電脳都市OEDO808〈1〉反逆の孤狼(ベオウルフ) (富士見ファンタジア文庫)

電脳都市OEDO808〈1〉反逆の孤狼(ベオウルフ) (富士見ファンタジア文庫)
308ページ
7登録

電脳都市OEDO808〈1〉反逆の孤狼(ベオウルフ)の感想・レビュー(5)

2014年10月25日:半殻肝
2011年7月5日:ミゼ
大嵌りして、ゲームからアニメまで一揃い手を出してしまった初めての作品。メディアミックスの走りだったハズ。 完璧な階層社会。八階層建てになっている都市が舞台で、属する階級によって住む階異なっています。犯罪者や賞金稼ぎから無理矢理機動警察に転職させられた3人の刑事が中心として話が進みます。第1巻は元賞金稼ぎのセンゴクが、メイン。一番正統派の主人公ですね。
- コメント(0) - 2001年1月3日

--/--:みるく
--/--:ほらふきん

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

02/10:suicdio

人気の本

電脳都市OEDO808〈1〉反逆の孤狼(ベオウルフ)の 評価:40 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)