平成特撮世代~新時代のゴジラ、ガメラ、ウルトラマンと仮面ライダー~ (映画秘宝セレクション)

平成特撮世代~新時代のゴジラ、ガメラ、ウルトラマンと仮面ライダー~の感想・レビュー(7)

私より3年年上の著者が語る、80年代生まれの特撮体験。何よりも共感したのはウルトラマンティガについてのくだりで、作家性の強く出たシリーズに、「TVって、いろんな人が作っているんだ」ということを初めて意識したのは自分だけではないことに気づいた。自分は特撮を見ると兵器の活躍シーンだけ楽しみにしている、変なオタクだと自認していたけど、各作品に対する評価が著者と驚くほど同じになってしまい、やはり特撮オタクは同じだなとも感じる。そういや、中学生の頃は、本当に円谷プロに就職したかったんだよな…
★1 - コメント(0) - 3月24日

3月19日:百鉄
3月12日:かめ
目次でティガとクウガで1章ずつ割かれていてついに俺たちの特撮批評本がきたぜェ!と勢いよく買ったものの、筆者が少し触れている通り筆者よりも10歳下なのでティガとクウガに対するスタンスが違いすぎて結局そこだけはノれなかった。一方で、平成ガメラ3部作はつい最近みたばかりだったのでとても共感できたし、大絶賛のゴジビオはみたことがなかったのでみたくなった。
- コメント(0) - 3月11日

80年代生まれの著者が子供の頃に見たリアルタイムの体験から、ゴジラや戦隊ものをはじめとした「特撮」について縦横無尽に語り尽くす。空前のドラゴンボールブームとか仮面ノリダーとかコロコロ、ボンボン両誌によるゴジラ映画新作の強力バックアップとか「あったあった!」の連続で、同世代の人ならかなり楽しめる内容。とはいえ著者とは違う世代の人、あるいはもっと評論的な読み物を期待する向きには、物足りない一冊かもしれない。溢れんばかりの『ゴジビオ』推しもいっそ清々しく『シンゴジラ』のレンタル解禁を控えた今読んでおくべき本。
★5 - コメント(0) - 3月9日

読んだ!ほぼ同じ世代。テレビはウルトラもライダーも戦隊もまったく見ていないのでわからないけど、怪獣映画のほうは同じです。好きなゴジラはビオゴジ、好きな映画はスペゴジ、特別な思い入れはデスゴジ。ここはずっと変わらないんだろうなあ。最終章は読めたことが幸福です。
★1 - コメント(0) - 3月8日

pen
90年代から2000年初頭(+少し現在)の特撮作品を振り返る1冊。世代的には著者より下だけども被る部分も多く、平成ゴジラVSシリーズや平成ライダー初期作への当時の興奮や驚きを思い出してしみじみとしてしまう。少し前かと思ったあの頃がもう評論の対象となる時代が来た・・・ということをもっと上の世代も考えていたのかもしれない。
- コメント(0) - 3月5日

今読んでいるみんな最新5件(1)

03/23:

積読中のみんな最新5件(2)

03/04:gu

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

03/22:AkihisaN
03/07:集積屋
03/03:ちゅるふ
平成特撮世代~新時代のゴジラ、ガメラ、ウルトラマンと仮面ライダー~の 評価:100 感想・レビュー:5
ログイン新規登録(無料)