断罪のイクシード 4 -蠢く双頭の蛇- (GA文庫)

断罪のイクシード-蠢く双頭の蛇- 4巻の感想・レビュー(114)

過去を知りそれを乗り越える主人公の格好良さが際立っていました。ただもう少し葛藤があっても良かった気がしますが、主人公の中では既に心は決まっているので無用な葛藤は必要のないという判断なのかも。また静馬の師匠オードリーバーンとの短編はここで収録ですか。正直この短編前提の描写がこれまであった事もあり、もっと早い巻に収録して欲しかったです。珍しく静馬の可愛い一面も見られましたし。
★1 - コメント(0) - 2016年6月8日

大和ちゃんがチート過ぎて…。 もうちょっと、過程があっても良かった気がする。 最終巻に期待!
- コメント(0) - 2014年7月10日

主人公覚醒ですね。脇役というか周りの戦闘がすごくいい。
★1 - コメント(0) - 2013年8月1日

読むまでに随分と間が開いてしまったので、キャラクターや設定を色々と思い出しながら読むなど。
- コメント(0) - 2012年8月5日

明日菜が口悪くても許せるけど主人公だと許せない不思議。切り落とされた腕はどうなったのかな。ましろが持って帰ったのだろうか。
- コメント(0) - 2012年7月3日

大和がどんどんパワーアップするのはいいんだけど、魔王ねじ伏せるとこの描写がまったくなかったのが残念過ぎる・・ さて次でどれだけ回収されてるのか。
- コメント(0) - 2012年4月14日

戦いに勝つのに必要なのは理論や技術ではなく、気合と根性だった柴千春も言ってたね。
- コメント(0) - 2012年4月12日

こういうバトル物での、格差の有り過ぎる強敵の倒し方にはどうしてもご都合主義がつきまとうが、大和の魔王のねじ伏せ方ってこれでいいの?とどうしても突っ込まざるを得ないぐらいのご都合主義だった。そんなんで魔王って言ったらアカンでしょうが・・・お決まりの流れとはいえいくらなんでもあっさりすぎる。
- コメント(0) - 2012年3月24日

過去を超えて、第四巻。いろんな視点で物語が進行し、いよいよ最終決戦間近、というところまで来ました。自分の中に巣くう魔王を制してパワーアップ…お決まりといえばお決まりですが、大和が大変気持ちよく主人公してたのでそれも一つのアクセントとして楽しめました。最終巻期待しています。
- コメント(0) - 2012年3月15日

前回に引き続き、ラストに向けて一気に伏線を回収しだした!いきなりフルスロットルのバトルで満足!唯一、不満だったのは魔王の魂を速攻で封じ込めて幻想殺しもどきを手に入れたところ。あれはもう少し書いてもよかったんじゃ・・・・。ラストがすごくいいところで終わったので続きが早く読みたい!
- コメント(0) - 2012年2月9日

色々と盛り上がってきた魔術バトル小説第4巻。次が最終巻だそうで。ヘビーな真実を知らされつつもあっさりと豪快に乗り越える大和は実に気持ちの良い主人公。そして護国課サイドの戦いも実に面白い。ベタだが劣勢からの逆転には燃える。援軍や大和のパワーアップで小隊が大幅不利かと思いきや、ラストにはまた漢のロマン的ボスキャラがー! 次巻を楽しみに待ちます。しかしおまけの短編は今更感がすごい。2巻に入れようよ。そしてあとがき。ファルコム作品、とりわけ2巻以降はえらい零の軌跡の影響がありありだと思ってたがやっぱりか。
★2 - コメント(0) - 2012年1月11日

