いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)

いつか天魔の黒ウサギ1  900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)
364ページ
1338登録

いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後はこんな本です

いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後の感想・レビュー(1117)

ごめんなさい、120ページ程度でギブアップしました。冒頭の三年生と会長のケンカからトラックに轢かれるところを助けてって展開からキャラ造形からネーミングセンスから何から、ベタすぎてついて行けなかった。無理。
★2 - コメント(1) - 3月14日

おもしろいというより続きがきになる?でも文章力が残念すぎるアニメのほうに逃げるべきか文が受け付けないとかじゃなくて残念すぎてシリアスシーンでも笑ってしまうおもしろそうなネット小説見つけたぜ☆って感じではある
- コメント(0) - 3月13日

★★★☆ 基本的にはハリウッド的に王道なラノベファンタジーではある。紹介回的にW主人公とボスキャラがバトルをやったり、主人公とヒロインが長い年月を経て再会したり、主従関係になったりと、一巻的内容だなあという感じ。これだけなら「面白かった」の一言で済ませるが、問題は文章力だろう。問題は文章自体の上手下手ではなく、言葉の「選び方」だ。一応バトルものなのに言葉選びが軽く、中途半端に感情的なせいで空気を壊している。物語はむしろ堅実だし、文章の巧拙もどうでもいいので、もう少し感傷を抑えた言葉選びを心がけて貰いたい。
★4 - コメント(0) - 2月11日

鏡先生連載かかえているのに新作書いて大丈夫かいな?でもあいかわらずの節が感じられますけど、この作者さんダークな世界観が好きだよなぁ~。主人公がいきなり死んで再生するとことか、ヒロインが吸血鬼だったりとか... ストーリーにそれ程深みはない感じ。
★6 - コメント(0) - 2016年4月7日

新しいシリーズを読みたいと思っていた所目に入ったので購入してみました。まったく前知識なく読んだのですが、とても引き込まれていきました。とりあえずこの巻では主要な人物が出てきて、スタートラインに立つ準備を整えた感じでした。まだまだ謎が多く、伏線も多いので、次巻以降がとても楽しみです。どのように展開していくのか、久々にワクワクする作品に出会えました。アニメも見てみようかとも思います。
★1 - コメント(0) - 2016年3月16日

転入時の名前のインパクトよ……。幼き日の約束を思い出し、それを守るために動き出す少年、それに合わせ少女も力を取り戻す。一応絵師様買いだが、ガッツリハマった。囚われから脱出してきたヒロインを守らんと戦う主人公や、強敵を倒すために敵と一時共闘したりする等、少年漫画の王道を地で行くストーリー運び。だがそれを綺麗に昇華させており、間違いなく面白いといえる作品だった。二人がこの先どんな風に支え、戦っていくのか。引き込みとしては十分な1巻であったと思う。キャラは勿論ヒメアで。次もなるべく早く読みたいところです。
★3 - コメント(0) - 2016年2月3日

【電子書籍】「終わりのセラフ」の原作者の過去作と聞いて、たまたまkoboでお試し読みが出ていたので読んでみた。まず、絵が綺麗。そして、独特の文体が読みやすく、好感が持てる印象を受けた。主人公の熱血ぶりや、自らの命を省みず、強敵と戦い、ヒロインを守る姿は、近年の少年漫画やラノベで不足している「マンネリ感」をバッサリと払拭してくれた。最後まで読んで「やっぱりバトルモノはこうでなくっちゃ!」と強く考えさせられた作品だった。シリーズものなので、次巻以降も集めたい所。
★1 - コメント(0) - 2015年10月24日

今後に期待
★3 - コメント(0) - 2015年10月15日

★★☆☆☆ 再読。面白いし、読みやすい。そしてイラストが可愛い。某密林や読メにおいて、なかなか酷評されがちな本作なのだけれど、鏡貴也の作風を「伝説の勇者の伝説」シリーズから知っていれば、「こんなものさ♪」と、割りきって読み進めることができるように思う。
★7 - コメント(0) - 2015年7月10日

