織田信奈の野望 6 (GA文庫)

織田信奈の野望 6 (GA文庫)
304ページ
883登録

織田信奈の野望 6巻はこんな本です

織田信奈の野望 6巻の感想・レビュー(754)

本願寺もとい本猫寺編。前巻までの合戦の連続からうって変わり、恋愛面を中心に進行していく。四方八方敵だらけな上に、内では良晴の奪い合い。巻によってラブコメ度が増し増しなのはシリーズ当初の方針によるものがあるのでしょうね。デレた信奈は可愛いけど、空気の読めない光秀がどうしても好きになれない…。
★2 - コメント(0) - 2016年12月17日

時間がないので感想はそのうち
★2 - コメント(0) - 2016年4月17日

★★☆☆☆
- コメント(0) - 2015年9月20日

表紙通りの戦国乱世な流れをぶった斬る本猫寺の猫耳と漫才の回。表紙イメージに反して意外に戦国をしてた5巻までの展開から、当初想像していた萌えなイメージが一気に表面化した6巻。信奈が恋心を拗らせて、猫耳娘と漫才して蹴鞠して…個人的には大人しく本願寺にして今まで通り戦国乱世やっとけよ!と思ってしまった。6巻は正直読むのがダルかった。7巻以降に期待したい。
★3 - コメント(0) - 2015年4月24日

再読。箸休め的に平和な話。本願寺の捻れた本猫寺に行った良晴が、なんかゴチャゴチャしてもてはやされる。次からが戦本番かな
- コメント(0) - 2015年4月24日

西上作戦も一息ついて今回は一冊ほぼ本願寺編 キリスト教との対比や雑賀のキャラクタも含めてさすがの塩梅 半兵衛ちゃんマジ策士 十兵衛はもうそういうキャラなのね
- コメント(0) - 2015年4月2日

突然の恋愛面で発展して完全にキャラ変わってる信奈。コレまで合戦ばっかりだったのを幕間として萌え方向に振ってみた感じ。5.5巻とかのナンバリングでも良かった気がする。次巻以降再び合戦が再開するっぽいのと、人間関係をどのようにもっていくのかが気になる。
- コメント(0) - 2015年4月1日

くだらない、でも、そこが面白くて良かったです。こんな時代があれば、本当に良かったのだろうけど…。人間の強欲さを逆に感じます。
★1 - コメント(0) - 2015年1月20日

前回のシリアスとは一転してのコメディ回。……はいいんですが、ギャグに切れがなく、終始ドタバタして終わってしまったような印象があります。おいしいところは最後に……と言うつもりだった野かもしれませんが、信奈の出番が少なかったのも散漫な印象に拍車をかけた気がしますね。+はネコミミメイド半兵衛ちゃんの分です。★★☆☆☆+
★3 - コメント(0) - 2014年8月24日

完全なギャグ回だったのでちょっぴりアレでした…次巻からのバトルに期待。
- コメント(0) - 2014年6月15日

ここでの応えは間違えられない。嘘をつくこともできない、ごまかすこともできそうにない。こんな表情で俺をみてくれている相手なんだから。俺の気持ちをどう伝えるか?この時代の、常識では得られない答えにどうたどりつけるか?素直になれば、いいのだろうか?素直に
- コメント(0) - 2014年5月19日

前巻と違って、ラノベ感満載の巻でした。正直、何というか・・・シリアス巻が皆無というか・・・ただ、ラストで少しシリアス巻が・・・どうする明智嬢!そして、ついに小谷城攻略戦か・・・次巻は、またシリアス巻になるか・・・楽しみです!
★3 - コメント(0) - 2014年3月19日

光秀が悟ってしまった……猿を巡って本能寺が発生、とかだと嫌だなあ。ハーレムラノベに多くを望みすぎかなあ?
★1 - コメント(0) - 2014年2月28日

再読して思ったんだけど、武田信玄盛り上げといていきなり本猫寺なんですね・・・結局あれだ萌え要素メインなんだなぁと改めて思う・・・どおでもいいけど11巻まだぁ・・・・
★1 - コメント(0) - 2014年2月24日

シリアス展開の続いた前巻から一転、コメディ色の強い息抜き巻といったところですね。得意の蹴鞠で刹那すぎる輝きを見せた今川義元。なんだかんだでお気に入りのキャラです。ラブコメパートは信奈のデレ具合も相まって中々の仕上がりでした。ただ、ギャグは空回り気味だった感があります。
★1 - コメント(0) - 2014年2月7日

