六畳間の侵略者!? 11 (HJ文庫)

六畳間の侵略者!? 11 (HJ文庫)
あらすじ・内容
東本願早苗。幽霊。その正体が大ピンチ!
【ころな荘一○六号室】の人口密度が急上昇してからはや一年。それぞれの想いが育つ中、季節はふたたびの春が巡ってきた。孝太郎が帰れば、部屋では幽霊と魔法少女がアニメに一喜一憂し、宇宙人と地底人と大家が食事を作っている。そんな光景が当たり前になっていたある日――「どうしたんだ、その姿はっ!?」突然、早苗の輪郭が薄れ始めた。

あらすじ・内容をもっと見る
334ページ
377登録

六畳間の侵略者!? 11巻はこんな本です

六畳間の侵略者!? 11巻の感想・レビュー(339)

早苗回だけど、早苗の行為の向け方は真っ直ぐで見てて微笑ましい。 特に最後のサグラティンに力を込めるところなんてもう、まさにらぶ・いず・おーるって感じで全力全開の恋する乙女ですな。 今までは本当の意味で孝太郎に触れる事が出来なかったけど、身体を取り戻して普通にふれあえるようになってこれで早苗もある意味スタートラインに立てたのかな? そして、最後の会話でやはり9巻での登場人物は早苗の母親だった事が発覚。次はゆりか回かな? 後、回を増す事にクランが可愛くなっております。
★2 - コメント(0) - 1月18日

早苗と孝太郎の問題に差し迫った巻でした。孝太郎の問題については表面化しただけなので今後どう解決していくのかが見ものですね。そして覚醒した早苗が強すぎです(笑)。孝太郎軍団が増々凄いことに……。あと地味ーにゆりかにもスポットがあてられていました。ゆりかはほんとに美味しいキャラですね(笑)。
★7 - コメント(0) - 2016年3月11日

なんだこの美少女!
★3 - コメント(0) - 2015年6月22日

ザ・安易。泣ける設定の骨組みを剥き出しのまま晒したような安易さ。六畳間に東野圭吾「秘密」とか小川洋子「博士の愛した数式」とかを持ち込んでみました的な。こんなんで泣けっての?むりだよぉ(吐血)
★7 - コメント(1) - 2015年6月13日

★★★★☆とうとう早苗回。早苗が消えかけて、肉体に戻って、記憶を失って、記憶を取り戻してと激動の一冊でした。キリハはデレモードを隠すようで少し残念。アライア姫は今回も大活躍。孝太郎に託した想いの強さがうかがえます。孝太郎も母を死なせてしまったトラウマから卒業できそうですし、みんな幸せになれますよね。そうみんなで。
★7 - コメント(0) - 2015年4月14日

KTR
一人だけ身体がなくて、ラブコメ的に不利な立場だと思ってた早苗にまさかの生き返り回を用意するとは予想外。幽霊として、他人に見られないとかそういう特技は無くなったものの補って余りある戦力増強のようで。引きからすると次回はゆりかの事情?魔法の国とやらはちゃんと書かれてないから、そこの掘り下げがくるんだろうか?編み物の出番減りすぎっす。
★2 - コメント(0) - 2015年3月23日

今回もよかったです。早苗大活躍、らぶ・いず・おーる!。孝太郎に向けたキリハさんの全員が母親と同じようになるとは思わないでほしいという一言にぐっときました。いやでも、幽体離脱できるんかい。本体に戻りはしましたが、幽霊少女返上にはなりませんでした。そして女神様、最初で最後の六畳間の侵略者とは一体。
★2 - コメント(0) - 2015年2月20日

らぶ・いず・おーる!孝太郎のトラウマと、早苗消失事件を並行して描きつつ、少女たちの絆を確かめる今回。1人のためにみんなが頑張るって、なんかすごくいいよなぁ。早苗は幽霊から霊能力者へパワーアップ(?)し、外見的にもセミロングになったりと、本当にこのシリーズは飽きさせない工夫が多くてマンネリという言葉を知らない。次回はゆりか回かな。一番成長率の高い彼女は次回も楽しませてくれるはず。楽しみ!
★16 - コメント(0) - 2015年2月7日

早苗がころな荘の地縛霊だった理由が気になる。
★1 - コメント(0) - 2015年2月6日

健速先生(@Takehaya_info)の #ラノベ 早苗ちゃん回でした。それを主眼に置きつつも、孝太郎の闇の部分にフォーカスを当てていく展開にびっくりですね。ここから彼女たちの反撃がはじまるのか。わくわくですね。そして女神さまがさらっと出てきましたね。彼女はいったい何が目的なんでしょうかね?
★3 - コメント(0) - 2014年12月29日

早苗ちゃんが現人神になるなんて……六畳間では常識に囚われてはいけないのですね……
- コメント(0) - 2014年11月8日

早苗回ではあるけど、心情の面では今まで 孝太郎→侵略者たち の侵略だったのに対して今回は 孝太郎←侵略者たち の侵略になってるね。そしてゆりかが精神でも領地でも挽回し始めてきた。まさに一進一退。 ちょっと大人っぽくなった早苗も可愛いなあ。 評価 10
★2 - コメント(0) - 2014年10月16日

