AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である (SB新書)

AI時代の人生戦略   「STEAM」が最強の武器である (SB新書)
216ページ
158登録

AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器であるの感想・レビュー(70)

アンテナを張って、色んな物事を吸収していく考え方を持つことが大事だと思った。
★1 - コメント(0) - 1月18日

読むべき本
★1 - コメント(0) - 1月18日

20160006 先週金曜から度々STEMの話を目に、耳にしていた折本屋で目に留まった一冊。立ち読みで読み切るくらい面白かったし、学びがあり過ぎて脳がエンストしそう。成毛さんの関わる本は面白い上にハズさない。この本に出てくる話に興味を持たない人は確実にAIに使われる側になるだろう。第6章で紹介されている本も面白そうな本ばかり。 「鶏そぼろ弁当の話」や「理系も文系も関係ない」「パティシエが鮨をイノベーションする」など示唆に富んだ話が満載の一冊。
★3 - コメント(0) - 1月17日

理系科目は事象や最新技術を理解するにあたって必要な骨組。勉強だけでなく、SF小説を読んだりゲームをすることで発想力を鍛えたりテクノロジーに触れることが出来る。AIやロボットなどでなくなっていく仕事が増えていくことが予想され、その様な能力が現状以上に求められていく。VRを体験した人と知識だけの人では差がつくことも納得ができた。
★2 - コメント(0) - 1月17日

読みやすく取っ掛かりやすい。最近の科学の動向、これまでの教育やこれなら必要になること。そこまで言う?的な部分もあるけど分かりやすいし、STEAMについてもっと知りたいと思う。必読本リストがまとめられているのがとても良い。
★1 - コメント(0) - 1月16日

最新のテクノロジーに触れて実感することで創造性が豊かになる。これからの時代は文系も理系も関係ない。
★1 - コメント(0) - 1月16日

確かに今の子供達は人生100年の時代なのだからAIの進歩とともに簡単なマックジョブは無くなるだろう。理数系でもなければ、大学に行ってもしょうがないのは事実だ。
★2 - コメント(0) - 1月16日

AIのシンギュラリティ(AIが人類を超す技術的特異点)は、2045年頃だと言われているが、この本は今現在における科学技術と今後の方向性を教えてくれている。今ある仕事がない世界を見据えつつ、STEAM(S:サイエンス、T:テクノロジー、E:エンジニアリング、A:アート、M:マセマティック)を武器にしていこうという趣旨の本。習慣が変われば人生が変わるというように、この本をとっかかりにして得ていくものは多そうな気がした。残酷な10年後に備えて今すぐ読みたい本の紹介も26冊程度あり、読書欲をくすぐられた。
★24 - コメント(0) - 1月15日

イノベーターをフォローしよう!
★4 - コメント(0) - 1月15日

“今している仕事が近い将来なくなる!”そんな恐ろしい時代がAIの普及により、遠くない未来にやってくると成毛さんは警告している。理数系の学習を推奨し、ゲームで遊ぶことの重要性も説いている。本書を読んで危機感を備えつけられたし、とても参考になりました。
★1 - コメント(0) - 1月14日

こっそりプレステVRを買おう。
★2 - コメント(0) - 1月14日

STEAM 技術(テクノロジー)はツールを作ること、工学(エンジニアリング)はツールを活かす方法。実体験して、実感してから理解すること。 OK GO キャズムを超える為には言葉が必要
★4 - コメント(0) - 1月14日

「STEAM」知りませんでした。「私は文系人間だから」って言ってました。それじゃ通用しない世の中がやって来るという具体的な事例が示されていて、読みながら他人事じゃないなあと思いながら、自然に「STEAM」に興味を抱くようになっていました。第6章の「今すぐ読みたい本」リストの本も読んでみよう。
★3 - コメント(0) - 1月13日

所々興味深く拝読した。サイエンス系番組を早速録画予約した。
★2 - コメント(0) - 1月12日

上海すげー 電気自動車への流れ作ってエンジンの技術者をロケット開発に持ってくるシナリオを想定してるんじゃないかって想定してるのなるほど想定の範囲外でした
★2 - コメント(0) - 1月11日

理数、芸術に強くならなきゃこれからの世の中渡っていけないぞというのはまあ分かった。いつぞやの「これからはパソコンが使えなきゃ取り残されるぞ」と言われていたおじさんみたいに、自分はAIにもIoTにも疎いそのおじさんになりつつあるのだが。自分はまだまだ勉強も遊びも足りないようである。
★6 - コメント(0) - 1月11日

【生き残るのはSTEAM人材】 早稲田大学ビジネススクール客員教授・成毛眞氏が、AIが人間の能力を超える時代は早晩到来すると提起し、AI時代を生き残る人生戦略としてSTEAMという最強の武器を薦める。 <3つの実践ポイント> 【1】STEAMそれぞれの基礎的な本を書店で探す 【2】「サイエンスZERO」「コズミックフロント☆NEXT」「モーガン・フリーマン 時空を超えて」を視聴する 【3】最新テクノロジーの展示会に行く
★3 - コメント(0) - 1月11日

「残酷な10年後に備えて今すぐ読みたい本」は全部読みたい。ところで本書で紹介された本が売れた場合、Amazonとかから著者に紹介料入るのかな。参照元ウェブでないから無理か。
★2 - コメント(0) - 1月11日

