非モテの呪いで俺の彼女が大変なことに (このライトノベルがすごい! 文庫)

非モテの呪いで俺の彼女が大変なことに (このライトノベルがすごい! 文庫)
284ページ
79登録

非モテの呪いで俺の彼女が大変なことにはこんな本です

非モテの呪いで俺の彼女が大変なことにの感想・レビュー(61)

後先を考えない単発ものとしては上々。どっちかというと先生の世代の話を読みたい気もするが
- コメント(0) - 2014年8月24日

着想や設定は面白いと思いましたが、残念なことに筆力が残念で、なんとも消化不良の感じで終わりました。人を好きになるということの意味を真面目に問いかける内容と、マリオをディスる以外は誰にも優しいヒロインや、何事も前向きな主人公など、素材はいいのにもったいない。そういう印象です。特に、それぞれの立場の描かれ方が曖昧だったり、いてもいなくてもいいキャラが多すぎたりで、途中からわけがわからなくなりかけてしまった。今現在続編は出ていないですが、もう続きは出なさそうかな…。
★4 - コメント(0) - 2014年6月20日

お話は軽いですが、人を好きになって恋や愛について考えさせられるところは深いなぁと思いました。べ、べつに表紙の絵がかわいいから読んだんじゃないです。
- コメント(0) - 2014年3月29日

【何が変わっても好きでいられますか?】 好きな娘ができた、さぁ告白だ!何と返事はOK、しかしそれが、この学園に潜む呪いシステムを作動させてしまう条件だった―― 彼女は呪いのせいで突然肥満になったり、性別が変わってしまったり、それでも彼女を好きでいられるか試されるという、なかなかに考えさせられるテーマが提示されています! メディアワークス文庫よりもう少しライトでも良いという人ならイケそうな、軽く読める思索系学園ラブコメ作品です! 波の作り方はまだ荒削りですがw    評価は★★★★★★★★☆☆8個星です!!
★10 - コメント(1) - 2014年2月6日

序盤は、つまんなそうだなと思いながら読んでいたのですが、かなりよかったです まとめると 愛とはなんぞや  蓼食う虫も好き好き   主人公の、殆ど面識もないヒロインへの詳しさはストーカーレベルだと思いました 面識もない人に告白できる勇気を尊敬
★1 - コメント(0) - 2014年1月26日

実際にこんな感じの男がいたら俺、告るかも…(*´▽`*)←何っ?!
- コメント(0) - 2014年1月14日

呪いによりいろんなモノを交換させられた彼女を一途に思いながら再び取り戻していく話。主人公もカッコいいが彼女の性格もよかったな。さらっと読めるのも良かった。
★15 - コメント(0) - 2014年1月8日

主人公がイケメン過ぎる。
★1 - コメント(0) - 2014年1月8日

なかなか面白かった。主人公が格好いい。ヒロインに一途というのはありふれていそうで,意外と少ないと思うので。正直最終章だけは読後感が悪くて,すごくモヤモヤした気分なのだが…。彼に関してはただの友達のままが良かったかな。続きがでそうなので,それに期待したいと思います。
★8 - コメント(0) - 2013年12月25日

可愛い純粋な素直な女の子で、ツンデレになったり、男の娘になったりします。デブは好きじゃなかったけど、オシメは気になる
★1 - コメント(0) - 2013年12月18日

タイトル通りなラブコメ。誰かと誰かの何かを交換という見たことのある設定でしたが、とても魅力的な彼女の体格性別性格外見が変わっても変わらず愛し続ける主人公が素晴らしかったです。こういう恋愛してみたいものですね。 次巻もとても楽しみです。
★8 - コメント(0) - 2013年12月18日

面白かった。表紙が好みだったので購入。あらすじも嫌いではないあらすじだった。 最近はあんまり好みの本が見つかってなかったのでちょうど良い。
★9 - コメント(0) - 2013年12月8日

もしも自分のパートナーが呪いにかかったら相手を好きでい続けられますか?
★1 - コメント(0) - 2013年12月5日

バカップルのイチャイチャが読みたくて購入。ごちそうさまでした。素晴らしかった。ただ最終章は、途中で「アレ交換したらどうなるん?」と思ってたもので、むしろやってくれないと疑問ってくらいの話ですが、犯人にビックリした。え、え!?って感じ。他の章はハッピーエンドで、素直に「繭香ちゃんマジ天使、末長く爆発しろ!」と思ったんだけど、最終章はなんか、素直にニヤニヤできない読後感で複雑。こればっかりは努力でどうにもならんわな……。あと作者さん、エリュシオンのMSさんなんですね。
★5 - コメント(1) - 2013年11月23日

虎出学園に30年前から存在する呪いのせいでカップルになった宮岡寛平と那須谷繭香の、主に繭香の何かが呪い主と交換されてしまう為、解呪する為に奔走する学園ラブコメです。主に変わるのが繭香だけで、それを治すべく寛平と協力者一同が奔走するという意味でこちらも面白く読めました。それに繭香の性格もありますが、呪いに関して悲壮感を漂わせるというより変わった身体や性格を楽しみながら、でもそれじゃ困ると解呪するべく捜索に当たると言うのは面白かったです。今作でも終わり方は綺麗ですが百地と林崎さんの話などもあり続きも楽しみです
★9 - コメント(0) - 2013年11月21日

