スクールライブ・オンライン 2 (このライトノベルがすごい! 文庫)

スクールライブ・オンライン 2 (このライトノベルがすごい! 文庫)
316ページ
167登録

スクールライブ・オンライン 2巻はこんな本です

スクールライブ・オンライン 2巻の感想・レビュー(135)

もう少し先かと思ったが2巻で攻城戦。ユマと沙耶は戦力としては申し分ないが、会話の掛け合いとなれば口数の多い方ではないので新たなメンバーは貴重。2巻で主人公は流されるタイプから切り開く存在へ急成長を遂げて、目的もまた城取りから天下布武へと拡大していることが大きな変化。ファンタジー(バーチャル)とスクールカースト(リアル)が混じった世界がとても面白い。ところで剛田さんが前巻で同性愛疑惑が今回でロリコン疑惑が出てくるなんて・・・ヒロインより個性的ではないかと思う。
★1 - コメント(0) - 2016年10月26日

ゲームを成績・評価に取り入れた栄臨学園。レベル至上主義の校風に馴染めず、ぼっちプレイヤーだった主人公・零央は、突然の大型アップデートを機に、幼馴染の沙耶、留学生のユマと共に新ギルド“心の欠片(フラグメンツ)”を立ち上げ、学園の在り方を変える第一歩として攻城戦に挑む!―が、圧倒的な戦力不足、激レアアイテムを巡る黒い噂―零央は無事勝ち抜けるのか!?大人気の学園×オンラインゲーム小説、第2弾!
- コメント(0) - 2016年6月1日

スカッとしたー!零央たち心の欠片結成から初の攻城戦2巻。ユマちゃんのお友達を作ろう大作戦→同盟組んでもらう為に一騎打ちしたら先輩を落としちゃったい→灘先輩が大人しいだと……!?→クソヤロウ許すまじ!な流れでしょうか。今回は敵がわかりやすく嫌な奴だったので、反撃にスカッとしましたね。お話としては色々と動き出して面白かったです。超人剛田の実況中継もwwヒロイン達はちょっと薄めだったかな。忍足君は素晴らしいツンデレだったけども(おい)ユマちゃんと神鳴ちゃんの友情の芽生えにほのぼのしました。いい子達だなぁ。
★14 - コメント(0) - 2016年4月19日

なんだろうこの感覚。眩しいというか青いというか。直視できない。杏奈さんはちょろすぎやしませんかね。
★5 - コメント(0) - 2016年1月3日

★☆☆☆☆ 1巻を我慢すれば2巻で化ける…。といった前評判、だったのになぁ…。 個人的には1巻のが好き。情けないなぁ、なよなよしているなぁ、といったネガティブイメージが、他のラノベにおける主人公との差別化を図れていたのに、本巻において前向きになった主人公は、ハーレム系のラノベの主人公のそれと同じ。地雷犇めく『このラノ文庫』らしくない作品だったのだけれど、MF文庫においてはゴロゴロしているような内容だったと思う。
★6 - コメント(0) - 2016年1月2日

おもしろかった。出版社は重版してあげて
★2 - コメント(0) - 2015年8月27日

杏奈先輩チョロすぎじゃないですか・・・。瀬川先輩にはがんばってほしい。
★1 - コメント(0) - 2015年7月21日

現実世界での出来事を上手くリンクさせて話を盛り上げてるのは、この話ならではかと。
★1 - コメント(0) - 2015年4月10日

暇つぶし用としてなかなかハイレベル。特筆すべき何かはないんだけど、読んでる間退屈しないというだけで合格って感じ。若干もっさりだった前巻と違い、今回は設定説明キャラ紹介が終わっているのでサクサク進むのもよい。その分あっさり薄味なので、濃いのが欲しい人はそれ的なアレをどうぞ。
★2 - コメント(0) - 2015年3月1日

ギルドを結成し、「紺碧の海」との攻城戦に挑む話。鈍感でヘタレな所は相変わらずな零央ですが、瀧先輩とのやり取りや攻城戦での策と今の自分に何が出来るのかを考え、成長していく姿は好感を持てました。ただ主人公の情けない部分がまだ強く、読んでいてイライラするのでそこは改善して貰いたいですね。メインの攻城戦とユマの友達作りは共に王道展開でピンチからの大逆転はとても暑くて面白かった。個性豊かな新キャラが増えた事で今後が楽しみですが、幼馴染の存在が薄くなるのだけは勘弁な。次巻も期待。
★38 - コメント(0) - 2015年2月24日

