りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)
あらすじ・内容
「わたし、もっともっと強くなって……絶対に勝ちますっ!!」

小学校が夏休みに入ったその日、あい達は東京を目指していた。
目的は――最大の女流棋戦『マイナビ女子オープン将棋トーナメント』。
女流棋士やアマチュア強豪がひしめくその大会を、あいと天衣は破格
の才能を武器に駆け上がって行く。
一方、その師匠はというと……弟子に隠れて美人女流棋士と将棋番組
でイチャイチャしたかと思えば、その翌日は別の女の子と原宿で手繋ぎ
デート!? しかもそのお相手は……銀子!?

将棋に全てを捧げた女性達が織りなす灼熱の祭典を描いた第四巻!
人生で最も熱い夏が今、始まる。

あらすじ・内容をもっと見る
320ページ
521登録

りゅうおうのおしごと! 4巻はこんな本です

りゅうおうのおしごと! 4巻はこんな本です

りゅうおうのおしごと! 4巻の感想・レビュー(440)

マイナビopで弟子達が無双な巻。イカちゃんというヤバいストーカー実力も化け物だった。違う意味でヤバいタマヨンも凄く見せ場があったけど、小学生二人に敗北。星人じゃない桂香さんも泥だらけの検討といった努力と成長なところと歩夢との名人対策への研究会といった友情もありな満腹感な一冊でした。
★2 - コメント(0) - 2月19日

今回の竜王は将棋をほぼ指してないんだな。今回もおもしろかったけど次回への準備みたいな面もあったので5巻への期待が高まる。
★2 - コメント(0) - 2月19日

★★★★★ 女流アマが入り乱れて行われる一大トーナメントマイナビオープン、あい、天衣、桂香それぞれの熱い戦いが今始まる第4巻、姉弟子かわいい。ロリコンキングの名を欲しいままにする八一や、おねショタか!?なゴットコルドレン、前巻から引き続き奮闘の桂香、ヤンデレ将棋星人イカちゃんと見える者同士の熱い死闘を繰り広げるあい、将棋界の神の凄み、など見どこは山程ある、がしかし個人的には姉弟子かわいいに全て持ってかれました、可愛すぎるわ。
★4 - コメント(0) - 2月16日

あいと雷の才能のぶつかり合いと雷の壊れっぷりがすごかった。 コンピューターの発達とか雷のエゴみたいに究極はただ勝つことだけを追求する世界だけど、釈迦堂や八一が言うようにそれだけじゃない、礼節とか棋譜だけじゃ感じられない人と人が向かい合って感じる何かだって大切だって言うのが良いなと思った。 才能ある者達の戦いも面白いけど、桂香さんみたいな普通の人が努力して人生を変える戦いに挑む姿が一番泣ける。
★11 - コメント(0) - 2月11日

まだ夏も前半戦……なのにやたらアツいな。それにしても銀子可愛い。次は海外で防衛戦じゃー 星三つ
★3 - コメント(0) - 2月10日

銀子の嫉妬描写が多くていいね。JS達が絡んでこないと機嫌がよくなったり、理由をつけて少しでも長く主人公と手を繋いでいたりと、銀子は態度で表現するヒロイン。あいと天衣も今回はその才能を存分に発揮し、次回は恐らく主人公メインの竜王防衛戦だろう。相手の名人は明らかに羽生善治がモデルだが、主人公が勝つフラグが色々立っている。名人に負けていずれリベンジという道もあるが、ここは熱い戦いをして最強名人を倒すというのが最高の見せ場だろうね。それにしても主人公はモテモテだなぁ。
★3 - コメント(0) - 2月8日

★★★★ 8 雷ちゃんのキチガイめいたキャラクターは良い。ここまで印象に残るキャラクターはいないだろう。あいちゃんが勝って本当に良かった。
★6 - コメント(0) - 2月4日

いやー、wあいちゃん強いわ~。後神も。師匠は竜王戦勝てるんかいな?
★10 - コメント(0) - 1月30日

マイナビ女子オープン編面白いけど、雷は八一絡みエピとかエゴイストな性格がキャラとして強いんだから、見た目口調は抑えてほしかった。八一の人間関係は順調に発展していて、特に姉弟子めっちゃ可愛い。弟子の独り立ち、姉弟子のデレ、名人とのタイトル戦。これもう次巻がクライマックスなのか。
★4 - コメント(0) - 1月30日

