相続の「落とし穴」―親の家をどう分ける? (角川SSC新書)

相続の「落とし穴」―親の家をどう分ける?の感想・レビュー(15)

通り一遍の善意では済まされないんだな。でもなんかヤダな、将来こんな事態が来るのかなぁ・・・
★3 - コメント(0) - 2015年6月26日

2012年12月16日:りりなつ
2012年9月15日:dorfy
2012年6月18日:ぽこあぽ
2012年3月5日:つとむ
相続紛争は何故起こるか 本書(灰谷健司『相続の「落とし穴」 親の家をどう分ける?』角川SSコミュニケーションズ、2008年9月25日発行)は相続問題をテーマとした新書である。人は一人で生きているわけではないのではない。どのような人にも両親は存在する。それにもかかわらず、「相続紛争なんて金持ちの話で、うちには関係ない」と考える人は少なくない。 それが誤解に過ぎないことを本書は明らかにする。著者の肩書きは三菱UFJ信託銀行財務コンサルタントであるが、相続対策に信託を勧めるという類の商売っ気はない。何故相続で
- コメント(0) - 2011年12月5日

仲の良い家族であっても相続はもめる。表面上は問題なく解決したとしても、心理的にも問題が起こらないかはまた別の問題である。
★1 - コメント(0) - 2010年2月25日

2009年10月19日:なおちゃん
2009年1月17日:草か
2008年10月9日:kud
--/--:Risuke Koshiba
「遺言は愛する家族へのラブレターである」
- コメント(0) - --/--

--/--:Sharly
--/--:jill

今読んでいるみんな最新5件(1)

03/04:つとむ

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

01/08:yoshi
04/18:Barba Papa
相続の「落とし穴」―親の家をどう分ける?の 評価:53 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)