鶴ヶ島コンビニ戦記 (Right novel)

鶴ヶ島コンビニ戦記の感想・レビュー(13)

2月15日:龍神刃
1月29日:ひびき´ゝ`
2016年8月11日:半殻肝
再読。底本では、本編0(本書)→外伝1→本編1…で計15冊らしいので、主人公たちに関してはスロースタート。商業版では外伝は飛ばしたりするのかな。コンビニを舞台に、己の人生や生きざまをぶつけ合うスポ根?
★5 - コメント(0) - 2015年11月15日

2015年9月23日:沙来
文フリでサインをしてもらったのにも関わらず、読むのが遅くなってしまった。町の便利なコンビニを主題にしているが、予想と違いレベルを上げて物理で殴れば良いお話だった。取材の甲斐ありコンビニ部分も面白く、喧嘩稼業のように参戦者の背景を描いていふのでチェーン店の特色が分かりやすく本戦への期待が膨らむ。関連書籍も早めに読みたい、と思っていたが一ヶ月は早いなあ。
- コメント(0) - 2015年6月1日

コンビニで売っていたのでさらっと読んでみた。コンビニという普通の場所とマシーン系のバトルという似通わない設定で話は進んでいる。登場人物には関西の国立大学に通っている人などがいる。普段の小説を書くことがいかに難しいかこのような本を読んでわかる。
- コメント(0) - 2015年4月29日

本屋、コンビニで見て気になってた本で図書館で見かけて借りましたが、これは,,,コンビニ関係あるの?というのが最初の感想。そしてシリーズ物なんですね,,,出てくるキャラが濃すぎて主人公影がうすく見えてしまった。超展開でコンビニって?となりました。あと名前が雑か読みづらい,,,
★1 - コメント(0) - 2015年4月24日

2015年4月17日:ja0105
コンビニチェーンが売り上げとバトルで凌ぎを削るという新鮮なストーリー。バイクでの疾走感ある戦闘の辺りからグッと掴まれて一日で読み切ってしまった。作者の志が実ることを期待する。
- コメント(0) - 2015年4月5日

2015年3月26日:JOKERTYPE
※底本の紙媒体版で読了※ コンビニネタ+鶴ヶ島市のまちおこし企画。お仕事系の話かと思ったら、コンビニのスキルを反映するパワードスーツを着たバトルもの。多くの利益が絡むコンビニバトルオリンピックの次の大会の舞台は鶴ヶ島。コンビニ業界とその勤務の厳しさも戦いそのもの。(底本では)0巻なので、各チェーン店の代表たちのバックグラウンドなど。そのため鶴ヶ島ネタもまだ少なめ。主人公コンビの影が薄い。名前が名前らしくなくて時々読みにくい。作者のまちおこし企画も応援している。
★1 - コメント(0) - 2014年9月30日

--/--:たなーか。

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(2)

03/30:きよ

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

11/17:カシヤ
09/05:太公望
07/31:さめ
06/11:
鶴ヶ島コンビニ戦記の 評価:92 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)