歌川国芳―奇と笑いの木版画

歌川国芳―奇と笑いの木版画の感想・レビュー(12)

解説も含め、ぎっしりみっちり国芳。むだ書が楽しくて何度も見ました。
★15 - コメント(0) - 2016年11月18日

とことん味わえました。帯にウソなし。
★39 - コメント(0) - 2016年9月22日

fu
本書は府中市美術館で開催された同名の展覧会(2010年)の図録に基づき再編集されたもの。空前の国芳ブームの火付け役となったほどの名展覧会だったようだ。図版解説は府中市美術館学芸員による執筆で、この解説が実に秀逸なので展覧会が人気を博したであろうことは容易に想像できる。今は全然異なる業界にいる私も実は学芸員の資格を持っているのだが、このような素晴らしい仕事は自分にはできなかっただろう。
★22 - コメント(0) - 2016年7月3日

2016年6月20日:縁のほう
2016年3月8日:seiko
アイディアがいろいろ詰まってるんだよね。凄い。
★5 - コメント(0) - 2016年3月5日

2015年9月18日:yuuk
定期的に見たくなる歌川国芳。もう画集買おうかな。
★2 - コメント(0) - 2015年8月7日

2015年8月5日:terubear
力強いところから楽しいところまで、とにかくエンターテイメント。色合わせが素敵なんだよね。そして字との組み合わせも絶妙なバランス。足の指先まで震えるほどぴんっと力入ってるのに、大きい感じ。
★10 - コメント(0) - 2015年6月17日

見ているだけで楽しい。ユーモアあふれる作品たち。
★1 - コメント(0) - 2015年4月26日

2015年3月25日:半殻肝

積読中のみんな最新5件(1)

08/09:みーすけ

読みたいと思ったみんな最新5件(4)

04/22:a
12/17:花澄
09/14:かづき
06/21:
歌川国芳―奇と笑いの木版画の 評価:100 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)