めっちゃ面白かったです!零央と杏奈さんの一騎打ちや攻城戦の皆で戦ってる感じが凄い良くて夢中になりました!ユマが神鳴さんが友達になったシーンは泣きそうでした。神鳴さんは本当に良い子でユマと仲良くやっていって欲しい。思ったけどアニメ化するなら神鳴さんの声優はあやねるになるだろうなと思いました。最後、忍足の所はぐっと来ました、零央のライバルはやっぱり忍足だな。 次も凄い楽しみです!
★22 - コメント(0) - 2015年2月18日

予想以上に面白かった。すぐに3巻を買いに行かなくては
★2 - コメント(0) - 2015年2月9日

★★★☆☆主人公が作ったギルド「心の欠片」がその他の大手ギルドに挑戦する。相手は実力重視のちょいと卑劣じみた連中で、攻城戦のときには最悪でした・・・。「心の欠片」は大手ギルドに対抗するために「迷子天使」に協力を求める。その「迷子天使」の穂村さんが可愛かった!この作品は女性キャラが一人一人目立っていて好き。瀧先輩のどんな話でも下ネタに持って行くスキルは何なんだwwwまた、攻城戦のときに掲示板を利用した戦術も新鮮でなかなかよかった。
★9 - コメント(0) - 2014年12月14日

ギルドを作って次は城を獲りにいく第二巻。レベルは低くてもスキルはそれなりにある主人公なので、攻城戦も《迷子天使》との“交渉”同様また物理的に頑張るかなと思ってたけど、今回は策の方で頑張った印象。瀧先輩とのやりとりはなかなかにイイ男だったと思います。一度スイッチ入っちゃうと邁進する様は非常に主人公らしくていいですね。忍足くんはまぁ、そうねぇ…今後も割と出てきそうだけど男のツンデレはいいかな(苦笑)締めで出てきた顧問も気になるけどやはり水着回の方が気になるところ(ぇ ああ、瀧先輩の独壇場な光景が見える…(笑)
★3 - コメント(0) - 2014年11月24日

攻城戦ということもあって中盤から終盤までの盛り上がりがとても良かった。特に生徒の掲示板システムはその場面の雰囲気がとても伝わるので、ユマ救出シーンで使われるととても熱い。予想よりも早く城主になったが、次回からの展開が楽しみ。果たして5城全て制覇は出来るのだろうか
★2 - コメント(0) - 2014年11月8日

これはとても面白かった! 特に攻城戦のときはかなり興奮した!
★1 - コメント(0) - 2014年10月16日

★★★★☆
★1 - コメント(0) - 2014年10月7日

R3の現状を変えるためにトップギルドを目指す主人公たち。城主ギルドとの対決、攻城戦。ユマは出番少なかったけど、活躍してたし、主人公の成長もみえる。ハーレム要因が増加していく。展開も面白くなっていきそう。
★7 - コメント(0) - 2014年9月23日

レベル至上主義への異議申し立ての手始めとして選ばれたのが、城主ギルドの打倒。主人公には城主ギルドを頂点としたギルドヒエラルキーにも疑問があるようで、迷子天使の穂村杏奈との決闘の結末選んだのがギルドの序列化でないことからも明らか。では主人公はどういった新しい体制・理念を考えているかというとそれはまだ不明確。トップギルドを倒していくだけでもお話は続けられるでしょうけど、主人公がどういった体制への変革を望むのか読者としてははやく知りたいなと思います。「レベル至上主義は詰まらない」だけじゃそろそろ納得できなくなる
★2 - コメント(0) - 2014年8月13日

