リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップはこんな本です

リーン・スタートアップの感想・レビュー(527)

学者先生が膨大なデータから導き出した成功の法則、ではなく、自身の経験をまとめ上げた実践方法。なるほど、どころではなく、そーなのか!?そーなんだ!の一冊でした。
★1 - コメント(0) - 3月19日

AM
いっとき話題になってもすぐに忘れ去られるものが多いこの種の本ですが、これは素晴らしい。不確実な環境下でいかにビジネスを遂行して行くか。貴重な知見が詰まっています。
- コメント(0) - 3月16日

とりあえず仕事を回すこと。とりあえず出してみるって考え方はできる分野とできない分野がある。特に人命がかかわる仕事は。
- コメント(0) - 3月10日

★★★★☆:スタートアップの際に大切なのは、早く検証するためのサイクル。製品を検証するためには小さなバッチが必要。構築~計測~学習のサイクルを短期間で回転させる仕組みづくり。
★3 - コメント(0) - 1月25日

N
スタートアップが成功するための手引き。とても読みやすくまとまっている。少人数で始めて、仮説を立て、顧客がほしがっているものを探り、なるべく早くMVPを与えて様子を見て実験し、検証していく。仮説の検証結果によってピポットする。資金も時間も無駄にできないからこそ無駄なく対象とする顧客の問題を解決しなければならない。
★8 - コメント(1) - 1月19日

大企業であっても事業立ち上げを担当していればアントレプレナーらしい。仮説を立て、実験しながらリーンに活動していきます。 ちなみに本書は内容量が多すぎると思います。もっとリーンに記載してくれないと笑
★1 - コメント(0) - 1月14日

ゼミの輪読本として読んだ。 トヨタの事例などを基にリーンスタートアップの概念がまとめられている。フィジビリティスタディーと同じような概念であり、リクルートやトヨタなどですでに実装されている概念でもある。 HARDTHINGSと似たような内容になっており、読んでいてワクワク感があった。序盤は概念について詳しく書かれていて後半はスタートアップ経営などにも通じることが書かれていた。社会人になってからも手元に置いておきたい本。
★3 - コメント(0) - 1月11日

とにかくやってみよう型の正しいと思うアントレプレナーは少しでも早く行動に入りたくてうずうずしており、戦略の分析に時間をかけたがらない。顧客と通り一遍の話をしただけで、すぐに開発を始めようとするのだ。しかし顧客は自分たちが何を望んでいるのかよくわかっていないものであるため、このようなやり方では正しい道に進んでいるという錯覚に陥るだけだ。φ(..)
★21 - コメント(0) - 2016年12月31日

スタートアップだからと言ってギャンブルではないこと。トヨタがルーツな考え方であること。知人の事業もピボットを繰り返しているが、かなり厳しそう。
★1 - コメント(0) - 2016年12月27日

考え方は納得の一冊だけど、この本を読めば、リーンにスタートアップできるというわけでもないわけで、慣れ、とか、試行錯誤が意外と大変そう。
★1 - コメント(0) - 2016年12月22日

再読了。志新たにするために再読してみました。仮説をクリアしたら素早い実用最小限の製品(MVP )の導入。正しい評価基準による検証と改善、そして場合によればピボットの適切な判断。偉大なアイデアで成功するのはわずかで、適切な顧客を選定し検証とフィードバックにさらす勇気を持ち地道な努力を怠らないこと。アイデアに溺れないことが大切なのだと再認識。
★1 - コメント(0) - 2016年11月16日

★★★★✩ 中身の詰まった良書。図書館で借りた1回だけで終わるのは勿体無い。いつか買って再読を繰り返したい。
★1 - コメント(0) - 2016年11月15日

リーンスタートアップの考えをまとめた最初の一冊。事例を交えた各企業の成功例も取り上げている。がむしゃらに、リーンを目指すのではなく、ターゲットを絞りつつ、市場を踏まえた対応が求められる、受け入れられるのだと思った
★1 - コメント(0) - 2016年11月4日

読了。エンジニアの筆者であるため、どちらかというとビジネス思考よりの僕には全部を理解するには少し難しい本であった。しかしながら、要所要所はっと気付かされる文があったので是非とも実行したい。
★1 - コメント(0) - 2016年10月27日

あとで
★1 - コメント(0) - 2016年9月18日

【読了:リーンスタートアップ】スタートアップじゃなくても参考になる内容。さらっと読めるのでリーンとかアジャイルとかに関わり始めた人におすすめ。
★3 - コメント(0) - 2016年8月31日

⭐︎⭐︎
★1 - コメント(0) - 2016年7月23日

あまりしっくり来なかったかな。この本自体もリーンスタートアップしてるのだろうか。
★14 - コメント(0) - 2016年7月19日

実用最小限の製品 バッチサイズの最小化
★1 - コメント(0) - 2016年7月8日

地図を捨てコンパスを頼りに進め
★1 - コメント(0) - 2016年7月3日

事例が多くて面白かった。よくわからないところや、やや曖昧に感じられる部分もあった。
★2 - コメント(0) - 2016年6月12日

完璧な製品でなくて良いのでまずはリリースする、マーケットからフィードバックを得る、改良を重ねる。顧客に注目し、自分たちの勝手な仮定から無駄な機能を付けないようにする。
★1 - コメント(0) - 2016年5月29日

facebookのCEOが、「素早く投入し、失敗しろ」といっていた。プライバシー設定では、ユーザーに大騒ぎにさせたこともあるがそれを学びながらサービス開発がすすむ。事前の検討は大事だが、市場に投入してみないと分からない。こちらの思いとユーザーの思いが一緒なことはまずないので、必ず失敗をするがそれを小さいものとして役立てる。同じアイディアを持っている人はたくさんいるので素早く失敗をして、あたりまでチューニングを行う。ただ、それまでは精神的にもつらいよと。失敗することは必然と計画することが正しい計画のようだ。
★4 - コメント(0) - 2016年5月13日

