魔法使いの嫁 5 (BLADE COMICS)

魔法使いの嫁 5 (BLADE COMICS)
180ページ
1594登録

魔法使いの嫁 5巻の感想・レビュー(1416)

ジョエルさんは好きな感じだなとお思っていたけど、最後まで描かれるなんて思ってなかったから涙が。でも切なくはあるけど、リャナンシーとジョエルさんはいい結末でした。キスで喜ぶエリアスとルツ可愛い。前半が切なかった分、後半は皆可愛い。シルキーうちにもきて。
★2 - コメント(0) - 3月24日

愛する人との別れは悲しいものですが、救いのある別れで良かった。無茶と知りつつチセの意思を尊重するエリアス、オーバーワークで妖精の国で療養するはめになりましたがシャノン先生(名医)に出会えて良かったと思います。素敵な先生で好きだ。そしてとうとうシルキーちゃんのメイン回!可愛い可愛いシルキーちゃんの過去の姿が痛々しかったけど良い導き手と出会えて良かった。なんて男前なの、これは好きになっちゃいますよね。今のシルキーちゃんの幸せそうな姿にニコニコしちゃいます。ルツも可愛い。双子ちゃんも可愛い。可愛いばかり言って
★47 - コメント(3) - 3月22日

リャナン・シーとジョエルさんの話は、考えられるラストは二択でどちらも悲しいなあと思っていたのだけど…優しい悲しみと別れになっていました。それを味わう暇もなく、ち…チセぇぇえ!! 身体が保たなくなってしまえばそこで話が終わってしまうのでなんとかなると思ってたけど本当にドキドキビクビクものでした…はぁー。シルキーの話も良かった。ユールの夜のヤドリギの話は丁度再読してる別の話(小説)でも出てきたところで、ニンマリ。
★8 - コメント(0) - 3月21日

私物
★1 - コメント(0) - 3月20日

人は死ぬんだよな
- コメント(0) - 3月17日

リャナンシーとジョエルの話が切なかった。チセとエリアスのキスが額と頰というのが、何ともほほえましい。
★5 - コメント(0) - 3月11日

シルキーの過去が明らかになりましたね。待ちわびてチセに抱きつく姿が可愛らしい♪リャナン・シーも防人もみんな優しいのね。嫌いなキャラが出てこない、すごく好きですこのマンガ。
- コメント(0) - 3月10日

借り物。シルキーの過去が出てきて、一層の愛しさが。妖精の国のお話や、…リャナン・シーのお話はぐっと胸にきて切ない。
★3 - コメント(0) - 3月9日

人間のジョエルとリャナン・シーの恋物語。シルキーの過去話。
- コメント(0) - 2月28日

1巻から一気読み。
- コメント(0) - 2月20日

泣けた(´;ω;`)
★6 - コメント(0) - 2月4日

ycm
シルキーさん可愛い。もっと活躍して欲しいけど、物語的に重要人物にはなれなさそうで残念でならない。二人はだんだん新婚さんみたいになってきたような。この巻は初っ端から泣けますね。こういうのヤマアラシのジレンマっていうのかな?ちょっと違う気がするけど、何にせよご老人はいい人だったな。
★4 - コメント(0) - 2月3日

泣いてしまいました。冬も素敵。
★11 - コメント(0) - 1月31日

「いきものの心ーー意志は 時に何よりも強い力になる」 自分の意志、生きたいとおもうこと。それが生きていく上では大切なのだと。それはきっと、どこの世界でも同じなのだろうな。
★3 - コメント(0) - 1月23日

リャナン・シーを手助けしたり血反吐はいたり。妖精の取替え子。泣き女からの絹女給。冬至の準備に古い神。
★10 - コメント(0) - 1月15日

リャナン・シーのお話はやはりと言う感じだけれど、残される方は切ないなあ。チセは無理が祟って倒れ、治療のため、エリアスと共に妖精の国へ。チセの生きる気力の無さが改めて指摘されると心配になる。留守番中の銀の君のお話は最初、過去の事だと分からなくてチセ達はそんなに長く帰ってこなかったのかと焦った。銀の君にも大切な家が出来て、そして皆が帰ってきた良かった。エリアスの骨顔だとキスしても余り色気が出ないけど、チセとエリアスの距離感にはやっぱり萌える。尻尾を振るルツも可愛かった。
★21 - コメント(0) - 1月14日

