出版〈2012年度版〉 (最新データで読む産業と会社研究シリーズ)

出版〈2012年度版〉 (最新データで読む産業と会社研究シリーズ)
252ページ
14登録

出版〈2012年度版〉の感想・レビュー(12)

もらった本。年度は少し古いですが内容はそれほど変わらないという印象。2016も以前読んだので。
★13 - コメント(2) - 2015年1月27日

2013年4月16日:赤腹有罪
2013年1月10日:kudan
2012年11月9日:Seiya Suzuki
2012年1月15日:Sumiyuki
出版業界について知るにはもってこいの書籍です。中のデータが2010年のものと少々古いのが玉にきずですが、出版社の大まかな仕事や出版社と係わりのある業種に関しても細かく書いてあり、非常に読んでいて面白い一冊となっています。 特に、出版業界を美化することなく(というよりやや批判的な目で)長所と短所を両方とも明確に述べているところが非常に好感を持てました。
- コメント(0) - 2011年12月16日

2011年11月4日:島影真奈美
2011年9月3日:半殻肝
2011年9月1日:tomosato10
2011年8月1日:くーぴー
最高に面白い本だった!そもそも『出版人が出版人を目指す学生に向けて出版業界の話をする』というコンセプトの時点で、本好きを唸らせるに足る要素満載。編集者って、漠然と『創作者の手伝いをする人』として位置付けていたけれども、違った。「書き手と読者の間に河がある。編集者は河を渡る人だ。」「さまざまなプロとつきあうためのいくつもの顔を、彼・彼女は持つ。」…名言沢山。エディターとはプロデューサーなのだな。
★1 - コメント(0) - 2011年4月2日

2011年3月26日:scarialet

今読んでいるみんな最新5件(2)

09/24:mebuki_piero
03/11:くーぴー

人気の本

出版〈2012年度版〉の 評価:50 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)