アニメで見たときは正直微妙だと思ったけど、読んでみると面白くなりそう。 今後に期待。
★1 - コメント(0) - 2015年6月12日

やっぱり榎宮絵は最高だぜ!!
★1 - コメント(0) - 2015年3月27日

再読中…最初は伝勇伝からだったので、ちょっと読みづらいと思ってたけど…終盤に向けて大兎がヒメアのために闘うところはカッコよかった。このころはまだまだ月光が好きじゃなかったww大兎が死んで生き返る時の痛みに対する反応が常人離れしてるけど…後々の展開を思うとおかしくもなかったのかなー。設定は満載で既に完結してるので綺麗に終わってる物語が読みたい人は読んでみましょう。
★18 - コメント(0) - 2015年3月4日

前半は説明が足りず、しかも夢の中のことを思い返したりで霧の中で迷子になってるような感覚だったけど、事件発生からどんどんと話が進んでいく展開は凄く良かった。 あれだけ強そうに演出されてたヒナタがこんなあっさり倒されるの?とか最後の遥の描写とか先が気になるところも多い。 結局明かされてない設定が満載だけどまあ1巻ということを考えれば致し方なし、続きに期待。
★2 - コメント(0) - 2015年3月2日

幼馴染ちゃんは退場すればいいと思うよ。
★1 - コメント(0) - 2015年1月20日

ちょっとダーク系の。フレーズのリフレインが多すぎてそれが気になってなかなか進めない感はあったけど、嫌いじゃない。
- コメント(0) - 2014年12月6日

鏡貴也作品は初めて読むのですが、後半の伸びがすごいですね。中盤までは必要だったとしても主人公以外の回想が入ってくるためテンポが悪く、そもそも文章が微妙…けれど大兎とサイトヒメア再開後の戦闘からはかなり盛り上がりました。ただ大兎、死んでから行動するまでのロスタイムとか存在しないのかな。普通の学生が死ぬ痛みねじ伏せて動けるって、痛い痛いと言っていてもその辺の描写がなかったからか異常なように思えました。まだまだ設定が隠されているようなので、続きも読んでいきます。
★3 - コメント(0) - 2014年10月22日

CCC
1巻目はこれぞ物語の始まりといった感じ。中二病王道。だが軽い文体、サクサク展開がそれぞれ打ち消し合って、せっかくの中二成分もギャグ以外では生きていなかったように思える。キャラは悪くなかったけれど、乱暴な私はこれなら主人公は殺しても良かったと思った。何はともあれまだ起の起。さっさと次巻を読むことにします。
★5 - コメント(0) - 2014年10月7日

文章がスカスカだなぁと思ったんだけどそれを補って余りあるストーリーの面白さ。W主人公風味なのかな、月光くんかわいいです。あと絵が綺麗だった。完結済みらしいのでまとめ読みたくなった。
★1 - コメント(0) - 2014年9月27日

★3。学園異能バトル。キャラもバトルも典型的なパターンでしたが、読みやすくて楽しめました。不死系キャラは最近ありがちも、この作品の頃は新しかったかも。続きも読みたいです
★2 - コメント(0) - 2014年8月19日

勢いが凄いな。正直そこまで面白いわけではなかったけど、二巻以降へのワクワク感がすごい。13巻で収まるということだったし、せっかくだからシリーズ追いかけてみることにする。
★2 - コメント(0) - 2014年7月10日

幼い頃、交わした約束。ヒメアの大兎を想う一途な気持ちがとても可愛らしいく、大兎のヒメアを守ろうとする気持ちが格好よかったですね。 設定も結構わかりやすく、尚且凝っていて文章が読みやすい、サクサク読める作品でした。 物語の展開としては結構在り来たりですが、それを挿絵や文で補っているというところでしょうか。話のテンポは悪くなかったと思います。登場人物たちも個性的な人ばっかで面白いですねw これからどうなっていくのか、続きが楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2014年6月11日

主人公の大兎、死にすぎだろ!!ヒメアの一途に想う気持ちがたまらなく可愛らしい。月光に下僕扱いされながら振り回される美雷も、応援したくなる。続きも気になる!!
★6 - コメント(0) - 2014年5月10日

ついに完結。相変わらずワンパターンな文章だなー、でも続き気になるしとりあえず追ってみるかなーとか正直それほど期待して読んでいた本ではなかったが、終わりはなかなか悪くなかった。でも欲を言えばラxxxリxスちゃんも助けてあげて欲しかったな~とか、相変わらず設定回収が突然超速になるなーとか(ここはしょうがないかもしれないが)ちょっと展開雑だなーとか思うところも正直あった。しかし最後まで読んで最も衝撃的な発見だったのは、似たようなシリアスばかり書く鏡貴也だが、ぶっちゃけコメディパートのほうが面白いという事だろう。
★3 - コメント(0) - 2014年4月5日

