ピコピコ少年

ピコピコ少年
あらすじ・内容
あの頃ゲームがなければ、死んでいたかもしれない。
今だから語れる、自伝的ゲーム青春グラフィティ!
●ファミコン中毒のきっかけとなった少女との淡い出会い「初恋少年」
●ユートピアだったあの駄菓子屋は今?「駄菓子屋少年」
●FFⅤ発売を待つ列の先頭での恐怖の一夜「行列少年」
●俺のBrand New Heartはどこに?「センチメンタルハート少年」
●雨の日に最高に贅沢にプレイする方法「秘密の城少年」
......みんな実話です!!

あらすじ・内容をもっと見る
136ページ
859登録

ピコピコ少年はこんな本です

ピコピコ少年の感想・レビュー(750)

ファミコン~スーファミから続々と新ハードが発売されたあの頃。格ゲーブームでゲーセンが賑わっていたあの頃。作者の少年時代を描く自伝的ゲームエッセイ漫画12編収録。帯に「みんな実話です!!」なんて書いてある(笑) 押切先生の描く子供の顔は可愛らしくも凶悪で残忍、己の「快」のみにひたすら従順。小学男子のアホさ加減に笑わせられながらも感じるひたむきさ、劣等感、秘密基地の思い出、育った町に大人になって訪れるエピソード、ホロ苦いノスタルジー感が素晴らしい。
★2 - コメント(0) - 2月12日

勉強についていけないがゆえに、さらにゲームに魅了されていくとか…身につまされる。
★4 - コメント(0) - 2月11日

ちょっと世代が違うが、確かに伝わってくるこの感じ。好き。
★3 - コメント(0) - 2016年10月9日

『ハイスコアガール』のような甘酸っぱい展開は無いけど、ひとつのことにこんなふうに夢中になれるのはこれはこれでいいなあ。もっとも『ハイスコアガール』の人生とこっちの『ピコピコ少年』の人生、どっちを選ぶと問われれば間違いなく前者を選ぶけどね。こんなゲーム少年がその後どういう経緯で漫画家になったのか気になる。
★1 - コメント(0) - 2016年9月6日

世代がちょっと違うので共感できないだろうなと思ってずっと避けてたけど、いや、確かに全部よく知らない世界なんだけど、なぜだかとても読んでて楽しかった。主人公の等身大っぷりが親近感持てて良かったのかな。陰湿そうな顔してるけど、極端に意地悪でも良い奴でもなく、下品過ぎず、上品というわけでもなく、ぬるま湯みたいに馴染みが良い。小中高とハマってたものは人それぞれ違うだろうけど、読んでるとなにかしら幼い頃の「こだわり」が思い出されると思う。そう思うとやっぱり普遍的な作品だったんだろうな
★2 - コメント(0) - 2016年8月23日

kindle unlimited対象だった。ナイス! このマンガを読んでると、ゲームの時代は違くてもあの頃のゲームをしてた楽しい気持ちを思い出すし、少年時代は山野をかけまわらなくても、何かに熱中してたらそれはそれでいいよなと思う。pokemon goみたいに大人になってからも楽しんでりできるわけだし。
★2 - コメント(0) - 2016年8月7日

私も青春時代はゲームと共にあったようなものなので、共感できました。押切先生らしくて面白かったです。続編も読みたい!
- コメント(0) - 2016年6月6日

おもろーい
- コメント(0) - 2016年5月30日

わかるーっ。
- コメント(0) - 2016年2月28日

見つけたので購入。俺のBrand New Heartは何処に・・・という文面がめっちゃ俺の高校時代とかぶって切なくなりました。
★1 - コメント(0) - 2016年2月27日

川崎で深夜ゲームを買うため並ぶとか、なんておそろしいことを!
★2 - コメント(1) - 2016年2月26日

☆☆☆
- コメント(0) - 2015年9月25日

『最高の親友と最高の秘密基地で最高の次世代機をプレイできる・・・・・・これほどまでの贅沢は今まであっただろうか・・・・・・』
- コメント(0) - 2015年9月17日

