歌川国芳×伊藤文人 あそび絵くらべ (アートde楽しい!シリーズ)

歌川国芳×伊藤文人 あそび絵くらべの感想・レビュー(26)

歌川国芳のだまし絵、猫文字、さかさ絵、影絵、寄せ絵(アルチンボルドの果物で出来た顔の絵みたいな)、愉快な動物戯画などユーモラスな絵がたくさん。当時のエンタメですね。雷様の絵「流光雷づくし」も楽しい。ふ(福の意味)のつく縁起物でいっぱいの「有卦福曳(うけふくびき)の図」もめでたそうでいいね。
★12 - コメント(0) - 1月21日

ユーモアたっぷりの浮世絵とそこからインスパイアされた楽しいトリックアート。パラパラ眺めるのが〇
- コメント(0) - 2016年2月15日

人をたくさん組み合わせた人間の絵を描いた歌川国芳のいろんな作品が見られて面白かった。江戸から現代まで通用するセンスに脱帽。どこか愛やあたたかさを感じられる作品たちだった。
- コメント(0) - 2015年5月17日

時代を超えた二人の競演は文句なしに楽しい。ただ、関西人の悲しさか文字で絵を描くというとどうしても広東料理のハマムラが頭をよぎって…(笑)
- コメント(0) - 2014年11月22日

美術館の歌川国芳展に行ったので読んでみた。解説が分かりやすくて面白い。子どもも読めると思う。騙し絵とか駄洒落とか、江戸時代の作品なのに現代人も楽しめるのがすごい。金魚のやつが好き!
★4 - コメント(0) - 2014年5月5日

現代と江戸時代の騙し絵等。歌川国芳が好きで借りてみた。江戸時代の人達は駄洒落好きで楽しいことが大好きだったんだなぁ。面白かった。
- コメント(0) - 2013年12月18日

発想力と画力、遊び心に富んだ両者の作品の競演。驚きと楽しさに満ちた一冊。
- コメント(0) - 2012年6月30日

★★★★国芳LOVE!です。
- コメント(0) - 2012年4月14日

東京美術といえば「もっと知りたい」や「すぐわかる」シリーズでお馴染みだが、新しく「アートde楽しい!」シリーズが登場した。絵と戯れた天才:国芳と当代きってのトリックアーティスト:伊藤文人の知恵比べ、といった趣向で実に楽しい。伊藤氏の作品は後発なだけに一捻り加えてあって、特に「ひらがな」をテーマにしたものはお見事!今後の展開が楽しみなシリーズだ。
- コメント(0) - 2012年3月28日

★4.5 これは楽しい! 人間が組み合わさって人の顔を作る「みかけはこわいがとんだいいひとだ」で有名な歌川国芳の、だまし絵的な作品や洒落の効いた作品と、トリックアート作家・伊藤文人さんの競演! 「だまし絵」「文字わざ」「さかさ絵」「影絵」「寄せ絵」の各章で対決! 作品はやっぱり国芳の貫禄勝ちな気がするけど、伊藤さんのもアイデアや技の光る秀逸な作品が見られました。 何が隠れているか探したり、かなりじっくり楽しみました(*^-^*)。 猫好き国芳だけに、猫モノが多かったのも嬉しい♪
★7 - コメント(0) - 2012年1月17日

今読んでいるみんな最新5件(1)

04/16:ユージン

読みたいと思ったみんな最新5件(13)

04/30:Shimo
03/26:言音
04/24:yochan
02/21:日々珠
歌川国芳×伊藤文人 あそび絵くらべの 評価:77 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)