リュウマのガゴウ 1 (ヤングキングコミックス)

リュウマのガゴウ 1 (ヤングキングコミックス)
201ページ
266登録

リュウマのガゴウ 1巻はこんな本です

リュウマのガゴウ 1巻の感想・レビュー(198)

設定がバラバラしてややこしいですね。この手の作品は話一本で行ってほしいです。
★4 - コメント(0) - 9月24日

全体の主人公はいない話なのかな?時間軸も良く分からなかったけど、この調子で2巻以降も続くと厳しいなー。
★1 - コメント(0) - 8月17日

1巻はまるまる一冊プロローグといったところか。話の全体が見えないけど、ラストの師父の決意のシーンに物語の始まりを感じた。とりあえず先は気になる。
★1 - コメント(0) - 7月31日

リュウマたちによる「リュウマの雅号」の物語であるこの作品。1巻は話が全て独立してるので、読みづらいかもしれません。でも巻を重ねる毎に、この1巻の大切さがわかります。僕はこの作品好きです。
★13 - コメント(0) - 7月17日

様々なキャラクタがリュウマという名を受け継いでいくという設定がいい。話数ごとに繋がりが見えるのもいいなぁ。世界観はまだまだ謎だらけでしっかりとした目的が見えてこないけど先が楽しみな作品です。
★1 - コメント(0) - 6月9日

救世主=リュウマですかね。リュウマという名前が受け継がれていくのは斬新で面白いと思う。この漫画には一定の主人公という者はでてこないのかな。てっきりこの表紙の子が主人公だと思って読み始めたら違う人ばっかり出てくるし。やっと出てきたと思ったら「リュウマの母親になる女」などと言うし。こんなに次々と登場人物出てくるとわけ分からんくなるんですけど。「白皮に会ったら逃げろ。ジンに会ったら諦めろ。」
★5 - コメント(0) - 4月16日

どこかのまとめで面白いって載ってた気がしたので買ってみました。世代交代する設定ってのが面白いです。これからつながっていくとは思いますが、時系列がちょっとわかりにくいです。それが魅力でもあると思いますが。
★3 - コメント(0) - 2月16日

レビュー見て期待して読んだけど面白くなかった。読んでいて疲れる。
★1 - コメント(0) - 2月9日

おぉ、今まで現実の社会に根差した作品を描いてきたように思う著者だがこんなSFチックな味付けのファンタジーもかけるとは! その、引き出しの多さに驚く。トライガンが引き合いに出されるような終末観漂う世界。この厳しく、荒廃した世界で生きる人類が、白皮とよばれる怪物との戦いの中どんな未来を勝ち取るのか。これからの展開が非常に楽しみ。
★1 - コメント(0) - 1月10日

これは面白い!これでまだプロローグっぽいんで次も期待。
★2 - コメント(0) - 1月5日

人類黄昏の時代。かつての栄華は失われ、最上位捕食者の脅威に怯えながら細々と暮らす日々。まことしやかに囁かれる救世主伝説。それは人類反攻の象徴。昏闇を微かに照らす道標ーー。救世主『リュウマ』は不老不死の超人ではなく、普通の人間が代替わりして称号を受け継いでいます。この事実は隠され、無敵伝説を頑なに守っている。敵を倒すための英雄では無く、絶望する人々を奮い立たせるための英雄だからです。この設定が良いですね。1巻はまだプロローグの様です。面白くなるのはこれから…なのかな?
★3 - コメント(0) - 1月3日

4話だけ、雑誌で読んだことがあってその時は「なんか気になる漫画だなー」と思いつつも深く考えなかったけど、なるほどこういう仕組か。アフターホロコーストは描かれつくされたかと思っていたけど、代替わりする救世主とは新しい。最初は刀で雅号が引き継がれているのかと思ったけど、得物がその代によって違うのが自由だ。時系列がバラバラになっているのも読みたい気持ちをそそられますね。
★5 - コメント(0) - 2013年12月30日

