織田信奈の野望 (GA文庫)

織田信奈の野望 (GA文庫)
288ページ
1507登録

織田信奈の野望の感想・レビュー(1249)

アニメを見てからずいぶんと長く積んでいたのですがやっと読破。主人公があまり好きなタイプではないのでイライラする部分もありましたが女の子たちがかわいいので相殺。正直、信奈にもそこまで魅力を感じるわけでもないですが、勝家、長秀さん、犬千代、五右衛門はかわいかったです。作者の方もあとがきで書いてるようにあくまでパラレルワールドのはなしですね。新装版もでていてそちらは改稿されてさらにおもしろくなっているようなので機会があれば新装版も読んでみたいです。引き続き2巻を読もうと思います。
- コメント(0) - 2月21日

★★☆☆☆現代から戦国時代へとタイムスリップしてきた主人公は歴史ゲームの知識を活かして信奈(信長)を補佐していくといった物語。読者は"こんな歴史もあったら面白いだろうなぁ"と楽しみながら読むことができると思います。戦国武将が全員なぜか女の子(美少女)になっていてラノベ感満載ではあるが、主人公によって歴史が変わり、この時に死んでいたはずの者が生きていたりと"もしもの歴史"を作者は描いているからです。また、全体的に登場キャラが"歴史好きには解る"というマイナーさも兼ね備えており読み応えがある印象を受けます。
★7 - コメント(0) - 2016年11月17日

アニメの方覚えてないんだけど、サルってピンクなサルですね(笑)そっちの色が強いのかと。ゲームマニアな感じは良かったな
★5 - コメント(0) - 2016年10月12日

本書の展開は大まかには実際の歴史と一致している。ただし織田信勝、斎藤道三、今川義元など固有名を与えられたキャラクターは今のところ全員が、現実では死去する場面でも無事に生きながらえている。戦国時代という人の生き死に関する極限のドラマが繰り広げられる世界を舞台にしながら、主要キャラクターは誰一人殺さない。この選択をひとつの正解だと、条件付きにでも肯定できれば男性向けライトノベルを楽しく読むことができる。私はまあ良いと思いますよ。やるからには徹底してほしいですけど。
- コメント(0) - 2016年10月5日

あれ、アニメと違ってスマホも持ってない?し、戦国マニアでも無いんですねー。生身でヌルヌル攻撃避けてて笑いました。
- コメント(0) - 2016年7月29日

時間がないので感想そのうち。 巻数がででいるだけの事はありますよ。
★1 - コメント(0) - 2016年3月6日

ハーレム戦国もの。 ツンデレヒロインものとして読みやすい。 主人公が無敵じゃないが、ダメなりに頑張っているところがいいなぁ。 割と早く読めたし、続きが読みたくなった。
★1 - コメント(0) - 2016年1月23日

もう少しで富士見ファンタジア版が発売されるので。
- コメント(0) - 2015年8月26日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2015年7月1日

★☆☆☆☆ 高威力の地雷を思いっきり踏み抜いた。読み進めやすい文章と、中身を伴っていない文章は、似てほとんど非なるものだからね。というか、読み始めてわずか30ページで「ああ。こりゃダメだ」と思わされる作品に出会ったのは久しぶり。好き嫌いが激しいと自負する自分でも、食わず嫌いはしないと一応はひと通り目を通して読書メーターに感想を書いてるんだけれど、この作品だけはその例に漏れたね…。30人近いお気に入り様のうち「ひとり」だけしか本作に手をつけてなかった段階で何かを察するべきだったのかもしれない。
★11 - コメント(0) - 2015年5月23日

BOOKOFFで100円で10巻まで売っていたので購入。アニメが面白かったので気になっていたシリーズ。主人公がどういう経緯で戦国時代へ…という件は小説でも一切説明ないんだね。織田信奈を始め、有名大名・武将が姫大名になっているものの内容は織田信長の物語と言うよりか『織田信長の野望』のゲームだね。敵武将を殺さずに味方に引き入れていく流れは正にそれ。信長の非業を結末を避ける目的の魔王にさせない流れになるのは面白かった。主人公が避ける才能だけはあるという生存確率上昇スキルが凄すぎるwアニメより当然詳しくて75点!
★8 - コメント(0) - 2015年4月21日

再読。最初の頃の主人公のアタフタしている感じが懐かしい。でもすぐに対応して動けるのは性格なのかなと。
- コメント(0) - 2015年4月14日

まだ大して面白いと感じてない状態。主人公が大分おバカさんなので、それに引っ張られて作品の知性が落ちてる印象。この巻の時点で結構歴史変えちゃってるけど、今後はそれがどう作用してくのかは気になるもの…今のところは、もう絵が全て。みやま零さんは相変わらず美麗。
★1 - コメント(0) - 2015年3月31日

やっと積み崩しの順番に引っかかってきたのでシリーズ読み始め。主人公がなぜ飛ばされてきたのか、そもそも飛ばされる前の情報がほとんど無いとか色々情報が足りない感がある。生き残らせるために”攻撃を避ける才能”があることになっているので、今後もこの設定生きてくるのかな・・・大筋は史実通りを目指すのか、どこかで別方向に持っていくのか。死なないように本能寺回避方向なのか、そこで終了なのかどっちだ
- コメント(0) - 2015年3月14日

