六畳間の侵略者!? 22 (HJ文庫)

六畳間の侵略者!? 22巻の感想・レビュー(100)

六畳間を巡る少年少女の物語の第22弾。黄金の姫と青き騎士第2幕。軍部の卑劣な作戦に立ち向かう◆ゆりか成長したな(涙)さて、フォルトーゼで孝太郎が武装して戦うとこういった展開になるよなぁ。と少し考えればわかることだけど、バラし方とタイミングが上手い。今回も普通に戦って終わりでなんか物足りないと思っていたので油断した。相変わらず伏線の張り方は上手いなぁ。また、あとがきで新作を進めていることが書かれていたのは嬉しかった!でも、風とリュートの調べにのせて(レーベルが云々の作品)も読みたいな。
★9 - コメント(0) - 2016年11月15日

○ 咬ませ犬の小悪党だったはずのエゥレクシスやダークネスレインボゥが、いつの間にか好敵手的な役どころになってることに、すごく違和感を感じるなあ。フォルトーゼ全土に拡散する青騎士の映像。二千年後のフォルトーゼ人にどの程度の影響力があるのか気になる。
★1 - コメント(0) - 2016年10月6日

青騎士再臨、というテンションの上がる展開が続いて幸せ。
★3 - コメント(0) - 2016年9月24日

ダークネスレインボゥが出てきたら面白くなった。
- コメント(0) - 2016年8月15日

★★★★☆ウイルス攻撃を阻止するためエゥレクシスとの共闘。悪にも悪の矜持があるというやつですね、実にいい。エゥレクシスと真耶が気の置けないやりとりをしてるのも好きです。悪役にもこういう何でも話せる相手ってのは必要ですから。/巻を重ね話が冗長になりつつある。しかし青騎士伝説の再演を見せることで積み上げてきたものを生かしている。他の長期シリーズにも見習って欲しい。
★7 - コメント(0) - 2016年8月8日

青騎士の正体が子供たち・村長・パルドムシーハ卿・フォルトーゼ全国民とジワジワと広まっていくのにニヤニヤしてしまうw 好きですよ?この小出しにする感じ、ベクトルは違うけどカラクリサーカスの鳴海兄ちゃん生存の時もこんな気持ちだった。そしてこの時代のオライエンさんが出てきて私歓喜。やっぱり忠臣として出てきましたね、印象深い人物ですし今回は歴史に名を残して欲しいなぁ。この孝太郎達と関係ないところで広まる青騎士疑惑、一体どうなるんだろう?22巻になってもまだまだ先が読めない、次も非常に楽しみだ。
★7 - コメント(0) - 2016年6月18日

ゆりか、頑張ってます♪ 青騎士伝説へ再飛翔!! 好敵手と書いて「ライバル」と読む。伝統芸で王道だからこそ、それが良いです。次も楽しみ♪
★8 - コメント(0) - 2016年6月11日

なんだかあまり見せ場のない巻だった。エゥレクシス、ヴァンダリオンのすごさもあまり伝わってこない。ティアも大きな活躍はない。次巻以降、青木氏の正体がバレてどうなっていくのかに期待。
- コメント(0) - 2016年6月6日

さて、二手に分かれる事となってしまったサトミ騎士団。二手に分かれてしまってから合流を迎えるあたりも過去と重なる部分がありますな。オライエン然り。 さて、物語は非常に厄介な展開に。エゥレクシスもそうだけれど、敵対する相手が冷静さを持ちあわせているのでなかなかどうなるのか読めないねー。 しっかし、フォルトーゼ、しかも皇族でありながら今回も脇役となってしまいそうなクラン。やっぱマスティル家が中心となっちゃうのかなぁ。。。 個人的には、こここそが晴海先輩主役の場!って思ってるんだけどどうだろう。期待薄か・・・。
★3 - コメント(3) - 2016年5月29日

KTR
帰ってきた感が再びで何度目かの美味しさ。共通の敵で共闘と言うのはちょいと安直な印象も受けたけど、そういやそんな真っ直ぐな話を好むシリーズだったなぁと、過去話を振り返る。兎に角、ようやくこれで輪が閉じる。締めまでじっくり見守ろう。
★2 - コメント(0) - 2016年5月29日

評価:A前巻に引き続きフォルトーゼ編。最近のゆりかの有能さが際立つ。ゆりかカッコいい。今回は共闘ということで本格的な戦いは次巻からかと。次巻も期待大。
★5 - コメント(0) - 2016年5月26日

HTT
安定の面白さ。今回もティアのターン…かと思いきや意外とゆりかの活躍も素晴らしかった。この巻は主に活躍したのはこの二人とコータローくんですね。次巻あたりで決着が付きそうなので、どのような結末になるかとても楽しみです。個人評価7.5
★2 - コメント(0) - 2016年5月23日

いろいろ限界かな、つまんないとかじゃなくって読者として完全に惰性として付き合ってしまってる。巻数を重ねる難しさとか結構読み手としても考えてしまう作品になってしまった。残念。
★1 - コメント(0) - 2016年5月19日

