のうりん 13 (GA文庫)

のうりん 13 (GA文庫)
280ページ
231登録

のうりん 13巻はこんな本です

のうりん 13巻の感想・レビュー(176)

オススメ度:★★★
★4 - コメント(0) - 2月28日

農業高校が舞台の大暴走学園コメディの第13弾。今回は林檎ちゃんがいなくなった通常運転の2月◆こちらのベッキーは不倫でもなんでもいいから誰か救い手を!(笑)さて、相変わらず真面目に社会問題にも触れて勉強させてもらえる半面、学園の通常運転には笑わせてもらいました。やっぱりこっちがいいね!また、2月といえばバレンタインは定番ですが、意外な二人の仲が進展して最後はギャグオチかと思ったら…。お幸せに!次が最終巻とのこと。りゅうおうの方もあるし、丁度いいタイミングなのかもしれませんね。最後まで期待してます!
★9 - コメント(0) - 2月23日

2016年10月31日初版第1刷発行 名古屋市南図書館
★1 - コメント(0) - 2月12日

ココ○チ廃棄カツ事件のやつはほんとうに小売で働いてる人間としてすっごい共感できることが書いてあって真面目に普通にいい話だった
★2 - コメント(0) - 2月2日

表紙通りおめでとう!!今回も面白かったですが・・・矢張り林檎ちゃん不在は悲しい。次巻最終でどうなるのか!!
★13 - コメント(0) - 1月17日

木下林檎が田茂農林高校を去ってからの、耕作たちの日常回。 CoCo壱の廃棄用カツの話から展開した「優良誤認」の話が面白かったかな。 あとは、神谷ひろCの結婚してたよ事件や農業高校で、水産業的なことをやってる学校もある話、バレンタインデーに継と良田さんが付き合うことになった話等々で構成。 最後、耕作はとある決意を表明し、物語は終幕へ。 しかし、不惑の超女神ベッキーはまさにゲスの極み。
★13 - コメント(0) - 1月9日

CCC
ついにシリーズも撤収モード。林檎ちゃん成分が足りないとは言うけれど、ネタが前面に出てる部分のキレは変わらなかったと思う。このシリーズはキャラよりもネタ(パロディネタにしろ取材したネタにしろ)を書こうとしてる時の方が面白いとか、今さらそんな事を思う。
★7 - コメント(0) - 1月6日

読了。そこそこ。リア充爆発しろ。アラフォーに救済はあるのでしょうか?次で最終巻とのことでそれぞれにどのような結末が待つのか楽しみです。
★5 - コメント(0) - 1月5日

農業ネタは相変わらずなんだけど、キャラクターの爆発力が低下気味かな。ぶっ飛んだことヤラせたら中々居ない作家さんだけに最終巻での大爆発を期待します。
★2 - コメント(0) - 1月3日

ほんと上手く書きますね。思わず目から汁が...。次が非常に楽しみです。
★4 - コメント(0) - 1月2日

この巻読んでた時に感じた寂しさ、物足りなさをあとがき読んで納得した。私の中でも林檎ちゃんがこの作品に必要な存在だと思っていたようです。
★5 - コメント(0) - 2016年12月29日

今回のネタは神谷○史さん実は結婚してた事件やCoC○壱の廃棄カツ横流し事件など。通常営業をこなしつつも、ラストではしっかり最終巻に向けて畳みにかかっている。長らくドタバタを楽しんできたシリーズだけに終わるのは寂しいが、最後はやはり落ち着くところに落ち着いた結末を迎えて欲しい。あと継と良田さんは末永く爆発しろ
★2 - コメント(0) - 2016年12月28日

shu
四天農やベッキーの活躍(?)も凄まじかったですが、今巻のメインは表紙のとおり、どんどん可愛さを増していたおっぱいさんが継に…と思いきや継からの逆告白。良かった良かった。そして東京に戻ってしまった林檎ちゃんと東京に向かう3人の結末は…次巻が最終巻とのことで待ち遠しいです。
★4 - コメント(0) - 2016年12月27日

