なぜ夜に爪を切ってはいけないのか―日本の迷信に隠された知恵 (角川SSC新書)

なぜ夜に爪を切ってはいけないのか―日本の迷信に隠された知恵 (角川SSC新書)
173ページ
123登録

なぜ夜に爪を切ってはいけないのか―日本の迷信に隠された知恵はこんな本です

なぜ夜に爪を切ってはいけないのか―日本の迷信に隠された知恵の感想・レビュー(85)

日本人にとって「爪」とは?「夜」とは?「爪を切る」とは?どういうことを象徴していたのか。想像力豊かといえばそれで終わりですが、日本人がどういう意味を見出していたのか、興味深い考察です。
★4 - コメント(0) - 2月28日

3 サラリと興味あるところだけ。節分の豆と寝言に話しかけるはヘェ〜となった。筆者の想像に頼るところも多くてふーんってところもあり。
- コメント(0) - 2月11日

様々な迷信、俗信の背景をサラリと解説。知っている事が多かったし、少々疑問を感じたり、もっと掘り下げようよ!と思う記述もあったが、こういう本を、気楽にページをパラパラめくりながら読むのは、割と好き。
- コメント(0) - 2016年6月17日

なんか、あっけない本でした。 でも、聞いたことも無い迷信を知ることが出来たのは よかったかな。
- コメント(0) - 2016年3月10日

サラッと読みやすいけど、中身が薄い側面も否めないかと…(笑) 迷信故に根拠を見いだすのは難しいのかもしれないけど。
★1 - コメント(0) - 2016年2月21日

★★★☆☆ 科学的に証明されていない頃から昔の人は知っていた生活の知恵がたくさん。経験に勝る根拠はないものなぁ。「女を船に乗せると時化に遭う」のは、男ばかりの環境に女を混ぜるとその女を取り合う男同士の間でいさかいが起きたり、女にデレデレして漁の効率が落ちる、または女にいいところを見せようと無茶をして危険を招くからだと思っていたんだけど船霊が女だからという理由しか書かれていなくてなーんだ勘違いか(´-ω-`)と思った。メジャーな迷信ばかりだけど忘れてるものも結構あって楽しかった。深くはなくさらっとした本。
★7 - コメント(0) - 2015年10月11日

俗信、迷信、ゲン担ぎ。1テーマごとに見開き2ページに書かれている。知っているものは3割ほどだった。言い伝えとあるだけあって、両親や祖父母から聞いた話を久しぶりに思い出したものも数知れず。民俗学の先生の著作かと思っていたら、編集者なので2次情報。しかしさすが編集者で幅広く読みやすく楽しかった。
★1 - コメント(0) - 2015年9月1日

図書館でふと目にとまって。見開き1ページで簡潔に書かれているところが読みやすかったです。子供の躾にもちいていたり、目上の者や神様を敬う気持ちの迷信が多いのですが、科学的根拠により「なるほど~」と思うものもあり面白く読みました。
★1 - コメント(0) - 2015年7月8日

昔から家庭内で言われてきた迷信を解説した本。 改めて、日本人は神様と共に生活してきたのだなぁと感じる。 今まで勘違いしていたのが「靴下をはいて寝ると親の死に目に会えない」の意味。この意味については『忙しすぎて親を見送れなくなる』ということかと思っていたが、実際は『親よりも早く死ぬ』という意味だったと知って、背筋が寒くなりました。絶対に靴下は履いて寝ないようにしよう。 あと、江戸時代の貝原益軒の養生訓に、食い合わせの悪いものの例として「豚肉とショウガ」があることに驚いた。ショウガ焼き、美味いのに。
- コメント(0) - 2015年3月2日

初めてしるものも多く、時代とともに慣習も、取捨選択されていくのだなとしみじみ。ナンセンス(もしくは、ある意味有害)なものは淘汰されて良いと思いますが、四角四面では、これはこれでつまらない、なんて事もあるかもだし。さじ加減て難しいものですね。
★15 - コメント(0) - 2015年1月28日

語り継がれる迷信には経験則から来る意味があるのだろう。各迷信で見開き1ページだとどうして上辺の解説になってしまうことが残念。
- コメント(0) - 2015年1月10日

図書館でタイトルが気になって、いろんな迷信の話が、横開き2ページの説明なのでちょっと物足りないようなわかりやすいのかどうか、そうなんだぁという感じでした。確かに夜に爪を切るのは避けてました。日本の文化をひも解くように、子供を労わる言い伝えや生活の知恵などが生きてるんですね。どれも結構聞いたことがあった中で[丙午生まれの女房は亭主を食い殺す]はあの火付けをしたお七さんが丙午生まれだったため囁かれるようになったらしいです。色々と覚えておけば、うんちくに強くなれそうです。
★28 - コメント(2) - 2014年11月29日

迷信が生まれた背景を解説してるのだが、1つの迷信に対して見開き2ページしか内容がないので、もう少し深堀して欲しかった。
★3 - コメント(0) - 2014年10月19日