KUU
想いを、人類の希望を継いでいくっていうのがいいね。一人の英雄が死後体を乗り継いでいく――みたいな憑依系と違いヒトの意思のみでやってるのがいい。――結局本流は妖刀使いなのかな? それでもパイルバンカーアームの彼が「ジン」を察知したあたり……? ???? 表紙の彼女は折れた妖刀持ってるあたり、ゴリラの後か、あるいは前か。  巻末見て思い出したけど、そういや読みきりばんてそういうキャラだったっけなぁー
★2 - コメント(0) - 2013年12月28日

ごちゃごちゃした群体としてのヴァッシュによるTRIGUNみたいな印象だが、続きは気になる。というか、アシスタントさんか何かなのかと思うくらい作風被ってないですか内藤氏と。で、アシスタントさんだったんですか?今のところ不快じゃないからいいけど、幕間の雰囲気まで似てるのはなぁ。うしとらとガッシュみたいにはなかなかなれない?
★1 - コメント(0) - 2013年11月18日

その昔世界を救ったリュウマという名の謎の人物。その人物は様々な場所に現れて,,,。話は時系列バラバラで全然わからない。リュウマと名乗る人がたくさんでてくるがそれがどう繋がっていくのか。これは普通の漫画に飽きた漫画好きじゃないとついていけませんね。謎も気になるというよりおいてけぼりにされている感が否めない。でもまだまだ1巻なので面白くなる可能性を存分に秘めています。世界観も荒廃した未来で面白い。とにかく一気読みがおすすめです。
★6 - コメント(0) - 2013年10月15日

バラバラな話が一つに繋がっていくこういうの好きです
★1 - コメント(0) - 2013年6月3日

080
んぬー!完結してからもう一回読まないと理解できないかもー!時間軸がわかりにくい!けど、話の内容的には好きなので次巻もさっそく読みたいと思う!今んとこゴリラリュウマがいい感じ
★2 - コメント(0) - 2013年5月31日

再読。世界観を整理。
★4 - コメント(0) - 2013年5月28日

うまいと思う。でも世界観が気に入らなかった。見たことがあるような世界で際立ったなにかがないような感じ。他はいい。
★1 - コメント(0) - 2013年5月3日

★★★
★1 - コメント(0) - 2013年4月1日

いまいち各キャラの存在する時間軸がわかりにくいんだけど、2巻でクロスオーバーすると期待
★1 - コメント(0) - 2013年3月24日

様々な意味で、続きを追っかけないことには全く分からない。
★1 - コメント(0) - 2013年2月23日

2013.2.21.文明が崩壊した世界。いろいろと、終わりに向かっているその世界に現れる救世主の話。その存在は、意思を持った者が受け継いでいる。無敵のヒーロー、お伽噺の様に語られているけれど、すぐ近くにいた者は、強い意志を持った、ただの人であると知っている。・・・うん、好み。絵も好きだし、続きも買っちゃお。
★3 - コメント(0) - 2013年2月21日

世界観が自分の好みと完全一致だった。これは名作の予感がする・・・。1巻はキャラを揃える、とのことなので2巻からの話の展開に期待!
★2 - コメント(0) - 2013年1月21日

一人の英雄ではなく「リュウマ」という雅号を受け継ぐ英雄たちの物語。近未来・アフターホロコーストの世界で、人類と敵対する「白皮」との戦いや、救世主であるリュウマの雄姿が描かれている。ただし、物語は非常に断片的で、時系列も登場人物同士の人物関係も完全に描いていない。共通の人物像や戦法を持たず、ただその雅号のみを共有するリュウマ達をエピソードごとに描いており、2巻以降でその関係性等が徐々に明らかになる。意図的に関係性がわかりにくいエピソードになっているが、ストーリーそのものは非常にわかりやすくテンポ良く読める。
★2 - コメント(0) - 2012年12月24日

様々な時代の”リュウマ”が描かれていて、それらがこれからどのように繋がっていくのかが気になる。 また、白皮が発生しだした発端は何なのか等、謎が多く次の巻で物語がどう動いていくのか期待してしまう。
★2 - コメント(0) - 2012年12月24日

