• 【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)
あらすじ・内容
2017年 第15回
『このミステリーがすごい! 』大賞
大賞受賞作

治るはずのないがんは、
なぜ消滅したのか――

余命半年の宣告を受けたがん患者が、
生命保険の生前給付金を受け取ると、その直後、
病巣がきれいに消え去ってしまう――。
連続して起きるがん消失事件は奇跡か、陰謀か。
医師・夏目とがん研究者・羽島が謎に挑む!

医療本格ミステリーの傑作が誕生!

辛口の選考委員たちが口をそろえて絶賛
史上最高の医療本格ミステリー。
こんなとんでもない謎を正面に掲げるとは前代未聞、大胆不敵。
大森 望(翻訳家・書評家)

まったく見当のつかない真相。
謎の設定がとにかく素晴らしい。
香山二三郎(コラムニスト)

……etc.

日本がんセンター呼吸器内科の医師・夏目は、生命保険会社に勤務する森川から、不正受給の可能性があると指摘を受けた。夏目から余命半年の宣告を受けた肺腺がん患者が、リビングニーズ特約で生前給付金3千万円を受け取った後も生存しており、それどころか、その後に病巣がきれいに消え去っているというのだ。しかも同様の保険金支払いが4例立て続けに起きている。不審感を抱いた夏目は、変わり者の友人で、同じくがんセンター勤務の羽島とともに、調査を始める。一方、がんを患った有力者たちから支持を受けていたのは、夏目の恩師・西條が理事長を務める湾岸医療センターだった。その病院は、がんの早期発見・治療を得意とし、もし再発した場合もがんを完全寛解に導くという病院。がんが完全に消失するのか?いったい、がん治療の世界で何が起こっているのだろうか――。



※この物語はフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物、団体等とは一切関係ありません。

あらすじ・内容をもっと見る
325ページ
1470登録

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎はこんな本です

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎を読んだ人はこんな本も読んでいます

罪の声
4133登録

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎の感想・レビュー(398)

このミステリーはすごい。ぐいぐいと引き込まれた。一体結末はどうなるのかとわくわくしながら一期よみしてしまった。300ページを超える作品であるが最後の30ページはとくに驚きであった。本当にあったら怖い話しだ。
★4 - コメント(0) - 3月25日

このミス大賞作だけあって、すごい!と唸ってしまう内容であった。難解な医学知識の部分は、飲み会で一般人である紗希に説明する形でうまく読者にも伝えている。前半では保険金目的かと臭わせておいて、後半に犯人(?)たちの壮大な陰謀が明らかになっていく。副題ともなっている完全寛解の謎の部分も、医学に従事したものでしか捻り出せない実に巧妙な仕掛けで構成されている。登場人物はそれぞれが魅力的であるが、個人的には羽島を主人公にして展開して欲しかった。夏目・羽島コンビでシリーズ化してくれないかな。
★7 - コメント(0) - 3月25日

最初の数ページは、専門用語についていくのに、やっとでした。謎解き、面白かったです。
★3 - コメント(0) - 3月24日

医療知識や専門用語が散りばめられて読み進めるのに手こずってしまいました。腎癌で死去した母が在命中は片っ端から癌について素人なりに調べた経験がある自分には寛解を題材にした興味深い内容で惹きつけられました。しかし、ミステリーとしては期待しすぎたかなぁ。。
★7 - コメント(0) - 3月24日

50
★1 - コメント(0) - 3月24日

このミスはやはりおもしろい!たくさんの広告で謎をどう回収するのか気になって気になって。冒頭であっさりトリックを明かしてミスリード。最後の最後で動機に納得です。次回作を期待。
★8 - コメント(0) - 3月23日

