鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

鈍感な世界に生きる 敏感な人たちを読んだ人はこんな本も読んでいます


鈍感な世界に生きる 敏感な人たちの感想・レビュー(24)

1月15日:すけ
1月10日:えりりん
内向型についての本をいくつか読んで自分がそうだと認識していたので、恐らくHSPなんだろうなと思って読んでみると、その通りでした。そこまではないなという内容もあったけど、概ね共感できました。また、瞑想がHSPには良いというのも納得。去年から始めた瞑想もほぼ一年間続いて習慣になってます。先日会社でストレスチェックを受けたんだけど、今まで「内向的でこだわる」という分類だったのに、「内向的でおおらか」の分類に変わっていたのにビックリ。瞑想で心理状態が変わったことに驚いてます。
★1 - コメント(0) - 1月9日

敏感な人≒内向的な人という印象を受けた。それが悪いことではなく、性格の一つなのでありのままを受け入れようという話だった。
★1 - コメント(0) - 1月8日

1月8日:Miyori Iwata
4
- コメント(0) - 1月7日

自分を知るのってやっぱりちょっと怖いし痛い……
★8 - コメント(0) - 1月6日

1月4日:えりこ
1月1日:ぐーたらりん
HSPがはじめに提唱されたアメリカよりも、控えめな人が多いデンマーク向けに書かれたというだけあって、日本人にもより共感できる内容だったと思う。
★5 - コメント(0) - 2016年12月31日

2016年12月30日:ねこにゃあーる
少し読んで、自分にとって大切な人2人が過去に確実にHSPの主訴に該当する話をしてたから、この感覚の持ち主に該当するように思えてならなくて一通り読んだ、別にHSPとか知らないと思うけど確かにその2人は「自分を大切にするアイデア」を分かってて行いながら生きていて、本当に素晴らしいなと感じて、理解が深まった。自分は神経質だけど違うかな
★1 - コメント(0) - 2016年12月29日

2016年12月25日:oɥı‾u
こういった悩みを抱えていても、少数派過ぎて誰にも理解されないんだよね(´д`)気にし過ぎだって決めつけられて、根性で何とかしろと言われるばかりなのです。なので、HSPではない人に読んでもらいたい。でもそういう人はきっとこんな本は読まない(。+・`ω・´)
★10 - コメント(9) - 2016年12月10日

2016年12月6日:r
2016年12月6日:
自分がHSPであることを知った。読み終えて肩の緊張がすとんと取れた気もするし、なんだか目の前がすーっと開けた気もする。これからはもう少し楽な気持ちで生きていける気がする。
★2 - コメント(0) - 2016年12月6日

2016年11月26日:水菜
5人に1人いると言われているHSP(敏感すぎる人)について書かれた本。チェックシートがのっているので、自分がHSPがどうかわかる様になっています。自分がHSPの人は自分を知る事が出来るし、HSPでない人は、そういう人がいると知る事で周囲の人の見方が変わるかもしれません。
★4 - コメント(0) - 2016年11月25日

「敏感な人」というHSPの人。これは病気ではない。たくさんの性格の中で繊細な心に分類される人たち。これを読んでいるとHSPは優しい人たちという印象。敏感な人たちが鈍感な人たちと一緒に生きるというのは難しいだろう。当然、鈍感な人たちも敏感な人を理解するのは難しい。けれどいちばん難しいのはそんな自分自身との付き合い方。自分自身にも優しい気持ちを忘れないでほしい。
★31 - コメント(0) - 2016年11月25日

2016年11月22日:西山洸介
2016年11月3日:mabusi
2016年10月30日:ただの空腹
2016年10月25日:はなよ

今読んでいるみんな最新5件(7)

01/09:タクヤ
01/02:えりこ
01/02:一七夜月
12/30:こしあん

読みたいと思ったみんな最新5件(31)

01/20:otya
01/19:cocoro.
01/16:ちひろ
01/09:ak
01/08:ヨコ
鈍感な世界に生きる 敏感な人たちの 評価:83 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)