昭和が終わる頃、僕たちはライターになった

昭和が終わる頃、僕たちはライターになったの感想・レビュー(23)

正月、酒を飲みながらグダグダと読み進めたが、これがまた、実に味わい深い青春譚なのである!世代的には一世代よりチョイ上のお二方。ダラダラと過ごす20〜30代の日々に共感できるのは、ワタシが編集の仕事をしているからという理由にはとどまらないだろう。金はなくても夢はある⁈全編を通してギトギトした感じや、仲間たちが反目するシーンがないのは、お二方の性格もあるように思う。いうまでもなく、この本に描かれた自体のあと、彼らは大成功するわけで。オッさん世代に入ったワタシだが、本書はたまに手に取りたいように思える一冊だ。
★1 - コメント(0) - 1月2日

トロさんとマグロさんの関係性が羨ましい。ぼくにもこういう相棒がいれば……と思ったが、それはきっと宝泉薫(加藤秀樹)氏だったのだろう。彼と僕との青春記も機会あれば書いてみたいものだ。
★3 - コメント(0) - 2016年10月4日

ふと清水義範の青年期を振り返る小説群に出てくる「フィールド」という会社を思い出した。このエッセイに出てくる先輩ライター「パイン」の会社はその後どうなったのかなあ。ある意味日銭稼いで気ままなその日暮らしのように見えるけれど時にめちゃくちゃ働いたり仕事がないことがそのまま体重減と直結してたり。今の社会問題「貧困」とはまったくちがった気質と環境が見える。この生活は振り返るからお気楽に見えるけど実際の閉塞感はものすごかったんじゃないかなあ。裁判傍聴記などで後に名を売る怪しい古本屋北尾トロ(と下関マグロ)の青春期。
★6 - コメント(0) - 2016年8月23日

2015年7月31日:texas chainsaw
2014年10月24日:siroutak
2014年5月12日:Midori Kamozawa
★★★★☆。北尾トロと下関マグロ両氏の、出版業界に飛び込んでからライター修行時代、貧乏時代、正に青春ど真ん中である昭和末期の彼らとその周辺を描いた一大青春群像。80年代の業界に関わった人なら誰でも知るいい加減な空気感が懐かしくも楽しく、業界にもまだ彼らのような若い余力を許容する力があった、それはそれで良い時代だったのだなあと思う。出版不況と言われて長い今、彼らのような若者はどうしているのだろうか、とふと思った。
★2 - コメント(0) - 2012年6月29日

2012年6月1日:324
2012年5月2日:なみ平
2012年1月14日:下関マグロ
2012年1月10日:新井勝彦
面白かった。今の時代もこんなふうに生活していけるのかな。
★1 - コメント(0) - 2011年9月16日

2011年9月8日:峯 大貴
悪く言えば行き当たりばったり、良く言えば前向き。 簡単に真似しちゃいけないが、ごちゃごちゃ言わずとにかくやってみる精神はプラスにとらえたい。
★1 - コメント(0) - 2011年8月25日

日本経済が元気だったころの話だと思った/このころから人材派遣業のヒナ型としての収益の上げ方ってあったんだなと思った/製造や建設だと、実際には社員と同等の労働なのに自営業として企業と契約って形態で福利厚生を抑えているのを知っていると著者らは恵まれているのではと思い、共感できなかった
- コメント(0) - 2011年8月20日

雑誌ポンプ懐かしい~^^/
- コメント(0) - 2011年8月3日

2011年6月17日:さくらさく
2011年5月26日:やっほー
2011年5月17日:sugino1966
2011年5月8日:aun-do
2011年5月2日:Aleksander25
--/--:ふうか

積読中のみんな最新5件(2)

06/23:謙信公

読みたいと思ったみんな最新5件(15)

01/08:suzu_s
08/23:曲月斎
昭和が終わる頃、僕たちはライターになったの 評価:70 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)