ほどほどに豊かな社会

ほどほどに豊かな社会の感想・レビュー(30)

2016年9月18日:タラヲ
2016年4月25日:ちっち
2016年1月3日:村田宏二
2015年6月3日:ふりかけ
2013年12月24日:hunadai
これからの日本は「ほどほどに豊かな社会」=「経済合理主義を捨て、1~2%の成長でよしとする社会」を目指すべき――全体的に述べられている主張自体は妥当なものだろうと思う。だが、寧ろここでの課題は、「ほどほどに豊かな社会」へ至るまでのプロセスにあるのではないか。例えば、脱原発を巡る論争は、原発依存からの脱却によって「ほどほどに~」の実現を目指す反面で、そこまでの道程が急勾配になりすぎやしないだろうかという懸念もあるのでは。われわれは如何にして緩やかな曲線を描きながら「ほどほど」に着地していくべきなのだろうか。
★1 - コメント(0) - 2013年7月4日

2013年5月17日:なつこ
2013年2月9日:まーなん
お二人の大学教授の対談。香山教授の「軍隊に入るくらいなら死んだほうがいい」(13ページ)とは、今後新政権で国防軍と演習を、とか、福一原発で収束活動を、という赤紙が想定されて恐怖を覚える。橘木教授は、霞ヶ関で若者が仕事よこせマーチを、とある(34ページ)。デモは原発再稼働反対が定番となったが、今後は憲法改正についての問題が出てくる。その前に消費増税8%の判断もある。無縁社会も書いてあり、人間の尊厳が改めてシビアに問われていること思った。学歴信仰のわりにオーヴァードクター無職問題を取り上げないのは解せない。
★2 - コメント(0) - 2012年12月26日

2012年4月30日:損気は短気
十分豊かな生活を送ることができるのに、もっと便利にもっと速く!を追及している今の日本。物質的な豊かさを追及する方が、気持ちの豊かさを求めるより楽からかもしれないなぁ、とこの頃思う。気持ちの豊かさを求めるには、自分と向き合う必要があるから。わたしもだけど、日本人はもっと考える方がいいよね。
★1 - コメント(0) - 2012年4月13日

精神科医の香山さんと、経済学者の橘木さんとの対談。生きづらさ、無縁社会人、孤独死、教育、なぜ働くのか、などについて意見を交わしている。違う立場の方同士だからこそ、視点に広がりが出て興味深い内容になっている。
★2 - コメント(0) - 2012年3月21日

2012年3月14日:jirosuzuki
2012年2月21日:ICC55052
2012年2月3日:kobache
2012年1月31日:roborovski68
タイトル通り、日本は再び経済成長を目指すのでなく、「ほどほどに豊かな」国であればいいじゃないかという本。経済成長しなくても、アジア諸国にGDPを抜かれても、そこそこの豊かさを一度達成したのだから、それでいいらしい。日本の将来はどうにかなるだろうという、あまりに楽観的な主張が気になった。下ばかり見すぎていて頼りないが、こういう考え方もあるのか、という意味で参考になった。
★1 - コメント(0) - 2012年1月26日

2012年1月20日:あー
2012年1月20日:さんた
2012年1月18日:t339
2012年1月14日:ムトゥー
2011年12月31日:サイレンススズカ
2011年12月6日:ヒトコ
2011年12月1日:oka_moto
香山さんって札幌じゃなくて小樽に縁のある人なのね、と本筋から外れたところで発見がありました。
★1 - コメント(0) - 2011年11月27日

2011年11月13日:Ari
2011年11月12日:yu_kah
2011年11月8日:hgwReo
--/--:そね

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

01/20:なつこ
12/18:あきひろ
04/06:昭和っ子
11/19:melon
ほどほどに豊かな社会の 評価:40 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)