今回は攻城戦がメインだ。どんな戦いをするかと思いきや、やはりギルド囲いできた。それも穂村は瀧先輩の友達らしい。攻城戦の前に穂村と零央のギルマス同士の戦いがあったがなかなか手に汗握る展開だった。こうでなくては… ひとり思いつつ今度は攻城戦を読み続ける。するとなぜか瀧先輩がヴァストゥーク城にいるではないか。やはりただでは終わってくれないのか… よしよしって感じで二巻は終了。零央が現実世界に放ったクエストに関してはどうも腑に落ちなかったが、ユマがログインしたとアナウンスが流れたとき… うるうるきた。
★3 - コメント(0) - 2014年7月10日

ユマちゃんが!!まさかこんな手を使うとは…瀧先輩も仲間になり徐々に増えてきている。顧問の先生がどんな人なのか3巻が楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2014年7月6日

ギルドを結成した主人公たち。とはいっても、それぞれのステータスやらスキルやらはあってもまだ三人の零細ギルド。現在の学園の在り方をどうにかしたい、という意気込みは買いますがどうやって、ここから手を広げていくのかと思っていたんですが。まさかさっそく城主ギルドを目指して行動していくことになろうとは。その中で、主人公が掲げた理念というか理想というか。かなり大変な道のりだとは思いますが、なるほどそれを成し遂げられたら大したものだし、現状の改革になるというのは納得。ライバルもいたりして、結構お約束だけど楽しめる。
★5 - コメント(0) - 2014年7月3日

傍目八目とはよく言ったもので、自分に関わらない恋愛感情はよく見える新藤君、さすがにラノベの主人公だけあって(?)、自分に向けられた好意には極めて鈍感です。テンプレだけど、ウザいほど酷くはないから面白い。/ヴァストゥーク城の攻防戦、特に第三層に入ってからのスピード感が圧倒的でした。読書中に手に汗握るという感覚を久々に味わった気がします。
★3 - コメント(0) - 2014年6月15日

今回の話は攻城戦とそれを取り巻く他城主、或いはギルマスたちとの絡み。レオが目指しているものは途方もないものですが、彼がそこまでの覚悟を見せているのを見て成長したなと思いました。しかし、MMOとリアルが完全にくっついていると、正々堂々の試合の裏であれこれ起きてしまうというのはいたしかたないことなのでしょうか。ディープブルーのマスターのしたことは褒められたことではありませんが、現実にありうる可能性を示唆しているようにも見えました。
★4 - コメント(0) - 2014年6月2日

いよいよトップギルドへの道、攻城戦が開始される。読みごたえがあって良かった。終盤は意外な展開があったり、その展開は読んでいた的なものがあって面白かった。表紙のユマが活躍。零央ハーレムに新たな要員も登場。忍足はあまり嫌いになれないのでこれからの成長に期待。水着回など無かった。
★9 - コメント(0) - 2014年3月19日

前巻では主人公が少しネガティブでしたが、今巻で目的をはっきりさせて前向きになったのが良かったです。ユマを助ける手段がすごい面白かった。忍足はやはりライバルポジが似合うので個人的に好きです(ˊ● .̫ ●ˋ
★4 - コメント(0) - 2014年3月17日

城主ギルドになるための策略と戦略。《紺碧の海》はクズだな~。その分《心の欠片》や《迷子天使》がとてもいいギルドに見える。 何よりも瀧先輩がかっこよすぎ。普段はギャグを一手に買っているのに決めるところは決めるな~。
★3 - コメント(0) - 2014年2月14日

面白かった。前回の前半の主人公は狙ってやってたのか・・・。正直あれはひどかったwでも、今回は全部通して良かったと思う。攻城戦の戦いも緊張感があって良かった。後、個人的にはユマ探しの掲示板が楽しかった。
★8 - コメント(0) - 2014年2月8日

想像よりも、すごく面白かった。 今回は3Rの中核とも言うべき、城主戦のお話です。一つの城を攻め落とすのには<心の欠片>の3人では不可能だ。そんな状況を打開すべく、瀧先輩は<迷子天使>との話し合いの場を設けるが……! もう最終回なんじゃないかってくらい主人公が真っ直ぐで、読んでいてすごく楽しかったです。やっぱり、主人公は無謀だろうがなんだろうが、常に前を向いていて欲しいもんですね。 個人的には、瀧先輩を仲間にしたとこが良かったです。作戦や理念なんかは先読みできましたが、やっぱり王道は面白い! 次巻いつだろ。
★10 - コメント(0) - 2014年2月2日