個人的にはヒロインは穂波なのだけどさてさてどうなる。
- コメント(0) - 2011年12月30日

KEI
購入。熱い!!!かなりシリアス・ガチバトルしてるのに、アホ会話をする主人公とヒロインには呆れたが、その後の展開には大満足。小隊の手駒もしっかりキャラを見せてくれるし、相手をする脇役(たいていオッサン)も魅力的で熱い。学会、教会に魔導科学。どこかで見たような設定だが、各国の思惑が絡んで来るのがたまらん。そして、今回のメインの大和過去話〜覚醒の流れも素晴らしい。ご都合主義だが、満足感でお腹いっぱいです。ここまで熱く、面白い作品になるとは・・・。売れてないだけに寂しいなー。勿体ない。続きはコメ
- コメント(1) - 2011年11月25日

しょっぱなからトップギアの展開で、一気に読みました。この、世界を巻き込んだ戦いという舞台はやはり燃えます。そんな中、どこまでも変わらない大和がステキです。シリアスな展開なのに、大和が出てくるとどことなくコミカルになるところも素敵。ラスボスをいかにして倒すのか、と思ったらイマジンブレイカーゲットか、とかねじ伏せるところを描いて欲しかった、とか色々思うところはありますが、最高の盛り上がりを見せる中、どんな最高のラストを描いてくれるか楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2011年11月17日

まさかのヨハネ。
- コメント(0) - 2011年11月12日

個人的に好きな作品なんだが、売れてない現状が切ない。どんでんがえしが基本なんで緊張感が少ないが、正統派熱血チンピラ作品。 次巻の最終決戦楽しみにしておきます。
- コメント(0) - 2011年11月6日

主人公が凄くわがままだな…。魔王誕生の秘話が良かったです。 戦闘はもう何でもありで強さがよくわかんなくなってきました。 今回は静馬の毒舌が少なくて残念です。主人公の返しも、語尾が戦場には適さなくて雰囲気ぶち壊しでした。 気に入ったキャラ:ましろ。気に入った挿絵:236P。お気に入り度:★★☆☆☆
- コメント(0) - 2011年10月27日

海空りく先生(@misorariku)の作品。互いの事を想いながらシュールなかけあいをする二人がいいですね。孫の手は酷過ぎるけど。そして、魔○すらねじ伏せる大和がめっさかっこいい。
- コメント(0) - 2011年10月24日

主人公の腕を切り落とし、孫の手にすることに執着するヒロインと悲痛な覚悟を決め、主人公の為にあえて敵になったヒロインをヘタレ呼ばわりする主人公・・・アレーーーーΣ(゜∀゜;) いや、こういう奴らだと分かってはいたが、笑わせてくれるぜw。ををををを、初っ端はともかく(笑)今回は燃え燃えの展開で最初っから(正確には2章から)クライマックスだっぜ!そうだよな、こいつまともな主人公じゃなかったんだ、だからこんなにも真っ直ぐに・・・真っ直ぐに・・・ヤンキー街道まっしぐら?アレ? くぅ、書ききれん。まずは読め、損はない
★1 - コメント(0) - 2011年10月24日

色々と大きなバトルや話が平行して書いているのでめまぐるしかったですが、1つに収束して行くので次あたりが決戦ですかね、、大和が新たに手に入れた力も最強ぽいので天城がどう対抗するか、次も楽しみです。
- コメント(0) - 2011年10月23日

なんか色々説明台詞で済まされちゃった感もあるが、とにかく主人公覚醒編。熱くて面白くて可愛くて非常に楽しいんだけど、敵味方の状況ひっくり返し合戦の途中で巻末に達されてしまったので、正直なところいささか消化不良。可及的速やかに次巻を供給されたし/相変わらず、年長組おっさんおばさん組の描写がいいよね、この作者。あとがきによると本人も好きみたいだし、ラノベの枠の中では趣味全開にはなかなかできんだろうけど、何とか上手いことやっていってくれるといいな/短編収録は素直にありがたい。
★3 - コメント(0) - 2011年10月21日

お気に入りのキャラが出てきて活躍してくれたので満足です← いや、メインのキャラも好きなんですけど、この作品だとあのキャラが一番好きだったり。
- コメント(0) - 2011年10月20日