定番とはいえ早苗との別れのシーンはグッと来ました。最後の陸戦規定といいゆりかは愛されてるなあw。
- コメント(0) - 2014年10月16日

二巻以来の早苗回。 幽霊だった早苗が人間に戻る話。読み始めた時はそれって個性つぶしてないか?と思ったが、杞憂でした。伏線がどんどんかいしゅうされつつあり、さらには孝太郎の過去も判明し始めるで物語もどんどん進むね。 次はゆりかが主役かあ。 ヒロインたちの中で一歩リードしているらしいので期待したいなあ。 ゆりかふぁいおー それより桜庭先輩の影がすごく薄いです… ヒロイン増えたから仕方ないのか(笑)
★3 - コメント(0) - 2014年10月11日

早苗回だけどゆりか回でもありある意味孝太郎回。孝太郎の弱さ、核心に触れる話。それに直面した時のティアやキリハの受け止め方がカッコイイし当初の彼女達だったら言わなかっただろうという所に成長と互いの関係の積み重ねが感じられて良い。早苗が元の体に戻る場面での意味深な会話「六畳間の侵略者!?」というタイトル回収の台詞にはぞわっとしました。最後にタイトルの意味が分かる系の話好きだからこの伏線が活きてくるのが楽しみ。早苗が幽霊でなくなれば孝太郎と侵略者の少女達との関係もまた変化がありそうでかなり大きな展開ですよね
★2 - コメント(0) - 2014年9月24日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2014年8月28日

久々の早苗回。一年が経ち変わりつつある106号室の面々。そんななか早苗が消滅の危機に。前の伏線を拾いつつ上手く話をまとめているのはすごい。ゆりかが活躍しているのは感慨深く感じる。
★2 - コメント(0) - 2014年8月14日

早苗回。早苗が生き返った時のバージョンもかわいいですね、相変わらずヒロイン勢かわいい。早苗が生き返る際にタイトル回収があったりラストへの布石も打たれ始めましたね。
★2 - コメント(0) - 2014年8月14日

孝太郎が抱えていたものに気付き、それを何とかしようと考え思いを伝えるティアとキリハにグッときた。
★1 - コメント(0) - 2014年8月7日

ころな荘106号室に侵略者達が現れてはや一年経とうとし、関係も随分変わった中、突如早苗の様子がおかしくなる。段々と薄くなっていく早苗。早苗の真実を知っていたキリハに連れられて行った病院にいたのは?そして迫られる選択に…?早苗本体回。106号室への想いより孝太郎への想いが強くなり地縛霊から憑依霊に完全移行したことにより、早苗の幽霊としての霊体が不安定になり消滅の危機。全てを知っていたキリハの処置も間に合わず、孝太郎を憑き殺して消滅するか記憶を失って本体に戻るかの二択を迫られる。この二択は究極だね…早苗に→
★30 - コメント(2) - 2014年8月2日

早苗編。キィといい早苗さんといい、健速はキャラしゃぶりつくすのうまいな。
- コメント(0) - 2014年7月27日

戦闘部分がやはり微妙だが・・それ以外は問題なく面白い。最近あまり出番がなかった晴海先輩との掛け合いがツボにはまりよかったですね、やはり晴海先輩はぷっくりと怒っていてくれないと・・。本物の魔法少女とは認識されていないもののゆりかのコスプレ魔法少女が板についてきましたね、コスプレ少女とのことから早苗母もコスプレ認識されそうですが・・。早苗が本体取り戻したことにより早苗は今後どっちで生活していくのでしょうかその辺も気になりますねー。
★8 - コメント(0) - 2014年7月21日

アニメ化記念に再読。早苗回。同級生の早苗さん+幽霊の頃と同じ精神年齢の早苗ちゃんとは・・・。キリハに続きこれはかわいすぎる。早苗が体に戻るときのあの人物、また気になる単語も出てきましたね。そして孝太郎の心の壁という欠点と、その壁をゆりかが越えかけているということが六畳間のヒロインズの知るところとなります。その話を聞いた時は思わず「なるほど・・・。」となりました。そしてその時のゆりかのリアクションがかわいすぎて悶える。
★4 - コメント(0) - 2014年7月16日

早苗回でしたね。ついに幽霊から人間に。表紙の早苗も可愛いですね。 今回はより孝太郎の内面も出てきましたし、これで全てのメインヒロイン達が孝太郎に対しての好意を明確にむけましたね。 まさかのゆりかのエンドも可能性として出てきたし、次も楽しみ!
★17 - コメント(0) - 2014年7月8日

新キャラかな?と表紙見て一言。早苗回ですね。幽霊から霊能力者にクラスチェンジし髪も伸びて印象がかなり変わりました。記憶がない状態の儚げな感じも好きでしたが、やっぱり早苗はラストのこのテンションがしっくりきます。ゆりかマジペットすぎて憐れ…かと思いきや一番主人公が心開いてるのがゆりかとは考えてもみませんでした。確かに言われてみると納得し、いつの間にやら大逆転してるゆりかは良いキャラしてます。一番の成長株であるゆりかが次巻のメインなので楽しみです。
★5 - コメント(0) - 2014年7月7日