TERAとROのリスペクトがより顕著になり、プレイした人間としては「これはあれか」などと想像しながら読みました。1巻のときより主人公の成長が目覚しく、終盤の攻防戦は王道ながらも燃える展開で非常に良かったです。行動倫理もしっかりしていて、これからの展開に期待が持てます。より一層仲間としての意識が強くなった心の欠片の面々ですが、今後いかにしてギルドを拡大していくのか楽しみです。それにしてもこれだけイラストで大損している作品も珍しい。作者が不憫です。水着回はきっとダメだろう。
★9 - コメント(0) - 2014年1月30日

最高でした笑紹介時の名前の読みと作中での読みがちがうのはミスかな?
★1 - コメント(0) - 2014年1月16日

ギルド結成から、当面の目標として攻城戦に臨むことになった二巻目。戦力的に足りず、またギルドマスターとして行動することを求められた零央は、茶化しながらも的確なフォローをする瀧先輩の力も大きかったですが、試行錯誤しながらも着実に頑張って成長する姿には好感が持てました。キャラの組み合わせ的に、リアクションな沙耶とユマだけだと、話を動かすのが若干厳しい印象もあったので、瀧先輩に穂村先輩を追加したことでバランス改善されたのかもしれません。ここから舵の取り方が難しくなってきそうな感じですが、次巻以降も期待しています。
★29 - コメント(0) - 2014年1月5日

え、何コレ、めちゃくちゃ面白くなってるじゃん...。と、目を疑うレベルの「物語構成」。王道展開なのでひやひや感とかはないのだけれど、文章力が凄いと思います。物語としても今後の盛り上がりに拍車をかけるような部分がいくつもあったり、なんだかんだでハーレム展開にもってきている辺りのトレンドを押さえる辺りもしっかりしていて、まるでお手本のような...。 次回は水着回ということですが、絵がhatsukoなので、既に絵は残念極まりないことを思いつつ、どうなるのかを楽しみにしたいと思います。
★10 - コメント(0) - 2014年1月4日

作者さんも狙ってやったみたいだけど、開き直ってからの主人公は読んでいて楽しかった。ただ、下ごしらえの「情けないアピール」が露骨過ぎかな。あと、スキルの取得失敗とか無理がある。確認ログくらい出るんじゃね? 友達観については神鳴さんのほうが気が合いそう
★2 - コメント(0) - 2013年12月31日

ギルド結成から一気に城主ギルドへ。後半の盛り上がりがすごかったです。面白かった。新藤がどんどん(精神的にも)強くなっていきますね。あんまりにも勢いがすごいからこの先ちょっと不安でもありますw 新キャラは、キャラが立ってていいなあと思いました。 しかし作りこみが甘いような感じで、シリアスかと思いきやコメディが入ってよく分からなくなったり、おしいところがありました。3巻に期待してます。
★6 - コメント(0) - 2013年12月17日

★★★★☆ 次巻、触手は要らないから、絶対に要らないから、断固として要らないから!表紙はユアですけど、あんまり見せ場がなかったですね。そんなことより、杏奈先輩ですよ、見事なまでのチョロインぶりじゃないですか!今後も瀧先輩と一緒にダブルヒロインとして頑張って欲しいですね。
★8 - コメント(0) - 2013年12月7日

幼馴染のあからさまなアピールを見事にスルーする主人公。前回の鬱屈した感じから今回はスカッと王道展開でした。そして、主人公だけが有利になるようなアップデートをした人物登場で次回も楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2013年12月5日

城主になって、これからがおもしろいところかな?続きに期待。
★2 - コメント(0) - 2013年12月3日

先輩加入とユマ回。王道な展開だったのである程度話が読めたのが残念でしたが、MMORPG らしさと学園ものらしさが双方しっかりと出ていましたし、鈍感は変わらずですが主人公が成長していく姿は見ていて面白かったです。また、キャラクターそれぞれが個性豊かでこれからの関係の推移が楽しみです。次巻も期待。
★13 - コメント(0) - 2013年12月1日

スクールライブ・オンライン 2巻の 評価:100 感想・レビュー:66
ログイン新規登録(無料)