先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫)

先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫)
191ページ
1016登録

先送りせずにすぐやる人に変わる方法はこんな本です

先送りせずにすぐやる人に変わる方法の感想・レビュー(731)

心の働きを活用して、気合いではなく、ロジカルに『すぐやる人』になれる方法としてまとめられている本。パッキングに気をつける!という考え方は自分も気をつけなければと痛感した。To Do リストをパッキングしてメモするのは簡単だが、メモしただけで達成した気になってしまう。掃除をする、というひとつのことでも、居間なのかトイレなのか?具体的にする。やることをざっくりと決めがちだが、細かく決めた方が動き出しやすいし、実行完了しやすい。達成感も味わいやすいのでこれからパッキングに気をつけて分解する作業を取り入れたい。
★19 - コメント(0) - 1月13日

★★★☆☆:①快楽を捨てること(テレビを消す)にまず集中し、苦痛を選択すること(掃除を始める)と同時にやろうとしないこと!②脳は細かいことをパッキング(部屋を片づける)し、リスト化するとそれだけで満足してしまう。作業を細分化して、考えずに1つずつ潰していくこと。③仕事と違い、片づけやダイエットは期限がないし、ご褒美作戦はタスク達成が不可欠なものにしないと意味がない。④結果ではなく数にフォーカスし、こなしていく。⑤気合いを入れすぎず、気楽にやるのがすぐやる近道。⑥やりたいことをアレコレ挙げない。絞る。
★3 - コメント(1) - 2016年12月18日

ak
こういう心理が働くからこうだ、という説明がわかりやすく、気合い入れてこーぜ的アプローチだけではないのが、とてもよかった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月27日

パラパラと再読。目標を立てる前に、しばらくやってみてそれを数値で記録してそれに合わせて実現可能なレベルの目標を立てるとモチベーションを刺激しやすいらしい。
★1 - コメント(0) - 2016年10月22日

kot
「すぐやる人」とは程遠い人間の私にとって、色々と気付かさせてくれることが多い本であった。「未来の自分はつねにいまの自分よりも有能で素晴らしい」と思うことが「錯覚」だったことに気付かされたことや、多くの場合「実際にできあがってくるもの」は「完成イメージ」よりも下であること、など。未来の自分をイメージすることができない段階では、自分の考えにあまり期待をしてはいけないのだろう。生産性を上げるためには、適度に自分を疑い自覚的になるところから始めるしかないと思った。
- コメント(1) - 2016年9月30日

自立心が求められる現環境において金言多く、VCの仕事にも役立つ点あり。ベンチャー起業家にたまにいる「大きすぎる夢を語る夢想家」には気をつけろ(理由:大きすぎる夢と地味な作業のギャップに負けるため)」。タスクは極限まで小さくTodoの分解を心がけよ。エネルギーが充実している朝一にTodoListの優先順位を深く考えずにバッとやってしまえ。結果を気にせずに、トライする数に集中せよ。誘導タスク、現状維持しながら行動できることをする(歩>走)、すぐやる人は物が少ない、宣言実行報告。他人効果利用(ジム・勉強室)
- コメント(0) - 2016年9月19日

実感していることを多々書かれており、非常に納得。通勤中なのに、どんどん読み進めてしまいました。 一個人の仕事の進め方にも参考になりますが、仕事全体の進め方にも参考になるなと。 大きな変化を求めないというのが一番肝要かなと思いました。仕事を進めていくうえで、どうしても多くの人とかかわっていくと、どんなに大事なことでも、大きく変わるものはよほどのことがない限り変わっていかない。なら、少しづつ変化させていき、時間がかかっても、目的の姿にいけるようにすればいいのかなと。 動く道筋は、細かくばらせばいいわけですし。
★1 - コメント(1) - 2016年9月5日

