魔法少女育成計画 ACES (このライトノベルがすごい!文庫)

魔法少女育成計画 ACES (このライトノベルがすごい!文庫)
あらすじ・内容
盟友リップルの行方を探しながら、「魔法少女狩り」としての活動を続けるスノーホワイトに、「魔法の国」の中枢たる「三賢人」の一人から呼び出しがかかる。指定された屋敷に赴いたスノーホワイトを待ち受けていたのは、高貴そうな雰囲気を身にまとった、幼い容姿の少女だった。少女はスノーホワイトに、とある魔法少女の護衛を依頼するが――。話題沸騰のマジカルサスペンスバトル、ますます絶好調!

あらすじ・内容をもっと見る
310ページ
365登録

魔法少女育成計画 ACESはこんな本です

魔法少女育成計画 ACESの感想・レビュー(270)

そうか「JOKERS」、「ACES」、「QUEENS」で三部作なのか。ならもうちょい「JOKERS」のキャラも残してほしかったな……。前回物足りなかった能力や相性を活かした展開がたくさんあって満足。復讐鬼と化したデリュージは随分と危ういな。ブルーベルはあまり活躍がなかったから逆に怖い。今後はスノーホワイトvsプフレになるのかと思ったがその前に共闘しそう。明らかに不穏なプク・プックの思惑が気になる。宇宙美の死に涙しつつポテチをかじる描写が何とも言えず背筋が凍る。リップルとシャドウゲールの命運やいかに。
★4 - コメント(0) - 1月14日

ようやくリップルさんも洗脳が解かれたが、タイミングが最悪すぎてまたさらにめんどくさいことに。スノーホワイトさんカワイソス
★1 - コメント(0) - 1月9日

⭐️⭐️レビューが消えてしまったので、書き直し。クイーン見た後なので多少印象は変化しますが、報われない人が多すぎてなんだかなって(´-`).。oOいや、作品的にはすごく大事な箇所なのですが、この間は、ちょっと苦手感が(´-`).。oOシャッフリンの進化版が出ていたのはとても嬉しい!
★2 - コメント(0) - 1月5日

プフレとフレデリカと3賢者の思惑が絡む展開。とりあえず出し抜いたのはプクプックっぽいけど、油断ならない状況っぽい
- コメント(0) - 2016年12月24日

復習用に再読。全ての魔法少女の原点、三賢人の権力争いを中心に、血で血を洗う抗争に…改めて読み返すと、何てスノーホワイトに厳しい世界なのか。プク・プックの能力やその陰謀が分かり、プフレ派閥やフレデリカ陣営が動き出し、果たしてどうなるか…
★9 - コメント(0) - 2016年12月24日

続巻である最新刊Queensで疑問点があり再読。登場人物数が多いせいもあるが結果として読み流しているところに反省。かなり前フリがあったのね…… 個人的に群像劇という形式について考えるところあり。各キャラごとの主観視点が入れ替わるが全体像や本当のところどうなのか読者に確実にさせないせいか。読み捨てるのが難しいシリーズという印象。
★35 - コメント(0) - 2016年12月18日

見た目で一番気に入った子が最速リタイヤしてしまった…… ベテラン魔法少女勢が多かったせいかバトルはかなり見応えありました。特に物知りみっちゃんVSリップル戦がかっこよかった。単巻で終わってはいるものの、次回へ続く!的要素が強いので、QUEENSが楽しみ。でも次回は大量犠牲出そうだなぁ。怖い……
★2 - コメント(0) - 2016年12月3日

近いうちに次巻がでるようでその前に読み終える。次巻の展開の伏線と準備の巻だ。新たなキャラや属する組織、魔法の国も謎が多い…… 既存キャラの関係など。正直、彼女ら自身の正しさも怪しく感じられるなか、キャラたちの動機とされる、「儀式」というのが具体的に説明がなく非常に不吉。個人的にこれまで読み飛ばしてキャラの読み込みが足らないように感じるので再読をする予定。
★42 - コメント(0) - 2016年11月30日

アニメを見てると、一番弱っちいスノーホワイトが、しっかり成長してて驚いた。正義は誰にあるの?何が正しいの?リップルちゃんはどうなるの?この後どう転がっていくの?いろんな疑問がワチャワチャで、先が気になる。大学生の息子がいるオバちゃんでも読みこなせる内容は素直に褒めたいと思う。
★1 - コメント(0) - 2016年11月28日

