セブンスターズの印刻使い2 (HJ文庫)

セブンスターズの印刻使い2の感想・レビュー(22)

2月4日:K
更なるチート登場。ラストがめっちゃ不穏なんですが。
- コメント(0) - 2016年10月5日

2016年8月12日:Nobuhiko Fujimori
2016年6月8日:ヒロト
2016年5月20日:めあ~♪
今回も、厄介な事に巻き込まれるし、厄介な人に絡まれている主人公。その厄介な人メロが最強過ぎて驚き。そしてやっぱり絵は好きじゃない。
★2 - コメント(0) - 2016年5月13日

七星旅団の七番目のメロ登場。非常に印象深い登場であり、二つ名の『災厄』の名の通り、存在そのものが天災ではなかろうかと。こんなのが暴れたら誰も手がつけられませんでしょうに(苦笑 七星旅団に敵対する組織も現れ、物語が膨らみ始めたところでのこの終わり方。上手いですねこの作者さん、これ続き気になってしょうがないじゃないですか~という事で早速続きを購入。
★7 - コメント(0) - 2016年4月28日

2016年4月17日:koukai
2016年2月21日:手動はしんどい。
2016年2月17日:闇精霊クロア
「魔術師は秘密を他人に漏らそうとしない」ってのは割といろんな作品で見るけど、それがしっかりと描写されてるのは意外と少ない印象。その点これはやっぱり好感触。今回も面白かった
★1 - コメント(0) - 2016年1月29日

似たような境遇で似たような事をぐじぐじと言い募る主人公は良く見る、という感じでしょうか。
★3 - コメント(0) - 2016年1月20日

2016年1月19日:ぱんにゃ
2016年1月13日:蓑虫
2016年1月13日:火烏
七星旅団のかつてのメンバー天災のメロが現れ、さらに七星旅団の敵だという七曜教団の正体も見えてくる。いろいろ謎がある中の最後の引き。危なかしい感じはあったからな。次巻も楽しみ。
★7 - コメント(0) - 2016年1月10日

かつての仲間が襲来し、郊外のダンジョンへ出向く今巻。・・・暴走台風娘の襲来により掻き回されるアスタの日常、だがその指摘は自身が逃げたという過去を容赦なく抉りさらけ出す。・・・今はまだ動き出していないアスタが本格的に動き出したら物語は一気に加速していくのだろうか。今回は謎の敵もお目見えし、この先の戦いを予感させる展開となっている。・・・衝撃的な光景も起き、この先のダンジョン探索はどんな展開を迎えていくのだろうか。この先に待ち構えているものは、戦いはどうなっていくのか、期待は尽きない。 次巻も楽しみである。
★4 - コメント(0) - 2016年1月5日

この作品の一貫した「魔術は相手にとって意味不明の方がつおい」という主軸が、実に読んでいて面白い。主要登場人物みんながジョーカーを隠し持ってる上に、開いてみせるカードですら何をやってるのかわからんケースがある。これだけ「なんかわからんけどすげえ!」を手を変え品を変え、キャラの特色に合わせて魅せてくれると、やっぱり楽しいですよ。
★3 - コメント(0) - 2016年1月3日

小説家になろうの書籍化作品。今回は、タラス迷宮篇の前編です。えぇ、続きます。WEB版からの加筆も結構あって、満足。加筆が多かったので、ダンジョン内でトラブルが起き、先行したシャルとフェオがピトスに足止めされるまでが今回収録されています。なんとかアルベルの登場と、戦闘の結末までは描かれていましたねー。アスタが現役の冒険者だった頃、つまり七星旅団にいたことの同僚、『天災』と恐れられる少女メロが襲来。
★2 - コメント(1) - 2016年1月3日

2016年1月2日:キノ子
--/--:小倉篤

積読中のみんな最新5件(2)

09/17:fumisuke
12/30:N亭

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

12/21:ハイちん
12/17:N亭
12/17:真白優樹
セブンスターズの印刻使い2の 評価:82 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)