それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)
あらすじ・内容
まさに、天真爛漫!
女子高生にして名探偵に憧れる嵐山歩鳥は、地元丸子商店街のアイドル(?)兼お騒がせ娘。
自らも突如存在する夜はスナックへと変貌をとげるメイド喫茶「シーサイド」のメイドさんだけに、商店街も学校も、お母の実家だっていつも賑わってます。
正統派メイドのタッツン、歩鳥の弟タケルの気になるエビちゃんなど、萌え要素もあるから、メイド好きも楽しめるコメディー、第6巻!

あらすじ・内容をもっと見る
189ページ
1606登録

それでも町は廻っている 6巻の感想・レビュー(1531)

HK
再読。良いところしかないマンガである。
★4 - コメント(0) - 3月12日

4,5巻のミステリ風味から打って変わってギャグ漫画青春風味になった感じ。タケルとエビちゃんがなんだか甘酸っぱくて微笑ましいし、従姉妹の子の話もなんだか青春っぽくて良い。全体的に絵とキャラクターとストーリーが調和してて良い漫画だと思う。
- コメント(0) - 2月28日

yk
なんかこの巻はそれぞれの短編がゆったりしててよかったなー。ジョセフィーヌかわいいーーー!
★2 - コメント(0) - 2月27日

「初間接を記録し・・そしてもう結婚するしかねえな・・」「実際の味を視覚化」「たいまつポコ」「やめろっていってんだよ」
- コメント(0) - 2月13日

カレーともんじゃとお好み焼きとそばとスイカ、食欲をそそる…。歩鳥が髪を切ったのはいつ頃の話なんだろう? 夏休みに白いワンピースを着た歩鳥が可愛い。
- コメント(0) - 1月22日

スイカ美味しそうだ。フルートの彼、いい味出してる_φ(・_・
★1 - コメント(0) - 1月4日

jun
例え漫画といえど髪型変わると印象も変わるね。セミロングの歩鳥、色っぽさがある。ベリーショートの髪型もいい。そしてお待ちかねのタケルくんとエビちゃんのエピソード、見舞い編。これもどこかで読んだけど、いいなーいいよな、これを萌えっていうんだなー。松田との出会いエピソードも好きだし、夏の話もいいオチがついて好き。
★2 - コメント(0) - 2016年10月14日

前巻から間が空いてしまったため、他の方の感想見ながら、あーそこつながるのねと思ったり。相変わらずあと一歩踏み出せない真田にひきかえ、タケル&エビちゃんは見てて微笑ましい。松田やタッツンと歩鳥の初対面の話もおもしろい。商店街の中で育った歩鳥と皆の何気ないやり取りにほっこりしたのもつかの間、オチがソバ(笑) でも今回は何といっても占い機の話がよかった。それがあったことすら忘れていたようなものから、懐かしい大切な思い出が…そしてしんみりしそうな雰囲気をぶち壊す歩鳥。タケルもそうだが、ユキコもお前に似たんだぞ!
★4 - コメント(0) - 2016年9月26日

フリマで嵐山とキス。今追い風きてるよ、一連の珍事を味方につけていけ。製薬会社が主張するイメージ。風邪の時に限って珍しい夕食買ってくるパパ。思い出した、カレーの味が違う。じーちゃんが治りますようにで「カレー食べな」、一杯食べてるからっていう「婆ちゃん、私食べられないよ」の人情偽装くだり。イカホース、お姉さん吸収したら弱くなりそう、ウマくイカなかった。サバソバのせいでそば苦手になってる真田。探偵風ふかしてスケープゴートのボールとっちゃうから近所迷惑が膨らむ。
★2 - コメント(0) - 2016年9月7日

月見そば新説
- コメント(0) - 2016年8月10日

再読祭り。歩鳥の母ちゃんの実家の話、好きです。綾鳥家に帰省中の話、いろいろあるけど全部同じ夏のことなのかな? ムーちゃんの犬はジョセフィーヌのきょうだいに違いない。49話の続きは3巻で読めます。
★11 - コメント(0) - 2016年8月1日

●ブックオフ
★2 - コメント(0) - 2016年7月1日

たけるとエビちゃんの関係はなかなか面白くて好きだ。真田、報われないなぁ…
★6 - コメント(0) - 2016年7月1日

はたとこの漫画のタイトルがとても絶妙につけられているということに気付いた。それでも町は廻っているのだ。
★2 - コメント(0) - 2016年6月15日

再読。真田のソバ嫌いのくだり…サバそば、か…w/実家の犬の名前、ジュピターとかアイネとか、たぶん名付け親は真琴ちゃん。さすが吹部。
★28 - コメント(0) - 2016年6月4日

タイムカプセルとまぼろしの少年が特に好きです。巻を追うごとにキャラクターが深まって、おもしろさが増していく。でも今巻なにかさみしいと思ったら森秋先生が出ていない……
★1 - コメント(0) - 2016年4月3日

ジョゼフィーヌのセリフを読むと声が再生される。 巡査さんが初々しい。
★4 - コメント(0) - 2016年2月3日

それ町は楽しい
- コメント(0) - 2016年1月3日

セミロングのほとりちゃん可愛すぎでしょ。ベリーショートもかわいいけど長い方が私は好き。そして、今回もほとりちゃんがいい子すぎて、結婚したすぎる。この子理想的すぎるでしょ。とりあえず、ほとりちゃんが読んでるミステリー小説をわたしも読みだい。実在の作品なんかね?
★5 - コメント(0) - 2015年12月26日