林檎が何も言わずに東京に戻ってアイドル復帰したあとの学校。ソシャゲ開発やこどもラジオ相談や廃棄食品横流しやバレンタインやその他。著者いわく今回は難産だそうだが、確かに爆発的な笑いは著者の作にしては少なめだけど他と比べりゃじゅうぶんだし、今回は思想の押しつけも少なめで普通に楽しめたかと。[☆☆☆--]
★2 - コメント(0) - 2016年12月25日

表紙の二人めでたい。つんでれさん残念。カップルネタは、はぐらかすのが多い中で、最終巻でしっかりまとめてくれそうな予感がして、期待したいなー。でも主人公とベッキーは絶対ちゃんと結ばれないエンドになりそう…
★5 - コメント(0) - 2016年12月20日

選挙ポスターのくだりで来ると分かって身構えてもやられました。(in満員電車)そんなことより次で最終なんて寂しいですね。それぞれにハッピーエンドが待っていればイイネ!
★3 - コメント(0) - 2016年12月19日

林檎が農業高校を去ってからの話。耕作が生徒会長に立候補したり、ココイチの廃棄カツの転売問題について話し合ったり、ベッキー(独身)がバレンタインを潰そうと校内を制圧してチョコ狩りを行ったりしていたが、林檎がいないので少し寂しい。納豆のネバネバが美容や砂漠の緑化に活用されている事、魚の養殖を行っている農業高校が意外と多い事、地球温暖化で氷が解けることにより、鉱物資源等を採掘出来る地域が拡大化している事等、豆知識も豊富。廃棄カツ問題の詳しい考察や、食品表示の「優良誤認」についての話が特に面白かった。次巻で完結。
★55 - コメント(0) - 2016年12月18日

どうやら、あれこれキチンと整理をして終わらせるつもりらしい。今回は、全体的に面白い話が多かったかな
★2 - コメント(0) - 2016年12月16日

面白かったです。が、やはりメインヒロイン不在は痛い… バイオも金上も好きなんだけどねー。とりあえず、オッパイさんおめでとう。
★25 - コメント(0) - 2016年12月11日

バイオ鈴木の出番が多くて嬉しい
★2 - コメント(0) - 2016年12月11日

ヒロイン不在の巻。いよいよ次で最終巻かあ・・・
★1 - コメント(0) - 2016年12月7日

ベッキーの暴走加減がいつもより大人しいのも、林檎ロスの影響か?
★3 - コメント(0) - 2016年12月6日

V_D
うん、そろそろ締めましょうか。という感じだったんで次で最終巻もありかなと。農業に関していろいろ考えさせられるというところでは良い作品でした。(まだ終わってない)
★2 - コメント(0) - 2016年11月28日

農業ネタ以外はガクリと品質が下がるシリーズなので、農業ネタがつまみ程度の本巻はかなり苦しい。まとめに入っているのだが、ラストはきちんと農業ネタに繋がるだろうか。
★2 - コメント(0) - 2016年11月27日

完結近いかなぁと思いながら読んでいたら、あっさりあとがきで次回完結の予告。 「りゅうおう」も順調だしそろそろ筆をおくのは分かる。だけど、TPPはあっさり崩れても農業が抱える問題はなくならない。若者がいかに就農するかが一番の問題で、耕作達にはここで終わってほしくない。 間をおいても、ぜひ「のうだい」で続編を期待したい。よろしくお願いします。
★3 - コメント(0) - 2016年11月25日

はーー!!!!継×お嬢は!!!!世界一!!!!!!!!! 途中の巻からのうりんを買わなくなったのだけれど、最近アニメを再視聴したら面白くて今どのくらいの巻まで出てるのか調べたら継×お嬢回があると知り即amazonで購入した。もうほんと最高。この2人の関係をなあなあにしなくてよかった。継くんは男前だなあ…。というかやっぱりきっかけは五巻か〜…!またのうりんの薄い本出そうかな…。
★4 - コメント(0) - 2016年11月11日

バレンタイン終了のお知らせ。そうだね、バレンタインといったらベッキーだね。あの化物は最期まで化物だったな……。物語も終幕が近いと言うだけあって色々と決着だったり、決着への布石だったりと。優良誤認問題だったりと比較的新しい話題も多かったか。バレンタイン回の金上の可愛さよ。まあ、負けヒロインではあるんですけども。のうりんも次で最終巻なので結構長いシリーズになったなぁ。
★6 - コメント(0) - 2016年11月9日

bas
農業じゃなくて加工食品ネタが多かったのであれ?という感じは。しかし10年後に読み返してココイチとかわかるかな…
★2 - コメント(0) - 2016年11月8日