続く巻ある終わり方 にしても護が可愛すぎる本人はいたって真剣なのに絵面にすると笑える光景にしかならない、お嬢がみてたら嘲笑される。 …そしてリップルはどうなってしまうのか先が楽しみ
★1 - コメント(1) - 2016年11月26日

孤高の魔法少女スノーホワイトと、権謀術数のプフレ。どちらも嫌いじゃないのだが・・・。今回はあまり魔法少女は死にません。魔法の国を揺るがす動乱へのプロローグといったところかな。ソラミの友情、みっちゃんのプロ意識、デリュージの怒り。個々の魔法少女の掘り下げが今までより深くて、喪われてゆく少女たちが哀しい。
★35 - コメント(0) - 2016年11月7日

「聞こえますか…今、あなたの頭の中に直接話しかけています…」薄々アレっぽいなと思ったらマジでぶっこんできて笑ってしまった
★1 - コメント(0) - 2016年11月6日

スノーホワイト、リップル、プフレ、シャドウゲール、初代ラピス・ラズリーヌ、ピティ・フレデリカとこれまでの生き残りが再登場。「魔法の国」の中枢である三賢人と関わりができたり、まさかの初代が登場で今後も楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2016年10月27日

シャドウゲールとブラウン管で一冊やってほしい。つづきはやくはやく!
★1 - コメント(0) - 2016年10月25日

色々繋がってきた。
★4 - コメント(0) - 2016年10月22日

今までのような群像劇で誰が死ぬか解らない緊張感はなくなりましたが 誰が正しい側なのかさっぱりわからない、先の見えない緊張感はあります 話が続きだすと主要キャラは死ななくなるのは物語のお約束みたいなもので 今までみたいにバタバタ死ななくてもまあいいとは思うのですが また、ろくでもない展開になるんだろうなと
★2 - コメント(0) - 2016年10月19日

「聞こえますか。今あなたの頭の中に直接話しかけています」で爆笑した。スノーホワイトの強さが盤石すぎて1巻のあと彼女がどのような道を歩いてきたのか気になる。外伝なぞあったかしら / みっちゃんの戦闘は面白いなあ。めだかボックスの言葉使いのようだ。まあアレほど捻くれてないけど。
★1 - コメント(0) - 2016年10月14日

いつ読んでもやっぱり面白い! けど…この巻は一番消化不良かなー。 ジョーカーが長かっただけにちょっと物足りない。 スノーホワイトは相変わらずかっこいい。 この先も、もっと活躍していただきたい
★2 - コメント(0) - 2016年8月18日

ブルーベルさん、精神操作系はやばいし表紙だしやばいって思ってましたが騙されました。みんな武闘派の中生き残ってるのでやっぱりやばいのかもしれません。今回はアレが少ないので次巻はやばいです。
★1 - コメント(0) - 2016年6月12日

表紙のキャンディちゃんもう少し活躍して欲しかったなあ。とはいえ 今までと違って世界の核心へと近づいている感じ。1年も待ってられないな、次早く!
★1 - コメント(0) - 2016年5月6日

【2016-018】
- コメント(0) - 2016年4月15日

★★★ なんか物足りない。 切り良く終わらせてほしいな。
- コメント(0) - 2016年4月10日

1人の魔法少女を巡って魔法の国の3つの勢力の対立が起こる話。おかしい、まほいくを読んでるのに脱落者が少ない。十分面白かったんですが、全体的に次巻への繋ぎのイメージが強かったです。というわけで次巻も楽しみです。それにしてもフレデリカはやること為すこと全てがエグい……。
★31 - コメント(0) - 2016年3月30日

制作ufotableとかになんねーかな。
- コメント(0) - 2016年2月21日

前巻はいまいちだった能力戦が今回はなかなか捻ってあって良い。内ゲバの詳細が徐々に明らかになりつつあり、スノーホワイトとリップルの再会もあり、これは物語も折り返しに入った感。さすがにネタが苦しくなってきたのか、魔法少女の能力を募集していたみたいですが、それらを元に今後どんな凝ったバトルを見せてくれるのか、アニメともども楽しみ。
★2 - コメント(0) - 2016年2月20日