周辺知識があまりよくわかってないので、ちょっと理解不足のところもある。 要は無駄なことに労力をつぎ込まないように、しっかり仮説をたてて、検証しながらすすめましょう、という意味だと理解した。
★1 - コメント(0) - 2016年4月13日

今だとだいぶ当たり前の方式になってきているのだろうか。トヨタ方式を元にしていたことは知らなかった。スタートアップもマネジメントに一種。タスクを分割(バッチサイズを小さく)して、それぞれを可視化・評価しやすくして、素早いフィードバックを繰り返して不確実な状況の中で舵取りを修正しながら進んでいくこと。多人数のスタートアップに限らず、個人レベルの業務や日常生活でも必要となる考え方だろう。
★4 - コメント(0) - 2016年3月31日

トヨタ生産方式も読んだので次はこちらを。コアとなる部分を最小で作りあげるために、コアが見つかるまでは製品を肥大化させず身軽な状態で維持し続けることを解いた本だと理解しました。うーん、ヒラだと活用出来そうなことが少ないかな。活用出来そうなことに限るとトヨタ本など元の本に負うところが大きい。
★9 - コメント(2) - 2016年2月10日

トヨタ(リーン)生産方式をスタートアップに適用する、という内容。プロトタイプをつくり顧客との対話のなかであり方をさぐる。定量的(とはいっても一般的な経営評価基準ではなく)に評価する。芳しくないときには「ピボット」=転換をする。自分の周りは伝統的な開発手法が続いている。声高にイノベーションが叫ばれている。ではこの本からの学びをどう活かすか??
★4 - コメント(0) - 2016年2月6日

遅ればせながらやっと読めた。
★3 - コメント(0) - 2016年2月4日

トヨタ方式から産まれ、ソフトウェア開発へ適用し、海外を経て日本に帰ってきたとも言われるリーンスタートアップ。小さく初めて、改善を繰り返し求めていく姿は大胆なようで慎重なんすね。大切なのは軸足をズラさないってこと。
★2 - コメント(0) - 2016年1月27日

特に起業する予定もないのだけれど、この本は制作に携わるひとにとってはなにか得るものがあるはずだと思う。そして会社嫌いにとっては読後は風通しがよくなったような思いがして、会社も悪くないのかもしれないと思えるのかも。
★3 - コメント(0) - 2016年1月14日

KS
これからもっと勉強する!印象に残ったところ→⚫︎我々の努力のうち、価値を見出しているのはどの部分、無駄なのはどの部分なのか(顧客にとって価値がある部分は価値、それ以外は無駄)⚫︎製品を作れるか、ではなく作るべきか⚫︎大きく考え、小さくスタート⚫︎顧客の問題をどうしたら解決できるのか学ぶこと
★2 - コメント(0) - 2016年1月5日

社内で流行っているので。実例が豊富で読みやすかった。とりあえず知識としては何となく理解。実感として理解するにはこれから。アジャイル開発のときも思ったけど、開発だけでなく色々なことに応用できそう。
★2 - コメント(0) - 2016年1月2日

仮説と実証を短いサイクルで繰り返す、科学的アプローチでムダを省く、ことがポイント。その他内容は、書籍紹介やレビューで沢山書かれているので、割愛。この本は、これが必要な人であれば、二度以上読むべき本。一度目は、描かれたエピソードを追体験し、何が起こっていたのか、何をどうしてどう転がっていったのか、何が悪かったかをリアルに想像を巡らすターン。二度目以降は、追体験した内容を昇華、言語化するターン。一度、追体験を徹底することで、書かれた理論がより身体に馴染んで吸収されやすくなる。
★3 - コメント(0) - 2015年12月31日

最近関係している業務の勉強で読む。勉強になった。
★3 - コメント(0) - 2015年12月9日

リーンとはトヨタ方式のこと。 やはり外書という感じの中身。 必要に迫られたら再読しよう。 今回は飛ばし読み。
★6 - コメント(0) - 2015年12月6日

星2つ。企業に対するあらゆるリスクに対して、どのように対処すべきか、ケースごとに紹介。シリコンバレーの事例が多い。ドロップボックスでは、無料でアプリの配布を検討したが、その有用性を示せずにいた。プロトタイプは技術的な難易度から、作った後に世の中に受け入れられないリスクもあり、起業のリスクを回避するために、技術がどのように動くのか動画を公開した。これがヒットして、ドロップボックスのアプリは世の中で使われた。起業が如何に大変な作業であるか、ヘッジのアイディアを如何に打って出るかその一例。
★2 - コメント(0) - 2015年12月1日

やっと、て感じ。アマのウィッシュリストには2012年に放り込んであったので。再読するか、原著にまであたるかは微妙だなぁ。それよりトヨタのリーン生産方式を学ばなければ。あと最終章の書籍リストがお役立ちすぎる。
★2 - コメント(0) - 2015年11月29日

トヨタのカンバン方式をベースにした考え方。スタートアップとは、とてつも無く不確実な状態で新しい製品やサービスを創り出さなければならない人的組織である。検証による学び。価値仮説と成長仮説。実用最小限の製品から作って検証する。やってはいけないことを素晴らしい効率で行うほど無駄なことはない。ドラッカー
★6 - コメント(0) - 2015年11月15日

事業仮説(顧客のニーズに関する) を検証する為に実験を繰り返す。
★4 - コメント(1) - 2015年10月21日

長かった。
★2 - コメント(0) - 2015年10月16日

リーン・スタートアップの 評価:88 感想・レビュー:207
ログイン新規登録(無料)