次で最終巻なのね。そりゃフルキャストにもなりますわな。大和の過去に関わる大人(親)2人がステキだった。その想いさえ一喝する大和さんパねぇっす(笑)いい感じに真っ直ぐですね。読み続けているうちに一気に引き込まれる勢いがあるんですよね、この作品。さてどう締めるか。
★2 - コメント(0) - 2011年10月20日

ren
大和ちゃんマジチンピラ魔王(笑)そんなわけで最終巻への布石の巻。個人的に好きな火倭&イグニス再登場は燃えるぜ!そしてましろが穂波さんよりヤンデレ属性だったでござる。いや、可愛いから良いけどさ。次巻、どう話を畳んでくるか期待。
★1 - コメント(0) - 2011年10月19日

敵も味方も、ヤラレ役かと思われた兵隊たちや一般人に至るまで、みんなが熱い!!
★1 - コメント(0) - 2011年10月18日

★★★☆☆ 漆原も静馬も「大きなお世話だ!」。ハイテンポなこのシリーズも次巻でいよいよ完結。設定上、まだまだ話を膨らませることもできると思うのだが、それを潔さともとれる。
- コメント(0) - 2011年10月18日

最後に向けて各キャラにスポットを当てたバトル展開。でも、ちょっと散漫になりすぎた感は否めないかも。大和のターンはいいけれども、他はもうちょっと軽くてもよかったかも。とは言え、次でラスト。この風呂敷をどう畳むのか楽しみにしたいと思います。
- コメント(0) - 2011年10月18日

最終巻の前って説明ばかりで暗い雰囲気になるケースが多いんだけど…このシリーズはそんな事なかったです。ニアや火倭も再登場して、期待していたましろちゃんの出番もあったし、最高に盛り上がって……きたところで"次巻へ続く"で読み切り短編へ。一度テンションが下がりかけたけど、その短編が「焼き肉食べるはずが静馬に拉致されて…」という2巻冒頭の話の裏話で再びテンションが上がりました。結構面白かった…次の最終巻が楽しみです。
★4 - コメント(0) - 2011年10月18日

敵役も脇役もなかなか魅力的で、良い感じに盛り上がってきたよ。次が最終巻になるみたいだけど、楽しみに待ちたい。
★1 - コメント(0) - 2011年10月18日

「小隊」との対決も終盤戦。「小隊」の策の前に倒れ伏すかに思われた護国課の面々と大和だが、実はまだ切り札がー と次巻で完結とのことで、本筋進行と伏線回収で大変すなぁ。おまけの巻末短編がいい。
- コメント(0) - 2011年10月17日

ましろ可愛い。
- コメント(0) - 2011年10月16日

え、ましろさんそっち側だったんですか!とかえ、一般人なのに強くない?な4巻目。相変わらずのネタ分量。このくらいがある意味限界な気がする。あの日の真相や小隊の目的もわかって次は最終巻。大和も覚醒して、イグニスの人とかニアも出てきていよいよ最終決戦ですね。小隊とのやりとりとか決着にも期待だけれどやっぱり静馬との再会に期待。穂波やましろよりも静馬との未来を読みたい。★★★★★
★1 - コメント(0) - 2011年10月15日

REV
ましろんかわいいよましろん …って書くと、あっちのましろんみたいんだ。
- コメント(0) - 2011年10月15日

416
魔王との戦いがあっさりしすぎな気がしました。読み切りが巻末にあったとはいえもう少し山場があってもよかったと思います。
- コメント(0) - 2011年10月14日

読んだの忘れてたよ…みんな大好きましろたんが、いつもより出番が多かった(気がする)表紙だしね。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(5)

10/27:ejiputo_mame
10/26:ひかど
11/10:じゃんぬ
11/02:SAi
10/24:kobya

積読中のみんな最新5件(17)

12/26:ふぇいと
07/03:otakon
06/21:混沌
12/30:SAi

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

03/19:なとき
10/22:ejiputo_mame
05/04:suicdio
断罪のイクシード-蠢く双頭の蛇- 4巻の 評価:66 感想・レビュー:36
ログイン新規登録(無料)