異世界居酒屋「のぶ」四杯目

異世界居酒屋「のぶ」四杯目
281ページ
257登録

異世界居酒屋「のぶ」四杯目はこんな本です

異世界居酒屋「のぶ」四杯目の感想・レビュー(192)

3巻、4巻は文庫化待てずにソフトカバーで購入。5巻の発売がまだ未定?早く続きを!醤油を巡って新しい仲間⁈自分なら10数年振りに日本食を食べれる!ってなったら何が良いかなぁ..なんて想像してみたりして(笑)ハンス頑張れ〜!
★60 - コメント(0) - 1月20日

大豆、醤油の問題から異世界の道の謎が進展するお話し。  新しい料理、新しい仲間(お客)、新しい二人の命。  そしてみんなで仲良く二日酔い。(笑)
★19 - コメント(0) - 2016年12月29日

ローレンツ、ブランデーをついでに買うとは、酒呑みだ。しかも面白い!ホルガー、ユーモアがあるやん。皆で一緒な二日酔い・・・。 今回の犠牲者は、ロンバウト。のぶの仕出し弁当、食べれていいな!美味かったけれど、心中穏やかならず。 依田さん、帰ってこれてよかったね。孫もできたし・・・。奧さんも自分のせいではなかったと知ったら気が休まるだろう。
★5 - コメント(0) - 2016年12月7日

醤油職人登場。これでハンスも一安心?でも輸入するのも大変そう。扉のことも少し分かって今後も楽しみ。十数年日本食断ちした後に食べる最初の日本食。私だったら白米と味噌汁と何か。この何かが難しい。
★5 - コメント(0) - 2016年11月9日

★★★★★
★1 - コメント(0) - 2016年11月8日

図書館で借りて読了。何故か存在したショーユ、それは醤油職人がいたからだったのか!まさか、日本から来た人が他にもいたなんてね~!依田さんはもう出ないのかな?遠いトコに住んでるようだし・・・日本とこの異世界は何で繋がってるんだろう。この先その謎は解けるのかな?
★5 - コメント(0) - 2016年11月7日

★5
★1 - コメント(0) - 2016年10月27日

四杯目になって、筍に驚かない女性や、何故かこの世界で造られているショーユなど、物語が次の段階に向けて展開し始めましたよ!
★11 - コメント(0) - 2016年10月8日

やっと読了しました。今回は、いつか来るであろう選択をしのぶや大将より先にした人の話が良かったと思いました。日本食を食べられなくなるなんて、今の私にとっては考えられない事です。久しぶりに食べた、日本食。どれだけ美味しくて、嬉しかった事だろうと思います。思わずウルッときました。そして、ヘルミーナとベルトホルトさんおめでとう。良かった。そして、エーファの発する言葉、笑いながら頷きました。
★7 - コメント(0) - 2016年9月30日

★★★★★文庫が待てなかったので、Web版。カレーにはソース派。裏口が使えなくなったら…覚悟が必要ですね。
★4 - コメント(0) - 2016年9月17日

登場人物が多くてなかなか覚えきれませんでしたがここまできてやっと登場人物のキャラが私の中ではっきり認識されてきました。
★5 - コメント(0) - 2016年9月13日

たまごかけごはんと醤油かけカレーの破壊力。今日は絶対たまごかけごはんだ。ハンスの腕がめきめきあがっていて、ミルクスープも大好評。探し人の醤油職人もご来店。この世界に他にも日本人がいただなんて。日本と古都がつながっているのも奇跡のようなものだもんな。帰れなくなるとか考えるとこわい。古都もますます賑やかになりそう。
★6 - コメント(0) - 2016年9月9日

道は一つだけじゃなかったんだ。依田さんとこの道とノブの道と何かつながりはあるのだろーか?まさかの醤油問題がそんなふうに解決するとは…
★2 - コメント(0) - 2016年8月21日

わたしもカレーに醤油派ですが、何か・・?他にも異世界通路があったり来ている人がいたり。思わぬところでお醤油問題が解決して良かったよかった。水路が出来たらまた流通が活発になって色々なものや食材が入ってきそうでこの後も楽しみ。ノブ大将は見た目強面っぽいけど喋り口調はソフトで優しいですね。・・しのぶちゃんとどうにかなるのかならないのか・・勝手に脳内でカップリング論争会議が始まる前に、しのぶちゃんと何かあるようでしたら早めにフラグ立てといて!(笑。異世界の子でもいいかもですけどね・・!)
★4 - コメント(0) - 2016年8月21日