魔法少女界の枢軸みたいな連中がいろいろと出てきて、みんな何かしらのものを裏に抱えていて、相当きな臭いことに。スノーホワイトが歴戦をくぐり抜けた浪人みたいな風格で、1冊目の彼女を思い浮かべると悲しいものがある。この流れだと、スクラップ&スクラップな未来しか見えない。
★6 - コメント(0) - 2016年2月7日

あんまり人死にがでなくてよかったね(ただしシャッフリンは除く) プク・プックの怖いところは欺く能力でなくて本心からズレているところかしら デザインはパトリシアが気に入ってたんだけどねうん速かったね シナリオ 20 イラスト 17 設定 20 キャラクター 17 総合 74
★1 - コメント(0) - 2016年1月22日

面白い。確かに面白い。だが緊張感が薄れてきたのは事実。今までは巻頭カラーの魔法少女紹介に乗っている魔法少女は、どんなに強キャラだろうが主要人物っぽいキャラだろうが、死の可能性が均しくつきまとう雰囲気があったのに、今じゃスノーホワイやリップルの生き残り組が紹介されていても、どうせこいつら生き残るよなぁとしか思えない。もっと以前の緊張感が欲しい。
★8 - コメント(0) - 2016年1月8日

副題ACESとは魔法少女のエースかと思いましたが、トランプのエースでした。前作がJOKERSでしたからね。それに表紙も完全にミスリードで、エースとは全く関係なかったです。この巻はこれまでに生き残った魔法少女の登場が今まで以上に多かったですね。キャラ紹介でも1/3を占めています。前作は魔法能力は力技が多かったですが、今回は個々の特性を活かした戦闘でした。物知りっちゃんの魔法は物体名称の1文字を残して、変更するですかね?それにしてももう誰が強いのかよくわからないです…
★4 - コメント(1) - 2016年1月3日

舞台が何らかの閉鎖空間ではないせいか、既刊よりも緊張感は低め。しかし、これまでよりも結末が読めない構成になっています。スノーホワイトさんが歴戦の兵過ぎて最早「少女」ではなく「兄貴」と呼びたくなるオーラを醸し出しています。魔法の国内の内戦とも言えるこの状況の到達点はどこにあるのか? 結末が楽しみです。
★8 - コメント(0) - 2015年12月30日

今回は物理的エグさよりも、精神的エグさが強かった気がします。今後はなんとなく“スノーホワイトさん”と敬称をつけて呼びたくなりました。今後が気になりすぎる。
★5 - コメント(0) - 2015年12月12日

まほいく第5幕!今回は一冊丸々使った幕間というか、次回へ繋ぐ巻だったかなといった印象。全体的に設定や伏線・布石をを撒く役割だった気がする。それでも面白さは健在なのが流石。「覚悟」してる魔法少女ばかりだったせいか初っ端から血生臭かった!ラストの畳み掛けていく展開は続刊はよと言わざるをえないですねぇ。次巻はデカい規模の戦いになりそうな予感……?がんばれスノーさん、リップル。今回のお気に入りはソラミ、みっちゃん、ブルーベル。
★4 - コメント(0) - 2015年12月12日

Aya
今回も面白かった!プフレとシャドウゲールの関係性が好き。アニメ化決定とのことで楽しみ!
★2 - コメント(0) - 2015年11月23日

読了。面白かった。確かにつなぎの要素が強いものの、三賢人の1人の登場、リップルとの再開といった大きなイベントがあったため楽しめた。やはりどの魔法少女も一筋縄ではいかないため読んでいて常に楽しめる。次巻も期待。
★2 - コメント(0) - 2015年11月15日

アニメ化らしい。重版されたみたいで見かけるようになった。 とりあえず、スノーホワイトとリップルに頑張ってほしい。
★3 - コメント(0) - 2015年11月4日

次巻のタイトルは気になる
- コメント(0) - 2015年11月1日

今回は能力戦が面白かった。そして、魔法少女が急に退出する理不尽さも相変わらず。あと、なんだそれって思う鬼畜能力があんまりなくてがっかり。幸子ぐらいかやばそうなのは。表紙を飾っているブルーベルが途中から化けそうでそうでもなかった。ちなみに個人的にみっちゃん戦が一番面白かったです。いろいろ裏で働いている人多すぎてややこしくなってきましたが、続きも楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2015年10月24日

魔法少女育成計画 ACESの 評価:64 感想・レビュー:105
ログイン新規登録(無料)