【○】時々絵柄がホラーになるのはもう、作者の領分だから仕方ないと笑えてきます。これはこれで押切氏のカラーか。作中のエピソードの殆どの部分が恐らく、というか絶対、作者の伝記みたいになっているので、似たような世代を生きてきた者としては非常にリアルに読みました。金さえあれば…、コネさえあればあのゲームもこのマシンも…、という苦悩は皆が抱いていたものです。大人になってみれば、また殆どの人はそれらの欲望を忘れて今を生きることに懸命、夢中になっているのだけれど、ほんの少しの例外もいる。それを思い起こさせる一冊。
- コメント(0) - 2015年8月12日

本屋さんで偶然見つけ、表紙から伝わってくる素朴さと、なんだか懐かしさが溢れている絵。即購入。買ってよかった!!とにかく面白いです。ファミコン発売早々に、おじさんからプレゼントされて、その後ゲーム大好きとなった私には、ピッタリ!!「このゲームやったよ!!」「わかる~~!!」という気持ち、懐かしさ、この本に出会えて良かった♪♪
★12 - コメント(0) - 2015年8月8日

おもしろい。エッセー漫画の中では文句の付けようのない完成度。プロの作品。思い出を脚色しすぎてないところも素晴らしい。ドラえもんが未来の世界から助けに現れてくれないのび太くんの話。のび太はドラえもんがいなくても、漫画読んだり、あやとりや射撃をして、それなりに楽しく過ごしていたのではないだろうか。
★17 - コメント(3) - 2015年7月30日

なんかいろいろ思い出した
★1 - コメント(0) - 2015年7月18日

立ち読みが勃ち読みに…のところで思わず笑ってしまった。懐かしいゲーム機やソフトのタイトルに色々と込み上げてくるものがありました。
★3 - コメント(0) - 2015年7月1日

ネットで評判で、前から気になってたので。ゲームを巡る少年時代の回想録。どちらかというと、親に厳しく規制されていた身なのであるが、「あるある」が多い。ゲーセン怖くて行けなかったなあ。ソフトが高くてねえ。友達とゲームすると下手だからよくはめられてたよ。僕の場合、少年時代思う存分出来なかったので、大人になってからの方がたくさんやってます。なんだろう、このセピア色の雲。あれ、涙が…。
★8 - コメント(0) - 2015年6月28日

ハイスコアガールより前の漫画をテーマにしたエッセイ漫画。ああ、この人はすごくゲームが好きなんだなとひしひしと感じる。ハイスコアガールで使われていたネタが多々あって楽しめる。しかし、やっぱりダメな人が描かれている作品の方が面白いな。
★3 - コメント(0) - 2015年6月13日

肩を震わすほど面白いけど切ない。
★2 - コメント(0) - 2015年6月8日

小学生の頃にファミコンにはまりましたが、中学にはいる頃にはゲームはもう卒業してました。男の子のゲームへの情熱ってすごいなぁと思ってましたが、改めてまた思いました。二次元の異性交友に心ときめかせる気持ちは、よくわからんなぁ。秘密基地つくったりとか、ゲームばかりやってるわりには、実際は意外とアクティブだなぁと思った。ピコピコ少年をいまだに貫けているところがいい。大人になっても、子どもの頃と同じ気持ちを思い出せるって、すてきだなと思う。
★4 - コメント(0) - 2015年5月18日

今ではゲームもほとんどプレイしないし、世代的にも合致しないんだけどこういったサブカル(今はサブカルとも言えない?)の歴史みたいな話は読んでいて凄く楽しい。悪意丸出しの押切ワールドにそれを落とし込まれたら面白くないわけがない。
★11 - コメント(0) - 2015年5月15日

#★★★☆☆#最近ピコピコしてますか#いやあ最近サッパリですねぇ#たまにはピコピコ少年してみますか#そうしますか
★2 - コメント(0) - 2015年4月24日

傑作。つくづく、マンガの「絵」って小説の「文体」なんだなって思う。少年時代のゲームにまつわるどのエピソードも素晴らしいんだけど、どれもこれもこの愛嬌と狂気のハーフのような押切先生の絵があってこその衝撃。面白かったー。ところで本作を読むに、この現実を『ハイスコアガール』という傑作に昇華する手腕にもあらためてびびります。
★1 - コメント(0) - 2015年4月12日