表題の夜に爪をきってはいけない理由をはじめ、茶柱がたつといいことがある、噂されるとくしゃみがでる、等々、色々な迷信やジンクスを多く紹介。鏡をまたいではいけない、雑巾で顔を拭くとあがらない等は知らなかったこともあって、かなり勉強になりました。一度知っちゃうと、何となく信じてしまう魔力がありますね。
★10 - コメント(0) - 2014年9月28日

科学的根拠のあるもの、ないものありますがナルホドと思う迷信が多数あり、見開きで簡潔に書いてあり、楽しく読了。
★10 - コメント(0) - 2014年8月26日

意外とほとんどの迷信をなんらかの形で聞いて知っていた。もしかしたら我が家が信心深いのかと思ったが、案外、日本全体がそうなのかもしれない気がした。
★1 - コメント(0) - 2014年5月18日

幼少の頃、上の歯を縁の下に、下の歯は屋根へと、乳歯が生えていた位置とは正反対の方向へと投げた記憶あります。親の死に目に会えないからと今でも、爪は夜切りません。部屋で朝蜘蛛を見ると来訪者、夜見ると侵入者があると思い、そっと外へ逃がします。茶柱が立つと縁起がいいと信じています。日本人は昔から、子どもをしつけるため、また自らの縁起を担ぐために、これらを言い伝えてきたようです。確かに子どもの頃に教わった言い伝えや迷信って、何年たっても身体に染みついていますね。
★138 - コメント(5) - 2014年2月22日

 迷信とその迷信が起こった理由を集めた一冊。日本人は八百万神進行だと実感しました。
★2 - コメント(0) - 2014年2月2日

子どもが、何で夜に爪を切ったらダメなの~と聞いたので読みました。初めて知ることがたくさんでした♪
★5 - コメント(0) - 2014年1月11日

爪には霊魂が詰まっているそうです、初めて聞きました
★1 - コメント(0) - 2013年11月18日

見開きで1ネタで大変読みやすく、へ~~~って思うことたくさんありました。昔の方々の思い・・大事にしたいなって思いました。
★3 - コメント(0) - 2013年9月3日

表題、夜笛を吹いてはいけない、ミミズに小便をかけてはいけない、など知れてよかったです
★3 - コメント(0) - 2013年6月11日

B
- コメント(0) - 2012年11月17日

葬列に会ったら親指をかくせ:親指を握り込んで気を充実させ悪気にあてられないように 猫が棺桶をまたぐと死人が生き返る:妖怪化け猫は猫の体に人の魂が入った化け物。故に死人の魂が猫に入ってしまうことを恐れた。 夜に爪を切ると親の死に目に会えない:近親者の髪や爪を死者と共に埋葬する風習から「爪を切る」ことが縁起の悪いこととなり、特に夜間は「人体の一部である魂が宿る爪を幽気の暗躍する夜に切ってはいけない」等でより不吉だとなった。
★1 - コメント(0) - 2011年11月18日

★★☆ 言うなればうんちくです。おかわりする時一口分残すとか知らなかったなあ。知ったところで合理的にもったいないと思ってしまう自分はやりませんけど。
★3 - コメント(0) - 2011年9月13日

見開き1/3がタイトル。内容薄。
★1 - コメント(0) - 2011年3月20日

古来,人々は様々なルールを作ってきた.それらは実際に理論的な裏付けが可能なものもある.それが作られた当時は理論などは知るはずもなかったのだが,今まで脈々と受け継がれた知識にはそれだけの価値があるものである.
★5 - コメント(2) - 2010年10月12日

面白かった。どの言い伝えもなるほどと納得して気持ちよく読めた。自分にしっかり刷り込まれているものもあり、日本人だなぁと感じました。
★4 - コメント(0) - 2010年6月29日

民俗学に分類されるのかな?さらっと読めて、楽しめました。「親の死に目に合えない」って、自分が先に死んでしまうことだったのね。
★8 - コメント(0) - 2010年5月11日

- コメント(0) - 2009年2月23日

民族学にすごい興味があるので、タイトルに惹かれて本を手に。 数々のいわゆる「迷信」を解読しているのだが、 どれもちょっと弱い。 もっと詳しく読ませてもらいたかった。 採取されている量はそこそこ多いのだが、 その半分でいいから、その分内容を濃くしてくれれば… 雑学として読む分には充分だが、 知的好奇心を満足させるにはいま一つ。
★1 - コメント(0) - 2008年7月8日

今読んでいるみんな最新5件(4)

02/24:千冬
11/10:cgatocairb
09/03:しろ

積読中のみんな最新5件(8)

12/06:hon_no_mushi
05/13:謙信公
02/23:千冬

読みたいと思ったみんな最新5件(26)

04/10:shigz25
01/28:ユミリ
09/28:naka-m
08/30:アイ
なぜ夜に爪を切ってはいけないのか―日本の迷信に隠された知恵の 評価:73 感想・レビュー:31
ログイン新規登録(無料)