破戒 ~ユリ・ゲラーさん、あなたの顔はいいかげん忘れてしまいました~ (CUE COMICS)

破戒 ~ユリ・ゲラーさん、あなたの顔はいいかげん忘れてしまいました~の感想・レビュー(23)

読メで知ったこの本、もちろんまずはエロい表紙に惹かれる。全員の感想に目を通し、そしてアマゾンで紹介文を確認。マンガと気づくのに少し時間がかかるも読みたい本に登録。行きの電車で大半を読み、職場でほんの少しの残りを読む。帰りの電車で大半を読み、家でほんの少しの残りを読む。老眼だと細かい絵がわからず、メガネを外す。メガネをかけて、それでいて近眼がこの期に及んでさらに進む。漫画はつらいわ。内容も疲れる。期待したエロさがまるでない。表紙のセックスシーンはあるが。でもまあ、エロ・グロ・ナンセンス。タ
★116 - コメント(1) - 3月20日

3月19日:混沌
3月19日:pon
3月15日:りー
3月13日:がんつん
再読。【私以外でこの本を読んだことのある人をまだ見たことがない】というカテゴリの一冊。それと同時に【人に勧めたいがドン引かれたりしないだろうか】カテゴリでもある一冊。どうです奥さんこの官能的な表紙、エロいでしょう。中はもっと凄いですよ、なんたって松尾スズキですからね。作画の山本直樹のあの卑猥な、いっそグロテスクぎりぎりのあの表情に何度か興奮すらする。
★11 - コメント(0) - 2月28日

表紙からまず惹かれますよね。この構図のエロさよ。山本直樹の完成されているけれど居心地の悪い画と、松尾スズキの心地のよい気持ち悪さ、どちらも大好物ですものこの融合はたまりません! 一度は頓挫した映像化、いつかぜひ実現させて欲しいです。
★32 - コメント(8) - 2月5日

すっけー昭和だなと思ったら、昔の作品だったんですね。わけわかんない感じとか、ナンセンスさとか、どうでもよさとかの半端さが怖い。
★4 - コメント(0) - 2月4日

1月28日:simico
1月13日:Koji Iizuka
2016年12月27日:まこみや
2016年12月17日:たかや
12年前に発表された、松尾スズキ原作、山本直樹作画の『破戒』新装版。元は映画のシナリオだったという松尾の原作は、ユリ・ゲラーという時代を巧みにフラッシュバックさせながら、現代の喧騒と希薄さ、あるいは眠れる熱情と狂気を炙り出す。映画化は実らなかったようだが、漫画としてこの物語は救われ、その作画を山本直樹が担当したことは、とても幸せなことだ。
★20 - コメント(0) - 2016年12月16日

2016年12月8日:akapon
2016年12月7日:nonla
2016年11月30日: ⛄️
2016年11月27日:おるがすた
久しぶりに山本直樹作品を読んだ。間の取り方とか時間の流れ方が自由自在で、コマ割りの表現の広さを感じる。居心地悪い気持ち悪さだった。
★3 - コメント(0) - 2016年11月18日

2016年11月17日:浮遊植物
私のエロの教科書は山本直樹です。
★1 - コメント(0) - 2016年11月17日

2016年11月17日:fushimitatsuya
2016年11月17日:kazi2367
こんなふうに現実にエロくなりたい
★3 - コメント(0) - 2016年11月16日

積読中のみんな最新5件(2)

01/12:みにゅい

読みたいと思ったみんな最新5件(16)

03/10:犬スケ。
02/19:ふっか
02/05:うえぴー
01/25:ゆー
破戒 ~ユリ・ゲラーさん、あなたの顔はいいかげん忘れてしまいました~の 評価:70 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)