☆3
★1 - コメント(0) - 3月22日

医学の進歩は嬉しいけど…実際にこんなことがあったら…怖いわぁ。専門用語もたくさん登場するけど…がん消失を含めたいくつものトリックと謎解きがどれも興味深く…飽きずに読めました。真相が明らかになるにつれ…ビックリ。ラストの一行に…おぉ~そうだったのかぁ…と驚かされる。けど…こんな医師はいないよね?こんな病院はないよね?注射しても大丈夫だよね?(* ̄m ̄)プッ
★53 - コメント(32) - 3月22日

末期癌が自然寛解してしまう活人事件。面白い切り口だった。癌が人間の手によってコントロール出来る時代がやってきているのかと感慨深いが、医師によって悪用されてしまってはクローン技術や生殖技術の向上然り、人の尊厳を脅かしてしまう恐ろしい科学となり得るなぁとしみじみ。活人事件だけど背筋が寒くなる話だった。
★13 - コメント(0) - 3月22日

第15回このミス大賞受賞作。末期がんの患者が、死ぬ前に受け取ることができる生命保険金を受け取るが、後に完全寛解し、多額の保険金で生活を立て直す。同じような事例が続いたため、医師や保険会社が不審に思い、その謎を明らかにしていく。がん発生ののメカニズムが分りやすく解説されており、トリックは恐らく医者にしか気づけない。そういう意味では王道ではないけど、トリックの解説は明解であり、何段にも衝撃が構えられているため、全く退屈しない。主人公達が最後まで真相に辿り着けなかった作品は、初めてかもしれない。面白かった!
★14 - コメント(0) - 3月22日

基本は、なぜ保険を掛けた末期癌の人が完全に治るのか、という謎につきます。癌治療のみならず現代医療の問題点、パンの食中毒の話、鬱的な傾向の人の文学作品の高度なことへの言及と話題が多岐にわたる部分が面白かったです。会話で重要な部分が進んでいくので、ここがやや平板でたまに誰が誰やら混乱しました。地の文章だったらなあと。あと・・・謎があいても、一般人の私としては医療への不信と(物語とはいえ)気味悪さが先に立ってというのが正直なところ。決してつまらなくはなかったのですが。最後の一行・・・ううむ・・・
★20 - コメント(0) - 3月22日

めっちゃ面白い!理系だからってのもあるけど、すごすぎる!続編に期待!!
★9 - コメント(0) - 3月20日

評判通りの傑作だった。医療関係のリアリティも凄かったが、ともかく怖いわ。がん消滅のトリックは途中で判ってしまったが、自分の健康と命を人質に取られての脅迫は、呼吸促迫になりそうなくらい怖い。小説としては素晴らしい出来だと思うが、二度と読む気にならない。バッドエンドのところが更にイヤ。まあ、被脅迫者への縛りが弱すぎるから、陰謀としては、ちょっと弱いとは思うけど。
★6 - コメント(0) - 3月20日

家族が癌を患った者として非常に興味深かったです。癌治療のあれこれをネタにこういうミステリーにできるんだなぁ、、。最後の最後にビックリ。奥様あんまりです。
★11 - コメント(0) - 3月20日

専門的な用語は流し読んでもついていける。第二章からは一気読みでした。キャラの際立たせ方でオチもスッと入ってきた。
★6 - コメント(0) - 3月20日

医学的知見や今の医療の問題点に関する記述はとても正確で好感が持てる。ただ、ストーリーとしての面白みにはちょっとだけ不満が残る。
★8 - コメント(0) - 3月20日

神様(西絛先生)が、ガンにしたり治したりして、弱者を助けたり、権力者をコントロールしたりするという前半で、登場人物のキャラクタや関係を説明してからの 西絛先生の娘にからまる事件が展開されていく。ミステリ慣れしていない私も楽しめました。ただ、西絛先生の価値観は、理解できないなぁ~
★11 - コメント(0) - 3月19日