メインヒロイン不在の物語。いつものようで、何かが足りない寂しいコメディ。もちろん面白いんだが、やっぱり寂しい。表紙の通り、二人に進展が…?ちょっとシリアス気味な今回。さて、次回はヒロインが帰ってくるのか?
★12 - コメント(0) - 2016年11月7日

林檎ちゃんがいなくて何だか寂しい。ベッキーは相変わらず。灰になっても蘇る……怖すぎる。継と吉田さんがついに……!次巻がラストということで、気長に出るのを待ちたいと思います。耕作頼むぜ。
★9 - コメント(0) - 2016年11月5日

みんなに何も告げず突然いなくなった木下林檎、彼女が不在でも耕作たちの騒がしくも騒がしい日常は続いていく…、13巻でした。生徒会長に立候補する耕作とか、バレンタイン終了のお知らせとか、色々とあった今巻だけども、彼女の不在という事態に触れないのは難しい…。作者もあとがきで書いていたけれど、耕作たちの騒がしい日常はこれまでと変わらないハズなのに、どこか物足りなさを感じてしまう、この…。時に耕作たちに鋭い指摘/ツッコミをしたり、一緒になって騒動を起こしたりしていた、彼女のその存在感の大きさを思わされるよね、と。
★8 - コメント(0) - 2016年11月4日

林檎ちゃんのいない一冊。地元密着時事ネタ等、楽しめました。
★3 - コメント(0) - 2016年11月4日

報われて良かった(その陰の不幸せも願わくば拾われて欲しいものだけど)。228ページの耕作が今巻で一番可愛いってところに業を覚える。次、最終巻。どう終わるのか、どこまで描くのか楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2016年11月4日

ついに……終わりの時が近づいているようです。 前回短編だったせいですごく久しぶりな感じでした。やっぱこのノリがいい。しかしなんか足りない。そんな巻でした。
★3 - コメント(0) - 2016年11月2日

内容自体はこれまでどおりのドタバタコメディなのだが、やはり林檎ちゃんがいないと物足りない。みんなの思いを乗せて、耕作、上京す。それにしても、良田さん、よかったなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年11月1日

sew
まじかよ だいぶ予想外の流れだった
★5 - コメント(0) - 2016年11月1日

のうりんももう終わっちまうのか…ベッキーはもう灰になったので置いといて、Wカップが無事付き合うことができて、もう残るは林檎ちゃんだけなのね…どんな最後になるんだろう。気になる。
★5 - コメント(0) - 2016年10月31日

最終巻へ向けて物語を動かすための助走の巻。一人足りない「日常」ではあるがカオスなのは変わりは無い。けれどもやはり彼女がいないとどうも締まらない。それにしてもこんなところで岡山の例のコピペを見るとは思わなかった……。時事ネタにもネットネタにもがっちり喰いついていく姿勢はあくまでも「のうりん」らしいと思った。
★2 - コメント(0) - 2016年10月30日

林檎ちゃん不在のたものう。次期生徒会長に立候補した耕作。色々ギリギリなスマホゲー制作。イケナイこども相談室。バイオ鈴木の手掛けるどこか見掛けがアレな美容品作り。世間を騒がせた廃棄食品問題を取り上げたり。継を取り巻く女子たちの動きと、アラフォーが暗躍するバレンタイン終了のお知らせ。前進した良田さん!良田さん!!やったね良田さぁん!!おめでとう良田さん!!継の表情が柔らかくなったなあ。次回最終巻。漸く決心した耕作が仲間達といざ東京へ。一体林檎は何を感じ何を考えているのか。楽しみ。
★6 - コメント(0) - 2016年10月30日

アップの若旦那がとてもキュートでしたが、時事ネタをうまくギャグで終わらすのがすごいな。★★★★★
★6 - コメント(0) - 2016年10月29日

のうりん 13巻の 評価:78 感想・レビュー:76
ログイン新規登録(無料)