ようやくきました早苗巻。表紙誰ーとか思ってたら、早苗ちゃんでしたわ 。早苗が体を得るときとか悪霊への言葉からアライヤはこの世界の神ってことでいいのかな?
★3 - コメント(0) - 2014年7月4日

本来の肉体を手に入れて女子高生へ進化した早苗ちゃん。 どんな相手にも優しく接するとか、マジらぶ・いず・おーる。
★3 - コメント(0) - 2014年7月3日

とうとう早苗さん受肉!……まあこの作品なのでだからと言って大きく何かが変化することもなく.どちらかと言えば晴海の変化の方がポイントだったのか.
★2 - コメント(0) - 2014年6月16日

孝太郎が編み物研究会に入部してからはじめての新入部員勧誘期間。晴海は二人だけの空間を維持したい気持ちと研究会を維持するために部員の補充をしなければと揺れる心。選択肢によって今後のストーリーに大きな影響が起こるかも?。早苗の霊体にある日突然異変が起きる。霊体を構成している霊力が漏れだし体が消滅の危機に陥った。そんななか、早苗の肉体は現在もかろうじて活動を続けていることが判明。海水浴のときの悪霊も登場しあやしい雰囲気。果たして早苗は無事にこの窮地を脱するしたことができるのか!?
★2 - コメント(2) - 2014年5月29日

再読。早苗回ですね。全体的に危機の発生から早苗が完全復活するまでが長く、若干暗い感じの回ですが、溜めが長い分そこからの展開が良かったですね。あとはゆりかの成長っぷりが確認できる回でもあります。案外ゆりかは自分メインの回よりも他人のサポートの時の方が輝いてるような。そういや他のメンバーと異なり早苗だけは今巻で問題がすべて解決してる事に気づいた
★5 - コメント(0) - 2014年4月22日

前巻で布石があった早苗がメインの巻です。とは言えこれまでの孝太郎の辿って来た過去によるフラグ回収によってすっかり106号室の室内が色めいて来ているのですが・・・w 10年前の事件によって本体の意識と個別の思念体になってしまった早苗が早苗本体の命の危機によって融合せざるを得なくなり・・・と言うお話です。孝太郎が母の死を切っ掛けに失う怖さの為に余り深く関係を築けないと言うのは良く分かるなぁと思うと同時にやはり勇気を出して前に進まなくてはと言うのも共感できました。それと今巻はゆりかが大活躍!次巻にも期待です。
★14 - コメント(1) - 2014年3月29日

アニメ化決定したので読み直します。早苗が肉体を取り戻す話です。思わぬところでゆりかが大活躍しました。1巻から読み直してみると、ゆりかの成長がよくわかりますね。いいお話でした。82点
★8 - コメント(0) - 2014年3月15日

早苗回のはずなのに何故かゆりか回と思ってしまうほどにゆりかが大活躍してた。扱いがひどくないゆりかなんてゆりかじゃない!といいたくなるぐらいにはヒロインでヒーローしてたと思う。そしてラストの展開にも体が震えた。やっぱ登場人物が物語を通じて成長していくお話は最高ですわ。
★3 - コメント(0) - 2014年3月11日

早苗の話。すごくいい。読んでたらなんか涙が出てきてたまらなかった。ほんといい話。ゆりかがいいキャラ出してんだよな、最高。
★14 - コメント(0) - 2013年11月15日

10巻で誕生した幽霊が人間に復活な話。全体的なキャラクター像は遙かに仰ぎ麗しの の焼き直しやね
- コメント(0) - 2013年7月31日

早苗と、そして孝太郎の考え方、んで侵略者か。
- コメント(0) - 2013年7月27日

10巻からは表紙のヒロインが中心という流れになったのかな? ということで早苗回。 前巻までで何人かが気持ちを明確にしていたのでその後の孝太郎との付き合い方はどう変化したのかと思ってたけど、そこもちゃんと描かれていてよかった。 お話としても、これまでのシグナルティン万能ゴリ押しって感じではなく、うまくこれまでに培ってきたものを活用してた感じで、確かにこれは10巻まで引っ張った回はあったなぁって。 そしてこの巻はある意味で孝太郎回とも言えそうここからが第2幕って言う感じなのかな? まだまだお話はしばらく続く?
★3 - コメント(0) - 2013年4月17日

空気になりかけていた早苗が一気に可愛くなった巻だった。しかしこのシリーズ、読んでて楽しいな。
★3 - コメント(0) - 2013年3月29日

ついに早苗の話が来ましたね。今まで余り触れられてなかっただけにようやく…居なくなっちまうのかなぁとか思ってただけに、この巻数での話はひやひやでした。大家さんの話はまだか…
★3 - コメント(0) - 2013年3月25日

表紙の美少女は一体!と思ったらなるほど。「まよチキ!」に出演されてました? 
- コメント(0) - 2013年3月24日

六畳間の侵略者!? 11巻の 評価:32 感想・レビュー:97
ログイン新規登録(無料)