文体はすっと読めて、専門的な内容でも入ってきやすかった。ただトリックは自分の知識不足もあり、夏目や羽鳥が行き着いた物より実際のトリックがどれくらい革新的ですごいのかがよく分からず、それができるならそうするよね〜みたいな感じで、医学的にどれくらい現実的なのかがよくわからなかった。また、細やかに書かれてた夏目周辺の人間関係に対してほとんど謎だった西條周辺の関係性がぱぱぱんと終盤に明かされたけど、そこまでの力を手に入れようとする動機が自分には感じられなかった。どこか伏線を見逃してしまっているのかなあ…
★11 - コメント(0) - 3月19日

医学ミステリー初めて読みました。ガンが治って消える事が生命保険が絡むと、こんなミステリーになるのですね。現実には、あってほしくない話だが、ストーリーとしては、最後に意外な真実がいろいろ出てきて楽しめる作品だと思います。
★10 - コメント(0) - 3月18日

ra7
読んでいる途中から微妙だなという感じが拭えないまま読了。これがこのミス大賞なのか?とてもバチスタには及ばない。ミステリーとしてのストーリーの流れが弱いし、登場人物のキャラもあまり際立っていないので面白みに欠ける。謎の設定が賞賛されているようだが、多少なりとも現場を知っている身には、ありえなさが透けてしまい、見事とは思えないし、内容が悪魔的で気分が悪くなる。しかも謎の明かし方も微妙。最後の一文も特に新鮮味がなくて私は驚かなかった。ふーんみたいな。
★7 - コメント(1) - 3月18日

仕事が忙しかったので、やっと読みきった。ガンのこと、これからの治療の可能性もよくわかり、面白かった‼西條先生の取り巻く問題がなんだかかわいそう。最後の講評にもあるが、キャラクターなどの面では、その通りと思うことが多く、人物関係がうまく飲み込めず、苦労した。いろいろな立場で、こうなったらいいなあと思うことがあるが、筋を通すことは大事なのかも知れないが、こうなったらいいなあと思うことも多くある。人間の本来の力の強さを感じると共に、科学の進歩はいろいろな可能性を秘めている。早く救える時代になることを望む。
★38 - コメント(0) - 3月18日

 医学的要素とミステリーの要素がたっぷりつまった傑作です。「このミステリーがすごい」大賞の大賞受賞作だけのことはあります。最後の最後まで驚かされます。
★8 - コメント(0) - 3月17日

医療系トリック。
★3 - コメント(0) - 3月17日

面白いけど、かなりむつかしいミステリ。頭を使ったなぁ~
★13 - コメント(0) - 3月17日

チームバチスタを読んだときのようなワクドキ感満載でとても面白かった。頭良くないけど説明が多くてぎりぎり理解出来たし(説明多すぎる感もあったけどこれは仕方ないか)、ラストの一行でまたアッと驚ける。医療ミステリ作品としては稀に見るクオリティの高いデビュー作だと思う。ただ動機については(他が良かっただけに)かなりもやもやするところもあるんだけど、間違いなくオススメは出来る。
★13 - コメント(0) - 3月16日

最初は多面的な視点から物語が語られ、最後にすべての点と点がつながるミステリー小説。医学的な知識も語られているが、その領域に詳しくなくても楽しめる物語。内容としても全然先が読めないあたり、ミステリー小説として、とても楽しめました。
★8 - コメント(0) - 3月14日

余命半年の診断を受けた低所得層の女性の癌細胞が消えた。リビングニーズ特約で生前給付金を受け取ったあとに。調査に乗り出した夏目は恩師、西條が所長を務める施設で、政財界に影響力のある高所得層の患者の癌細胞も再発後に次々に寛解している事実を知る。連続する奇妙な癌消失。殺人ではなく活人事件!その真相は?興味のある分野なので、ページがどんどんすすみます。視点を変えたトリックになるほどと。救済と脅迫。それぞれ別のカラクリが。間には、動機に繋がる西條の人間ドラマ。後半にはどんでん返し。最後の一行でまた、びっくりでした。
★79 - コメント(0) - 3月14日