離れて暮らす兄にプレゼントしたら「俺が載ってる!」というメールが来ました。 内容は、ゲームが大好きだった作者の少年時代が描かれたエッセイもの。しかしエッセイという割に大した事件は起こりません。ただゲームを通じて、楽しみ遊ぶ一人の少年の心が、大きく跳ね回る一大事が描かれていて、読むと「あの頃の自分」を思い出してしまうのです。 画力がずば抜けているわけではありませんが、緻密な描写に脳ミソをくすぐられます。秘密基地、駄菓子屋、コインゲーム。読んでいて「自分が載ってる!」と思う方は多いのではないでしょうか。
★3 - コメント(1) - 2015年3月16日

ゲーム話以外でも駄菓子屋話とか秘密基地話とか、同世代だと共感度がハンパなくて、自分の当時の事を思い出してセンチな気持ちになり、暗黒太極拳を繰り出しそうになります。あんなに流行ったポスタードリーム、今は跡形もなくなってしまいましたね…
★3 - コメント(0) - 2015年3月14日

3作目が出たので1巻目から再読。作者と世代が近いから思いは良く分かります。初期のファミコンのゲームって難易度高いのあったなぁとしみじみ思い出します。
★4 - コメント(0) - 2015年2月28日

初めて押切蓮介というマンガ家の作品を読みました。不安定な線と奇をてらった言葉遣いが面白い。子ども時代を全力でゲームに捧げた少年の物語。私はそれほどゲーム好きではありませんが、作者さんとほぼ同年代のため共感できる部分があります。かつてファミコンで遊んだ人たちは、たまらなく懐かしい気分になるでしょう。物語を終始荒んだタッチで描き切った後、最後すごく良い話みたいに締めてるのが最高。ハイスコアガールも読んでみたくなりました。
★8 - コメント(1) - 2015年2月27日

押切作品が読みたくなったので、購入。やっぱりこの人の作品は面白い!
★2 - コメント(0) - 2015年2月26日

面白い。独特の絵も、何故か内容にぴったりしている。しかしこれ、本当のテーマは友情かも。ゲームをスポーツに置き換えれば少年漫画の王道を行っていると言えなくもないw。
★3 - コメント(0) - 2015年2月20日

ergの話が唐突にきてワロタ この人の書く漫画はやっぱおもろいわ
★3 - コメント(0) - 2015年2月12日

私の小学校時代にファミコンがブームとなる。定番のドラクエやFF、ファミスタにはまる。ゲームショップが眩しく見えた。そんな子供時代の記憶を呼び覚ます一冊。ゲームボーイで部活をサボり部員一同、顧問に叱られた。高校はストⅡと、信長の野望武将風雲録、三國史Ⅲにどっぷり。大学でFFⅦ。就職してから信長の野望革新をプレイ。懐かしいソフトもあり想い出に浸れる。あとはハイスコアガールが何とかなればなぁ。
★79 - コメント(6) - 2015年2月12日

身に覚えがありすぎて懐かしすぎる全編
★2 - コメント(0) - 2015年2月12日

rig
3.5/5 胸に迫るものがある。なんでゲームに熱中できなくなったんだろう、とか
★3 - コメント(0) - 2015年2月8日

ファミコン世代にはたまらない一品!?
★3 - コメント(0) - 2015年2月8日

この人の漫画を初めて読んだ。気になってたけどやっぱり好きな絵だな。内容もすごく面白い。実話ってのがまたいいね。続編も読みたい。
★5 - コメント(0) - 2015年2月8日

筆者のゲーム遍歴。ゲームの味わいを思い出しつつ読みました。
★3 - コメント(0) - 2015年2月6日

Kindle日替わりセールに釣られてポチ。自分ではゲームはほとんどしないにも関わらず、共感するところ大。対象が何であれ子供の脳を溶かすようなアイテムに対する執着心は共通なのだ。影響力が大きくて大人になっても引きずっている。XX少年は誰の心の奥にも居るので大ヒットとなったのだろう。
★4 - コメント(0) - 2015年2月3日

本日のKindle日替わりセール。自分も昔からわりとゲーマーだったので、懐かしかったり共感できたり。でも言動はやっぱり男の子だなーと。
★3 - コメント(0) - 2015年2月3日

ピコピコ少年の 評価:42 感想・レビュー:216
ログイン新規登録(無料)