相変わらずネタに走る部分と胸熱くする将棋シーンのバランスが最高でした。桂香さんのバトルにはやっぱり涙無しには見れなくてとてもいい決着のつき方だったけど、対戦相手のくじ引きの結果がとことんついてなくて笑いましたwダブルあいちゃんはもう無双しまくりでこれからの成長がとても楽しみです。次巻もとても楽しみです。
★40 - コメント(0) - 1月29日

今巻も非常に面白いです。弟子たちの盤内外の争いも面白いですが、桂香さんの崖っぷちの戦いも良いですね。姉弟子がどんどんかませにのような驚きのセリフしかないので是非銀子さんの活躍も読みたいです。
★8 - コメント(0) - 1月27日

盤内乱戦・盤外混戦。。マイナビ女子オープン将棋トーナメントを舞台にそれぞれの将棋に対する姿勢がみえてくるお話でした。。色々な将棋をとりまく現状も知れて興味深かった。。終盤の竜王への挑戦権をかけた、歩夢と名人の戦いは一気読みでしたわ。。次回は海外とのことで、楽しみにしときます。。。
★6 - コメント(0) - 1月21日

ハーレム要素いらないんじゃないかってくらい普通に面白い。5巻はさらに熱い戦いが目に見えてて楽しみ。あと浪速の白雪姫のドレス姿はめちゃくちゃかわいい
★6 - コメント(0) - 1月19日

今回もヒロインが変態将棋女子と戦う話。今までの話と比べると敵設定がゆるいので、どうも勝負としての物語については、どうせ勝つんだろうな、ぐらいにしか思えなくなってくるのが困ります。あー、でも次の巻は女子3人の着物姿が見られるの? まあ今回は、みんなが勝ちを主人公にプレゼントする話だからな。あとどうせ最終巻は師匠とあいたんが戦って、その前の巻では銀子さんと戦うんやね。自分が考えた話だと、空から落ちて来た爆弾であいたんの右手とシャルたんが失われる、みたいな鬱展開になることに決まってんだけど、それはないよね。
★11 - コメント(0) - 1月18日

面白かった。龍を取らせないところ好き。あとがきが真面目なうえにいい話ばっかりで「お前、死ぬのか……?」ってなってきた
★6 - コメント(0) - 1月13日

最高でした。マジで。いろんな意味で。あいちゃんと雷との対局は鳥肌立った。あいちゃん強い。かっこよかった!ほんと!次の対局が楽しみです。そしてなんといっても銀子ちゃんが可愛かった(*´ω`*)可愛すぎてツラい。ツライ。でも、今巻で一番だったのは、八一への誕生日プレゼント。思わずうるっときました。あいちゃんも天衣ちゃんも八一のこと大好きなんですね。竜王戦でぜひとも愛弟子たちの思いを背負って戦ってほしいものです(*^^*)八一の防衛戦、楽しみです!
★31 - コメント(0) - 1月11日

祭神雷のプロフィール見て市まで自分と同じ出身地だったから何か地元エピソードあるかと思ってワクワクでページ捲ってたけどそんなものは無かった。別に将棋縁の地って訳でも無いのでそんなもんか。でも地方に生まれてしまった才能ある人が思う「周りに自分を成長させる器が無い」という悩みは切実なんだろうなぁ。そんなことで埋もれる才能ならその程度ってことなんだろうけど。そんな雷の強さに対する貪欲さは恵まれた環境で育った八一や銀子から見れば軽蔑すべきエゴイストに見えるのかもしれない。
★7 - コメント(0) - 1月10日

通報しましたっ!とかかなり笑えた^^世界にJSとのキスシーンを動画配信されるとかロリコンの名を磐石にし過ぎ。話は変わって、本筋としては女流のオープン将棋大会に初参戦。あいと亜衣、桂香さんが奮戦する話。桂香さんの対局中の葛藤とかも熱いんだけど、Wあいちゃんからの誕生日プレゼントがやっぱりぐっとくる。(いかちゃん、期待に反して弱かったのか、あいが強すぎるのか?なぞ。)追記1:話の逃れからいって当然といえば当然何だけどできれば歩夢に勝ち進んで欲しかった。追記2:(手をつないで帰るくだりとか)銀子かわいいっ!
★17 - コメント(0) - 1月9日