★★★☆☆ 異世界居酒屋グルメ小説4作目、ハンスの成長や新キャラ、そして異世界にも存在した「ショーユ」についての物語、ベネディクタさん可愛い。内容や文章は安定。私見ですが、文章の技巧が上がっているのか、最初の頃と比べ、グルメ表現の魅力がより増している気がする。取り上げるエピソードも上手く、全体的に作品の質が向上しているという印象。ストーリーの方も、ハンスの飛躍的な成長っぷりが心地よくなろう系主人公かな?と思うほど、加えここに来て異世界召喚ものでは定番であるイベントにより飽きさせないつくり、うん面白いわ
★3 - コメント(0) - 2016年8月2日

安定の4巻目。ちょっとマンネリ気味だった3巻目だったが、ハンスの成長や、第三の日本人登場で主人公二人の心情の変化を感じた。次巻に期待
★4 - コメント(0) - 2016年7月30日

あれ?話がとんでる。読メの記録を見て3杯目を飛ばしていることに気がつきました。新刊で入れた時に先に借りられてしまいその間続々と読みたい本が入り、戻ってきても後回しにしていました。そんな訳でいつの間にか増えたのぶの従業員に戸惑いながらもすんなり入れました。今回のぶに関するトラブルはありませんが。弟子のハンスが腕を上げてきたり、帝都に新たな動きが出てきて変化を予感させます。そんな中タイショーが今後について考え初め、折も折この道の大先輩と出会うことに。彼のこの世界での生き方に答えの一端を見いだしたようですが…。
★6 - コメント(1) - 2016年7月27日

3巻目はイマイチだったのですが、今回は面白かったです。日本との通路が他にもある?! しのぶとタイショー以外の日本人が初出演! しかも、醤油職人。初めて、日本に帰れなくなった場合を考える二人。この設定って、突然終わってしまう不安定さがありますね。
★42 - コメント(0) - 2016年7月18日

今回は事件のスケールこそこじんまりしてるけど、心情的には結構重要な話だった気がする。異世界の扉が開く基準がよくわからないけど、、、、。異世界にのぶ関係者以外にも日本人がいるというのは、他の異世界ものの様な貴種流離譚+無双とは異なる路線であることを感じさせてくれて、そろそろ飽和ぎみだった異世界ものの可能性を見た気がした。
★8 - コメント(0) - 2016年7月3日

物語が少し動き始めた。早く次が出ないかな~
★5 - コメント(0) - 2016年7月1日

図書館本。シリーズも四冊目になると登場人物が増えて大変。更に日本産醤油職人まで!今回も居酒屋メニューグルメ堪能です、でも一番良かったのは卵かけご飯!まだ続きはあるのかな?
★20 - コメント(0) - 2016年6月29日

FF5
のぶも4杯目ということになるとかなり安定してきた印象がありますが、豚の○○揚げに関してはなるほどなあ、という印象。今度作ってみたいですね。そして、ヨダさん。確かに今まで触れてこなかったからこそ生きてくる題材ですので、確かに良い所をついてきました、引き続き楽しい飯テロを見せていただきたいですね。
★4 - コメント(0) - 2016年6月5日

異世界にやってきた別の日本人が登場する4巻でした。/ハンスがメキメキと腕を上げ、ベルトホルトとヘルミーナの子どもが産まれるといったあたたかい話が多かった印象です。エーファの出番が少なかったことは少し寂しいですが。/新キャラのヨダが日本人というのは面白かったです。ハンスの悩みも解消され今後が楽しみになってきますね。それはそうとハンスとリオンティーヌはそろそろくっついちゃえばいいと思います。
★4 - コメント(0) - 2016年5月31日

シリーズ4作目。[のぶ]もすっかり異世界に馴染んでいます。今作、同じように日本から異世界にに来た人が登場するのですが、見よう見まねでなんと大豆から醤油を作っています。故郷を離れたら、その味が懐かしくなるのかな。もし自分がヨダのように異世界から帰れなくなったらと思うと恐ろしいですね。
★3 - コメント(0) - 2016年5月24日

4冊目 常連客の登場人物達が常に先に進もうと一生懸命なのが良いですね。弟子に教える為にタイショーまで和食以外の幅を広げたいと色々と試作したりと。玉子かけ御飯も醤油職人に食べさせる展開なのが良い美味しそう。異世界じゃなくても食のローカライズはあって当然、次巻はハンスの創作日本料理に驚かされたい。
★6 - コメント(0) - 2016年5月24日

