ファイナル・インプレッション (ダイヤモンドコミックス)

ファイナル・インプレッション (ダイヤモンドコミックス)
159ページ
202登録

ファイナル・インプレッションはこんな本です

ファイナル・インプレッションの感想・レビュー(187)

Elm
mangazにて
★1 - コメント(0) - 3月22日

★2.5/絵柄があまり好みでないことも影響してるかも。絵柄も内容もあっさり。どのお話もあれよあれよと言う間に進んで行って終わった。
- コメント(0) - 1月23日

3年物の積読解消。表題作は高校生同士の再会もの。小学生時代、引っ越しで別れるときにキスを迫って(/迫られて)拒否された(/した)過去のある二人。好かれていることを笠に着た攻めがひたすら感じ悪かったです。そのじつ、過去に捕らわれていたのは攻めの方だった訳ですが。元キャバ嬢のヒモx恋に破れたばかりのリーマンの話が一番好きかな。モノローグが気合が入りすぎてちょっとずれる感じ。
★2 - コメント(0) - 1月9日

シーモア読み放題 白キザミノリ修正 ★★★
★4 - コメント(0) - 2016年5月18日

すごいあっさりした絵柄~っいじめっ子が実は好きだったみたいな・・・でも久々の対面でホモばらすと言われてその日にフェラする主人公中込も相手の林田も唐突すぎて全然わかんないんだけど・・いじめっ子の屈折愛情の林田が最期まで好きになれなかったなあ。ラスト林田はバイっぽいし?林田とくっつくと苦労しそうだよ中込!
★6 - コメント(0) - 2016年3月14日

林田ー。一番惚れてんのお前じゃんって、言いたくなっちまった。
★6 - コメント(0) - 2015年10月28日

サクサク読めました
- コメント(0) - 2015年9月30日

電子書籍
- コメント(0) - 2015年7月8日

再読。
- コメント(0) - 2014年10月28日

表題作「ファイナル~」で真っ先に思ったことは、中込くんそんな男を一発ぶん殴るくらいの男気がなくてどうするんだ、という…。そんなこともできない中込くんに対して、林田くんの爽やかイケメンぶりに見事に反比例する青い下衆さはどうなの。更正してもむりです。三作目「こころにもないこと」はゲイのバーテン×ノンケ。ノンケくんはまず落ち着け…自分自身への疑惑はともかくそんな安易な趣旨替えがあるか…。なんとも微妙にモヤっと感の多い一冊。
★3 - コメント(0) - 2014年8月14日

中込の不憫ぶりがツボ。耐える子ってよりは言うことは言う感じが好き。収録作のキャラの名前の字面が微妙に似通っているのでちょっと混乱。カバー下の誤植で更に混乱(笑)
- コメント(0) - 2014年7月4日

俺様攻とのことでしたが、俺様と言うか冷たいと言うかいい加減と言うか、あんな可愛い受くんを前にして、なんであんな酷い態度が取れるのか理解出来ず。あれは結局好きな子苛めなのか? そんなんで今一つ入り込めなかったけど、でも泣いて怒ったり、赤面したりする中込くんが可愛かった。ジゴロとリーマンの話はよかったなあ。あれは良い拾いものだ。最後のバーテンの話はストーリーは良かったけど、ヴィジュアル的にあのバーテンさんがそんなに良い男に見えなかったのが残念。あの髭がなんか貧相に見えちゃって。でもこれも受くんが可愛かったわ。
★19 - コメント(0) - 2014年4月30日

再読。表題作は、私は結構好き。攻めの言動が分かりにくかったりぎこちなかったりするんで、そこが読みにくさ入り込みにくさになってるんだけど、でも、人ってそういうもんだよね。自分でもよく分かってない感情をそうそう上手く伝えられないよね。って思うと、途端に愛しさが増す。あと、普通にいじめっ子×いじめられっ子が好き。そんで、攻めの地味カッコイイ顔が私好みで、受けが可愛い可愛いしてないのもいい。短編1つめは年下攻め好きなので美味しかったです。2つめは攻め←受けは好きなんだけど、ああいう攻めは私好みじゃなかった。残念。
★1 - コメント(0) - 2014年4月12日

表題作の攻はオレ様攻という事らしいのですが、私オレ様攻大好物ですがこれはちょっと私の好みとは違ったオレ様だったかなぁw私的にオレ様度が惜しい感じ(笑)最後の描き下ろし読むと、いきなり再び現れていきなり受を振り回す理由…が何となくわかったような…そうでもないような…(どっちだ) まぁ、攻にも可愛いとこあるねと思いました。他2作品の短編はまぁまぁ…うん…まぁまぁ…かな?(;´▽`A``
★1 - コメント(0) - 2014年1月11日

電子書籍にて。初作家さん。頭身のバランスと顔のパーツの配置がビミョーな絵ですた。いやいやいや。表題作、なんか最後をきれいにまとめてくれちゃって良い話ふうになってますけど、かなり自分勝手で嫌な奴ですよ?なんつーか、思春期の子供の身勝手さの権化って感じ。ということで、今ひとつ盛り上がれず。それよりも、ヒモとリーマンのお話は、気持ちの追い方が丁寧ですごく良かった。
★3 - コメント(0) - 2013年12月12日