文明の崩壊した世界。天敵たる怪物・白皮に襲われる日々に、人類は少しずつ衰退していっていた。そんな世界で人々の希望として口の端にあがる「リュウマ」という名前の英雄。リュウマは所や姿を変え、不死身の英雄として語り継がれて行く。リュウマとは、個人名ではなく英雄としての「雅号」なのである。そんな世界とリュウマたちの物語。まずは顔見せの巻。
★2 - コメント(0) - 2012年12月11日

受け継がれる名前って設定と荒廃した世界観が大好きすぎる
★1 - コメント(0) - 2012年12月10日

文明崩壊後、人間が強力な人外の存在の脅威と熾烈な生存競争を繰り広げている世界の物語、と書くとありがちなんだけど、この1巻では一話ごとに登場人物が異なり(一部同じものもあり)、この世界の有様や何が起こっていくのか全貌がつかめない所に心引かれる。
★3 - コメント(0) - 2012年11月26日

作者買いです。SF×フォークロアで好きな系統です♪主人公は個人ではないのかな…?一緒に買った2巻でどうなっているか楽しみにしつつ。
★1 - コメント(0) - 2012年11月21日

◯まだわからんことだらけだけど気になります。時間軸的にはどうなってんのか(このリュウマは何代目ーとか)知りたいです
★2 - コメント(0) - 2012年11月10日

荒廃した世界で繰り広げられる人類対異形のいきもの・白皮の争い。主軸となるのは己の命を賭けて白皮を倒す、リュウマと呼ばれる伝説の英雄。1巻はリュウマの名前の意味が語られる巻。 読みたくて読みたくて本屋さんを八軒ハシゴしてやっと買えた漫画。展開に期待大。
★3 - コメント(0) - 2012年11月10日

☆ 遠い未来、高度な文明を失った人類は白皮と呼ばれる怪物の姿に怯えながら暮らしていた。そんな世界に伝わっているお伽話の一つに世界を救ったという英雄リュウマの物語がある。数百年に渡り語り継がれているその姿形には様々な説があり、今でも生きているという噂まで流れている。そして、とある辺境の街に白皮が現れた時、リュウマを名乗る男が現れた。果たして彼は伝説の英雄なのか。様々な英雄の形が描かれていて面白い。リュウマとは何者なのか。なぜ文明は滅びたのか、白皮とは何者か、興味が尽きない。オススメ。
★5 - コメント(0) - 2012年11月4日

読んだー!かっこいい!名前に誇りがあるっていうのは良いね。自分の名前も大事にしよう
★1 - コメント(0) - 2012年10月30日

NAO
Amazonさんにオススメされて。人が天敵・白皮に怯えて暮らす時代の英雄譚。荒廃した世界で、人々が英雄に希望を見出す様はファンタジック北斗の拳。名前を受け継ぐ様はファンタジック修羅の刻。色々なリュウマが登場するけど、中でもゴリラ顔の人にはホント頑張って欲しい。続巻から進展があるようで、どうなるかな。
★4 - コメント(0) - 2012年10月3日

ポストアポカリプスもの。ヤンキンの読みきりは面白かったけどアワーズで連載となるとパンチが少し足りないような。デザートパンク枠と考えるとトライガンの後釜になんのかなー。
★3 - コメント(0) - 2012年9月9日

英雄の伝説がどのように引き継がれていくのか、本格的なファンタジーとしてこの世界がどのように描かれていくのか注目です。 ギャグ中心の人がファンタジーで化けるのはエンジェル伝説の人に次いで、この作家にも大注目ですね。
★11 - コメント(0) - 2012年6月3日

紡ぐ希望
★1 - コメント(0) - 2012年6月3日

これは面白い。モンジュより惹きつけられるものがあるな
★2 - コメント(0) - 2012年5月19日

リュウマ。かつて世界を救った者の名は存在した。 リュウマの名を受け継ぐ者達の物語。 ジンを倒すのが最終目的だろうか。 そしてジンも受け継がれている者なのだろうか。 まだ始まったばかり。様子見。
★4 - コメント(0) - 2012年5月16日

リュウマのガゴウ 1巻の 評価:52 感想・レビュー:50
ログイン新規登録(無料)