受賞時の審査員コメント及び作者がこちら側の方ということで購読。なるほど論評の意味合いを把握しまして、まさに自分が好きなタイプの作品でした。部分交換モノというか要素交換といったほうが適切かもしれませんが、そういうの大好きです。選考委員選評にあった重さの意味もわかりましたが、出版に際してうまくもっていくようにした感じですかね。元がどういったものかはわかりませんが。まだ続きも出るようなので先が楽しみです。システム的に学年が変わって新入生が入るまでは相手方もそこまでの欠損抱えではなさそうな気もしますがはてさて。
★4 - コメント(0) - 2013年11月20日

悪くはない。でもヒロインがいい子すぎてツラい。
- コメント(1) - 2013年11月17日

最後の寛平かわいい。2巻はもちろん1巻の続きからですよね?
★1 - コメント(0) - 2013年11月6日

立派なバカップルだよね、これは。好きな子に告白した貫平と、告白を受け入れた繭香の二人に非モテの呪いが襲いかかるお話。具体的には、誰かとなにかを交換されます(ルックスとか性別とか性格とか)ずっと一途に繭香だけを想う貫平と、可愛い優しい子な繭香に癒されました。ツンデレはあれはあれでありだと思うの(おい)男の娘になっちゃうのが面白かったかな。お風呂とか妙に生々しかった(笑)バカップルいちゃいちゃもの好きにおすすめ。どうやら続きも出るようなので、楽しみにしてます。
★7 - コメント(0) - 2013年10月30日

面白かった。 1人の女の子に対して一途な気持ちを貫き通す爽やかさの中に、非モテの呪いの悪意がギラリと光る。 読み進めるうちに、この好漢に好感が持てました。 この巻のラスボスさんは、この呪いの設定のウラを上手くついて、4〜5章はノンストップで読み進める程でした。 惜しむらくは、主人公の貫平が繭香を好きになった過程が端折られていること、3章までの犯人は、話しの流れ的に無縁だったキャラなこと、その辺で話が軽く感じてしまうところかな。 それにしても、繭香は国民的に有名な配管工のヒゲ親父をディスりすぎでは(笑)?
★9 - コメント(0) - 2013年10月22日

どのような姿になろうと、一心に繭香の魂を愛する貫平の姿に心打たれました。どんな呪いを受けても前向きに受け入れる繭香の姿も健気で可愛らしかったです。二巻以降も書いているようですが、果たして二人の恋は卒業まで無事に続くのか、心配ではありますが、二人には末永く幸せになってもらいたいものです。
★2 - コメント(0) - 2013年10月21日

ヒロインが呪いで激太りしたり男体化したりするトリッキーなラブコメ。放っておくとわりとシャレにならない事態になるので、安心して読めないところがいい。
★4 - コメント(0) - 2013年10月17日

作中で言われてた「障害物競争のようなもの」は言い得て妙。ひと組のカップルがどんな苦境にも負けずに愛を貫き通そうとする話。というのは分かりやすくて良いのだけど、妨害してくるキャラにぽっと出の人物が幾らかいて、犯人が分かっても「ふーん」で終了してしまう部分も。続刊を出しやすい終わり方だなーと思ったり。
★1 - コメント(0) - 2013年10月17日

女子Aが男子Bに「付き合ってくれ」と告白したら、男子Cが「愛している、結婚してくれ」と言って男子Bにディープキス、破局寸前だった男子Cと女子Dがよりを戻す純愛ストーリー。何を言っているのかわからない方は是非本編を読んでいただきたい。清々しいまでに誠実なラブラブバカップルが愛を貫こうと奔走する様は見ていて応援したくなる反面、それを邪魔しようとする嫉妬の心にも共感してしまう複雑さがとてもよかったです。魔法少女育成計画といい、このラノ文庫はこういう「悪意」の光る作品に恵まれているから目が話せませんね。
★7 - コメント(0) - 2013年10月16日

ラブコメでは珍しい二人とも誠実で一途なとても好感の持てるカップルで、読んでいて気持ちがいい。それだけに各イベントが薄味なのが勿体ない。
★3 - コメント(0) - 2013年10月10日

★★★☆☆ 第4回このライトノベルがすごい!大賞優秀賞受賞作。「非モテの呪い」の試練に振り回されることになったカップルを描いた作品。ココロコネクトの亜流とも捉えられる作品ではあるが、あそこまでの瑞々しい感性溢れる作品ではない。それでもラノベとしての一般水準には達している。読み進めていくと主人公がなかなかの好漢であることがわかってくるが導入部が勿体ない。序盤で主人公がヒロインのことを好きになる過程をもっときっちり描いていれば、その後の物語に説得力が出てきたであろう。
★4 - コメント(0) - 2013年10月9日

内容はおもしろかった。主人公の一途なとこが良かったなと思う。気軽にさらっと読むことができた。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(2)

01/08:アウル
11/10:Pvoton

積読中のみんな最新5件(4)

11/09:磁場
02/24:yukihito9
10/10:いわし

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

09/13:おしるこ
09/06:涼介
06/05:魯波
05/07:珈琲好き
04/20:
非モテの呪いで俺の彼女が大変なことにの 評価:92 感想・レビュー:28
ログイン新規登録(無料)