STEMにプラスされAがアートとはなかなか乙である。やはり成毛氏の面白いところはやはり書評しっかり今回も載せてくれている。固定客はこれで満足である。
★83 - コメント(0) - 1月10日

今後、AIの発展に伴いルーティーン的な仕事は取って代わられる。そんな中、人にはより一層クリエイティブさが求められてくる。クリエイティブを育むものとして、芸術(A)の必要性を提唱するとともに、発想を実現可能なものにするためにSTEM(科学、技術、工学、数学)の重要性を述べているのが本書。こういうことが出来るようになるだろうという発想をするためにも、STEMを理解しておくことは重要だと感じた。
★2 - コメント(0) - 1月10日

新しい成毛本発売とのことで早速読了。やはり、成毛眞の思考と切り口は的を得て説得力があり、面白い。今、このタイミングで読むからこそ価値のある一冊。
★2 - コメント(0) - 1月10日

6ちょっと前までは、英語IT会計だったのが、今度はsteam。移り変わりは激しい。
★1 - コメント(0) - 1月9日

STEAM。自分のて明日はAとSとM。いかにしてサイエンス分野をカバーしていくか。
★2 - コメント(0) - 1月9日

人工知能、ドローン、自動運転。テクノロジーが日々進化し、こういうものを聞かない日はない。そんな現代を生き残るためにSTEAMを学ぶ必要がある。STEAMとは科学、技術、工学、芸術、数学のこと。理系に興味を持たないと、この先、生き残るのがきつくなりますよといった内容だが、たしかに理系のことを知っておかないと最先端の技術や医療の知識で損する面はあるだろう。さらに、STEAMにプラスして、SFも大切だ。STEAMで知識を、SFで思考回路を。と言いつつ、やはり遊ばないとダメ。楽しみながら、自分の力にしていきたい。
★6 - コメント(1) - 1月9日

読了。不動産屋の仕事がAIに代替されないことを願う。
★2 - コメント(0) - 1月9日

内容的に少し物足りなさを感じましたが、思考停止にならないように、今後、現代アート、SF小説にもアンテナを張って、自律的な学習をしていきたいと思いました。
★1 - コメント(0) - 1月9日

50%の仕事がAIに奪われる。事務だけでなく、弁護士、会計士の仕事までAIに取って代わられる時代がくる。他人事とは全く思えない。
★2 - コメント(0) - 1月9日

本当にAIの時代が来ている気がするので、テクノロジ関係の本を読んでいます。 テクノロジを学ぶなら、個別要素ではなく、楽しさ・体験を伴うこと・興味がわくところから入って行け、という話がよかったです。
★4 - コメント(0) - 1月8日

誰もが最先端の科学技術に追随していくべきであることは分かったが、仕組みより使い方を知ってれば十分じゃね?って思う。だってさ、既に大人になっている文系卒の人たちが今から数学や科学を基礎から学んだところでそれを仕事で活かせる機会はあるのだろうか?あるとしたら、どういった場面だろうか?そういうところにもっと具体的に触れて欲しかったが、本書は最先端の科学技術に関する内容を嬉しそうに列挙しているだけで、AIに仕事を奪われる時代に文系人間が数学や科学を学ぶことの意義に関する言及が薄い。そりゃ教養にはなるだろうけどさ。
★4 - コメント(0) - 1月8日

テクノロジー、数学、自然科学にもっと興味を持つべきだというのはわかった。それがこれからくるAIへの対策としてだということもわかった。ただ、なぜその対策として彼らを学ぶ必要があるのか、なぜ学ぶべきなのかがもっと具体的に知りたかった。
★3 - コメント(0) - 1月8日

一昔前まではというか今でもそう考えている人はいるかも知れないが、ゲーム脳とかいって人の脳を劣化させるような叩き方をしていたゲームが技術が進歩し、もはや最新テクノロジー、次世代につながるものになり、是非やるべき時代になったのだなと感じた。私も私立文系大学出身で数学を高2で引退?した身だけど最近は本書でも紹介された「サイエンスZERO」を見たりして理系分野に興味が湧いてきているのでその方向にも更に勉強を重ねたい。
★328 - コメント(0) - 1月8日

「ゲームとのつき合いがゲームウオッチやファミコンで終わっている人、~中略~ そういうものがゲームだと思ってる人がいるなら、さまざまな機会損失を生むことになる。」(終章「ゲームで遊ばないような奴に明日はない」)するってえとなんですかい、ゲームとのつき合いが、ブロック崩しやライオンの口からキャラメルが出るパチンコで終わってるようなあっしでも、プレステVRを買えば10周遅れでいつの間にかにトップ・・・というおいしい話なんですかい。しかし作者は投資会社もやってるから、この本自体ステマかもしれんなあ。
★6 - コメント(1) - 1月7日

今読んでいるみんな最新5件(12)

01/16:たくや
01/15:バロン
01/15:もい
01/15:mx!
01/14:Joe Yamamoto

積読中のみんな最新5件(6)

01/19:
01/14:Mimuchi
01/12:まいくん
01/08:Dr G-san

読みたいと思ったみんな最新5件(70)

01/18:ciela1215
01/17:シモノ
01/17:Mark X Japan
01/17:ともひれ
01/17:Akira Itoh
AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器であるの 評価:93 感想・レビュー:32
ログイン新規登録(無料)