スクールライブ・オンライン 8 ラストマン・スタンディング(後) (このライトノベルがすごい! 文庫)

スクールライブ・オンライン 8 ラストマン・スタンディング(後) (このライトノベルがすごい! 文庫)
348ページ
68登録

スクールライブ・オンラインラストマン・スタンディング(後) 8巻の感想・レビュー(42)

完結。皆幸せになっての大円団ですね。白熱のバトルが多くて満足でした。熱血だったりで好きな登場人物が多い作品でしたが、唯一ラスボスの会長だけ好きになれませんでした。最後はラスボスらしく頑張ってはいましたが。他の城主と比べると人間的魅力低すぎるような……。それ以外は好みの作品でした。
★12 - コメント(0) - 3月12日

白熱のMMORPG×近未来学園小説最終巻。高天原との最終決戦◆熱量が保たれたまま最後までスゴイ面白かった。だからこそ攻め始めてからのタイムスケジュールが過密さが目立ってしまった。ドラゴンボールのナメック星の最後よりははるかにましだけど(笑)また、間に挟まれるギャグもスピード感を削いでいたので邪魔だったな。いままではギャグパートと完全に分かれていましたから。でも、最後までぶれずに無事完結。いい作品をありがとうございました!
★2 - コメント(0) - 2月18日

残り5分が異様に長いことを除けば、落とし所としては上々かなと。あとは、科学考証もうちょいやると現実味が増すのだろうけど、雰囲気を楽しんで下さいという意図として受け取りました。
★3 - コメント(0) - 2016年10月7日

シリーズ通して少数の強者とか気合いでなんとでもなる場面が多々あったのは気になるが、面白かった。
- コメント(0) - 2016年8月26日

完結。やはり最後まで緊張感が足りなかったし、強引過ぎる設定や落としどころも多かったが、勢いで誤魔化しきった。これはこれで技術w キャラクターが成長するというよりも、仕上がるといった感じでで馴染んでいくのはなかなか面白い。結局、某先輩は好きになれなかったが、これは人それぞれか
- コメント(0) - 2016年5月10日

ギリギリの戦いを何とか乗り越えて、大団円。薄氷を踏むような状況の中を戦い抜いての勝利。もう楽しかったとしか言えません。/主人公以外の気になる連中の恋愛模様やその他諸々のその後もちゃんと描いてくれて、作者さんの狙い通り『思わずニヤけて』しまいましたよ。/途中で絶筆してしまうシリーズも他にいくらでもある中、きちんと最後まで書き切っていただいて感謝です。面白い物語をありがとうございました。自作を期待して待ってます。
★2 - コメント(0) - 2016年4月24日

祝☆完結。最後は危ない橋渡りすぎだったけど、主人公の友情努力勝利がきっちり描ききれていた作品でした。一人ひとりの想いがあると憎めないずるさと人間らしさが終始出てて良かったです。
- コメント(0) - 2016年4月17日

シリーズ読破!アプデ前最後の攻城戦のお話。《高天原》第一層からラストの会堂戦までを一冊に留めたため物足りない気分にもなりつつ、とても迫力のある戦闘シーンにドキドキしました。《ART》の真相や沙耶との約束などが解禁されてとてもいいラストでした!みんなが結ばれて良かったです。次回作も楽しみにしてます!とても好きな作品になりました!あとがきに「品薄」でご迷惑をおかけしましたと書かれていたのには思わず「探すのが大変でした」と思ってしまいました笑
★4 - コメント(0) - 2016年4月10日

まさに大円団。みんなが幸せになって終わる、これ以上無い終わり方だったと思います。ただ、流れで無理やりペア組ませてる感がある2人組は残念。これで終わるのは寂しいですが、先生の次回作を楽しみに待ってます。お疲れ様でした。
★13 - コメント(0) - 2016年3月31日

最終決戦の舞台、ランフィード城を根城とする高天原との戦い、単独で落とせるはずもなく連合軍で戦うべくとった手段はなかなか傑作でした。迷子天使がバシリス城を落とせるか… ここの描写が欲しかったです。そして決戦の舞台、特に第1層でのバトルが白熱し、敵味方が交錯するシーンが面白かった。無敵艦隊、淑女の社交場、迷子天使が揃うところは目を瞠る興奮がありました。そして第2層もその流れを汲みますが、磯辺先輩との闘いと秘密…これは長かった。この物語の面白さは多様なキャラの絡みやボケ、特に瀧先輩の言葉の暴力だったと思います。
★6 - コメント(0) - 2016年3月21日

