四ツ谷十三式新世界遭難実験 1 (BLADE COMICS)

四ツ谷十三式新世界遭難実験 1巻の感想・レビュー(22)

全コマが冨樫義博へのラブレターではないかと思うほど愛に溢れた作品。好きを仕事にするってこういうことなのかもなと考えさせられる。面白かったです
- コメント(0) - 3月23日

身内の悪ノリで、異世界(SF的な異世界で、制御されたテレポート技術によってたどり着いた他の惑星)でのサバイバルを強要されるという話。ほとんど一人で築いた技術で、世界を変革した天才だが奇人である兄(義理?)の十三のキャラがエキセントリック過ぎて(読者も)辟易するが、生き残りのためには、彼の協力も不可欠というジレンマがありそこが面白い。
- コメント(1) - 3月21日

偏執がもう一歩。
- コメント(0) - 3月15日

表紙が何度見ても骨董物あたりを扱う民俗学的漫画っぽい。中身は全然違うのだが。レベルEに大きな影響を受けつつも、異星の生態系についてがっつりと描くというまったく違う面白さもあり、今後が楽しみな一作
- コメント(0) - 3月9日

★★★☆ とってもレベルEなんだけど、キャラの頭の良さが一段落ちる感じ
- コメント(0) - 3月6日

モンハンの図鑑や生態ムービーで1日を潰せるという人にはうってつけ?なSFサバイバルコメディ。 パッとじゃ思いも付かないファンタジー生態系は見ていて胸が踊りますね…… サバイバルでありながらギャグ時空なので、サスペンス要素も薄く、設定に没入できるのも良いです。
- コメント(0) - 2月27日

キモい惑星で冒険系SF。 キャラと異星生物が強烈でこれから楽しみな作品。
- コメント(0) - 2月18日

2030年。兄である四ツ谷十三に呼び出された正宗と妹の司。友人の日下部、兎丸と共に十三の悪巧みで異世界に放り出されてしまう。5人は謎の世界でテレポーターを探し、旅をするのだったが……!?あんまり言いたくないが、冨樫義博の影響をもろに受けている。絵柄はなかなか良いのだが、話が微妙。サバイバルコメディらしいが、肝心のコメディの所も面白味がないし、異世界の世界観もそこまで惹かれる所ではないなぁ。面白味は薄いけれど絵柄で読みやすいのが救いか。説明する箇所をもう少し選んで欲しいな。とりあえず独りよがりな感じがした。
★1 - コメント(0) - 2月15日

絵がなあ、どこかで見た気がするんだよなあ。誰の画風に似てるんだろ……?
- コメント(1) - 2月14日

異なる星の生物の造形がステキだったので購入。一人の大天才によって引き起こされた悪趣味なサバイバルもの。とてもクドイほどヒドイ罠をしかけてくるけどこの作品のメインだしなぁ。あと、ケイ素生物いいなぁ。
★1 - コメント(0) - 2月13日

どこなく富樫っぽさがある。もっと人気が出てもいいと思うんだけどなぁ。
★1 - コメント(0) - 2月12日

積読中のみんな最新5件(1)

03/18:miya635

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

03/23:Rove
03/20:2n2n
03/20:ゆずり
四ツ谷十三式新世界遭難実験 1巻の 評価:100 感想・レビュー:11
ログイン新規登録(無料)