少し展開が早い気もするけれど、相変わらず、いや既刊以上に熱い。才能溢れる弟子2人の活躍に、周りのキャラもそれぞれ出番は少ないながらもしっかりと存在感を発揮。依然としてJSが前面に出てくるけれど、今回は姉弟子が一番。あのイラストはよい。クライマックスはある意味予想通りだけれども、描き切っていて素晴らしかった。次巻は、満を持して、師匠の防衛戦!(のはず・・・)
★54 - コメント(0) - 1月7日

熱い女たちの戦いはどれもこれも大変おもしろい。そんな中で 愛弟子達は・・もうなんか次元が違うのでこの先に壁とか作れるのか逆に心配になってくるレベル。 ただこの巻のメインは明らかに姉弟子でしょう。なにこの反則的なかわいさ。 
★7 - コメント(0) - 1月4日

★★★★★
★8 - コメント(0) - 2016年12月31日

今回もアツい展開だった。あいも天衣もプロに負けないほど強いんだなと思った。弟子たちの成長ぶりには涙が出ますね。桂香さんは苦戦しながらも前へ進んでいますね。強さだけ求める祭神のような人間はいるが、そんな人間が頂点にいたのでは業界は危うい。一方、主人公は名人と竜王戦の初防衛戦となるが名人相手に無事に防衛できるのか…?
★16 - コメント(0) - 2016年12月28日

評価:7 相変わらず面白い。ただ祭神が人として不快なのが残念。
★9 - コメント(0) - 2016年12月26日

★★★☆☆ 今回はラブコメ的な展開が多かったかな。 次回の竜王戦に期待です。
★7 - コメント(0) - 2016年12月24日

なんかもういろいろ最高過ぎる!ラノベであって今までのラノベにない熱さがある。こりゃ同期の作家さんから嫉妬されてますよ!早く次が読みたい。そしてできることならダラダラ長く続かずに10巻までくらいで終わってほしい。
★11 - コメント(0) - 2016年12月23日

この巻も期待通り。あい&天衣の公式戦デビューが女流棋界に激震をもたらし、銀子ちゃんのコスプレが読者に激キュンをもたらした。マイナビ女子オープンの行方、そして名を明かされない名人との対決、ハチワンダイバーネタも引っ張ってきて衝撃と笑劇のオンパレードに次巻への期待は高まるばかり。とりあえず通報しておきましょうか(笑)
★6 - コメント(0) - 2016年12月22日

ようやく読了今巻もひじょうに楽しめた...(´∀`=)将棋ペンクラブ大賞受賞おめでとうございました!
★6 - コメント(0) - 2016年12月17日

むー、面白かった! しっかりした将棋の知識があれば、面白さは何倍にもなるんだろうな。そのためにも用語解説がほしいところです。映像化されないかな、××シーン多いから無理かしら?(私は純粋に将棋モノとして読んでますが)来年発売の続刊も購入決定です!
★43 - コメント(0) - 2016年12月16日

大会回ということで、対局は前回よりもさらに増し増しで良いですねぇ。あい・天衣・桂香・八一のそれぞれの対局にそれぞれのドラマが描いてあって実に面白い。特に桂香さんの対局は前回に引き続き大人らしい泥臭さが漂っていて好き。大物からモブまで新しい棋士が次々に出てきて、特に祭神雷はすごく濃い悪役キャラで目立っているんだけど、それより徐々に本編にも登場し始めたあの「名人」が一言のセリフも無いのに凄まじい存在感を放っていて、作者からの熱いリスペクトを感じる。5巻は八一にとってすごい話になりそうだな。期待して待つ。
★10 - コメント(0) - 2016年12月15日

面白かったです。本筋の熱さは置くとして… 桂香さん千さんの凡才戦が泣ける… この辺上手いよな〜って思いますね。アレ、今回って竜王何もしてない?
★49 - コメント(2) - 2016年12月15日

なんとか勝ち上がって良かったです特にあいちゃんと天衣はまさかここまで勝ち上がるとは思ってなかったです竜王には最高の誕生日プレゼントと言えるでしょう。銀子ちゃんも今巻も可愛いくて良かったですね珍しく可愛い格好させられて照れる銀子ちゃんが素晴らしかったです。
★29 - コメント(0) - 2016年12月15日

