SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルの感想・レビュー(84)

プログラムやソフトウェア開発の技法には触れず、人生で成功を掴むために著者が実践してきたことを説いた自己啓発本だった。目標設定し、心身をそれに向けて調整、自己アピールでの人脈作成と資産運用も怠らず、後はがむしゃらに働けば成功するだろうとのこと。それが全てできれば苦労は無いと考えてしまうと、この本を読んだ意味がなくなってしまうので、とにかくできそうな所から始めるべきなのだろう。
★2 - コメント(0) - 1月8日

・プロであること(常に従う原則を持っている、首尾一貫) ・自分がターゲットとしている分野の人々に何を提供できるか。もっとも高いコンテンツは何か。 ・ポモドーロテクニック(25分作業、5分休憩)の活用  → 1weekで行うポモドーロの数を増やす ・ソフトウェア開発で食べている会社は、雇っているソフトウェア開発者に高い価値を置いていることが多い。 ・優秀だというのは、行動ではなく習慣 ・引退の定義は、金銭的な自由。時間の使い方を強制されず、金銭上の制約のために自分の時間を使わないでいられること。
- コメント(0) - 1月8日

読んだ。 なんというかいろんなことが書き手ある本だった。技術者の技術以外の大記事なこと。細かい粒度の話が多種だから、読むの大変やった。 #紙の書籍
- コメント(0) - 1月8日

仕事したくないでござるを実践するために何をしてきたかの経験をもとにどういう考え方とスキルセットが必要なのかを提案してくれている。まあまず実践だよね。
★2 - コメント(0) - 1月7日

ソフトウェア開発者の人生設計について書かれていました。 このような視点の本は初めてで新鮮でした。
★1 - コメント(0) - 2016年12月25日

h t
不動産投資はなかなか日本では難しそう
- コメント(0) - 2016年12月25日

ざっくり言えば、ソフトウェアエンジニアとしての生き方の提案本。技術の伸ばし方はほんの一部で、アピールの仕方や、早期退職、そのための資産形成、心と身体の話など、多岐にわたるアレコレが書かれている。章がとても細かく区切られており、テンポよく読める。必ずしも万人に適用できるわけじゃないだろうし、お国柄の違いがありそうな内容もあるけど、要は「頭を使え、ソフトウェアで飯食ってるならできるだろ?」ってことなんだろう。ポモドーロテクニックは少し試してみたけど、驚くほどガチっとハマった。全体的にとても参考になった。
★1 - コメント(0) - 2016年12月5日

ソフトウェア開発者向けに書かれたものだけども、技術者であれば応用可能。キャリアの磨き方や給与の交渉、体力づくりやメンタルの整え方など個人でつかんできたものと共通するものはあるけれども気になる部分は多いので、何度も読んで定着させたい。
★2 - コメント(0) - 2016年11月24日

情報系の学生です。学生の間にこの書に出会えたのは幸運だと感じました。ポモドーロやカンバンメソッドを用いた生産性の向上は研究と勉強を両立させるのに非常に役立っていますし、また学生の陥りがちな不摂生からも自分を遠ざけようと決意しました。何よりも有用であったのは、自分を売り出していくことの重要さを説いている点です。よもすると市場価値の向上を狙うことはアカデミアでは忌避されがちですが、そうではなく、今後のキャリアのために、また自身の能力向上のためにも自分を売り出し、多くの人と関わることが重要だと気付かされました。
★1 - コメント(0) - 2016年11月3日

本書はソフトウェア開発者として生きるとはどういうことかを書いている。 私は公務員であるが、意外にも多くの共通点があることに気づいた。 「学ぶ」「生産性を高める」「お金について考える」「体と心を鍛える」という点については、私が実践している方法や考え方と、かなり似ている。 やはり、最も違うのは、「キャリアを築く」とか「自分を売り込む」といったところか。こればっかりは、「やってみなけりゃわからない」と言った世界のように感じる。
★1 - コメント(0) - 2016年10月17日

ポモドーロは参考になりました。ソフトウェア扱ったことがある人間なら一度は憧れる生活を、具体的にどう達成したか?どうすれば達成出来るか細かく書いた本。技術だけでなく投資や栄養学といった生活基盤全体のお話。
★10 - コメント(0) - 2016年10月14日

HAL
1日1章のペースで読み進めてようやく読了。ところどころアメリカンな内容あり。読んでる間にとりあえずブログを始めました。いちばん印象に残ったのはポモドーロテクニックでした。やらないよりはやってみるの精神で、少しずつ実践したいです。
★2 - コメント(0) - 2016年9月24日

時間管理、勉強計画などは役に立った。ただメンタル面については少しビジネス本的な内容かなと思った
★2 - コメント(0) - 2016年9月18日

単純なスキルアップだけでなく、開発者・技術者としていかに人生設計をたてていくかという内容。資産運用の項目もあり、個別株オプションが紹介されているところなどアメリカンな感じである。
★3 - コメント(0) - 2016年9月18日

ソフトウェア開発者のための自己啓発本かな。たいていは書いている通りだと思うけど、フィットネスに関するところだけ見解に相違がある。外側からみていかにも筋肉がついてます!という部分を鍛えるよりも、腹圧を高めて大腰筋や腸腰筋など、体全体のバランスを維持する筋肉を鍛えたほうが効率がいいように思えた。
★67 - コメント(4) - 2016年9月16日