ようやく読み終えた…。まとまった時間が取れなかったため、こま切れでしか読めず、ダイナミックな展開を満喫しきれなかった。もったいないと思いつつ、先が気になって待てなかったのです。けど、そんな読み方でも熱い場面にはわくわくさせられた。/今回も本気になった時のゆりかがとてもカッコいい。あと、ティアとルースの孝太郎に対する信頼感も。/次巻も期待。
★4 - コメント(0) - 2016年5月18日

再演感が良い。伝説そのものも、演劇の再演感あるのが良さをましている。
★4 - コメント(0) - 2016年5月17日

読むのが勿体なくて、一週間ほど積読にしていた。結局一気に読んでしまい続きが待ち切れなくなってきた。魅力的な悪役が多いのでどんな風に展開してゆくかが非常に楽しみである。
★4 - コメント(0) - 2016年5月16日

歴史は繰り返すの真っ最中。今回はエゥレクシスとの共闘がメイン、そして前巻から引き続き、ゆりか活躍しっぱなし。ルース父が孝太郎の正体を知る場面、ルースの誇らしい気持ちもわかるけど、事の重大さにもしかして気付いてない?と一瞬不安にも。王権の最大の正当性がシグナルティンと孝太郎にあるとなると、事態の中心はエルから孝太郎にシフトしますからね。ティアはちゃんと気付いてるあたり、王族だなあ、とも。ルース父にしてみればこのあたりで事実を知って、事態収拾にあたるにはいいタイミングだったかも。
★7 - コメント(0) - 2016年5月15日

フォルトーゼ星編第二幕。前巻でばらけた六畳間メンバーたちとの合流…の前にまさかの「共闘」とは。一枚岩じゃないのは分かってたけどこんな展開は想像してなかったので面白かった。どいつもこいつも単機の戦闘力が高いね(笑)特にゆりかの成長がよく分かる展開でしたね。あのポンコツ娘がここまで育つとは…感慨深いものがあります。個人的には一定の信念を持った敵ってどうも憎めなくて好みなんですよね。最終的には衝突せざるを得ないんだろうけど。続きが楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2016年5月13日

健速先生(@Takehaya_info)の #ラノベ 過去編をなぞりつつ新たな展開をするのがいいですね、兵士Aの話はぐっとしました。ティアが大活躍ですが、最後のゆりかの大活躍は感無量、ここまで成長するとは! 一押しヒロインなのでこの展開はサイコーです。さあ、ラストの展開を経て、いったい青騎士の存在がどう影響するのか、楽しみです。
★16 - コメント(1) - 2016年5月12日

フォルトーゼ編、ゆかり&ティアの成長が著しくて感慨深くもある巻。過去の青騎士と、現代の青騎士が徐々に交差していく感じがドキドキして面白い。早く続きが読みたい。
★5 - コメント(0) - 2016年5月9日

現代版青騎士編。過去編とのリンク・伏線が見事で痺れる。孝太郎=青騎士というのがフォルトーゼの人たちにもバレつつあり、それが今後どのように影響してくるか楽しみです。
★7 - コメント(0) - 2016年5月8日

ゆりかがすっかり一人前になって感慨深い。
★11 - コメント(0) - 2016年5月7日

予想はできていましたが過去の青騎士伝説をなぞらえたかのような展開でした。が、ただなぞるだけではもちろん終わりません。特に思わぬ共闘が果たされた時は思わず感激かつ燃えました。更に現代でも青騎士の存在が台頭されてきて増々面白くなってきました。それと同時に長いこと物語が続いたんだなあという感慨もちょっぴり感じました(笑)。
★13 - コメント(0) - 2016年5月6日

過去の青騎士をなぞった展開だけど過去編ではカットされていた部分も書かれていたりと結構良かったな。六畳間の目玉ストーリーだけあってワクワクが止まらない展開。青騎士本人バレもしだしていることですし次巻がマジどうなるのかってところですね。次巻も超期待ですね。
★10 - コメント(0) - 2016年5月6日

さて今巻は惑星アライアの地に何とか降り立てた孝太郎達の内の、今巻に限っては孝太郎とティアとゆりか、それに…と言った勢力がヴァンダリオンの陰謀を阻止するお話です。今巻も面白かったです。今に始まった事では無いですけど、本当にゆりかは初期の頃に比べると見違えてしまいましたねぇ…w いざという時には頼もしく見えるのが何となく嬉しいです。そして今巻ではある思いから孝太郎達とエゥレクシス達が共闘しましたが、そのエゥレクシスを始めフォルトーゼの住民も孝太郎と青騎士との関連に気付きだして…次巻も楽しみです。
★15 - コメント(1) - 2016年5月6日

ルース父の反応や、それを引き出したルースさんの静かだけど誇りに満ちた告げ方が好きだなあ。どうやら孝太郎の正体が明るみに出てそれがティアたちのネックになりそうですね。一時的に孝太郎が彼女たちと行動を別にするのかもしれない。その方が再会時に盛り上がりますしね! まだまだ山場はありそうで楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2016年5月4日