最終巻は分かり易く盛り上がる王道展開で、最後まで正道を歩んだ作品でした。ラブコメとしても納め過ぎなくらい決着をつけて、よくまとまった好シリーズ。とりあえず完結おめでとうございます。
- コメント(0) - 2016年3月19日

ボスラッシュの最終巻。清々しい大団円。きれいに終わったなぁ。最後の会堂、ちょっとキャラが変やけどw。
★4 - コメント(0) - 2016年3月17日

完結。最終巻というだけあってバトル&バトルの連続だった。各バトルにキャラの見せ場があり熱かったな。途中で黒幕が分かったり、会長か妙に小物臭かった理由も判明し納得。大団円でみんなが幸せに終わったのも良かった。1巻から零央から想像できないほど成長したな。次回作も楽しみに待とう。
★18 - コメント(0) - 2016年3月15日

ついに完結の8巻でした。ハッピーエンドです。/内容としては、《高天原》との最終決戦です。最初から最後まで熱いバトルをしっぱなしでした。/主人公もそうですが、それ以外のヒロインやライバル、全てがかっこつけていきます。見せ場の後にまた別のキャラの見せ場がやってくるのでテンポよく読めて楽しかったです。/最後は大体の恋愛模様に決着や終着点を見せてから零央と沙耶がイチャついてます。落ち着く所に落ち着いたって感じですね。/一ファンとしてはこの先の攻城戦も読んでみたいと思いました。
★6 - コメント(0) - 2016年3月14日

終わっちまった…涙 最終巻クライマックスということでバトルメインの内容でしたが、話の腰を折らない程度の笑いが随所に挟まれたおかげで、全体にメリハリが生まれ、最後まで退屈することなく読了。やはりこの辺の物語の作り方が、木野さんという作家は本当にうまい。意外な黒幕の正体などがありつつも、おおよそ予定調和的な着地点。けれど主要キャラのその後をきっちりと描いてくるあたり、作家がキャラの一人一人を非常に大切にしていたことが窺われ、非常に心地いい読後感でした。次回作にも期待大。でも今度は学園ラブコメが読みたいかなあw
★9 - コメント(0) - 2016年3月13日

二大ギルド「無敵艦隊」と「淑女の社交場」の「侵攻」開始宣言により騒乱状態となった「攻城戦」最終局面、終了時間まで残り30分…! 8巻最終巻でした。前後編二分割となったのが納得出来る熱い展開が今巻でも待ち構えていた! 剛田先輩や美作先輩に杏奈先輩、他にも各ギルドメンバー等々、零央たちが関わってきたみんなにちゃんと見せ場があって、零央の掲げる信念が体現されているのを感じられて良かったわー。それぞれの関係性の下に成立したカップルだらけなカンジのエピローグも良く。中でもユマ&剛田先輩ペアは見ててニヤけちゃうよねw
★7 - コメント(0) - 2016年3月12日

ついに完結。思いっきりハッピーエンド。リア充爆発です。 《高天原》との最終決戦、黒幕が篁ではなかったというのは、予想外だったが、それでも、皆がそれぞれの立場で、自分の思う道を進んでいて、そこにすれ違いがあって・・・。 第1巻を読んだ時からは、予想もできなかったほどの充実ぶり!おもしろかったです。主人公が(SAOのキリトのように)強すぎないのがポイントかな。
★5 - コメント(0) - 2016年3月11日

大団円! ユマたんかわいすぎてニヤけた。忍足や穂村先輩も前に進んだし、会堂もきちんと決着。その他あちこちハッピーエンドでおいしゅうございました。零央は成長したなあ(しみじみ)。かっこいいぞ男の子! vs轟は笑った。徳永は最後までぶれないな……。みんな大好きです。完結は寂しいけど本当に良かった。これまでありがとうございました。
★9 - コメント(0) - 2016年3月11日

完結。バトル連戦。合間に入るコメディは面白かったが、やはりバトルシーンが熱い。ラストはメンバーそれぞれが未来に向かって進んでいく。幼なじみ大勝利に満足。良い作品に出会えた事に感謝。次回作にも期待。
★5 - コメント(0) - 2016年3月11日

あ~、終わってしまった・・・好きなシリーズが終わってしまうのは残念。次回作も期待します。お疲れ様でした。
★3 - コメント(0) - 2016年3月11日

良い最終巻だった。学園VRMMO闘争最終巻、実にアツい展開だった!!……と、言いたいがちょっとギャグ多くなかった? 木野先生がコメディ好きなのはなんとなく察していたが、もうちょっとバトルメインでもよかったかなと思う。だがそれ以外は最高だった。主要キャラ全員にうまく見せ場を作りつつ、苦戦もさせる。ミスリードにも綺麗に引っかかってしまったし。意図に飲み込まれたとしか言えないな……。そして誰も不幸にならない完全な大団円。最高でした。1巻を絵師様買いしたのが懐かしいです。素晴らしい物語をありがとうございました。
★10 - コメント(0) - 2016年3月10日

