ユリイカ 2016年6月号 特集=日本語ラップ

ユリイカ 2016年6月号 特集=日本語ラップの感想・レビュー(69)

登場するラッパーの方法論や姿勢の違いは文法や言語構造を学んでいるような楽しい。ラッパー同士の対談では漢とアナーキーは互いへのリスペクトから半ばイチャイチャしてると読み取れたり、K DUB SHINEとUCDの対談はUCDが政治的な討論を親ほどのパイセンに臆せずぶつけるなどキュレーターの仕事が光る。また批評家の論評はヒップホップ初心者や苦手意識がある人にも楽しみ方の補助線を引き、ポスト文化系のためのヒップホップ入門として機能している。本書は日本語ヒップホップ論評のクラシックになるだろう!耳を貸すべき!
★2 - コメント(0) - 2016年9月5日

2000年代前半にヒップホップにハマって、しばらく離れていたが何やら最近フリースタイルダンジョンが話題で気になっていたところにユリイカでこの特集が出たので思わず読んだ。さすがにしばらく離れていただけに知らない名前が色々出てきたが聴いてみたくはなる。逆に昔すぎて触れてなかったいとうせいこうさんのインタビューがあってその流れをしれたのも良かった。
- コメント(0) - 2016年9月3日

フリースタイルダンジョン、控え目に言って、ヤバい。
- コメント(0) - 2016年8月15日

菊地成孔らの座談会がかなり面白かった(他の本も読みたい)。日本には移民とか国教もないので、基本的な対立軸はヤンキー対オタクであること。ヒップホップはヤンキーの専有物としてバカにされてきたが、フリースタイルダンジョンでR-指定の神業を見ることで知的な面白さを見出して舞い上がったオタク的な人たちが合流してきて新たな状況になっている(まさに僕w)。一方でこのような対立軸のどちらかに簡単になびかず(液状化しない)境界線にいる人たちが孤独を感じながら矜持をもって文化を生み出すというのは強烈に共感した。
- コメント(0) - 2016年7月24日

あまり日本のヒップホップ聞かない身としては、いとうせいこうの演説やバイオリン演歌まで言及して伝統を考える話が面白かった。Kohh論をした人もいたが、モアレで論じる程度。やはり語りにくい。
★3 - コメント(0) - 2016年7月7日

c
毎月読んでいるわけではないが、それでも内容に当たり外れのある雑誌だと思うし、実際この前に読んだ妖怪特集号は外れだった。水木しげるの訃報、大妖怪展に託けたタイアップの色合いが濃かったせいか。雑誌とはいえ、思想誌には本のように読める記事を期待してしまうから、勢い失望も大きくなるのである。ただ、この号は当たり。勿論この特集も商売っ気の強いユリイカらしく「フリースタイルダンジョン」人気に肖ったものだろうが、編集後記には日本語ラップ特集自体は「数年前から機を窺っていた」とある。編集者の熱量の違いなのかも知れない。
★2 - コメント(2) - 2016年7月7日

なんとも豪華なメンツ。ニコ動でみたテリヤキビーフから日本語ラップ聴き始めた自分的にも色々勉強になる。
★4 - コメント(0) - 2016年6月29日

パウル・クレーとの類似性から語る、佐藤雄一氏のKOHH論、牛田くん VS Kダブ対談、いとうせいこうの日本語ラップ史インタビューは必読。
- コメント(0) - 2016年6月27日

ジブラって色々と炎上しやすいけどラップはずっと上手いなって思ってて、これ読んで納得。ラップって韻だけじゃないんだよなあ。
- コメント(0) - 2016年6月17日

HK
「フリースタイルダンジョン」を楽しく見ているので購入。
★1 - コメント(0) - 2016年6月2日

フリースタイルダンジョンを見てほとんど初めてラップを知ったような人間からすると、ラップって「これほど言葉を尽くしていながら、その実ラップそのものと自分以外のことを何も語っていない詞である」という印象があり、この特集を読んである程度それが正しいのかなと思った。特に成田雄太によるTAKI183に関する論考にその印象を強くさせられる。また般若へのインタビューがとても面白くて、この人のアルバム聴いてみたいと思った。
★1 - コメント(0) - 2016年5月30日

個人的にはバトルだと、どうしてもトラックの難易度や、どれくらい韻を踏んでいるかといったスキルの部分に注目してしまって、リリックの比重がガクッと落ちるので、今回特集が組まれたような経緯で流行るというのにはいまいち乗れていなかったのだけれど、フラストレーションの捌け口的な一般層からの人気の集まり方なのかな? 基本的には「言葉」ありきでじっくり聞きたいのと、どうも戦うという形式が好きではないので、刹那的にすごいバトルもごく稀にあるけれど、どちらかというとバトルは苦手。内容としてはあまり目新しい部分はなかった。
- コメント(0) - 2016年5月29日

就活の移動時間が往復二時間もあったので買ってしまった……。真面目に感想書くのもアレだし……。とりあえず韻化帝国のくだりは死ぬほど笑った。
- コメント(0) - 2016年5月28日

今読んでいるみんな最新5件(7)

11/01:こん
06/21:Hizuru
06/14:yzzz

積読中のみんな最新5件(5)

11/05:たいらー
11/02:みにゅい
06/23:ちくわ
05/29:ぽむぽむ
05/28:Rove

読みたいと思ったみんな最新5件(17)

02/06:Ria
11/17:たかたか
ユリイカ 2016年6月号 特集=日本語ラップの 評価:38 感想・レビュー:13
ログイン新規登録(無料)