超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2 (GA文庫)

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2 (GA文庫)
280ページ
167登録

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2巻はこんな本です

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2巻の感想・レビュー(127)

一巻同様主人公達の能力がスゴい話ですが敵がどうしようもない奴らなので嫌味に見えることもなく安心して読めました。ちょっと仲違いになりそうな雰囲気もありどうなるのか楽しみです。今回は戦闘描写(ミサイル)が分かり辛かったです。
★3 - コメント(0) - 2016年12月19日

 完全無敵の主人公は物語としてダメだとされる。   シリーズを長く続ける前提で、超人高校生の超人っぷりを遺憾なく発揮する戦争前哨戦編。  超人が超人的に超人する流れは、まぁある意味水戸黄門的爽快感はあるのかもしれないね。  あのパーティも、完全無敵な構成で悪を暴いて裁く流れだしね。  ・・・  ただ、このシリーズ、超人高校生は7人いるわけで。  彼ら最大の弱点は7人いることなわけで、今後の流れが楽しみである。  超人対超人の対決がないとね。  今巻までは、まずは主人公たちの超人アピールかなと。
★1 - コメント(0) - 2016年10月13日

とうとう「市民革命」を起こすべく立ち上がった超人高校生の活躍を描く2巻。彼らが市民の意思統一を図りつつ統率するべく目をつけたのは宗教、というわけでどんどんプリンス暁が面白いことに……他にも、林檎は村にロケットランチャーを設置したり、葵は魔法を叩き斬ったりと今回も超人高校生達はやりたい放題。また彼らのお互いの信頼度の高さが伺えるシーンが多いのは読んでいてすごく心揺さぶられる。にしても相変わらず司のカリスマ性には惚れざるを得ないな……ま、一番惚れたのは林檎ちゃんが頬を膨らませている挿絵だけどね!かわいい!
★1 - コメント(0) - 2016年10月10日

領主の城を陥落させた高校生たちは、七光聖教という宗教組織を結成し、皆が平等に生きられる世界の実現を謳って、人心を掌握していきながら、山脈が雪に閉ざされ、帝国軍が進軍してこられない間にフィンドルフ領内の内政改革と武器の開発に着手していた。司が貴族たちを排除するのではなく、貴族が平民と歩み寄り、共に生きることができるような社会の仕組みを構築しようとしていた所が良かった。ブッフバルト領に潜入した忍が心配でしたが、杞憂に終わり良かったです。次巻ではブッフバルト軍との全面戦争になりそうなので、少し心配です。
★18 - コメント(0) - 2016年9月15日

2巻読了。ハマれば一気に読みたい作品。某TRPGの超人を思い出したりする。若者という点では「高校生」でもいいのかも知れないけれど、高校生でなくても超人だというそれだけでチート級に活躍可能。読んでいて爽快。今後、若さゆえの青臭さみたいなものも見えたら嬉しいなーと、こっそり思う。3巻も続けて読むことにする。
★1 - コメント(0) - 2016年9月14日

SaY
ギュスターブ、結構だらしないね…(・_・?) ★5
★2 - コメント(0) - 2016年9月8日

ミサイル誘導パートとか、ちょこちょこ描写が謎過ぎるけど、意外と戦記ものみたいな展開も見せそうなので楽しみではあります 星三つ
★1 - コメント(0) - 2016年7月7日

細かいうんちくは専門分野からもしかしたら叩かれるかもしれないが、個人的には「なるほどそうなのか」で次に進めて良い感じ。超人高校生たちが完全にハイパースペックなために敵のほうがどうすりゃいいんだという感じではあったが、こっちはこっちの世界で主人公たちにはない巨大な力があったおかげで、科学と魔法が交差する異世界召喚モノになって良し。
★1 - コメント(0) - 2016年6月23日

んー キャラクターに魅力がない。 裏設定とか小出しにして、長く続くのを前提に書かれてるんだろうけど、途中で打ち切られそうな・・・ 一回読むのをやめて、完結してたら読もうかな・・・
★1 - コメント(0) - 2016年5月26日

さすが超人...強すぎる...2巻の一番の見所は司くんのアレだね!!!今後も期待してるよ司くん。難題(彼らにとって難題じゃないかも)に対して、次はどんなすごいことをしてくれるのか、楽しみに読んです。あとがきで潔癖公の切り札になにか不穏な感じが...まだなにかあるのかな?
★1 - コメント(0) - 2016年5月15日

fap
ガンビーノぉぉぉ!! 超人○○といった呼称があたかも職業のように思えてきた。 主人公たちが超人過ぎます。 元の世界の時点で、どこかから異世界転生したんじゃないですかね。 歴史知識が幾つか参照されているが、ちょっと浅い。 今回活躍したのは政治家と忍者。最後に持っていったのが侍。 相手側が思った以上に尖っていて、こりゃ500年も待たずに騒乱が起きますわ。
★2 - コメント(0) - 2016年5月7日

この本の貴族は今まで読んできた本の登場人物中でも頭のイカれ具合はトップクラスだね。あと超人高校生というかもはや人じゃないよね?
★1 - コメント(0) - 2016年5月6日