最近、面倒だと思うような事が多く、行動に移すことが億劫になってたので、一読。とても読みやすかった。未来の自分に期待しない。今までの自分は、まさにこれだ!と思った。「未来の自分は今の自分よりも素晴らしい」心が痛いなあと。大切なことは、未来の自分が手をつけやすくしておくこと!実践していきたい
- コメント(0) - 2016年8月9日

読みやすく、ざくざく読んだ。前半「なるそど!」と感じたことが後半には「ん…??」と思ったことがちらほら。できない時はこの本が誘導タスクになれば良い
★1 - コメント(0) - 2016年7月7日

すぐやります!
- コメント(0) - 2016年5月19日

自分にとってとてもタイムリーな話題だった。何かを始める際、ついつい面倒ばかり考えて先延ばしにしてしまう。でも、「完璧じゃなくてよい。」という考え方は気持ちを楽にしてくれた。 タスク化するときは、抽象的にパッキングしてしまうのではなく、行動に移せる言葉で。・完璧じゃなくてよい。メールが来た時点で下書きをしておく。質は良くなくても期日を守る人の方が印象がいい。・細分化し、今すぐできることを探して行動に移すこと。
★1 - コメント(0) - 2016年4月27日

読了!
★1 - コメント(0) - 2016年4月17日

PCの隣にスタンバイしてある、編み途中のレース編み。いきなり手が止まって5日。なんとかしたくて読んでみました。が、いまだ先送り中。すぐやる人になる日はいつになるだろう。
★1 - コメント(0) - 2016年3月29日

優先度を比較する前に動き始めてしまう、分解する、結果を気にしないで数にフォーカスする、とりあえずやらない、そもそもを考える、やりたいことを増やさない、自分はすぐやる人だと決める、やりたくない理由のなかでも最大のものを書き出す、先送りを記録する。55個中の取り入れたいこと。
- コメント(0) - 2016年3月20日

・予定表に一言で書き込まない、実行できるとこまで分解、段取りを明確にしてから行動 ・夢想的グズに注意 ・誘導タスクを用意 ・カウントダウンとカウントアップを活用して作業する ・葛藤はエネルギーを浪費する、可視化しよう ・先行逆転に気をつける、ディストラクトするのは特にインターネット ・メールの下書きだけ書いとく ・ミスログをとる、意識できてないと無理 audible
- コメント(0) - 2016年3月12日

オーディブルでききました。 すぐやる。すぐやる。 よくよく考えたら、自分はすぐやる。人なんじゃないか?と思いました。貯金、ダイエット、嫌なこと。なんでもかんでもすぐりたいね。
★4 - コメント(0) - 2016年3月2日

うーん… 「すぐやる人はモノが少ない。すぐやれないのは、すべきことを選択できていない。」かな。
★5 - コメント(1) - 2016年2月9日

http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/1e01f292b745ba8d1d361c43bea3c745
- コメント(0) - 2016年2月2日

すぐできないことは分解してすぐできることを探す。結果を気にせずに数に着目することが大事。
★2 - コメント(0) - 2016年1月11日

結構参考になる。 後半は無理やり作ってる感じがあるが 実際にどのような作業があるのか 細かく分けるのはいいかも。 やることが明確になるので 実行できそう。
★2 - コメント(0) - 2015年12月25日

hit
(続き)他にも「悩み、怒りがあると、すぐやれない」「大き過ぎる計画を立てると脳が不安になり、警報を鳴らす」「余計なものが周りにあると、『選好逆転』が起きやすい」「やりたいことを増やさない」など、示唆に富む。自分のような「すぐできない人」には参考になる実践的な本。文庫だが、黄色も使っているので読みやすい。
★2 - コメント(0) - 2015年12月20日

hit
「TVを消して、仕事・勉強にとりかかる」。「すぐできない人」には簡単ではない。著者によると「TV視聴という『楽な快楽』を捨てて」、すぐ「仕事・勉強に取り掛かるという、『苦痛を選択する』」のは無理。すぐ仕事・勉強をすると、脳が「ふーん、楽しいことを止めると、次に嫌な未来(仕事・勉強)が来る。大変だ!」と脳が警報を鳴らして抵抗するのだそうだ。なので、脳の警報を防ぐのが先決。まずは「TVを止めたあと、じっとしている」のが正解らしい。(続く)
★2 - コメント(0) - 2015年12月19日