リャナン・シーの話は泣いた。
★2 - コメント(0) - 1月12日

娘の本:お留守番の銀の君が全力で可愛かった(*^^*)
★22 - コメント(0) - 1月12日

シルキーの過去がわかったり妖精の国に行けたりといい巻でした。シルキーの格好は若干スプリガンの好みが反映されているのではと疑う(笑)黒い女神の姿が妊婦なのは理由があるのだろうか。女医のシャノンさんもいいキャラ。
★8 - コメント(0) - 1月9日

魔法もそれ以外も、生活の基本は全て元気であることだと思わされるね。
★4 - コメント(0) - 1月4日

「私は私に笑ってくれた人達には私のために笑ったままでいてほしいだけなんだよ」そして、シルキーの物語は温かくて好き。
★3 - コメント(0) - 1月4日

リャナン・シー、才能を与える代わりに生気を吸う妖魔。 性質ゆえに無意識で、それゆえに止めることもできず、、、 それでもそれだけではなくなった二人には救いか。 しかし、なんでチセは無茶をするねぇ、、、助かったからよかったもののー そして、シルキーはバンシーだったのですなぁ、妖精ゆえなのかな エリアスとルツの連携にくすりとw
★4 - コメント(0) - 2016年12月20日

ホントルツは可愛い。チセはなんかしら、無理しちゃうことがあるからな〜
★9 - コメント(0) - 2016年12月11日

ジョエルとリャナン・シーの話に泣いた…そしてそこからのチセ吐血展開にびっくり。大丈夫でよかっったよー。チセたちが戻るのを待っていたシルキーの話しもよかった。無事みんなでかえってこれて一安心かな。どんよりルツが可愛かったwあとキスされてしっぽぱたぱたさせる犬ルツもv
★4 - コメント(0) - 2016年12月6日

暫く間が空いてしまって、話しの流れがうっすらとこんな感じかな~と思いだしながら読んでました!淡々と進んでいく話しの流れは好きですね(^^)チセの使い魔が落ち込んでる姿はちょっとカワイイ(笑)
★10 - コメント(0) - 2016年12月5日

ジョエルはまあそうなるかという結末ではあったが最後に言葉を交わせたのは良かった。リャナン・シーはあの庭に居続けるようだけどそれで身体は維持できるのか?シルキーの過去は番外編的なニュアンスを勝手に感じてしまったがどういう娘かわかったのは良かった。最後のキスしてもいいってとこ、てっきり唇にするかと思ってたので「あ、そっちか」と。あくまでも親密な挨拶ということなのかな?
★5 - コメント(0) - 2016年11月28日

また泣いたー。ジョエル…やっぱりこうなるか。いつかまた来るといいな。その後の展開もよかった。人間のまま生きていてほしいというのは、つまり早い別れを受け入れるということなんだけれども、それは切ないな…。あとシルキーの過去もわかったりして面白かった。あまり留守にしないであげてほしい〜!
★3 - コメント(0) - 2016年11月28日

読了。
- コメント(0) - 2016年11月27日

★★★★☆アリはちょっとNG。最後のキスでルツのシッポが可愛い。
★2 - コメント(0) - 2016年11月19日

リャナン・シーとジョエルの話がなんとも切なかった。2人のために頑張ったチセだけど大変なことに!!そんなチセのためにエリアスがなんとか守ろうとする。相手を思いやって奮闘する姿はなんか良かった。そして謎だったシルキーの過去話も。シルキーやっぱり可愛いなぁ~。ルツの尻尾振りも可愛かったけどね。
★12 - コメント(0) - 2016年11月12日