ソフトウェア開発者としてやった方がいいことが書いてあります。どうやったらソフトウェア開発者として成功できるのか?どう自分をマーケティングして自分の価値を上げるのか?など非常に為になりました。
★1 - コメント(0) - 2016年9月12日

tech系の話はナシ。Matzの解説にもあるように、好きなことをやってるだけじゃ、必ずしも幸せにはなりない。エンジニアがどうやったら賢く生きられるか。自己啓発の話やお金の話は、他の名著(作中でも紹介されている)をよめばよいが、エンジニアというバックグラウンドをもつ著者が語りかけることに意味がある。
★1 - コメント(0) - 2016年9月7日

売れてるらしいので読んでみた。 キャラクターを演じてる印象をあまり感じなかったおかげで最後まで読めたし、書いてる内容も試し始めることができたので個人的には当たり。
★1 - コメント(0) - 2016年9月4日

エンジニアとして成功した著者のやり方をあますところなく紹介。自己啓発本の名著を読み、それに従うだけでなく、ITエンジニアらしく最新ツールとWebをふんだんに活用している点がこの本の特色。その方法論はエンジニアだけでなく一般のビジネスマン凡てに応用できる。この本で得たポモドーロ・テクニックは会社で実施中。
★1 - コメント(0) - 2016年8月25日

★★★★☆
★1 - コメント(0) - 2016年8月25日

ソフトウェア開発者の身の処し方について、ものすごく広い範囲で書かれている。諸々とフムフムな感じで読み進められる。著者の実体験に基いているので、納得感があっていい。
- コメント(0) - 2016年8月13日

この本読むまでひたすら技術を磨いて生きていくんだという言い訳の元、それ以外のことに目を背けてきた。プログラム書けるだけの人は今後厳しいことがよくわかった。技術力に加えて何か得意技を身につけないと!失敗を恐れない!
- コメント(0) - 2016年8月12日

Φ
de:codeでまつもとさんが(MS主催のイベントで何故かMSへの恨み節を炸裂させるMatzさんめっちゃおもろい)本書を紹介していたので読んだ。全体的にアメリカンな内容だけど、為になる話。訳者も頑張ってた。
- コメント(0) - 2016年8月12日

タイトル通り、「ソフトウェア開発者の人生マニュアル(≒キャリアプラン)」について書かれている本。この本に書かれていて、適用できそうだと思うものを自分のキャリアプランに組み込んで行く形で活用できそう。携わっている仕事や、人生の岐路に立つ前に読み返したい。
- コメント(0) - 2016年7月23日

お金の話が身にしみる。
★4 - コメント(0) - 2016年7月15日

企業に属して働いているエンジニアが、ふと忘れがちになっていることを呼び起こしてくれる一冊。おそらくトップレベルのソフトウェアエンジニアはこれからどんどん重宝される存在になるだろう。もしくは、遠隔でも働ける環境ができてくれば、仕事にも困らないのではと思う。日本にいるとあまり意識しないが自分自身をどうマーケティングしていくかを考えながら発信していく術が必要。そういう重要性に触れているので、ソフトウェアエンジニアは一読しておいてよいかと思います。
- コメント(0) - 2016年7月11日

N.N
技術開発者に送る、キャリア形成やスキルの高め方、 人との付き合い方など、幅広くかかれている。 "頭で理解しつつ、実現が難しい"という啓発書の類ではあるが、 何度も読みながら、素直に実行していくことで、 たしかにキャリアや人生が変化していく?と思わせるものであった。 人や読む時期によって感想が変わる本だと思うので、 定期的に読み返しながら、 その時に感じた内容を書き落としていきたい
- コメント(0) - 2016年7月10日

正論で殴ってくるタイプの本。魔法はない。着実にやろう。
★4 - コメント(2) - 2016年7月4日

プログラマとしての習慣から引退後のプランや筋トレについて。そしてここからが肝心なんだけど恋愛については「ガッツクな」「数撃ちゃ当たる」という格言を知ってる? とのことだった。
★1 - コメント(0) - 2016年6月26日

simple programmerのyoutube見るよりは時間の節約か?完全日本国籍版にするなら更なる労務管理に対する確認事項や精神保健的な問題解決例を加えないといけないが、取り入れられる方法はあるし、比較文化的に捉えるとこれはこれでいい。
- コメント(0) - 2016年6月25日

ありそうでなかったソフトウェア開発者の「キャリア」についての参考書。アーリーリタイアのために、ソフトウェアで元手を作って不動産運用をしろ、というのがなんとも…。
★1 - コメント(0) - 2016年6月12日

Ruby開発者まつもとゆきひろ氏監修。文字通りプログラマに必要とされるソフトスキルについて網羅的に解説された本。
- コメント(0) - 2016年6月2日

まさにソフトウェア開発者の人生マニュアル。サラリーマンだとしても絶対に考えないといけないお金の話、自分の売り込み方の話、学び方、そして健康まで!この内容はどれも重要なことだし、今後あらゆるシーンで「soft skillsでいってたなぁ」と言うんだろうな。
★2 - コメント(0) - 2016年5月30日

今読んでいるみんな最新5件(33)

01/08:amurot3
12/25:toshi
12/08:jimano

積読中のみんな最新5件(17)

01/10:Macchii-taka
01/08:Predora
12/13:沢村駿介
12/04:jimano

読みたいと思ったみんな最新5件(48)

01/20:hkomatsu
12/29:たくち
12/16:ぱん
11/27:jimano
SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルの 評価:79 感想・レビュー:33
ログイン新規登録(無料)