責めが自分勝手すぎるし気持ちわかりにくい~
- コメント(0) - 2013年3月22日

aya
林田が勝手で素直じゃないけど中込がドMならばいいか。その後仲良く暮らしているようでなにより。カオルまだ19なの~。
★1 - コメント(0) - 2013年3月17日

★★★★
★2 - コメント(0) - 2012年10月4日

ちゃんとH描写あるのにナチュナルな感じ・・・爽やかな感じ。なんだろ、なんかイイ! 個人的には、ほのぼの系。
- コメント(0) - 2012年9月13日

どれもめっちゃ良い〜〜♪ カバー下の四コマも好き(*^▽^*)
★2 - コメント(0) - 2012年8月4日

19
>mitukiちゃんから 再読 好き作家様なんで楽しかった♪
- コメント(0) - 2012年6月3日

攻は嫌な奴だなぁ。飼い犬のとバーのが好き。作者様の絵が大好き。
★6 - コメント(0) - 2012年1月16日

表題作のヒロくんは分かりにくすぎ。 カバー下四コマ、古平さんの名前が誤植かな。(2009)
★2 - コメント(0) - 2011年11月15日

電子書籍にて。バーテン×ショップ店員(『こころにもないことを』)に激萌え♪ 一見モテモテだけどすぐ振られる店員が、こうなりたいと憧れている男性であるバーテン…彼らしき人物が男性とキスしているところを見てしまった。エチな夢にぐるぐるする店員は、お試しと称してコトに及ぶが…。 行為そのものもだけど、二人の会話にd(≧ω≦)bだった〜。
- コメント(0) - 2011年2月6日

よいよい!藤本さんの話だいすき!
- コメント(0) - 2010年9月28日

展開がスムーズじゃないというか、イマイチ理解できない部分が。
★1 - コメント(0) - 2010年8月1日

絵の感じに惹かれて読みましたが、あまり好みではなかった。。林田はやっぱり良くわからんかった;いまひとつ。
- コメント(0) - 2010年7月26日

アシスタントの人の萌え属性GJ!でも私は受け派なんだ(笑)
- コメント(0) - 2010年7月14日

う~ん、嫌な感じの攻だったなタイトル作は。
- コメント(0) - 2010年6月19日

再読。1番最後の話が好き。
- コメント(0) - 2010年6月8日

面白いかも!表題は4話で構成されています。 幼馴染で転校、高校生になって戻ってくるという設定ですが、好きの気持ち からが程遠い関係です。 この関係で上手く行くのか!と、心配しましたが気持ちの変化を上手く見せて くれたので、展開にも無理が無くドキドキで読ませて頂きました。 本当に、気持ちが通じるの~?と、ドキドキしましたもの! ヒモ君のお話も、何だか良いなぁ・・・Hのシーンも少ないけど何だか藤本さん エロティ~~~~ック! 19歳だったなんてね。 最後のバーの店長さんとのお話も、なんだか良い感じです~藤
★2 - コメント(0) - 2010年5月23日

高校生モノ。表題作他2作と描き下ろし。中込が健気だなぁ。帯の「鬼畜」の煽りに惹かれて購入しましたが、うーん鬼畜というより冷たいというか意地悪というか…。鬼畜を求めて読むと物足りないかも。読後の満足感が無い訳ではないけど再読するかは微妙かなぁ〜。【10.11.30 処分】
★2 - コメント(0) - 2010年5月10日

攻めの感情がイマイチ見えてこず。
- コメント(0) - 2010年5月1日

最初の攻の態度は受に対して何も感じていないように見えますけれど、しばらく見ていると嫉妬しているようにしか見えないです。言葉は残酷ですけどね。好きがわからないといいつつもしっかり執着はしてるんです。結局は好きなんでしょう、そうつっこみたくなります。なんだかんだいいつつも彼は彼を中心にして行動しているのです、とか思います私は←
★2 - コメント(1) - 2010年4月3日

@再読
- コメント(0) - 2010年3月17日

再読。
- コメント(0) - 2010年2月19日

意地悪具合が私の好きな感じではなかったなぁと。もっとその、意地悪してる側からの視点が欲しいのだろーか自分は。
- コメント(0) - 2010年2月17日

再読。攻は鬼畜というより、思春期に持つ冷酷さみたいなものなのかな、と思った。
- コメント(0) - 2009年12月31日

この作品、すっごいスキ!!!
- コメント(0) - 2009年11月25日

話も作家も好きだけど、もうちょっとキャラの描き分けが出来てるといいかも。表題作と次の話の人間の容姿が被り過ぎててびっくり。
- コメント(0) - 2009年9月4日

ファイナル・インプレッションの 評価:68 感想・レビュー:62
ログイン新規登録(無料)