とても読みやすい文章。〜と言った。という文が多くてたんたんとした印象を受けるけど、それさえ我慢すれば読める。挿絵がとても綺麗だった。
★6 - コメント(0) - 2014年2月27日

挿絵がキレイ。特にカラーの月の絵の色づかいは見事だった。ライバルキャラと、いがみ合いながらも共通の敵を倒す、という展開に燃えた。主人公の能力に回数制限を設けているのが良かった。全体通してサクサク読めるラノベだったのだが、地の文やセリフがやや稚拙だった印象。わざとだろうか。ヒロインが主人公を好きな理由が少し弱かった、というかよくわからなかった。のちのち明かされるのであろうが、読んでて違和感を抱いた。ライバルがライバルヒロインをいじるところには笑えた。こういういじられキャラがいると読んでいて楽しくなる。
★4 - コメント(0) - 2014年1月24日

サクサク読めて普通に面白い感じ!!!一回読んだら十分って感じだけれど(笑)これからどんな展開になっていくのかなーちょっと予想できちゃう気もするけど楽しみに読み進めていこうー!!
★9 - コメント(0) - 2014年1月13日

なんという厨二設定・・・。人を選びそうな作品ではあるけど続きを読みたいと思わせるところはさすがだと思った。
★2 - コメント(0) - 2013年12月28日

再読開始祭りだぜ! 読んだの2〜3年前?なので懐かしいことだらけでした。最初はみんなちょっと口調違うんだな…
★1 - コメント(0) - 2013年12月22日

月光が好きだああああああああああこのクールで自分勝手でイケメン!!なとこがたまらん!!やっぱラノベ読みやすくて好きだ
★9 - コメント(0) - 2013年10月15日

王道ゆえの安心感はあるのだが、いかんせん文章が素人に毛が生えた程度レベルに下手すぎる。刊行ペースが速すぎて、ろくに推敲もしてないのだろうか。最初、新人の手によるものかと思ったくらいです。内容はまあまあ面白いでの、少しずつ読みすすめていってもいいかな~。
★9 - コメント(0) - 2013年9月25日

七回死ぬのがいきなり起きるのが意外だった。もうちょい死なないのに慣れてからかと。首もげたまま動くのは怖いなぁ。一般人が見たらトラウマものだ。俺様生徒会長の負けも早かったな。
★4 - コメント(0) - 2013年9月21日

学園異能バトルものですね。アニメを見て買い、さらに放置してやっと読みました。 やはり原作だとアニメより詳しく描写されてるのでより作品の理解が深まります。
★1 - コメント(0) - 2013年8月16日

文が独特で多少読みづらいところはありましたが、なんとか読了。
★2 - コメント(0) - 2013年7月25日

随分前にアニメを見た。めっちゃいい感じにかわいい幼馴染が1巻だとおいてけぼりなのがちょっと悲しい。月光さんマジイケメン。ミライちゃんマジピカチュウ。原作だとあの戦いで7回死んだとこはちゃんと7回死んだのが明らかなんだね。確かアニメだとぼかしてて随分先に伏線回収したはずだけど(うろ覚え)
★3 - コメント(0) - 2013年6月29日

bookliveセール 伝勇伝のひと。短編とかから、もしかして、と思っていたけど、本当に書き口が独特(婉曲表現) 緩い文体という表現を通り越したナニカ。これで売れるとか信じられんが購買層が違うのか。 キャラ萌えとかに走らせてるようでもないし…俺がそう感じないだけかもしれないけど。設定だけ抜き出してみればあるいは。 文体はともかく、同じことをまんま繰り返すのってどうよ。
★1 - コメント(1) - 2013年5月25日

読了。こんなにページがあるのに、大して話が進んでいない気がするのは気のせいでしょうか。まあ、行間がやけに広いので、サクサク読めたのですが。
★1 - コメント(0) - 2013年2月14日

いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後の 評価:58 感想・レビュー:213
ログイン新規登録(無料)