超人高校生達も十分すごいけどそれ以上に悪役の頭の壊れ度が凄まじい。正直に言って不気味でした。今回では決着がつかなかったので、次こそぶっ飛ばしてほしいですね。次巻も超人達の更なる超人っぷりに期待しています。
★25 - コメント(0) - 2016年5月5日

早いうちに主人公を叱ってくれて安心してる。
★1 - コメント(0) - 2016年4月11日

なんだか不穏な空気を感じつつ、相変わらずのスピード感と圧倒的な力で読んでて爽快感がありました
★1 - コメント(0) - 2016年4月10日

こいつらが高校生だと……。どう考えても葵ちゃんは人外。司くんは早死にしそうだし次巻はいきなりボスと決戦みたいな感じで楽しみ。
★4 - コメント(0) - 2016年4月7日

今後の改革のため『七光聖教』を名乗り宗教を広めていく超人高校生たちに北領総督が立ち塞がるお話。司の采配が素晴らしすぎて怖いです。自分は全能ではないので予知能力などないから可能性のある未来すべての対策をとる、など恐れが出るほど素晴らしいです。個人的には忍ちゃんのシーンが多くて嬉しいです!司が主人公だと思うから諜報部隊だとやっぱり出番が減っちゃうのでいっぱい出て欲しいです!《天の炎》の次に何が待ち構えているのかとても気になるところで終わってしまったので、次には《碧の団》共々期待してます!
★3 - コメント(0) - 2016年4月3日

もはや司の手腕に安心するために読んでるようなものだなw超人高校生同士のぶつかり合いもフラグが立てられたのでゆくゆくはそちらの楽しみも増えてくるか。
★2 - コメント(0) - 2016年3月29日

2巻では、戦争も段々と本格化して来ましたねえ。敵の魔法武器も凄いけど味方も凄いです。 この世界の謎も超人高校生なら余裕で解けるかな。次巻が楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2016年3月19日

手動式ミサイルは、さすがに超人とかそういう話では…w
★2 - コメント(0) - 2016年3月17日

超人だ、まぎれもない超人たちがここにいる……!!
★1 - コメント(0) - 2016年3月17日

ああ、ホントに超人なんだ……と改めて思った。今回は溜め回。新たな厄介な敵が現れてきて、けれどこちらの陣営の文明は加速すること加速すること。超人高校生が何人もいるおかげで出番に差が出てきでるけど、もうちょっと満遍なく! というのはやはり贅沢な欲求か。
★6 - コメント(0) - 2016年3月13日

roa
今回は主に超人剣豪さんが活躍。まあ、前回温泉掘ってただけだしねw恋愛方面も進展し始めて、なかなか面白いことに。林檎ちゃん頑張れ。超頑張れ。基本的にみんなチートしまくる話なので読んでて爽快感はある。こいつら壁にぶつかったりするんだろうか?今後の展開に期待
★4 - コメント(0) - 2016年3月5日

無難にまとまっており、ネット小説のような感じですが好みなので とくにコメントは…
★4 - コメント(0) - 2016年3月3日

今回も超人たちは超人でした。特に葵のはもはや人外級な気が(笑)まあ爽快感があるのでよしとする。当面の相手は味方からも恐れられる(引かれる)くらいの狂人で、内部的にも反乱で潰れそうな匂いもプンプン。とはいえ超人側も恋模様等人間関係でやや不穏な空気が。その他の面ではフォローが効かせやすいメンバーだからそういうところでピンチを作らないといけないのかもしれないけど、あんまりドロドロしたのは見たくないな。
★7 - コメント(0) - 2016年2月26日

今回は地盤固めと次回以降への準備回という印象。超人高校生たち全員にスポットが当たらなかったのは少し残念。ただ司と葵の超人っぷりは凄まじかったし、相変わらずサラっと紛れるエグい描写はインパクト十分で面白かった。人間関係に亀裂を予感させるフラグが見えたけどどうなるかな?次巻も楽しみ!
★11 - コメント(0) - 2016年2月25日

司との恋愛模様は最終的にはリルルが勝つんだろうけど林檎ちゃんにも頑張ってもらいたい。とりあえず大都市ゲットして支持者を増やしているところ。次巻は戦争かなー。ギュスターブさんの皇帝崇拝がだいぶいっちゃってて怖いです。
★4 - コメント(0) - 2016年2月21日

司の本領発揮とリルルが司に啖呵を切る場面が好き。面白かった。
★2 - コメント(0) - 2016年2月21日

今回も7人それぞれが活躍して着実に世界を変えていってますね。目下の一番の障害となりそうな敵さんはかなり逝っちゃってます。こういう悪人なら殺されても文句は出ないでしょうね。まぁ死にそうにないですが。ヒロインも何か覚醒したみたいですが、恋の方の修羅場が今後悪い方に転がらなければ良いですが。
★6 - コメント(0) - 2016年2月20日