文章が微妙で、キャラクターがつかめるまではそうでもなかったけど、財テクで荒稼ぎしたあたりからかなり面白くなった印象。美少女動物園なのに男がきちんといて話が回っているあたりが個人的には好み。
★1 - コメント(0) - 2015年3月2日

前から読みたいと思っていたが、なかなか手に入れられませんでした。信長のシェフや、信長協奏曲、ゲームなんかの設定が頭にあるので、今読んでも楽しいです。続巻も読みたい。
★1 - コメント(0) - 2015年1月11日

前にアニメを見てて面白かったから読んでみた。 めちゃくちゃ面白い。
★1 - コメント(0) - 2014年11月20日

お気に入りさんが最新巻を読まれていて気になったので。信長の野望はやったことありませんが、歴史SLGはたいてい誰も「処断」しない方針で遊んでたことが多かったので(笑)、あーわかるわかる、というか。そういう人のプレイ記を読んでる気持ちになりました(笑)。面白かったよ〜。どういう展開になっていくのか楽しみです。次の巻も読みたい。
★4 - コメント(0) - 2014年11月14日

★★★☆ 素直に気持ちよく読める転生・歴史IFであるという意味で高評価。懸念のあった文章も思ってたより違和感なく「流し読み」が出来て悪くない。戦国武将を女人化させる手腕も高く、戦国武将という「要素」を自然と女人化させデフォルトに留まらない「人物像」を作りだすことに成功している。とりわけ信奈の「創造者」と「魔王」の要素の切り取り方は鮮やか。一般的な信長像から飛躍することなくデフォルト的な信長的人物像と一線を画すことに成功している。女人化という方法論の最適解の一角として評価されるに十二分な作品と言えるだろう。
★8 - コメント(1) - 2014年11月12日

他の歴史小説やゲームなどで多く題材になっているため時系列などの描写が少なくても脳が勝手に補正をかけてくれるので楽しんで読めた。
- コメント(0) - 2014年9月1日

高貴な姫君と風来坊の身分違いの恋というハーレクインロマンス。グインサーガのリンダとイシュトヴァーンを思い出した。身分違いの恋を叶えるにはサルは信奈から独立した第三勢力として対等な立場に立つしかなさそうなので、その辺の葛藤が楽しみ。あと最大の肝である本能寺をどういう筋立てで回避させるか興味がある。
★7 - コメント(0) - 2014年8月24日

「長子が家督を継ぐ」というオーストリアのプラグマティッシェ・ザンクツィオンのような制度を持った戦国時代を舞台に繰り広げられる戦国絵巻。地の文が三人称というライトノベルでは珍しい構成にちょっと戸惑いつつも、読了。登場人物たちの言動に若干のブレがあるのが気になるけど(「企業秘密」の語は通じないのに「エロ」の語が通じるとか)、姫武将の皆さんもなかなかに可愛いし、これからの大化けを期待します。この手の歴史改変ものは大好きなので。
★1 - コメント(0) - 2014年8月13日

恋姫†無双やら何やらで流行ってた、歴史人物の女体化+歴史改変もの。男女がひっくり返っているのが限定的なので、そこに若干の作為を感じますが、それはそれ。というか、この話で一番引っかかるのそこよね……「大奥」ほど徹底してひっくり返してないから、俺tueeeeeee的な話に流しやすいので。それを防ぐためかの信◯の野望プレイ程度の浅い知識、という設定なのでしょうか。視点のブレがすごく気になる話でもありましたが、勢いがあってサクサクと読むことができました。面白かったです。
- コメント(0) - 2014年6月8日

戦国ゲームを下敷きにしたライトノベルなのだが、史実もしっかり踏まえているので読み応えがあった。歴史改変ものとしても読めた。
★1 - コメント(0) - 2014年5月6日

ほぼ女体化戦国モノ。文章は上手いとは言えないけど、味があってよかった。キャラの特色と展開力はすごかった。良晴がそこそこの歴史ヲタで回避能力が半端ないエロ河童で主人公としてはナイスだった。だけど、信奈はちょっとツンデレすぐる。いや、鬼デレだな。とりま、信澄が掘られててワロタ。戦国モノなのに、あんまり人が死んだ感がないのがちょっと残念。萌え>>>戦闘なのかな。
- コメント(0) - 2014年5月5日

アニメは録画はして有るけど未視聴で、ずるずると原作が読め始められなかったので先に原作読んじゃおうと・・・w 過去の平行世界へのタイムリープ物で、戦国時代の各武将をTS化したラブコメ物です。初巻と言う事で相良良晴や織田信奈達メインキャストはこんな人、と言った紹介がメインの巻ですが、物語としての天下取りのプロローグ的な印象や、各キャラのイメージ付けはしっかり頭に入ってきて次巻が読みたくなるいい初巻だったと思います。それに信奈を始め良晴や犬千代、五右衛門等も凄く好感が持ててよかったです。次巻も早めに。
★20 - コメント(0) - 2014年5月2日

