F-2の科学 知られざる国産戦闘機の秘密 (サイエンス・アイ新書)

F-2の科学 知られざる国産戦闘機の秘密の感想・レビュー(23)

アメリカに翻弄された機種だが、よくぞ此処まで育った。製造中止の理由が「機体が小さく拡張性に乏しい。」ってのはウソだな。開発に時間が掛かり過ぎ日進月歩の技術革新の世界で将来の稼働期間が短くなったからだ。
★11 - コメント(0) - 2016年5月18日

F-2という航空自衛隊の戦闘機についての解説本。専門用語がところどころにあり、理解できない部分もあった。F-2というとアメリカのF-16戦闘機の改良版という認識だったが、かなり日本向けに大改造が行われていることが分かった。読後感は良い。
★26 - コメント(1) - 2016年3月21日

F-2はやっぱり格好いい。 それにしてもタネになっているF-16は40年も前に開発された機種なのにいまだ現役って、基本設計がよほどよかったんだろうなぁ。
★1 - コメント(0) - 2016年1月8日

専門用語が多く、かじった程度の私では太刀打ちできないところも多々あった。 また機会があれば読み返したい。 しかし出てくるF2の写真(それ以外の機体も!)はどれも美しく、そのためだけでも買う価値はある様に思う。F2ファン必読書。
★2 - コメント(0) - 2015年1月20日

ちっちゃい身体にぶっとい増槽や対艦ミサイルいっぱい積んでがんばってるF-2が大好きです。
★3 - コメント(0) - 2014年11月8日

公式資料を製本しただけな感じです。知らない人にわからせようという意欲は感じませんでした。知識をひたすらとテキスト化されても、読むのは辛いです。関係ない写真を載せるなら、イラストでも使って説明した方が親切というものかと。 2014年 C0253 \1100. 2014
★1 - コメント(0) - 2014年10月18日

青木先生の航空に対する造詣には、唯々、脱帽。異業種だけど、勉強になります。☆4.0
★2 - コメント(0) - 2014年9月9日

図らずも先の震災で大きな被害を受けたことで注目された自衛隊の戦闘機F-2を解説した本。あまりにも特徴的な胴体下の空気取り入れ口だけを見てF-16のコピー機などと思い込んでいてごめんなさい。
★2 - コメント(0) - 2014年7月3日

610
F-2が空自の戦闘機で1番好きな戦闘機だという話をするとなんで、そんな骨董品みたいな戦闘機が好きなの?とF-2を批判してくる人(ミリヲタではない)がよく居る。この本を読んでもやはり、F-2は最高だと思う。製造をされた年代を見ただけだとかなり古いものだが、どんな物においても日本の技術というのは世界でも最高な品質があると私は思うのでF-2は大切にしてほしいとすら思う。F-2って見た目がすごくかっこいいし、塗装(色?)も綺麗なので惚れ惚れしてしまう。
★14 - コメント(0) - 2014年6月15日

戦闘機に関してはほぼ知識ゼロだったので、用語を追うのに時間がかかってしまった。F-2を含めた戦闘機の機構についてざっくりとは理解できたかな。また日本の戦闘機の変遷も書かれていて参考になった。やはり最先端の技術の粋というのは軍事用から始まってしまうのはやむを得ないか。。。
★8 - コメント(0) - 2014年5月22日

SS
技術だけをとりだしてみると美しいが、戦略や政治がからむと、、願わくば心神で轍をふまないことを。
★3 - コメント(0) - 2014年5月7日

戦闘機は機能的で美しいなあ。無駄なものがない。乗ってみたい。「F-2は、F-16に日本の最先端の独自の技術を組みあわせた独特の戦闘機となったのです」
★20 - コメント(0) - 2014年4月26日

今読んでいるみんな最新5件(4)

03/21:nobug
08/21:にすもP
05/15:まつー

積読中のみんな最新5件(1)

08/17:れっぷ

読みたいと思ったみんな最新5件(11)

09/01:卯月薫
07/26:もっぷ
03/21:C-biscuit
12/25:willow
03/13:トラビス
F-2の科学 知られざる国産戦闘機の秘密の 評価:100 感想・レビュー:12
ログイン新規登録(無料)