大伝説の勇者の伝説7 初恋と死神 (富士見ファンタジア文庫)

大伝説の勇者の伝説7  初恋と死神 (富士見ファンタジア文庫)
252ページ
411登録

大伝説の勇者の伝説7 初恋と死神はこんな本です

大伝説の勇者の伝説7 初恋と死神の感想・レビュー(365)

【再読】ライナの父親リューラとライナの再会と過去の物語。ライナは本当にヒロインだ。フェリスとキファはライナの心配で頭が一杯だし、リューラは息子のライナの為に全てを、母親のイルナは命を捨てる。両親の愛はとてつもなく深くてちょっとうるっときた。自分が愛されて生まれた事に涙するライナは可愛いヒロイン系主人公。面白かったけど今までに比べて大分本が薄くなったのはz
- コメント(0) - 2016年9月22日

★★★★☆
★1 - コメント(0) - 2016年9月16日

ライナパパ、本人を魔法化とね。概念に置き換えた感じ。我思うゆえに我あり。魔眼とは何のためにあるのか?
★4 - コメント(0) - 2016年4月16日

この巻の主役はお父さん。
★2 - コメント(0) - 2016年3月8日

星★★★ 怒涛なんだけどなんか薄い、、笑
- コメント(0) - 2016年3月7日

父さんヤバいです。ライナ愛されてるなあ。全方位から愛されてると思ってたけど、これはまたかなり重い愛だなあ…
- コメント(0) - 2016年2月14日

リューラは息子のためと言いつつライナに重いモノを背負わせすぎなんじゃないか? それが複写眼の暴走からライナを救う唯一の方法であったとしても。
- コメント(0) - 2015年5月11日

★★★
- コメント(0) - 2014年12月14日

再読。
- コメント(0) - 2014年11月14日

すごい良かった。リューラさんとイルナさんのライナへの愛はホントに深い・・・。子供のためなら他の全てを捧げる、それって確かに愛に狂っていると言えるのかもしれない。でもそんな家族の在り方って私にはとても眩しく映ります。両親の愛を素直に受け止められるライナもすごいよなぁ。よく歪むことなく真っ直ぐに育ったもんだ。親子愛を描いた作品なんて星の数ほどあるんだろうけど、こんなに胸に響いたのは初めて。大伝勇伝で一番好きな巻になりそうです。 オススメ度:★★★★★
★1 - コメント(0) - 2014年1月13日

とても面白かったです!
- コメント(0) - 2013年2月3日

パパーん!何というか、甘々。ティーアのいうように、確かに狂ってますなぁ。真実を知って絶望するライナもいいねw
- コメント(0) - 2013年1月31日

リューラの経歴やばすぎだろ…『勇者』やら『女神』やらと全く接点なかった状態から、悪魔を割ってまで息子救うとか一番狂ってる気がした。フェリスもキファも相変わらず可愛い。ラストのティーアさんもうちょっと空気読んでー!
- コメント(0) - 2012年11月8日

パパ素敵だ、カッコいいよ!!
- コメント(0) - 2012年2月21日

息子オススメ本。☆3
- コメント(0) - 2011年8月23日

すごく面白いです。
- コメント(0) - 2011年8月15日

リューラかっけー
- コメント(0) - 2011年8月15日

パパ大人気!前巻までの復習、みたいなくだりがなければ、もっとサクッと読めそうなのにな。
- コメント(0) - 2011年4月16日

ライナの父リューラと母のなれ初めの話、悪魔の力を使った後のライナと仲間たち、ミルクの中にいるアレの話、そしてライナと父の再会と対話。そこへあの人が来て、ああ~~気になる終わり方!
- コメント(0) - 2011年1月27日

いやー良かった! 前巻も凄かっったけど今回はそれ以上だった。親の愛ってやつはいいね。伏線が大量に回収されて盛り上がってきたってところで次に続くとか何なの?
- コメント(0) - 2011年1月7日

ついにライナと父・リューラの再会。そこで知るライナの放った100万の人間を犠牲にした魔法の代償。子供のために余計なお世話を押しつける。リューラのライナに対する愛情には心打たれる物があるが、あらゆる事を知り、現在のライナを作り上げた元凶とも言えるリューラには何かまだ底知れない物がある。息子に対する愛情のためならば世界を犠牲にしてもかまわないという覚悟、もしくは狂気だろうか。
- コメント(0) - 2010年12月29日

パパーーーーー!!!!!!
- コメント(0) - 2010年12月23日

ライナ、父親と再会の巻。リューラは、キャラとしてはすごく面白いのだが、ライナを助けるために、伝説を利用してしまっただけに曲者である。仲間を助けるために使った強大な力の代償が明らかになり、おののくライナ。等価交換どころではない大きな代償に、リアリティを感じた。
- コメント(0) - 2010年9月20日

ライナパパ好きだなぁ。この両親の元で愛情たっぷりにそだてられてたらライナどうなってたんだろう?
- コメント(0) - 2010年9月17日

パパいまいち正体がわからない人だなぁ、凄いけどw最近フェリスが空気な希ガス
- コメント(0) - 2010年8月17日

☆☆☆
- コメント(0) - 2010年8月7日

ライナ父と母の話がとても良かった。幸せいっぱいだったのに、こうも変わってしまうと悲しいな。最後は「ぱぱー!」って感じですね!かなり続きが気になる形で終わっていますので注意www
★1 - コメント(0) - 2010年6月21日

パパ・ママエピソードが素敵だ。
- コメント(0) - 2010年6月6日

【2010/038】
- コメント(0) - 2010年4月14日

パパカッコいい!
- コメント(0) - 2010年4月13日

一言で言うなら「パパさーーーーーんっ!」という感じ。再開と愛情を教え諭される会話に泣きそうになっていただけにそれはねーよ、と。ミルクも魔眼保持者もピアたちも、みんなみんなライナの元に集まるんだと思ったのにこれはねーよ、と。
- コメント(0) - 2010年3月21日

あれだけ余裕そうだったしあっさり消えたなんて事はない・・・よね? 何らかの逆転劇に期待。
- コメント(0) - 2010年3月18日

ライナパパ可愛そう…。でもパパさんから貰った右腕が今後何かあるんじゃないかな?…と邪推してみたり。
- コメント(0) - 2010年3月16日

そろそろ本棚が二段目突入。
- コメント(0) - 2010年3月4日

親子再開・・・次が楽しみかな
- コメント(0) - 2010年2月20日

パパが会いにきたね。しかし…いつものことながら、大丈夫なの?って終わり方ですね。
- コメント(0) - 2010年2月20日

せっかくお父ちゃんと会えたのに…もう!?次はいつ出るかな〜。
- コメント(0) - 2010年2月9日

伝勇伝はキャラと筋が面白い。文体だけでキャラの判別が出来るしぶれない。筋は作者の方向性が定まっているようで安心して読める。とにかく続きが気になります。 
- コメント(0) - 2010年2月6日

複線回収したり、どんでん返ししたり、ずっと読んでる人には楽しめる一冊。ただ、ここから読むのはムリだな
- コメント(0) - 2010年2月4日

サクサク読めますが、それゆえに中身が薄い気が。
★1 - コメント(0) - 2010年2月3日

大伝説の勇者の伝説7 初恋と死神の 評価:28 感想・レビュー:60
ログイン新規登録(無料)