間接キスでもうこれは結婚しかないだろう‼︎とか真田先走りすぎ(笑)どのお話も好きでどれが一番か選べない。巻を追うごとに面白くなっていくなこれ。真田が不憫でかわいそうなんだけど面白くて好きやわー。そう言えば銀英伝のキルヒアイスといい、ベルセルクのジュドーやセルピコにしろ、進撃の巨人のジャンにしろ、報われない恋なのにそれでもひたむきに1人の人を愛しちゃう不憫な男が好きなんだった。頑張れ真田‼︎
★10 - コメント(0) - 2015年12月1日

漫画「それでも町は廻っている 第6巻」再読。歩鳥の弟タケルを好きなエビちゃんの態度がかわいい。恋する乙女なんだなぁ。無邪気で素直な歩鳥のほうが子供っぽく見える。(エビちゃんが無邪気でないという意味ではありません)
★2 - コメント(0) - 2015年11月18日

夏休みの話いいですね(*^_^*) 懐かしい感じ くだらない日常を凄い丁寧に描いてあってほわほわする(鬼面ライガーとか
★3 - コメント(0) - 2015年11月7日

フリマの話、髪切る話、エビちゃんがお見舞いに来てくれる話、店の占いの話、ヒーローショーの話、歩鳥とジョセフィーヌの出会い及び警官との出会いの話、怒る紺先輩の話、ムーちゃんの話、を収録。エビちゃんが相変わらず可愛くて良い。その後の占いの話も良い。多少しんみりしてしまう所もあるのだけれど、メイド長とじーさんの話は好きだ。ジョセフィーヌの話も良いけどなんだかジョセフィーヌって男らしいなぁと思った。あと警官のイチゴも秀逸。色々思ったことはあるけどちょっと書ききれないし、この漫画読み返すたびに色んな発見をしそう。
★5 - コメント(0) - 2015年10月13日

ジョジョw/歩鳥の髪型で時系列が分かるのね
★7 - コメント(0) - 2015年7月14日

第44話は散髪中のアクシデントで歩鳥の髪型がベリーショートになる話。嫉妬に駆られたタッツンの憎まれ口——「失敗して変な頭になるといいよ」——が図らずも実現してしまったのが可笑しい。因みに散髪した歩鳥を見て紺先輩が言った台詞は第4巻第29話の彼女の寝言と全く同じ。どうやら紺先輩は予知夢を見ていたらしい。歩鳥達の同窓会の日程から推測すると、第44話の頃の紺先輩は卒業間近な筈。果たして彼女の進路はどうなったのか? 29頁、33頁、39頁、47頁の左下のコマが全て“怒って振り向く歩鳥”になっているのには感心した。
★22 - コメント(0) - 2015年7月13日

ジョセフィーヌかわいい。犬だったんだなー。絶対「本当はタヌキ」なんだと思ってたのに。ムジークもいるのかしらん。
★1 - コメント(0) - 2015年7月6日

美容師冥利に尽きる言葉を言われてるそばから散髪に失敗するおっちゃん可哀想。でも短髪の歩鳥が可愛いからしょうがない!占い機話の幼少期の歩鳥が純朴で可愛いw最後にはカレーのレシピが出てきて感動した。もちろん歩鳥が台無しにするんだけど(笑)むーちゃんが良い子過ぎて泣いたw
★2 - コメント(0) - 2015年6月19日

じいちゃんのばしょにうっかり感動してしまった。 スイカの話も良い話だ。ほっこり巻。
★2 - コメント(0) - 2015年5月31日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2015年5月25日

なるほど、49話の翌日が3巻巻頭の「海の家号泣事件」になるわけか。70ページの「狂闘先生!」とか71ページの「暗黒神話」ネタとか裏表紙の「鬼面ライガーコハダ」とか楽しいなあ。漫画家の中にはギャラが払われないから単行本のカバーイラスト描かない人もいるらしいけど、石黒先生、ピンナップとか目次ページとかサービス精神豊かでうれしい。
- コメント(0) - 2015年5月23日

お、髪を切った。
- コメント(0) - 2015年4月26日

★★★☆☆。ジョセフィーヌとおまわりさんのメンチカツがよかった。さんまさんとか、細かいのが好き。
★2 - コメント(0) - 2015年4月21日

↑のあらすじ・内容に「萌え要素」もあると書いてありますが、そんな要素全く無い歩鳥ちゃん萌え
- コメント(0) - 2015年3月15日

時系列バラバラなのかと髪切った話でやっと気付きました。ギャグがなんか今風(?)に近づいてる気がする。ジョセとおまわりさんの歩鳥との出会いの話が良いです。でもやっぱり伊勢崎さんとタケルが一番好き。次に出てくるタヌキの名前はやっぱムジークなんだろうか
- コメント(0) - 2015年3月4日

えびちゃんとタケルのシリーズが好きです。他には『ヒーローショー』のような落語のような綺麗で心がホワッと和む話が好きです。
- コメント(0) - 2015年3月4日

再読。 「タイムカプセル」が秀逸。 「ヒーローショー」のオチも好き。
- コメント(0) - 2015年3月1日

久しぶりにバカな真田くん出てきた。歩鳥が関わらなきゃかっこいいのに。
★5 - コメント(0) - 2015年2月12日

★★★★★48話おまわりとの出会い、49話紺先輩との日常、50話夏の歩鳥がほっこり。超完璧。
★1 - コメント(0) - 2015年1月10日

45話にて「ネムルバカ」の二人を発見!
★4 - コメント(0) - 2014年12月16日

★★★★
- コメント(0) - 2014年12月9日

それでも町は廻っている 6巻の 評価:44 感想・レビュー:283
ログイン新規登録(無料)