適応力があるのか無いのか微妙な主人公設定とドッヂボールの神スキル設定に辟易しつつも、個性的なキャラが多く思っていたよりもだいぶ面白かった。犬千代と蜂須賀が可愛い。
★2 - コメント(0) - 2014年5月1日

1巻読むのは4回目くらいだけど、やっぱり面白い。アニメとの差異を見つけつつ読んでいったけど、信澄のところは何回読んでも感動する
★1 - コメント(0) - 2014年4月15日

面白かったので一気読み。戦国武将がみんな女の子なので、首を取る時どうするのかな?と思ったらみんな降伏するだけだった、なるほど。
★3 - コメント(0) - 2014年4月15日

今まで誰に話しても解って貰えなかった話を一度で理解し共感してくれるやつに出会った。未来から来たなどと、わけのわからない事を言うやつだけど、そんな小さな事はどうでもいい。夢を語れることがとても嬉しい。永遠に生きられるわけではないのだからこそ、夢を目指して生きていけそうなことが嬉しい。
★3 - コメント(0) - 2014年3月19日

笑いのセンスが悪いのが気になるけど、戦国好きだからなんだかんだで面白いし展開が気になってしまう。
★2 - コメント(0) - 2014年3月8日

文章の稚拙さが目立ちますが、お話の展開自体は停滞もなくサクサクと進むので退屈しないのはいいところですね。主人公の危機感の無さや、展開のご都合主義的な所は好みがわかれるでしょうが……。肩肘張らず、ちょっとした史実ネタと女性化された武将を楽しむにはいいかなといった所でしょうか。
★3 - コメント(0) - 2014年2月7日

武将が女の子だって以外には普通に歴史小説……いやそうでもないかw色々どうよそれと思うとこもありますが、概ね楽しく読めました。噛んじゃう五右衛門可愛い。
★4 - コメント(0) - 2014年2月1日

再読なんだけど・・・春の新刊にどおも魅力を感じないのと大河ドラマ黒田官兵衛が始まったので読みたくなったので・・・やっぱ面白いですわぁみかげ先生天才ですわぁwwwしかし今川義元って史実でも桶狭間山で休息中だったですねぇ・・・敵を甘く見ると痛い目見る良い見本だったのね。。。
★4 - コメント(0) - 2014年1月10日

本来死ぬはずの人物が生き残る。それってシュミレーション芸夢的。読みやすい分ちょっと物足りなさを感じた。美少女のツンデレは好きだけど、男のツンデレは少しウザい。多く登場する女の子の中では、犬千代の純朴さとういろうで餌付けされる姿が可愛いと思った。
★12 - コメント(0) - 2013年12月29日

読了。個人的には、惜しい、といった感じ。問題にぶつかるところで「どう解決するんだろう」と惹き付けられるんだけど、アッサリ解決しすぎて拍子抜けしてしまう感じ。もっとぶち当たる壁の数減らしてじっくりやってもよかったのでは、などと。でもこのサクサク進んでいく感じが良いのかも。どうなのだろう。あと、全部口に出しすぎだじぇみんな…。とまぁ言ってはみたものの、続きが気になるといえば気になる。柴田勝家好きだし。アニメ映えしそうな作品だと読みながら感じたのだがアニメはどうなのだろう。
★7 - コメント(0) - 2013年12月14日

再読。 やっぱり面白い!次の展開を知ってるからこそ余計によしはると信奈の誓いのところはゾクッとくるものがある
★3 - コメント(0) - 2013年12月3日

キャラが全員個性的で内容も喜怒哀楽に溢れていたので面白かった。すでに歴史が崩壊してるので今後の展開がある意味気になる。六かわいい。
★6 - コメント(0) - 2013年11月29日

アニメ化もしたということで、さすがの安定感でした。ギャグは単調なところもあるのですが、それ以上に超有名な戦国時代をうまく美少女入りにアレンジしてうまくラノベとしてまとまっているなと感じました。あと主人公とヒロインの性格や展開が『Re:ゼロから始める異世界生活』と似ていると感じました。この本の影響を受けていそうです。気が早いですが本能寺の変がどのようになるのか私気になります!
★4 - コメント(0) - 2013年11月3日

アニメは画がきれいなだけで中身スカスカだったが、原作は割りとイケてた。設定とか時代考証とかをとやかく言うヤツはいないはずなので、ちゃんと興奮できたりブヒれたりするストーリーとキャラがあれば良いのです。アニメ版ではイマイチ分からなかった人物描写も原作ではちゃんとありました。織田信長がそうだったように信奈はココでも先進的な考えを持つ人間で周りには理解されない。そこを未来からきた良晴が理解、共感することで互いが惹かれ合っていくというストーリーがちゃんと描けてます。後はハーレム展開を待つばかり。
★4 - コメント(0) - 2013年11月1日

織田信奈の野望の 評価:44 感想・レビュー:334
ログイン新規登録(無料)