図書館本。3巻が抜けてしまいましたがもうすぐ来るはずなので先に読むことに。異世界に繋がるドアの秘密が少しわかったようなわからないような。今回もほっこりするいいお話ばかりでした。卵かけごはん美味しいですよねぇ。
★8 - コメント(0) - 2016年4月24日

【16-64-4-9】図書館。今回もとてもほっこりします。ハンスの成長やのぶさんたち以外にも異世界に日本人が!など、いろいろなお話がてんこ盛りでお腹いっぱいです。
★7 - コメント(0) - 2016年4月23日

ランチが始まり、ハンスもメキメキうでをあげてきて楽しみ。既刊は読み終わったので次が出るまでゆっくり待とう。卵ご飯が食べたくなった。
★7 - コメント(0) - 2016年4月23日

春を迎えた古都アイテーリア。料理人として店を構えるために、「居酒屋のぶ」で修業に励むハンス。そんなある日、連合王国から来た商人が所持していた豆が「大豆」だと気づき、さらに、大豆の入った壺からは「醤油」の匂いが・・・「醤油」が手に入るかもしれないと、すぐにでも連合王国へと確かめに行きたいと思うハンスだったが・・・
★23 - コメント(1) - 2016年4月13日

今回も美味しそうな料理がてんこ盛り。ハンス君の成長が著しくて頼もしいな。ちょうどシーズンに入ってきたし、タケノコ尽くしのお料理が戴きたいよ~。
★17 - コメント(0) - 2016年4月11日

同じように日本からこの世界に住んでいる人登場。相変わらずおいしそうな料理。料理自体は珍しいものではないけどおいしいお酒と一緒に食べたくなる。主人公たちだけじゃなくサイドに登場する人たちのお話がとても細かく書かれているので自分がそこにいるような気になってしまいます。
★9 - コメント(0) - 2016年4月9日

そろそろ結末への着地点が見えてきたかなと云う今回の話。は兎も角、基本的に肝臓に容赦ない……腹にも。
★4 - コメント(0) - 2016年4月3日

止まらないまま買い続けてようやく追い付きました。今回は異世界との繋がりに食い込んだ登場人物が現れて。どうなることかと思ったけど今までの雰囲気でまるく収まりそう…と思ってたところ予想外にしんみりしちゃいました。ヨダさんの強靭で強かな心が卵かけご飯とカレーで満たされてよかったです。続きも楽しみです。
★42 - コメント(0) - 2016年3月30日

ご飯がおいしそう、よりもメインは、人それぞれの出来事に。美味しそうなものはやはり美味しそうだけど、眼目がそこではなくなってきている感じ。弟子の成長っぷりや、国家間や商人たちのやり取り、子どもが生まれたりも。しかし何と言っても、この世界にも醤油が、というところから繋がっている他にも「神隠し」に遭っていた日本人がいた、というのが衝撃。顛末はほのぼのとしているけれど。まだまだ先が楽しみ。
★13 - コメント(0) - 2016年3月27日

早くも四杯目。異世界にも「ショーユ」が有るかも!?を主旋律にハンスの精進の日々が描かれる。失脚したバッケスホーフの商圏を狙って、ビッセリンク商会の御曹司ロンバウトがやってくる。切れ者の彼が見つけたものと提案。そしてヘルミーナの出産。 p.195「向かないことに無理に取り組もうとしなくてもいいのですよ。貴方には、貴方の天稟がある」自分の出来ることを出来る範囲で真摯に積み重ねるってことですかね。
★21 - コメント(0) - 2016年3月25日

ついに異世界でショーユが見つかった!? “居酒屋のぶ”に大きな転機となるのか? の第4巻。
★5 - コメント(0) - 2016年3月19日

ちょっと奥さん酷い。★★★★☆
★4 - コメント(0) - 2016年3月13日

十数年前に、日本から異世界へ移り住んた彼がやって来た。読んでいると、いつも飲みたくなっちゃいます。やはり、読むのは夜なのかな(笑)
★12 - コメント(0) - 2016年3月12日

ハンスの成長が楽しみ
★4 - コメント(0) - 2016年3月9日

息子が大人買いしてきたので、大人読み(!?)(笑)。新たな展開ですね。霊力の強そうな守護がついているので大丈夫でしょうが、閉ざされて仕入れやライフラインが途切れると店も存続の危機!!それにしてもこの二人には恋愛感情はあるのでしょうか?
★13 - コメント(0) - 2016年3月7日

異世界居酒屋「のぶ」四杯目の 評価:82 感想・レビュー:82
ログイン新規登録(無料)