長きにわたって暖めてきた青騎士の伝説がフォルトーゼ編で一気に消化されて鳥肌が!!
★10 - コメント(0) - 2016年5月3日

今回は3巻構成?惑星アライヤでの合流前のとある戦闘。2000年前をなぞるエピソードもちらり。ルースと父上のやりとりが微笑ましかったりグッと来たり。ゆりかがかっこいい!?ティアの若々しい皇女らしさも頻出。一番のインパクトはエゥルたちとの共闘。共有できる価値観とそれでも譲れない部分が明確に。充分すぎる説明と爽快な読後感は相変わらず。エルのかわいらしいシーンがないのは緊急時下ながら残念。青騎士の認知度の上昇と意図せぬ形でフォルサリア人の本願成就した暗黒虹団員の気持ちの如何が行く末を左右しそうな予感。次巻必読。 
★15 - コメント(0) - 2016年5月3日

惑星アライアでの、孝太郎、ティア、ゆりかの三人の活躍がメインでした。孝太郎の正体がバレてしまうのか、目が離せません。先が楽しみ過ぎて、次巻が待ち遠しいです。スッゴク面白かった。
★13 - コメント(0) - 2016年5月3日

先祖代々、辺境の関所の兵隊さん。もうちょっと出世させてあげて。それにしても出番がないマッケンジー。
★2 - コメント(0) - 2016年5月2日

「伝説への道のり、再び」という帯コメントに心震えたけどまさにそういう話の流れというか、この巻に限ったことではないですけれど伏線の張り方が凄く自分好みなんですね。ちなみに自分は「兵士A」のシーンでホロっときてしまいました。 過去のフォルトーゼでは殿下の願いを断らなければならないほど「帰らなければならない理由」があった一方、現代フォルトーゼ編が終わった時にはおそらく伝説の青騎士を帰すわけにはいかないと強く残留を求められることになりそうだが、孝太郎は果たしてどうするのか。今後に期待
★3 - コメント(0) - 2016年5月1日

続くフォルトーゼ再来編。今回は分断から合流の過程と、呉越同舟の前哨戦な流れ。そして前回に引き続き「騎士」のかっこいい部分満載で、これまでの積み重ねを知っているほど滾る内容でいい感じ。さらに、個人的に無双もいいけどやはり敵が無能だと倒し甲斐がないと思うのですが、今回の敵策略は用意周到にもほどがある緊迫した展開でした。後、ヒロイン的にはティアの出番が多い中、ゆりかも中々いい活躍してたと思います。ともあれ、苛烈で周到な敵から油断が消えたということで、ここに「青騎士」がどう作用してくるのか、次回も非常に楽しみです
★12 - コメント(0) - 2016年5月1日

今回は、まず前巻で戦いの末にティアとゆりかの3人で先に惑星アライアに不時着した孝太郎達のところから始まりました。仲間達と合流するための道中は何度か危機はありましたが何とかなって良かったです。兵士Aの子孫のオライエンに助けられたりする場面は、2000年前の伝説を彷彿させられましたね。また、エゥレクシス達との共闘は中々息が合っていたなと思いました。それと緊急時はいつもゆりかが活躍してくれますね。あと、個人的に軽口の中で凄い約束を交わす静香も印象に残りました。そして国民に孝太郎の正体がバレるのも近い感じですね。
★8 - コメント(0) - 2016年5月1日

惑星アライア編。ゆりかが活躍しまくってます。そしてエゥレクシス達と一時的に共闘。この戦いがメディアに報道されたことによりコータロー=青騎士の噂が一般人にも広まり始める。エゥレクシスも今更ながら疑い始めてる。
★6 - コメント(0) - 2016年4月28日

惑星アライア上空での戦いで、オオヒメと別れ、不時着した孝太郎,ティア,ゆりかの3人は本隊と合流するため森を駈ける。一方軍部のヴァンダリオンはエゥレクシスの台頭を恐れ、惑星アライア殲滅作戦を出し…。フォルトーゼ編第2弾,惑星アライア地上戦。エルファリア派のリーダーとしてルースパパ登場、さすが父親,ルースの恋に察しが良すぎるねw不時着した3人は猫に変身して合流を目指す…途中で暴露たオライエンの忠義には感動したね。そしてヴァンダリオンの次なる一手はウィルス攻撃と卑劣な手で、悪にも美学があるとエゥレクシス一派が→
★27 - コメント(1) - 2016年4月28日

今読んでいるみんな最新5件(7)

06/10:N亭
05/28:soltscity
05/08:RVII
05/01:メタル69
04/30:sezmar

積読中のみんな最新5件(9)

10/16:字神
09/03:daiki
05/30:小麦茶
05/24:チハ

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

06/19:平柳 良
05/10:soltscity
04/28:N亭
六畳間の侵略者!? 22巻の 評価:74 感想・レビュー:37
ログイン新規登録(無料)