大団円。まさしくあとがき通りのハッピーエンド。 攻城戦も最高潮。《心の欠片》は他の城主ギルドを巻き込み《高天原》に挑む。学園最強の力に仲間と力を合わせ挑む零央。最強ギルドの数の力、樋口先輩の破壊力、磯辺先輩のチート、そして会堂の絶対的な力。それらを前に剣を振るう零央と、零央のための道をつくる仲間を見て、一人でレコードを集めるだけだった零央の成長の証を感じられて感慨深い。所要人物だけでなくどの人物も本当に魅力的で、それぞれの信念を貫き通すところがかっこよかった。 本当に素晴らしい物語をありがとうございました
★9 - コメント(0) - 2016年3月10日

ついについにの完結編。誰も不幸にならない、悪役もいない完璧すぎる終わり方。男の子が戦う理由なんて、女の子がみてくれる、それだけで十分なんだと教えてくれる。シリーズ8冊。とにかく面白くなろう、しようとする気迫があふれてくるような本だった。なんだけど、なんだけど、ここまでひっぱいておいて沙耶とのいちゃいちゃがぜんぜん足りないんですけど! ほんと、それだけが不満点。
★3 - コメント(0) - 2016年3月9日

VRMMOを授業に取り入れた世界を舞台にした学園物語の最終巻。《無敵艦隊》のヴァストゥーク城攻略宣言をきっかけに、最終決戦が始まる話。誰一人として不幸な人を出さない、これ以上ないくらいのハッピーエンドでした。メインキャラ全員に見せ場を作り、それぞれが胸の中に秘めた想いを爆発させた戦闘シーンの数々は最終巻に相応しい盛り上がりと迫力があったと思います。エピローグできっちりとその後も描いてくれたし、不満要素を残さない見事な1冊でした。作者さんの次回作も期待してます。お疲れ様でした。
★34 - コメント(0) - 2016年3月9日

たった三名によるレグヌム城陥落を成功させた零央たちに沸き立つ校内。共闘を申し込んでいた《無敵艦隊》からいきなりのヴァストゥーク攻城宣言で事態が動き出すシリーズ完結巻。なるほどなあと思わせるような構図の変化から、主要キャラにもそれぞれ見どころをきっちりと作る攻城戦、そして戦いの中で明かされてゆく真実と因縁ある会堂との最終対決と、最後まで読み応えのある展開はとても素晴らしかったです。エピローグではきっちりとその後の顛末を丁寧に描いてくれていて大円団。終わってしまったのは残念でしたけど、次回作も期待しています。
★26 - コメント(0) - 2016年3月8日

最終決戦に相応しい苛烈な戦況に派手なバトルシーンのどちらもあるが戦う彼らが声高々に叫ぶのは、惚れた女に格好良いところを見せたいという男の意地、仲間との友情や信頼の大切さ。素晴らしい青春でした! 読んでいるだけでもこっぱずかしくておじさん赤面してしまうよ。
★4 - コメント(0) - 2016年3月7日

完結。誰も不幸になることがないこれ以上ないハッピーエンド。こういうのが読みたかった。好きな女性キャラが主人公以外と結ばれる(もしくは今後結ばれるであろうと予想できる)のは正直少し辛いものがありますが…。読後感は爽やか。バトル中の剛田先輩のセリフが芝居がかってたのには少々違和感を覚えましたが,バトル描写やストーリーは濃く,満足度が高い。ただ,ラストで○○(発売前なのでとりあえず伏字)していることが判明しましたが,まだ現実でキスすらしてないのはどういうこと?キスじゃなくて情事を見せろ(違
★7 - コメント(0) - 2016年3月4日

今読んでいるみんな最新5件(3)

03/30:ツバサ
03/13:アウル

積読中のみんな最新5件(12)

07/11:
06/30:ヨシ
06/12:カムル
04/30:晦夢

読みたいと思ったみんな最新5件(11)

02/07:zelx
05/29:TArai
03/25:霧崎寧々
03/21:海風麻華
スクールライブ・オンラインラストマン・スタンディング(後) 8巻の 評価:100 感想・レビュー:28
ログイン新規登録(無料)