超人たち超ヤベェ。特に剣豪。それはもう人ではないぞ…。 超人たちの革命は次なる段階へ。ゴッドによる宗教によって国を纏めるっていうのは面白い。 敵のクレイジー野郎は頭に血が昇ると周りが見えなくなるタイプだけど、こういう相手は司にとってカモだよな~。魔法がどの程度の威力を発揮するのか。 あとハムスター林檎が可愛かった。ただ内部からの崩壊をどう食い止めるのか。まあ司ならさらっと収めちゃいそうではあるけど。
★8 - コメント(0) - 2016年2月19日

1巻同様超人高校生達が活躍してた。1巻でこいつらがどれだけ凄いか思い知らされてたから驚くことはあんまり無かった、葵の超人っぷりは驚いたけど。そして司とレルルの良い感じな雰囲気に嫉妬する林檎ちゃん可愛い。「ぷーーーーっ」 あと、司と勝人のすれ違いはいつ起こるのか、続きが楽しみです。
★15 - コメント(1) - 2016年2月17日

今回は地盤固めのため前巻のような勢いがなく超人高校生たちの見せどころも少なかったのが残念だった。楽しめることは楽しめるのだが前巻が良すぎただけにかな。後この作品を好きになったきっかけはルーなのでルーの出番をもっと増やしてほしいですね。次巻は戦闘が本格的になりそうなので超人っぷりを期待したい。
★9 - コメント(0) - 2016年2月17日

リルルを助けた事によって「市民革命」が始まり、プリンス暁を神として宗教を後押しに革命を推し進めだした超人高校生達。ドルムントの内政を整える中、「潔癖公」と呼ばれる北領総督のオスロー・エル・ギュスターヴがドルムントに軍を派遣し…。今回は来たる帝国との戦争のための内政整備や発電所整備といった準備段階。司の指導力と人身掌握術が光ったねぇ。それに暁もまさか神になるとは…wでも意外と向いてそう。チート力を発揮してる超人高校生達だけど、チームであるが故の内裂の火種が早くも見え始めちゃったね…。林檎ちゃんは可愛い→
★28 - コメント(1) - 2016年2月16日

今回は内政が主なお話。好きです。
★3 - コメント(0) - 2016年2月16日

チートが異世界にやってきたお話第2弾、今回は大人しく内政ターンかと思えば後半超人バトル入ったりと相変わらず豪華な構成。そして能力的にチートでサクサク進む爽快感と、それでも排除できない不確定要素による危機を、「予想外を予想して備える」堅実さで覆す展開が、単純にチートで押し通すお話とはまた別の納得感が出ていていい感じ。後、P111のイラストは不穏な本文とは裏腹に「かわいい」としか思えないのですがどうなることやら。そしてラストで皆大好きライフリング銃とかで攻勢に打って出た所で、次回はどこまで突き進むのか期待です
★7 - コメント(0) - 2016年2月15日

北部総督との激突に向け改革を加速させる今巻。―――天才、やはり自重せず。今回も自分達の技術を躊躇いもせず投入、時代を後ろからロケットで吹っ飛ばす勢いで加速させがんがん進んでいる。・・・その天才達の中にも不穏な爆弾が搭載されてしまった訳であるが。恋のさや当てはともかく離反を招きそうな棘は果たしてどうなるのか。それも兎も角今回も唾棄すべき貴族様相手に対し遠慮せず異世界技術を炸裂させ、天才達の勢いも以て叩き潰している。・・・その果て、決意されたのは守勢ではなく攻勢。さて、どうなるのか。 次巻も楽しみである。
★14 - コメント(1) - 2016年2月15日

超人高校生達による超余裕な異世界革命第二巻。今回も各キャラのぶっ飛んだ活躍がヤバイ。特に司と葵がヤバイ。葵は完全に枠組みから外れているような。潔癖公が想像以上に狂っていて良い感じ、超人高校生たちとの本格的な戦いが楽しみ。司と勝人のフラグは回収されるのかな?嫉妬して頬を膨らませた林檎が可愛かった。
★24 - コメント(0) - 2016年2月14日

★★★☆☆ 地方領主打倒後、北部総督との対決に向けての準備を描いた第二巻。宗教の力で市民革命を目指すという司の方針の元、活動を始める超人高校生。北部総督の潔癖公が想像以上にヤバかった。信徒でもないのに、この狂信ぶり、彼の部下に同情しちゃいます。今回、ご活躍の葵さん、既に剣豪の枠をはみ出てるじゃないですか~、乙女の枠からも外れている気もしますが。
★11 - コメント(0) - 2016年2月13日

今巻もとんでもない超人っぷりを魅せてくれておもしろかった。司はカリスマが半端ないし、リルルは司と良い雰囲気だし、林檎ちゃんは嫉妬して超可愛いし、葵殿は漢前で格好いいし、忍は潜入調査でニンニンしてるし、暁は神となったしでまた一段とキャラが好きになれて良かった。ただまあやっぱり主人公が7人いるから活躍のバランスがなかなか難しいのは気になるところではある。1巻よりも更に狂ったクソ貴族が登場し、魔法の驚異を見せつけると共に自重しない近代化…次も楽しみだ。
★7 - コメント(0) - 2016年2月12日

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2巻の 評価:60 感想・レビュー:40
ログイン新規登録(無料)