている鳥が多すぎる。この本は冒頭や途中に初心者でもすぐ見つかる鳥が分かりやすくイラストで解説されていて,その点が購入のきっかけでした。バードウォッチングの概要が気負わずに読めてよかったと思います。
★3 - コメント(0) - 2010年4月27日

最近今までよりも少し本気でバードウォッチングしてみたくなってきた。すごく気負って行かなきゃならないように思っていたけど、もっと気楽にしても良いものなんだと思えたのは、堅苦しくないこの本の語り口のおかげかもしれません。
★1 - コメント(0) - 2010年1月11日

自分のような「鳥好きビギナー」にはうってつけの一冊。鳥の紹介だけでなく、道具の種類やマナーなど、広範囲が網羅されています。本文のレイアウトがとてもおしゃれで、図鑑にありがち(勝手な想像?)なダサさが無いのもいいですね。
★2 - コメント(0) - 2009年10月17日

私は庭に来る鳥を見るくらいだけど、さすがに双眼鏡を使うと近所の人に後ろ指さされそうで怖いなぁ。
★2 - コメント(0) - 2009年9月23日

--/--:minute

今読んでいるみんな最新5件(5)

02/04:seraphim
03/17:hitokoto
03/20:mAri
08/30:弓一
10/10:localpocky

積読中のみんな最新5件(3)

02/28:PnnK
05/31:miffy.xyz
01/21:MICKE

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

01/10:やもち
11/06:花ゆず
03/28:シロビ
バードウォッチングの楽しみ方の 評価:100 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)