本猫寺編。 南蛮蹴鞠神にされた良晴を取り戻すために半兵衛ちゃんのとった策がなかなか! 半兵衛ちゃんの猫耳可愛かったわ 光秀にバレた信奈への好意をどう切り抜けるのか次巻が気になる!!
- コメント(0) - 2014年2月4日

本願寺を本猫寺に置き換えて、一揆を未然に防ぐというお話はサッカー(南蛮蹴球)で無事解決という安直さ。なんか2分で思いつきそうな話だがそれが凄くイイ! その後何故かハーレムの王となる良晴ってのもイイ!その良晴を取り戻そうとしてコスプレする織田家の面々もイイ! 最後はお決まりと言ってよい展開。二人の気持ちを確かめあうことで大団円。また次巻に向けて三角関係がクローズアップされてます。歴史をなぞらなくてイイから萌えさせ続けてくれた方が私は嬉しい。
★1 - コメント(0) - 2014年1月11日

変に史実をなぞるよりもこういうのやって欲しかったんだよ。萌豚向けのサービス回かもしれないけど、ここ数巻のちょいシリアスな展開は食傷気味だし、そもそもラブコメ期待している人間のほうが多いと思うんですけど。話そのものは本願寺の一揆制圧をひねったもの。但しここでは戦なんて起こりません。平和裏に物事進みます。ここをアニメ化して欲しかったが二期はなさそうなのかな。
- コメント(0) - 2014年1月11日

★★★ 5巻までが怒涛のピンチの連続でしたが、この巻は少し休憩も兼ねてか、お笑い成分可愛い成分多めでした。しかし、本猫寺との戦争が始まれば信奈の天下統一はかなり遅れてしまうのは確かなので、歴史の分かれ目だったのは確かです。個人的にはサッカーが戦争を止めてくれたので嬉しいです。またラストの十兵衛が気づいてしまうのもこの物語にはかなり重要だったと思います。とにかく、猫耳メイドは可愛すぎて反則でしたね、一番は半兵衛ちゃんだー
- コメント(0) - 2013年12月17日

今回で、本願寺=本猫寺の10年戦争の決着がついた。 式神とか存在した戦国時代だけど猫神様か・・・予想の斜め上を行っているな。 あとは、武田戦・浅井&朝倉戦・本能寺か。 なにやら明智光秀が思い悩んでいるしどうするかな。 フロイスが何気に活躍しているのでよかった。
- コメント(0) - 2013年10月26日

おい誰か十兵衛ちゃん止めろよ、もうヤンデレルート確定だよこれどーすんのマジで。って感じの6巻。半兵衛ちゃんの猫耳メイド姿の挿絵をめちゃくちゃでかく引き伸ばして、家の壁紙にしたいです。なんだあれ。歩く生物兵器か。採点BB.ゲホンゲホン...長秀さんも猫耳メイドでうろたえてたのが非常にこう、なんというかグッときます。あ、犬千代お持ち帰りで。はい。お願いします。もちろん犬耳で。...次巻はいよいよ浅井長政勢との戦かな?なんとか、信澄とのよき未来が開ければいいなぁと思ってみたり。十兵衛ちゃんヤンデレか...。
★1 - コメント(0) - 2013年9月3日

まさかの今川義元・・・だと・・・!
- コメント(0) - 2013年8月15日

mow
雑賀集のお話、ラブコメになっていた。織田勢のかけあいがおもしろい。
- コメント(0) - 2013年7月25日

本猫寺?。良晴争奪戦。笑うわ~~。
★1 - コメント(0) - 2013年7月1日

前巻までは戦いの連続だったのですが今回はちょっと息抜き巻。本願寺ならぬ本猫寺とのサッカー対決をしてましたが、けんにょちゃんがしっかりした考えの教祖さまだったのが意外でしたね。いつも冷静沈着な長秀さんが猫耳メイド姿に涙目だったのが個人的にツボでした(笑)
- コメント(0) - 2013年6月17日

表紙の信奈ヤベェ!! めっちゃ可愛い!! あ~んもう、だめ! 可愛いよぉ~。
★2 - コメント(0) - 2013年6月14日

空気が読めないちょっと残念なキャラだけど、それでも、それでも僕は十兵衛ちゃんが好きです。それだけに悪い方向に進んで行きそうなラストに少し不安が。病んでしまった十兵衛ちゃんを見てみたいという気持ちがほんの少しだけ………
★1 - コメント(0) - 2013年5月19日