友人本。色っぽいリャナン・シーの恋物語。恋愛物だーと思った話でした。二人のために不眠で魔法薬を作ったチセは魔力>人間の体で吐血。時間の流れの遅い妖精の国へ。吐血シーンより包帯取った時の目のほうが怖い。ドキッとしたけど優秀な医師のおかげで回復です。二人がいない間もシルキーちゃんが本当にかいがいしい。あんな過去があったのね。防人との関係が可愛いvエリアスからのグリグリキスも可愛いけど。
★21 - コメント(0) - 2016年11月11日

妹本。リャナン・シーの愛。シルキーの前身。取り替え子の医者。シルキーかわいいなぁ♪ チセの危機を防げなくて落ち込むルツも可愛かった。ヤドリギの下のキス(//∇//) 意外と淡白な二人。しっぽ全開のルツとの対比も面白かった。
★11 - コメント(1) - 2016年11月10日

ジョエルとリャナン・シー完結編。色々な形の愛があって、切ない。最後に会って話せたのは良かった。チセの無理が祟って、エリアスがかなり心配性になってる。シャノンの言葉や、荒療治割りと好きかも。そして、気になっていたシルキーの話!嬉しい!泣き女よりシルキーの方が幸せそうで、今の形になってよかった!隣人達のお話が読めるの、嬉しい!
★7 - コメント(0) - 2016年11月6日

シルキーが泣き女だったことと、やどり木の下でのキスが印象的でした
★22 - コメント(0) - 2016年11月6日

リャナン・シーの話は良かった。彼女はこの先もバラ園に住むのね。そしてまた誰かが彼女を見つける日が来るのだろうか。ついにキスですか!よく分からないけどやってみたいエリアス可愛いなあ。
★3 - コメント(0) - 2016年11月6日

【電子書籍】切ない…
★10 - コメント(0) - 2016年10月30日

初夏から冬至。エリアスの寝方がかわいい。 生きたいと思っていない、だから傷が塞がらない。という言葉が、なんだか刺さってしまう。
★3 - コメント(0) - 2016年10月25日

リャナン・シーにあるまじき愛。男を取り殺したくないと思ってしまった彼女。妖精の塗薬で初めての会話。別れの言葉を残して彼は往く。彼女はもうヒトを喰べないつもりだろうか。そしてチセは妖精の国へ。妖精の取替子によって、人間世界で生きてきた妖精の女医。その夫は妖精の国に育った元人間。家事妖精・シルキーは以前、バンシー(泣き女)だった。居着く家もなくし、泣く意味を失った彼女に新しい道を示したスプリガン。バンシーが泣くのは人々の悲しみが深い時こそだという。冬の女王。幾千年を生きる来訪者。狐の皮を着たチセはなぜ帰ったか
★6 - コメント(0) - 2016年10月23日

レンタル/リャナン・シー、愛する人の命と引き換えに才能を与える。本気で惚れてしまったらなんて辛い生き方なんだ。ジョエルの消え方にビックリした。シャノン、シャナハン夫婦が好き。チェンジリングは何のためにするんだろう。妖精は人間に見られないようになってるんじゃないの?妖精の塗り薬を塗ってあるから?お留守番をしてたシルキーとその過去回。シルキーは喋れないのかと思っていたけど無口なだけなのかな。スプリガンも粋な事をするね〜。良い関係の2人が微笑ましい。キスをされて尻尾を全力で振るルツが可愛すぎた。
★4 - コメント(0) - 2016年10月18日

生命を吸い取る替わりに、文学・詩の才能を与える妖精リャナンシー。彼女が恋した人間ジョエルが、ついに最期の時を迎えます。必至に彼への愛を否定するリャナンシーですが、やはり事実は事実。少しずつでも、ジョエルは弱っていっていたのです。せめて一度だけでも、二人を引き合わせたいと、チセは妖精が見えるようになる薬を作るために奮闘するのでした。きっとジョエルには、かなり早い段階からリャナンシーのことを知っていたのでしょう。だからこそ、事前に受け入れていたからこそ、最期の言葉が自然と出てきたのだと思います。
★15 - コメント(0) - 2016年10月15日

魔法使いの嫁 5巻の 評価:54 感想・レビュー:398
ログイン新規登録(無料)