2017「このミステリーがすごい」大賞受賞作。さすが。
★7 - コメント(0) - 3月14日

本当にありそうで怖い
★7 - コメント(0) - 3月14日

専門的で難しい~と思ってたけど、中盤から一気読みでした。最後の数ページにびっくり。久坂部さんに似てるかな??面白い医療ミステリーでした!
★20 - コメント(0) - 3月12日

このミス大賞受賞作。がん治療はこんなに凄いのかとミステリーとはちがうところに驚きが。先が気になり一気に読みましたがこんな大きな策略にしては結末にはモヤモヤ感が。
★26 - コメント(0) - 3月12日

がん消滅の謎をメインにした純粋(?)な医療ミステリ。意外に読みやすく頭に入りやすい医療ネタの見せ方もさる事ながら、医療部分とミステリ部分がきちんと絡まって、意外な結末に結びついて、面白かった。
★13 - コメント(0) - 3月12日

想像していたストーリーとはかなり違っていた。面白かったけど、動機や手段がすっと頭に入ってこなかった。もう一度読んだら理解できるのかな?
★10 - コメント(0) - 3月12日

予想もしない展開で、がんの治療を使ったミステリーも初めてということで、先が気になり一気に読みました。最後の最後までどんでん返しで翻弄されました。この展開のためかと思われる西條先生の行動はやりすぎでは? 夏目と羽鳥のコンビが楽しかったです。
★20 - コメント(0) - 3月12日

新聞広告に載っていて気になり、思わず購入してしまいました。 期待しすぎた感があり、中盤まではモヤモヤしつつも終盤に「おー!」となりました。 「このミス」大賞選考された書評の方々のコメントが後に載っていて、そこも興味深く読み、今後の読書がまた楽しみになりました。
★20 - コメント(0) - 3月12日

最後の数ページがすごい。ただ後味は悪いな〜。やたらと復讐が目について、そこまでするか?って共感できない部分が多かった。大賞というほどではない。でもまぁ面白い。
★16 - コメント(0) - 3月12日

末期がんがきれいに治ってしまう。ありえないとは言えず、奇跡的で珍しいこと…だけど、そんな事象がたくさんあれば? 医療ミステリーということで、謎はとても魅力的。でも、何せ動きが少ないのだよなあ…。小説として文章やキャラクターが面白かったかと言えばためらうところ。もうちょっと、情報を削って中編くらいだったら、それでも面白いと思ったかも。エンタメとしては、ちょっともったいないなあ。「手のひらを太陽に~」のオールスターズ、の会話が伏線になっていたのにはびっくり。
★13 - コメント(0) - 3月11日

いやー、面白かったです!途中からはもう読むのやめられませんでした!!ただ、最後のオチはちょっと強引か?なんて思わなくもないかなあ。。。それはそれでイイんですが。★★★★☆
★17 - コメント(0) - 3月11日

日本がんセンター呼吸器内科医夏目は、複数の肺内転移、手術不能の腺がんを余命半年と診断。患者は、生命保険、リビングニーズ特約で保険金の支払いを受けたが、直後病巣は完全寛解。夏目は友人、大日本生命調査部の森川から不正受給の可能性を問われる。そしてさらに同様の事例が3件。夏目はセンター研究所の羽島、森川と調査を開始。浮上する政財界有力者に厚い支持のある湾岸医療センター、理事長は夏目の恩師西條元東都大学教授。「医師にはできず、医師でなければできず、どんな医師にも成し遂げられなかったこと」とは・・驚愕。
★78 - コメント(0) - 3月11日

新聞広告やTVなどで紹介されまくってるので むしろ期待してなかったのだけれど(笑) すごくおもしろかった! がん消滅は嘘か医学の進歩か 予想外のラストに勉強になった まさに 医療本格ミステリーの傑作!!
★12 - コメント(0) - 3月9日

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎の 評価:82 感想・レビュー:188
ログイン新規登録(無料)