前回までの戦続きとは違って、本願寺じゃなく本描寺相手にコメディ合戦。いやぁ~フロイスさんLOVEです(笑)本編のサルは南蛮蹴鞠を導入して織田家と本描寺との仲介。信奈の顔がちらついて、ハーレムモードになれないのも笑い。最後の光秀の涙に本能寺のフラグが立った予感がします。次巻は北条、武田、上杉、伊達との交渉でしょうか?
- コメント(0) - 2013年4月12日

ものすごく面白かった。正直この作品がここまで面白くなるとは思わなかった。予想以上にけんにょちゃんの考えがしっかりしていてその思想が胸に落ちてきたので、ラノベならではの荒唐無稽さの中にも一本筋の通った良エピソードだった。戦争の代わりに南蛮蹴鞠で決着をつけるというのは設定的に無理がないし、良晴が未来からやってきたことの良い面が出た話で本当に面白かった。枝葉の部分では軽い展開が続いているけど、本線がこれだけしっかりしていれば今後もぶれることはないと思う。いや本当に面白かった。素晴らしいです。おすすめ。
★2 - コメント(0) - 2013年4月9日

前巻までのシリアスはいったいどこにいったのか。本願寺はこの世界ではギャグキャラだったんだね。義元ちゃんの一瞬の輝きは忘れないぞ
★1 - コメント(0) - 2013年3月12日

ほのぼのギャグ回。ネコミミメイドハーレムがこれまで大変だったサルへのねぎらいということで。十兵衛ちゃんと信奈のサル争いで、「本能寺の変」ルートだと思ってたのに、サルもそんな予想したから、そのルートはなくなってしまったか…。
★1 - コメント(0) - 2013年2月16日

fab
久しぶりに続きを読んだら猫耳モードかよw ここまで開き直ってやったら、宗教の人も怒れねえだろう。…虎党の人は「うちは猫じゃねえ」って言いそうだな。漫才よりも下間衆のネーミングにウケた。
★1 - コメント(0) - 2013年2月14日

ギャグ回。それ以上でもそれ以下でもないかな。最後がかなりシリアスだけど、まぁ、そこは引きだし。
★1 - コメント(0) - 2013年2月11日

何と無茶苦茶な(誉めてます)
- コメント(0) - 2013年2月10日

最後にかかれた事をを引っ張り出してくるための話だったと思った。まあ面白かったけど。
- コメント(0) - 2013年1月28日

半兵衛ちゃんの猫耳メイド姿にご主人様が破壊力抜群で悶え死ぬかと思った。そして普段こういうことしない大人っぽい面々や信奈までもがこんなことするとは・・・。そして口絵の五右衛門の猫耳生やしてる絵の表情がやばかった。今回は素直に歴史モノという概念をとっぱらったただのラブコメとして楽しんだ。
★2 - コメント(0) - 2013年1月27日

表紙通りだから困るわー。(いい意味で)
★2 - コメント(0) - 2013年1月17日

特技の蹴鞠を披露できる場なのに、今川義元の出番が5ページで終わった……おお、もう……。あと明智デコビッチ十兵衛が爆弾を投下。
- コメント(0) - 2013年1月5日

ナンデヤネーン!フロイスちゃん可愛いすぎ!あと巨乳すぎ・・・今回は戦がない代わりにサッカー大会だにょ・・・なんだかけんにょちゃんの語尾がうつちゃいましたにょ(笑)どおでもいいけど良晴モテすぎ
★3 - コメント(0) - 2012年12月30日

表紙の猫耳はなんじゃらほいと思いましたがそういうことね…。史実において石山本願寺との争いは洒落にならない殺伐としたものですが、本猫寺との争いが描かれた今巻は、やや息抜きの趣があったように思います。っていうか今川義元…。文章は相変わらず稚拙なんですけど、キャラ立てが上手ですよね。みんな生き生きしていて、こういう歴史ファンタジーもありかなと。前にも書きましたが、戦国武将で一番好きなのは光秀です。十兵衛ちゃん、この後どうなっていくのかちょっぴり心配。漫才シーンは、もう少し笑わせて欲しかったかな。
★18 - コメント(0) - 2012年11月30日

織田信奈の野望 6巻の 評価:38 感想・レビュー:168
ログイン新規登録(無料)