将棋が燃やす暑い!厚い!熱い夏!文中にある通りのお祭り騒ぎ。ドタバタしまくるコミカルなシーンと、登場人物それぞれの想い・思惑がぶつかり火花を散らす対局シーンが対照的で眩い。とにかく、ここまで積み上げてきたものを燃料に大爆発を起こす弟子達の激闘が、八一にとって最高の収穫をもたらし、読んでて胸が熱くなる。また、その他の登場人物も各々背負うものがあり、様々な感情が次々と去来する。そしてその裏で着々と近づいてくる絶望感、それでも心は折れない。さあ、次は竜王の手番だ!
★6 - コメント(0) - 2016年12月15日

マイナビオープンでのあい、天衣の両弟子、桂香さんらの熱い棋戦が中心になってはいますが、クズ龍王をめぐる“戦い”をも含んでます。しかし銀子の描写は楽しいところから、テレが隠し切れてないところとかGood。八一のダラッ、じゃなくてだらしなさはまだ若さ故とはいいながらも、しばらくは落ち着かないでしょうね、朴念仁だし。あいは盤上で雷へまさに怒りのイカズチを鳴らすし、天衣は高飛車そのままに勝ち上がっていくでしょう。桂香さんは本戦初っ端から厳しい・・・。でも、弟子からの祝われて幸せ者!さあ次が楽しみ。
★39 - コメント(0) - 2016年12月14日

こういうのが読みたかったです!!!あいVS雷、天衣VS鹿路庭、桂香VS千、歩夢VS名人、圧倒的対決に2時間没頭してしまいました。 今巻は 八一 ではなく あい 天衣 たちに焦点が向けられてました。弟子である彼女らの成長(棋力、精神面)が読んでいて伝わってきました。ラストにはちょっと感動する話もあったりします笑 それに、シャルちゃんと八一の問題シーンも良かったですね!(ロリコンは注意) 今巻も燃え萌えな展開(燃え強め)で楽しめました!次巻楽しみ
★9 - コメント(0) - 2016年12月11日

JS最強伝説。姉弟子が可愛すぎて大満足でした。次は八一のターンになるのかな。のうりんが霞んでくるくらいには面白い。なので、次はのうりんを読みますかね。
★13 - コメント(0) - 2016年12月10日

2016年9月30日初版第1刷発行 名古屋市西図書館
★3 - コメント(0) - 2016年12月9日

ラノベはだいたいが男性(男の子)目線の物語なんだけど,この巻は,「女流棋士」という切り口で,男性優位のソサエティにおける女性の矜持,みたいなことが描かれていて,感心しました。釈迦堂さんかっこいい! さすが歩夢きゅんのお師匠様。雷のサイコっぷりも上手く描かれていました。
★7 - コメント(0) - 2016年12月7日

熱ゥゥいッッ!!マイナビ女子オープン将棋トーナメントあいと天衣は初めての女流棋戦で桂香さんにとっては最後の希望の女流棋戦、JSコンビは無双と言ってもいい結果を残したがそれは八一の為、竜王が竜王と名乗るに必要な竜王戦で集中して戦える環境を整える事自分達が勝つ事こそ最大の応援なのだとわからせてくれましたよ八一あい天衣の挿絵が最高でした!桂香さんは負けてからの快進撃に友人との最後の勝負と熱い展開を魅せてくれたのだが…なんで最後にやらかしちゃったのか…まじこの世界のJK以上タイトル保持者以外の年増の扱いが酷いな。
★15 - コメント(2) - 2016年12月6日

公式戦での弟子達の活躍見るのは楽しい。銀子がちゃんとヒロインしてるので良い良い。もっとヒロインしてください。そして弟子から師匠への思い…あのシーンは涙腺に悪い。
★6 - コメント(0) - 2016年12月3日

筆者が「一番書きたいことを書いた」という前巻に比べると、本巻は内容的にやや落ちるかなと印象。八一、将棋指してないし。それでも依然、熱量の高いストーリーですが。今回、印象的だったのはイカちゃん。将棋への情熱が明後日の方向に逝っちゃった人の暴走特急ぶりに唖然。八一の部屋に全裸で待ち構え、「将棋しよっ!」はちょっとしたホラーでした(八一が速攻で通報したのも納得)。その頭のネジの外れたイカちゃんに、敢然と挑むヒロインが凛々しく、男前に感じられました。次巻は遂に八一が名人と対決!本シリーズへの期待は高まるばかり。
★19 - コメント(0) - 2016年12月3日

りゅうおうのおしごと! 4巻の 評価:72 感想・レビュー:179
ログイン新規登録(無料)