『ルール48:なぜ「すぐやれない」のか分析する』にビリビリきました。本当にそれをする気があるのか?その通りです・・・。
★1 - コメント(0) - 2015年11月23日

いくつか新たな発見があった。パッキングとか夢を紙に書いて満足しない、とか。
★3 - コメント(0) - 2015年10月21日

様々な角度から仕事への取り組み方を解説。先送りせずにすぐやる人になるためにはどうするか。メンタル面の障害を取り払いすぐ仕事にとりかかろう。
★1 - コメント(0) - 2015年10月18日

「あとで出来る」と先送りし、「あと」が大変になってしまう私。 『未来の自分に期待にない』に納得。
★1 - コメント(0) - 2015年10月16日

すぐ読めた。イラスト、寄藤文平さんの絵柄を意識していないか??? 色々納得できる部分あったのに、メモらずに図書館に返しちゃったので次はメモりましょうね、私
★1 - コメント(0) - 2015年10月5日

久しぶりに自己啓発系の本を読んだ。項目ごとに端的に書かれているので読みやすいのはいいんだけど、当たり前のことが書いてあるだけだった。そういうことではどうにもならない「面倒くさい」という気持ちに対する心理学的アプローチがあればよかったな―。
★6 - コメント(0) - 2015年10月2日

身体的なだるさはいかんともしがたいが、やり続けているうちに習慣になってくるかな。
★5 - コメント(0) - 2015年9月18日

古書として購入。 分解する。とか他人効果を使う。とか白紙状態から始めない。とか目次の時点でいけてる感じがした。
★1 - コメント(0) - 2015年9月18日

すぐ読めました。よかったよかった。
★1 - コメント(0) - 2015年9月14日

★★★★★ イラストが分かりやすい
★1 - コメント(0) - 2015年9月4日

86
- コメント(0) - 2015年8月25日

手元にぜひ欲しい本!「快楽を捨て、肩の力を抜き、優先度を比較する前に動き始める。リストに書かない。すぐに実行できるところまでに分解する。自分はすぐやる人だと決める、思いこむ」何にしてもギリギリにする習慣がついているので、もう何とかしたい
★30 - コメント(4) - 2015年8月22日

すぐに行動するって意外に難しいですよね。でも根性や強い意志だけじゃ、すぐ行動する人間になれないというのが著者の意見。ならどうするか?それはすぐ行動出来るように仕掛けを作ることが大切とのこと。例えば、会社のデスクであれば、極力物や書類を置かない。デスクトップのアイコンの数は最小限にして、どこに何のファイルがあるか把握できるようにする。このように、自らの環境に仕掛けを作ることで、動きやすい態勢を構築することが出来ます。私自身、片付けるのが面倒で程度溜まってから掃除するが実は非効率。都度、片付けることが理想。
★4 - コメント(0) - 2015年8月4日

机の上0にして、やること分解しよう。白紙からやらない!
★4 - コメント(0) - 2015年7月12日

はじめにの文章に矛盾を感じ、「だったらこれ読む間にすぐ行動すれば良くね?」と反発したことをまず告白しときます。ですが現状の自分がまさに未来の自分に期待して今先送りしてる自覚があったので、そんな場合の打破策、解決策が沢山ありヒントが得られました。秋に控えた大きな仕事、そろそろ着手しなきゃと気が重かったんですが、何とかなりそうな淡い期待とともに読了。あ、この期待はいいと思いまーす。
★13 - コメント(0) - 2015年7月9日

kobo
- コメント(0) - 2015年6月23日

先送りせずにすぐやる人に変わる方法の 評価:84 感想・レビュー:242
ログイン新規登録(無料)